エアロスミスでバリバリだぁ

エアロスミスの重厚で最高パワフルな音楽は、自分にとっては癒しです。
すごいですよね。1973年にデビュー、30年以上現役でバリバリ続けているロックバンド。
By:こぶた

007770
Fht(Tシャツ)(ブラック)(Lサイズ)

amazonへ行く


CD

発売:
ROCK DEPOT

価格:
¥ 3,675

演奏者・作曲者:
AEROSMITH

発売日:
2006/12/01
Aeroforce One Re-Issued(Tシャツ)(ブラック)(Mサイズ)

amazonへ行く


CD

発売:
ROCK DEPOT

価格:
¥ 4,410

演奏者・作曲者:
AEROSMITH

発売日:
2006/12/01
Iced(Tシャツ)(グレー)(Mサイズ)

amazonへ行く


CD

発売:
ROCK DEPOT

価格:
¥ 3,675

演奏者・作曲者:
AEROSMITH

発売日:
2006/12/01
エアロスミス濃縮極極ベスト(初回限定盤)(DVD付)

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,205

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,390

曲目:
Dude Looks Like A Lady
Love In An Elevator
Livin' On The Edge (AOR Video Edit)
Walk This Way(Single Version)
Cryin'
Jaded
Crazy (LP Edit)
Angel
Amazing
The Other Side
Dream On
Sweet Emotion (single edit)
Draw The Line
Falling In Love (Is Hard On the Knees)
Pink
I Don't Want To Miss A Thing (Rock Mix) (Album Version)
Sedona Sunrise *新曲
Devils Got A New Disguise *新曲
Sweet Emotion(ビデオクリップ)
Pink(ビデオクリップ)
I Don't Want To Miss A Thing(ビデオクリップ)
Jaded(ビデオクリップ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/11/01

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
近年では良心的なベスト盤!
エアロの最新ベスト盤。なんと言っても新曲2曲収録が目玉!(意外と良い)さらに初回限定盤はビデオクリップを収録したボーナスDVDが着いているので最近のベスト盤攻勢!?に食傷ぎみのファンも一安心。CMなどでおなじみの曲も収録されているので新しいファンにも入りやすいですよ。しかしエアロ若いし、変わんないね〜(笑)グレイト!
評価: 5
エアロスミスの入門向け
既にオールタイムベストは出ているが、本作は一枚に凝縮したベスト。値段も手頃なのでこれからエアロを聴く人にはオススメなアルバムである。また新曲が収録されているのでマニアの方は注目。
評価: 5
二曲のために買うファンの心意気。
ベスト盤としての価値はまぁ殆どゼロと同等です。
ずるい事に最後に二曲のnew songが・・・
前作がカバーアルバムだったので、エアロの本当の意味での新曲を
聴くのはjaded以来ということになりますね。

実際にこの二曲を聴いた後、やっぱり買って正解だと強く思えます。
二曲ともに王道エアロが堪能できます、本当に良い曲なんです、かっこいいです。
スティーブンの入院があったりしたので、こうして新曲が聴けるだけで満足です。

とにかくいつまでも不死鳥の如くエアロが現役でいてくれれば幸せです。

エアロスミス濃縮極極ベスト

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,520

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,170

曲目:
Dude Looks Like A Lady
Love In An Elevator
Livin' On The Edge (AOR Video Edit)
Walk This Way(Single Version)
Cryin'
Jaded
Crazy (LP Edit)
Angel
Amazing
The Other Side
Dream On
Sweet Emotion (single edit)
Draw The Line
Falling In Love (Is Hard On the Knees)
Pink
I Don't Want To Miss A Thing (Rock Mix) (Album Version)
Sedona Sunrise *新曲
Devils Got A New Disguise *新曲

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/11/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロスミスの入門向け
もうベスト盤は何枚も出ているが、このアルバムは上手く一枚にまとめた入門に最適。ちなみにアメリカ盤とヨーロッパ盤では収録曲が異なるので、マニアの方は要チェック。

SAD IN BOSSA

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルミュージック

価格:
¥ 2,100

曲目:
Your Song (Elton John)
Tears In Heaven (Eric Clapton)
You're Beautiful (James Blunt)
My Heart Will Go On (Celine Dion)
I Don't Want To Miss A Thing (Aerosmith)
Shape Of My Heart (Sting)
You've Got A Friend (Carole King)
Yesterday Once More (The Carpenters)
Let It Be (The Beatles)
How Deep Is Your Love (The BEE GEES)
You Make Me Feel Brand New (The Stylistics)
What A Wonderful World (Louis Armstrong)

演奏者・作曲者:
オムニバス
エルトン・ジョン
エリック・クラプトン
ジェイムス・ブラント
セリーヌ・ディオン
エアロスミス
スティング

発売日:
2006/10/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
癒されます!
特にボサノブァに興味があった訳では無く単にユアソングを聞きたかっただけなんだけど、他の曲も極上カヴァーでオリジナルには無い癒し系音源です、寝るときに聞いていると直ぐに眠りに入れます。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,680

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/10/18

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
全米チャート一位を取ったアルバム
エアロが初全米チャート一位を取ったアルバム。エアロ語る上で外せない5、MTV狙いの9、ブルージーな11、凝ったアレンジの14など全体的に穴のない曲ばかりなので是非聴いてもらいたい。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,680

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/10/18

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
クリーンなエアロ
80年代のエアロを代表するアルバム。セクシャルな3、グラミー賞を取った5、ライブで盛り上がる6、メロディが美しいバラードの10など70年代のエアロとは違うかっこよさを味わえる。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,680

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/10/18

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロ復活作
エアロの第二次黄金期を向かえるきっかけを作ったアルバム。ヘヴィな3、ライブの定番の5、「エンジン」で使われたバラードの9などが収録されている。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,680

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,100

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/10/18

amazonへ行く


CD

発売:
SONYBMG

価格:
¥ 1,365

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2006/08/25
ビッグ・ワンズ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,882

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,299

曲目:
ウォーク・オン・ウォーター
エレヴェイター・ラヴ
ラグ・ドール
ホワット・イット・テイクス
デュード
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
クライン
アメイジング
ブラインド・マン
デュースズ・アー・ワイルド
アザー・サイド
クレイジー
イート・ザ・リッチ
エンジェル
リヴィング・オン・ジ・エッジ
デュード(ライヴ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2006/01/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ゲフィン時代のベスト
エアロが移籍した時のベスト。ほとんどの曲が現在のオールタイムベストに使われいる。またこのアルバムしか聴けない曲も3曲あるので初心者はもちろん、マニアは要チェック!


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,993

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,780

曲目:
グッド・イヴニング・ラス・ヴェガス
ビヨンド・ビューティフル
エアロスミス離陸のテーマ
戻れない
折れた翼
ライト・インサイド
ドロー・ザ・ライン
ミス・ア・シング
イカした10インチ・レコード
ラトル・スネイク・シェイク
お説教
ブギウギ列車夜行便
闇夜のヘヴィ・ロック
リヴィング・オン・ジ・エッジ
イントロ(Video)
戻れない(Video)
ドリーム・オン(Video)
ドロー・ザ・ライン(Video)
闇夜のヘヴィ・ロック(Live Video)
リヴィング・オン・ジ・エッジ(Live Video)
スウィート・エモーション(Video)
アウトロ(Video)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/11/02

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
いつもとは違ったライブ
それほどこのアルバムの演奏はいつも以上に耳障りがよかったように思います
カジノでのライブ、女性を先に入場させるというメンバーの配慮もあり客席前列にはエアロと青春を共にしてきたオバチャンも沢山(笑) いつもとは違う雰囲気が味わえますね
ただし、全曲収録でなかったのは残念だ・・・
前作ライブアルバムのように2枚組みでもよかったから完全収録してほしかったなあ
まあタイラーの調子もいいですし、中々いいライブでした
評価: 5
AEROSMITHはエアロスミス!
DVD「ユー・ガッタ・ムーヴ」の次にこのアルバムが出ると聞いた時、又LIVEかと思ったのは正直なところで、購買欲は前DVD同様鈍っていた。ちなみに「ユー・ガッタ...」はまだ手にしていない。
長年エアロのファンと自負している手前、当然いつかはコレクトされるのは間違いないが...
今回のジョイント(ライヴハウス・クラス)でのLIVEそしてDVDのおまけ付き(格安だし)に前DVDより先に入手した次第。
しかし収録時期が「JUST PUSH PLAY」の頃と、前DVDより戻っている?
その意図が前DVDを手にしないと見えてこないが...
ブートを含めてLIVEのマテリアルはかなり観聴きしてきたが、私のお気に入りは日本でのミレニアム公演(B'zが登場)と1973/MARCH 20のPROMO ONLYのデビュー時のLIVE(因みにここにI AIN'T GOT YOU/MOTHER POPCORNが収録)で、カリ・ジャム2の頃のグループがヤバイ時期の映像も今となっては裏モノような感覚で観ている。
さて今回のアルバムだが、初回限定のDVD付きを速攻買うべきである!
選曲・パフォーマンスは、会場がアダルト・オンリー(21歳以上の入場許可)ということもあって昔からのファンも十分楽しめるはず、当然最近ファンになった人もだけど。
ある意味LIVE ALBUM=スクラップ・ブックなのかもしれない(俺達元気にやってるヨって感じ)。
とにかく映像を観るとJOEがのりまくっている(彼の懐かしいギターが色々登場ーDRAW THE LINEはこれ使うだよなー的な)。
パフォーマンス的にはSTEVENを勝っている。
速くJOE PERRYのソロ買わなくっちゃ!!



評価: 5
やっぱイイですね
ライブでは定番の曲が多くて個人的にゃ満足です。ってことで星5つ。
エアロここにあり!って思わせてくれるライブアルバムかな。
また生エアロ見に行きたくなりました。

ロッキン・ザ・ジョイント

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,480

曲目:
グッド・イヴニング・ラス・ヴェガス
ビヨンド・ビューティフル
エアロスミス離陸のテーマ
戻れない
折れた翼
ライト・インサイド
ドロー・ザ・ライン
ミス・ア・シング
イカした10インチ・レコード
ラトルスネイク・シェイク
お説教
ブギウギ列車夜行便
闇夜のヘヴィ・ロック
リヴィング・オン・ジ・エッジ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/11/02
Rockin' the Joint

amazonへ行く


CD

発売:
Sony

価格:
¥ 2,597

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,580

曲目:
Good Evening Las Vegas
Beyond Beautiful
Same Old Song and Dance
No More No More
Seasons of Wither
Light Inside
Draw the Line
I Don't Want to Miss a Thing
Big Ten Inch Record
Rattlesnake Shake
Walk This Way
Train Kept a Rollin'
No More No More/Dream On/Draw the Line/Sweet Emotion [DVD]

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2005/10/25

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
よいね
よいですよ。いつものライブではやらないような曲をやってるので。
なんでもこのライブ、入場料がとても高くて注目されてたライブだったらしく。その分、聴き応えあり。
評価: 4
DVDオーディオ万歳!
 このDVD面はDVDオーディオ対応の機器で聞くと、CD面の全曲を聴くことができるんですが、それがとても凄い!
迫力たっぷりです。(もちろんCDのままで凄い迫力です)
 しかし、このデュアルディスクってのは結構厄介でして、CD面はCDの規格をみたしてないので、読み込めない場合があるそうです。
DVD面を傷つける恐れもあるとか…
それで4つ星にしました。
評価: 4
順序がねぇ
昨年のDVD『YOU GOTTA MOVE』は2004年のライブで、このディスクのDVDサイドのライブは2001年のライブ。つまり年代的に遡った映像になります。4曲分の映像がありますが、そのうち2曲はCDに入っているものと同じ音です。
CDの1.GOOD EVENING LAS VEGASはただのStevenのMCで、実質は2.からが曲です。アルバム『JUST PUSH PLAY』の後のライブなのでそこから2.と6.の2曲が入っています。
全体としては可もなく不可も無く、といったところですが新鮮味が無く「なぜ今頃になって」という感も否めません。

2002年大阪ドームのコンサートのオープニングで、JOEが星条旗と日の丸の映像をバックにBEYOND BEAUTIFULのイントロを弾き始めたのを思い出しました。

Classic Aerosmith: The Universal Masters Collection

amazonへ行く


CD

発売:
Universal

価格:
¥ 1,149

amazonでのユーズド価格:
¥ 300

曲目:
Amazing
Eat the Rich
What It Takes
Janie's Got a Gun
Magic Touch
Rag Doll
Permanent Vacation
Movie
Monkey on My Back
My Girl
Shame on You
Hop
She's on Fire
Darkness
I'm Down
Voodoo Medicine Man
Shela
My Fist Your Face

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2005/09/06
ア・リトル・サウス・オブ・サニティ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,185

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,490

曲目:
イート・ザ・リッチ
エレヴェイター・ラヴ
フォーリング・イン・ラヴ
エアロスミス離陸のテーマ
ホール・イン・マイ・ソウル
モンキー・オン・マイ・バック
リヴィング・オン・ジ・エッジ
クライン
ラグ・ドール
エンジェル
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アメイジング
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
アザー・サイド
ウォーク・オン・ダウン
ドリーム・オン
クレイジー
ママ・キン
お説教
デュード
ホワット・イット・テイクス
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/07/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
文句なし!ベスト以上!?
やっぱりドリーム・オン、ママキンはライブで聴くのが一番いいですね〜
エンジェルはイントロからちょっとイマイチな感じになってしまっていますが、そのほかの曲はすべてオリジナルをしのぐといっていいほどだと思います
やっぱり、長年活動している歌手の昔の名曲、音が古いのもありますから、そういった昔の名曲はライブ音源で聴くのが一番だと思います
知っている人もそのよさを再確認できると思いますよ♪

評価: 5
ゲフィン時代のライブ盤
これは主にゲフィン時代の楽曲を収めているライブ盤です。
 ゲフィン時代の曲は契約のせいか最近出たライブアルバムにはほとんど収められてないです。
この限定版がこの価格!安いです。
これを聴けばエアロスミスがライブバンドであることが分かると思います。

ゲット・ア・グリップ [でかジャケCD]

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,185

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン(ボーナス・トラック)
アメイジング
ブギー・マン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/07/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
名盤にレビューなど無粋な話。
エアロの最高傑作。聞けばわかる。

アルマゲドンからのミーハーファンなど寄せ付けないロック魂。
何十年絶っても色あせない輝きがある。

パーマネント・ヴァケイション [でかジャケCD]

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,185

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョン
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・ヴァケイション
アイム・ダウン
ザ・ムーヴィー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/07/21
THE BEST 1200 エアロスミス

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,200

amazonでのユーズド価格:
¥ 539

曲目:
アメイジング
イート・ザ・リッチ
ホワット・イット・テイクス
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
マジック・タッチ
ラグ・ドール
パーマネント・ヴァケーション
ザ・ムーヴィー
モンキー・オン・マイ・バック
マイ・ガール
シェイム・オン・ユー
ザ・ホップ
シーズ・オン・ファイア
ダークネス
アイム・ダウン
ブードゥー・メディシン・マン
シーラ
マイ・フィスト、ユア・フェイス

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/06/25
エンジェル

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサル・シグマ

価格:
¥ 840

amazonでのユーズド価格:
¥ 250

曲目:
エンジェル ANGEL
ガール・キープス・カミング・アパート GIRL KEEPS COMING APART

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/06/08

アマゾンでの評価平均値:
2.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
Angelは好きな曲だけど・・・
アルマゲドンの'I Don't Want To Miss A Thing'といい、今回の'Angel'といい、エアロの曲が一般層に認知されるのは良い事だけど・・・。なんか更に誤解されそうで怖い。
QUEENの時もそうだったけど、「これをキッカケに、洋楽ROCKにドップリ浸かりました!」なんて人は少ないだろうね。一時的にレンタル屋さんは「貸出し中」のオンパレードになると思うけど。
評価: 2
なんか許せない
ドラマで「エンジェル」が取り上げられたのは嬉しい事なのですが、このジャケットはいただけません。どうせ発売するなら、エアロの写真かそれに関係するものを少しでも入れて欲しい。
 ドラマを見ていて買われる方はどうでもいいことを、と思われるかもしれませんが、エアロファンとしてはしっくりこないです。
 曲の素晴らしさとエアロの曲というに星ふたつ。
評価: 1
これは買う価値ないですねぇ
最初にこのジャケットを見たとき憤慨しました。これはないでしょう。
ユニバーサルはエアロをなんだと思ってるんですか?
しかも邦楽扱いで。
後これ、買うくらいならパーマネントバケイションの方がいいです。
Angel 、Girl keeps coming a part のどちらもアルバムにはいってるんで。レアトラックないし。

ゴールド

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,831

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,100

曲目:
熱く語れ
マイ・フィスト,ユア・フェイス
シェイム・オン・ユー
ハーツ・ダン・タイム
ラグ・ドール
デュード
エンジェル
ハングマン・ジューリー
パーマネント・ヴァケーション
ヤング・ラスト
アザー・サイド
ホワット・イット・テイクス
モンキー・オン・マイ・バック
エレヴェーター・ラヴ
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
エイント・イナフ
ウォーク・ディス・ウェイ
イート・ザ・リッチ
ラヴ・ミー・ツー・タイムズ
ヘッド・ファースト
リヴィン・オン・ジ・エッジ(アコースティック・ヴァージョン)
ドント・ストップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング(オーケストラル・ヴァージョン)
クライン
クレイジー
シャット・アップ・アンド・ダンス
デューシズ・アー・ワイルド
ウォーク・オン・ウォーター
ブラインド・マン
フォーリング・イン・ラヴ
ドリーム・オン
ホール・イン・マイ・ソウル
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/04/21

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
ジャケットが違うだけ!?
内容は「ヤング・ラスト:エアロスミス・アンソロジー」と同じものです・・。

ラヴ・ソングス~ダイアン・ウォーレン・プレゼンツ~

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 2,494

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,300

曲目:
永遠に愛されて(フェイス・ヒル)
ミス・ア・シング(エアロスミス)
ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー(セリーヌ・ディオン)
アン-ブレイク・マイ・ハート(トニ・ブラクストン)
ブルー・アイズ・ブルー(エリック・クラプトン)
愛はとまらない(スターシップ)
キャント・ファイト・ザ・ムーンライト(リアン・ライムス)
ルック・アウェイ(シカゴ)
ホエン・アイ・シー・ユー・スマイル(バッド・イングリッシュ)
愛に帰りたい(テイラー・デイン)
ハウ・ドゥ・アイ・リヴ(トリーシャ・イヤーウッド)
ターン・バック・タイム(シェール)
タイム・ラヴ・アンド・テンダネス(マイケル・ボルトン)
アイ・ラーンド・フロム・ザ・ベスト(ホイットニー・ヒューストン)
アイ・ターン・トゥ・ユー(クリスティーナ・アギレラ)
ハヴ・ユー・エヴァー(ブランディ)
ネヴァー・ゲット・オーヴァー・ユー(エクスポゼ)
セイヴィング・フォーエヴァー・フォー・ユー(シャニース)

演奏者・作曲者:
オムニバス
フェイス・ヒル
エアロスミス
セリーヌ・ディオン
トニ・ブラクストン
エリック・クラプトン
スターシップ

発売日:
2005/03/09

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
スターシップがいい
6.の曲を入手したくて購入しました。2.は映画の主題歌で聞いたこともありましたが、他の曲ははじめて聞く曲ばかりでした。まだ、ここの曲のよさが分からないため、じっくり聞き込んでいきたいと思います。
評価: 3
すごい作曲能力に乾杯
これほど多くのヒット曲を手掛ける彼女は凄い!
LeAnn Rimesは、このMoonlight もいいけれど、
全米至上女性ソロでは最も売れたシングルといわれている
How Do I Liveを入れて欲しかったなあ。
評価: 4
洋楽ファンに最も熱望されたであろう黄金の一枚!!
洋楽好きリスナーの中で、この人のこういうアルバムが出ることをいったいどれだけの人が待ちわびたであろうか。バラードを書かせたら彼女の右に出るものはいないなどの代名詞があるほど、この人は数あるソングライターの中で、最も有名で成功した人である。グラミーの会場の観客席でもちょこちょこ見かけるあのご婦人。
 今作は、アジア圏限定で世界に先駆けてリリースされたものの日本盤である。よって、ジャケットと収録曲に若干違いがある。しかし、これがアジア圏限定作品というのうは、たいへんすばらしいことである。
 あまりに彼女の楽曲の素晴らしさが好きで、こういうコンピが出る前にご自分で編集してCDを作ったという方もいるのではないだろうか。また、できればあれも、いやこれも入れて欲しかったなんて好きな曲の収録漏れに悔やむ人もたくさんいるのでは、ないだろうか。
なぜなら、私もそのうちのひとりであるからである。(^^;)しかし、それは決して悪い意味ではない。それだけDianeWarrenという人は、素晴らしい楽曲を生み出してきた人であるし、これからもそうであろう。
 私の場合、洋楽の中でも特にCCMやカントリーを中心に聴く方なので、その辺りのアーティストに提供した楽曲には、一般洋楽ユーザーからしたら隠れてる曲なので、惜しいと思うし、やはり名曲だったEdwin McCainのI could not ask for moreは?なんて思ってしまう。そして、今なら先頃槇原敬之にカバーされたマイケル・W・スミスのI will be here for youなんてのも、アリではなんて思ってしまう。(^^;) なんたって、今のところ彼女が唯一スミッティーに提供した楽曲なんだから。このコンピ、シリーズ化しても面白いのでは?
 ファンは、ぜひ彼女のHPもチェックしてほしい!

ダン・ウィズ・ミラーズ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,841

曲目:
熱く語れ
マイ・フィスト,ユア・フェイス
シェイム・オン・ユー
リーズン・ア・ドッグ
シーラ
ジプシー・ブーツ
シーズ・オン・ファイア
ザ・ホップ
ダークネス

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
だいぶ前だが、復活第一弾!!
当時、どれだけの人が復活を待っていたのか知らないが、俺にとってのリアルタイムAEROがこれだ。Darknessが入ったライブEPも買った。その後の高品質AEROと違った生AEROが楽しめるCDだと思う。しかし、1曲目はJPPの焼き直しやし、収録時間が短いし、やっぱり曲ができんかったんやろか。その後の外部との共同作業が示唆されているように思う。演奏そのものは最高です!!
評価: 4
復活作
僕は隠れた名盤だと思います。他のゲフィンのアルバムより好きです。
AngelやDudeとか飛ばしたくなるけどこのアルバムは飛ばす曲はないです。星4つなのはDarknessの歌詞が省略されてるんで4つにしました
評価: 1
これは駄作です
近年エアロファンになった皆様は、旧作でどれを買おうかと迷っていると思いますが、GEFFEN時代(85年〜94年)で買うなら、
?GET A GRIP
?PUMP
?PERMANENT VACATION の順です。

この作品は「曲が悪い」の一言に尽きる。

パンプ   (紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,500

曲目:
ヤング・ラスト
FINE
エレヴェイター・ラヴ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド,ゲット・イーヴン
ヴードゥー・メディシン・マン
ホワット・イット・テイクス
エイント・イナフ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
完全復活を証明した重要作
この作品は、エアロスミスがシーンの頂点に再び返り咲いた傑作です。現在のエアロスミスは、70年代の彼らとは全くの別バンドです。毒を持つワイルドなロックンローラーのイメージが薄れました。しかし、このアルバムで新たにビッグなエンターテイナーとしてのイメージを構築しました。楽曲も誰にでも
受け入れられそうな大衆性が増しました。特筆すべきは、どの曲もエアロ節が
炸裂し、昔のファンもねじふせてしまった事です。まさに名曲、これぞ「エアロスミス」といえる粒ぞろいな曲を収録しています。エアロの歴史の中でも重要なアルバムだと断言出来ます。

パーマネント・ヴァケイション(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 4,935

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョン
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・ヴァケイション
アイム・ダウン
ザ・ムーヴィー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
個人的にはこれぞまさにエアロ
本作「Permanent Vacation」を彼らの最高傑作だと唱えるエアロファンが私の他にもいたら嬉しく思います。

LAメタルからの流れでエアロを初めて聴いた私はLAメタル臭漂う??こそがエアロスミスだと脳にインプットされています。特に?ではスティーヴンが獣のように吠えてます。次作「Pump」でもLAメタルっぽさは残っていますが、ギターサウンドのエッジ、弾け具合は本作の方が荒々しく、ワイルドです。リリースから18年経った現在でもロックバラードの名曲?は月9ドラマで使用され、彼らのバラードのクオリティの高さが感じられますね。
「Permanent〜」には、最近のエアロでもLAメタルでもない曲が散りばめられています。捨て曲なんて無いですよ。

ア・リトル・サウス・オブ・サニティ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 3,293

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,400

曲目:
イート・ザ・リッチ
エレヴェイター・ラヴ
フォーリング・イン・ラヴ
エアロスミス離陸のテーマ
ホール・イン・マイ・ソウル
モンキー・オン・マイ・バック
リヴィング・オン・ジ・エッジ
クライン
ラグ・ドール
エンジェル
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アメイジング
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
アザー・サイド
ウォーク・オン・ダウン
ドリーム・オン
クレイジー
ママ・キン
お説教
デュード
ホワット・イット・テイクス
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ライブバンド!エアロスミスを堪能できる逸品!
彼らのライブ演奏、結構コンディデョン良し悪しがあるが、このエアロスミスの2枚組アルバムは最高のコンディションでの演奏をチョイスしてくれている。ライブバンドとして彼らの魅力が味わえるベストコンディションな作品!2004年の「オデッセイ」でのライブや以前の来日のライブで披露されたナンバーもこのアルバムの中からほとんど演奏されている。数あるロックのライブアルバムの中でも「生エアロ」を感じる逸品だ!
追記、キムタク主演のテレビ、月9「エンジン」の番宣でエアロの「Angel」が流れていた。「Angel」もいいけど「Dream On」も最高!
評価: 5
これは上出来!!
DISC1はEAT THE RICH、DISC2はBACK IN THE SADDLEというノリのいい曲ではじまり、WALK THIS WAYやSWEET EMOTIONなどおなじみの曲で占められています。また、今ではスティーヴン・タイラーが毛嫌いしているというANGELや、ジョー・ペリーのWALK ON DOWNなど、あまり耳にする機会がないナンバーあります。ほとんどミスがなく、現役バンドでは最高の演奏を聞かせてくれます。エアロスミスのライヴ盤は少ないので、買う価値は十分あります。

ゲット・ア・グリップ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,700

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング
ブギー・マン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09
ビッグ・ワンズ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,034

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,650

曲目:
ウォーク・オン・ウォーター
エレヴェイター・ラヴ
ラグ・ドール
ホワット・イット・テイクス
デュード
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
クライン
アメイジング
ブラインド・マン
デュースズ・アー・ワイルド
アザー・サイド
クレイジー
イート・ザ・リッチ
エンジェル
リヴィング・オン・ジ・エッジ
デュード(ライヴ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2005/02/09
パンプ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 950

曲目:
ヤング・ラスト
F.I.N.E.
エレヴェイター・ラヴ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド、ゲット・イーヴン
ヴードゥー・メディシン・マン
ホワット・イット・テイクス
エイント・イナフ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/10/21
パーマネント・ヴァケイション

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 710

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョン
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・ヴァケイション
アイム・ダウン
ザ・ムーヴィー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/10/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
間違いなく衝撃的でしたね
中学生の頃このアルバムを聞いた時鳥肌とともに涙が出ました。
デュードは映画で使われていましたし、エンジェルは間違いなく20世紀代表するバラードだと想います。
ただ、昔からのエアロファンには少々物足りなかったりもしたようです。
それと、このアルバムはエアロが当時所属してたレーベルとは違うレーベルから出てたようで、公式のディスコグラフィには載っていない事が多々あります

ゲット・ア・グリップ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン (ボーナス・トラック)
アメイジング
ブギー・マン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/10/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
よく聞いたなぁ〜、このアルバム。
一時、このアルバムばかり聞いていた時期がありました。
とにかく、全曲すべていいんです!
捨て曲が一曲も無い、奇跡のようなアルバムです。
とくに#1〜5までの流れが完璧です。
とりあえず、洋楽ロックファンは聞いておいた方がいいでしょう。(みなさん聞いてるでしょうけど・・・)
評価: 5
ロックしてるアルバム
復活して「ROCKS」に、匹敵するアルバム。すべてが、ライブでやることを意識してつくられている。そして、音も生きた音を封じ込めた、聴いていてライブが予想できるナマ音。すばらしい。これを聴かないでは、エアロスミスのフアンだとはいえないだろう。聴いていないエアロ好きは、今からでもおそくない。すぐ買おう。絶対にソンはしない!!!
評価: 5
ここから
僕の洋楽好きはこの一枚から始まりました。

名曲ぞろい。
激しいのから、泣けるのまで。
僕の中では文句なしでNo.1バンドです。

ベスト・オブ・エアロスミス

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,470

amazonでのユーズド価格:
¥ 980

曲目:
アメイジング
イート・ザ・リッチ
ホワット・イット・テイクス
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
マジック・タッチ
ラグ・ドール
パーマネント・ヴァケーション
ザ・ムーヴィー
モンキー・オン・マイ・バック
マイ・ガール
シェイム・オン・ユー
ザ・ホップ
シーズ・オン・ファイア
ダークネス
アイム・ダウン
ブードゥー・メディシン・マン
シーラ
マイ・フィスト、ユア・フェイス

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/10/21

アマゾンでの評価平均値:
1.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
裏ベスト?誰が選曲したんでしょう?!
エアロスミス復活後、ゲフィンからリリースした4枚「Done With Mirrors」「Permanent Vacation」「Pump」「Get a Grip」からの選曲で『ベスト』と来て、この選曲はないでしょう!!(怒)
1(いち)エアロファンとして苦言を呈したい。

<怒その1>
『ベスト』なのに、18曲中6曲も「Done With Mirrors」から選ばれている上に、「Done〜」での1番の名曲'Let's The Music Do The Talkin''が入っていない!「Done With Mirrors」は、アルバムとしては・・・いまいちのように感じるのだが。

<怒その2>
ヒット曲、ライブ必須曲の漏れが多すぎ!!
「Permanent Vacation」:'Angel'、'Dude'
「Pump」:'Love In An Elevator'、'The Other Side'
「Get a Grip」:'Livin' On The Edge'、'Cryin''、'Crazy'等々

<怒その3>
1曲もアルバム未発表曲が入っていない!
つまり、従来のエアロファンですら買う価値なし!

これじゃ、入門者に「エアロのベスト、出ているから、コレ聴いてみなよ!」なんて、口が裂けてもお勧めできません。

Geffenさん、どないしたら、こんなアルバム出せるん?

アルマゲドン

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,696

amazonでのユーズド価格:
¥ 933

曲目:
ミス・ア・シング(エアロスミス)
リメンバー・ミー(ジャーニー)
ホワット・カインド・オブ・ラヴ(エアロスミス)
ラ・グランジ(ZZトップ)
ロール・ミー・アウェイ(ボブ・シーガー&シルバー・ブレット・バンド)
ホエン・ザ・レインボウ・カムズ(ショーン・コルヴィン)
スウィート・エモーション(エアロスミス)
ミスター・ビッグ・タイム(ジョン・ボン・ジョヴィ)
カム・トゥゲザー(エアロスミス)
ウィッシュ・アイ・ワー・ユー(パティ・スマイス)
スターシード(アワ・レディ・ピース)
リーヴィング・オン・ア・ジェット・プレーン(シャンタール・クレヴィアジック)
テーマ・フロム・アルマゲドン(トレヴァー・ラビン)
アニマル・クラッカーズ(スティーヴン・タイラー)

演奏者・作曲者:
サントラ
エアロスミス
ジャーニー
ZZトップ
ボブ・シーガー&シルバー・ブレット・バンド
ショーン・コルヴィン

発売日:
2004/10/20

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
カヴァー?
映画「アルマゲドン」のサウンド・トラックCDです。
感動する映画なので、それっぽい感じの音楽が多いですね。
中でも主題歌の『ミス・ア・シング』は本当に良い歌!
エンディングの感動を絶やさない、ベストな歌だと思います。
他の曲も、場面のイメージを壊さない良い曲ばかり。
価格もかなり安くなってカヴァー(?)されているので、
「アルマゲドン」という映画を知らない方でも楽しめる1枚。

ライヴ・ブートレッグ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,450

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
スウィート・エモーション
支配者の女
闇夜のヘヴィ・ロック
ラスト・チャイルド
カム・トゥゲザー
ウォーク・ディス・ウェイ
シック・アズ・ア・ドッグ
ドリーム・オン
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
サイト・フォー・ソア・アイズ
ママ・キン
エアロスミス,SOS
アイ・エイント・ガット・ユー
マザー・ポップコーン
トレイン・ケプト・ア・ローリン~夜のストレンジャー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
かっこいいアルバムとはこのこと
正直私は、エアロスミスとの相性がよろしくなく、スタジオ盤は今
ひとつピンとこないのだが、このライブアルバムはいい。
彼らの第一次全盛期に勢いだけで作りました的な雰囲気が抜群にいい。
一曲目のイントロ聞いただけで鳥肌が立ちます。
実際この頃の彼らには変なギミックはいらなかっただろうし、アルバム
聴いているだけで熱波が押し寄せてくる。

その強引ともいえる感じがタイトルにも表れている。

アルバムの造りも音もまさにBootlegだが、加工して造った音じゃない
ぜという彼らの主張なのだろう。
逆にそのことが紙ジャケになった時、よい効果を表している。
Bootっぽいチープな雰囲気はプラジャケじゃあ出ないもんね。

エアロスミスはちょっとと敬遠してるあなたもこのアルバムだけは買って

きくべきでしょう。
評価: 3
凄いね
パンドラの箱の再発も凄いけど、これのポスター付いてくるのも凄いね。紙ジャケで全部出すなんて。最近は60〜70年代のアルバムはみんな紙ジャケだね。きっと現に聴いていた人々には嬉しいんだろうね。
でこのCDの内容はエアロの70年代のライブテイクから集められたやつで、Walk This Way は必聴でね。トーキングモジョレーターを使った面白いギター音のWalk This Way が聴けるよ。Train Kept A Rollin' は観客との一体感もありかっこ良いよ。その他もなかなか

グレイテスト・ヒッツ1973-1988(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

曲目:
ドリーム・オン
ママ・キン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
シーズンズ・オブ・ウィザー
スウィート・エモーション
ウォーク・ディス・ウェイ
ビッグ10インチ・レコード
ラスト・チャイルド
バック・イン・ザ・サドル
ドロー・ザ・ライン
キングス・アンド・クイーンズ
カム・トゥゲザー
リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)
ライトニング・ストライクス
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
スウィート・エモーション(1991 ソエナーリミックス)
ワン・ウェイ・ストリート

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
はじめの一歩
エアロスミスに興味をもってこれから聴いていこうって人にお勧めです。
まだ'ロックンロール”しているエアロに会えます。
そのぶん最近の曲から入った人には合わないかも。
にしても音が生々しいですね。
評価: 5
スティーブン・タイラーの声が若い!
何といっても、スティーブン・タイラーの声が若い!
これに尽きます。
今となっては想像もつかない「歌声」です。
この頃からは今のしゃがれた声が想像もつかないです。
いろいろ、ク○リの影響もあるのでしょうが、
憂い憂いしとはこのこと。
曲も少しマイナーな曲も入っており初心者のエアロファンには
もってこいのアルバムです。
評価: 4
GREATEST HITよりもこっち
きちんとメジャーなとこからマイナーなとこまでカバーしてる
追加された曲もいい。特にONE WAY(LIVE)はこのディスクのみに収録
CHIP AWAYもうれしい

ドロー・ザ・ライン(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,380

曲目:
ドロー・ザ・ライン
アイ・ワナ・ノウ・ホワイ
クリティカル・マス
ゲット・イット・アップ
ブライト・ライト・フライト
キングス・アンド・クイーンズ
ザ・ハンド・ザット・フィーズ
サイト・フォー・ソア・アイズ
ミルク・カウ・ブルース

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ドロー・ザ・ラインのリフが最高です。
前作の『ロックス』でメジャーになったAEROSMITHであるが、『ドロー・ザ・ライン』もある一定の成功を収めた。
しかし、この頃には彼らの身体はドラックで蝕まれ、スティーヴンとジョーを始めとするメンバーの仲もバラバラになっていた・・・。

そんなバックグランドを思い浮かべながら1枚通して聴いてみると、本来彼らが持っているダークなリフと攻撃的なスティーヴンのヴォーカルに
なんとなく、けだるさが感じられるのは、先入観のせいであろうか。

ともあれ、「1.ドロー・ザ・ライン」は今でもライブの山場にプレイされることもしばしばある名曲。
曲中盤の、JOEのリフが繰り返されるところをライブではステージに横に転がり熱演、その直後のスティーヴンのシャウトも(本作ほどではないが)聴き応えがある。

その他の曲がもう1つのデキではあるものの、JOEがVo.をとっている「5.ブライト・ライト・フライト」はJOEファンである私の個人的なオススメである。

ライヴ・クラシックス(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,323

曲目:
トレイン・ケプト・ア・ローリン
キングス・アンド・クイーンズ
スウィート・エモーション
ドリーム・オン
ママ・キン
メドレー:スリー・マイル・スマイル~リーファー・ヘッド・ウーマン
支配者の女
メジャー・バーブラ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
・・・。
DREAM ONとMAMA KINと確かに代表曲も収録されていますがどことなくライヴアルバムとしては微妙です。エアロスミスのライヴアルバムを買うならこのシリーズではなくLive Bootlegをオススメします。

ジャスト・プッシュ・プレイ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 750

曲目:
ビヨンド・ビューティフル
ジャスト・プッシュ・プレイ
ジェイディッド
フライ・アウェイ・フロム・ヒア
トリップ・ホッピン
サンシャイン
アンダー・マイ・スキン
ラヴ・ライズ
アウタ・ユア・ヘッド
ドロップ・デッド・ゴージャス
ライト・インサイド
アヴァント・ガーデン
ウォント・レット・ユー・ダウン
ミス・ア・シング

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
すーっ
ものすごいメジャーな感じのするアルバムです。
その分エアロスミスの艶っぽさはあまりないです。
でも一枚のアルバムとしてはそんなに悪いものではないと思います。
やっぱり'エアロ'という先入観が評価をよくないものにしているのではないでしょうか。
音楽はもっと気楽に楽しみましょう。
評価: 4
かつてないほどポップなエアロ
大ヒット作「Miss A Thing」が発売されてから、一番初めに出たオリジナルアルバムになる作品。
その大ヒットを気にしたのか、それともそんなのは関係無しにこうなったのかはわかりませんが、エアロの中でも一番ポップなアルバムです。
当時「Miss A Thing」にはまった僕は夢中になって聴いたものですが、今になってみると何かが足りない気が。
最新のデジタル技術を駆使して作られた楽曲たちはとても良いのですが、ライヴが一番の魅力であるエアロにとって大切なライヴ感が足りないように感じます。

メンバーの中でも、寡黙で硬派のG.ブラッドはインタヴューで「一人一人部屋にこもって録音したものを、加工して繋ぎ合わせたアルバムなんてゴメンだ」のようなことを言って、このアルバムを批判していました。
そのため昔からのエアロファンにはあまり良い評価をされていないアルバムですが、2、7、隠しトラックではメンバーの家族が参加していたりで、デジタルながらも温かみのあるアルバムです。
特にお勧めなのは幻想的でコーラスが美しい6、スティーヴンのヴォーカルがきまっている9ですね。
ポップで丸い感じのエアロを聴きたい方にお勧め。
評価: 5
ジャケットが・・・。
昔AUTOGRAPHというバンドのアルバムで似たのがあった。
4のバラードはシングル・カットされたのに全然売れなかった
らしいんだけどエアロのバラードの中では一番好き。
歌詞もグッとくるんだけどなぁ〜。3もエアロらしくないんだ
けどやっぱりサビのメロディがいい。ホンキンのツアーでも
この曲だけは演っていた。いいアルバムです。

ナイト・イン・ザ・ラッツ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,323

曲目:
ノー・サプライズ
チキータ
リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)
チーズ・ケーキ
スリー・マイル・スマイル
リーファー・ヘッド・ウーマン
ボーン・トゥ・ボーン
シンク・アバウト・イット
ミア

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
駄作ではない! 偉大なる佳作!
…まずこのアルバム発売が決まったときの秋葉原の某大型電気店の様子ですが(79年11月)、メインのカウンターの上にでっかいパネルが掲げられ、スティーブンとジョーが1本のマイクを分け合っている写真、そしてそのパネルの上部に'ノー・サプライズ(仮題)/エアロスミス''予約特典・大型ポスター'と記され…要するにジョー脱退という暗雲の中、まだまだ人気大物バンドのニューアルバムという高い期待度の中で発売されたのである!

…で曲の内容は
これぞエアログルーブで趣き深し→?・?・?
怪しいリフとノリで趣き深し→?
最新作の好きな方→?のカバー曲趣き深し
最初「変なの」と思ったが曲中盤から勢いに圧倒される→?のカバー曲趣き深し

今思うとJPプロジェクトの曲みたいだなあ→?曲目=ギターリフ主導で趣き深し
バラード趣き深し→?   という具合に佳作揃いです。ぜひ!

注:☆5つじゃない理由はカバー曲?だけがどうしても好きになれないからです。
評価: 5
私は好き!
世間一般的には駄作とか売れなかったとかジョーが居ないとか
かなり評価の悪いアルバムだけど味があっていいと思う。
1はルーズなR&Rでカッコいいしヤードバーズのカヴァーも
渋いし9のスティーブンの娘に捧げたバラードも泣ける。
誰がなんと言おうと私は名盤だと思う。
評価: 5
まだまだハードなエアロスミス
 このアルバムもよく聴きました。 ジャック・ダグラスに対する反発から、このアルバムからプロデューサーがゲイリー・ライオンズに代わり、アルバム完成前後にジョー・ペリーが抜けたりして、ゴタゴタしている時期です。
色々な曲があって、カバー曲も多いのですが全部エアロスミスらしく仕上がってます。 

特に70年代のエアロらしい?、?は特に良いです。プロモ・ビデオではジミー・クレスポがギターを弾いてますが。
スライドが唸るハードでブルージーな?も個人的には好きな曲です。後半のギター・ソロがサイケデリックで実に良いです。

バンド内はゴタゴタしてても、本当にエアロスミスらしく仕上がっています。

美獣乱舞 (紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

曲目:
ジェイルベイト
ライトニング・ストライクス
ビッチズ・ブリュー
彷徨えるボリヴィアン
クライ・ミー・ア・リヴァー
プレリュード(ジョーニーに捧ぐ)
ジョーニーズ・バタフライ
ロック・イン・ア・ハード・プレイス
ジグ・イズ・アップ
プッシュ・カムズ・トゥ・ショウヴ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
1982年のエアロを確認すべし!の佳作。
予備校時代に発表された我が青春のエアロ。
JOEの脱退は確かにショックだったがその状況でエアロのアルバムが出たこと自体大興奮で聴きまくった1枚。雑誌では評価が低いがなかなかの佳作揃い。
スピードロック派→?
ミディアムテンポでギターリフ主導の佳作→?・?
これぞエアログルーブの片鱗→?・?
ブギー調の好きな方→タイトル曲

最新作の好きな方→?
異色作だが歌メロ良し→?〜?のメドレー
エアロのルーツがわかる→?(カバー曲) という具合に聴き所満載です。
これが1982年のエアロです。ぜひ!
評価: 5
エアロスミスの底力
一般的には評価の低いアルバムですが、これもよく聴きました。オリジナル・メンバーのブラッド・ウィットフォードが抜け、エアロスミスの歴史の中でどん底の時期ですが、なかなかどうして良いアルバムです。 誰が何と言おうと良いです。

 ?、?など、エアロスミスらしい楽曲で、ハードでワイルドです。?はギターがうねるエアロらしい曲です。 ブルージーな?など聴き所は十分あります。
どのアルバムを聴いてもエアロスミスらしさは失われていません。

このアルバムあるからこそパーマネント・ヴァケイションまで辿りつけたと思います。

ライヴ・クラシックスII(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
ウォーク・ディス・ウェイ
ムーヴィン・アウト
ドロー・ザ・ライン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
ラスト・チャイルド
熱く語れ!
闇夜のヘヴィ・ロック

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
よく聴くライブ
 エアロスミスのライブ盤は多数出ているのですが、これが一番よく聴きます。 個人的に好きな曲が多く入っていて、ライブらしい荒々しさが魅力です。

 このライブを聴くと、ファンクの影響がすごく感じられます。 「ラスト・チャイルド」にもその影響を感じる所に収穫がありました。

ジェイムズ・ブラウンのカバーをしても、タドタドしくあまり上手くないのですが、オリジナルでの独特の黒っぽさがこのライブ盤では感じることができます。

ナイン・ライヴス(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
ナイン・ライヴズ
フォーリング・イン・ラヴ
ホール・イン・マイ・ソウル
テイスト・オブ・インディア
フル・サークル
サムシングス・ガッタ・ギヴ
エイント・ザット・ア・ビッチ
ファーム
クラッシュ
キス・ユア・パスト・グッバイ
ピンク
フォーリング・オフ
フォール・トゥギャザー
アティテュード・アジャストメント
フォーリン・エンジェルズ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
内容は最高ですが・・・
大きなシングルヒットはありませんが、曲の完成度は非常に高く、
長い間聴ける名盤だと思います。ただ、ジャケットが・・・。

紙ジャケットって、昔、LPを持っていた人が当時を懐かしく想いつつ
楽しむものではないかと思います。
これは当時から、CDで発売されたものであり、それを無理やり
紙ジャケットで出すのは、「ファンなら当然、買いますよね」みたいな
商売根性丸出しなカンジがして、ちょっとイヤです。

LP世代でない方にとっては、どちらでも良いとは思いますが。
評価: 5
A CAT HAS NINE LIVES.
なんでしょう、この完成度は・・・。このアルバムは一週間前位に買いました。今までAEROの曲は聴いていなかったワタシですが、今年になって図書館でHONKIN` ON BOBO/JUST PUSH PLAYを借りたのをきっかけにすっかりはまってしまったんです。今年に入って90%以上はAEROの曲しか聴いていないというハマリぶり・・・其れからPUMP/ROCKS/PERMANENT VACATION/PINK/etc.といろ2と聴きまくりそしてこのアルバム!!!
すべての曲がイイ!!!実は最初に試聴でThe Farmが気に入ってしまい買うことに決めたんです。その1曲のためだけに買いたい!!!って思ったのはこれが初めてです。ALL YOU HAVE TO DO IS TO FEEL AERO!!!
評価: 5
鳥肌モン!!!
?から飛ばしすぎ・・・ロック好きならきくべし!?はイントロがおもしろい。そして?は極上バラード。個人的にはMiss A Thingよりもすき。なんでこんなのができるのか?
?は歌詞がおもしろい。へたしたら涙を流す?.これはHole In My Soulのシングルのカップリングにでもいれて欲しかった。
?のPinkは独特!どっかに飛んでいっちゃう感じでチカラが抜ける

そして最後は、最初の激しさはどこへやら、社会問題にも少し触れていて、悲しげな曲。最後のインストではそのまま眠ってしまいそう。
でも、まぁ、欠点を1つ言うなら、ジャケットかなー。US版のほうがカッコいいし曲にも合っている。そんなマニアじゃなきゃあんま関係ないけど。

闇夜のヘヴィ・ロック(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,280

曲目:
闇夜のヘヴィ・ロック
ソルティおじさん
アダムのリンゴ
ウォーク・ディス・ウェイ
ビッグ10インチ・レコード
スウィート・エモーション
戻れない
虚空に切り離されて
僕を泣かせないで

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
バラエティーなアルバム
攻撃的な「ROCKS」と比べると全体的に幅広いジャンルの曲が多い。4は元祖ラップロックでCMでもおなじみ。6はサイケデリック。9は得意の泣かせバラード。あえてこれからオリジナルアルバムを聴く人はこっちからの方が良いだろう。
評価: 5
これがなかったらエアロはなかった
復活前のエアロのアルバムでどれが一番おすすめなのかと、きかれると、評論家の方々は、「ROCKS」 を上げますがその前のこの作品がなかったら、ロックスは生まれなかっただろう。ライブでもこのアルバムの曲は、中心になっており、どの曲もいいしあがりだ。エンジンの主題歌もいいが、ここまで、きいてみて欲しいと思う。
評価: 5
70年代エアロの初心者はまずこれをどうぞ
エアロスミス初心者が「昔のアルバム、何を聴いた良いかわからな〜い。」というときはこれを聴くべし。
ライブで演らないことのない「4.ウォーク・ディス・ウェイ」と「6.スウィート・エモーション」が収録されている、
ということもあるが、My Favorite Tuneである「Toys in the Attic(1.闇夜のヘヴィ・ロック)」を是非聴いて欲しいからである。
たまにライブで演るけどね、そのときの私やオールドファンは半狂乱モノだ。

その他も少しダークでクセのある70年代エアロスミスワールドが展開されており、
この1枚がエアロスミス最高傑作の次アルバム『ROCKS』を生み出したといっても過言ではない。

パンドラの箱

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,980

曲目:
ウェン・アイ・ニーディッド・ユー
メイク・イット
ムーヴィン・アウト
ワン・ウェイ・ストリート
オン・ザ・ロード・アゲイン
ママ・キン
エアロスミス 離陸のテーマ
ブギウギ列車夜行便
折れた翼
ライト・ミー・ア・レター
ドリーム・オン
パンドラの箱
ラトルスネーク・シェイク
ウォーキン・ザ・ドッグ
闇夜のヘヴィ・ロック
虚空に切り離されて
KRAWHITHAM
僕を泣かせないで
やりたい気持ち
戻れない
お説教
アイ・ウォナ・ノウ・ホワイ
イカした10インチ・レコード
地下室のドブねずみ
ラスト・チャイルド
オール・ユア・ラヴ
ソウル・セイヴァー
ノーバディズ・フォルト
リック・アンド・ア・プロミス
アダムのリンゴ
ドロー・ザ・ライン
キングス・アンド・クィーンズ
ミルクカウ・ブルース
アイ・リヴ・イン・コネチカット
スリー・マイル・スマイル
レット・イット・スライド
チーズ・ケーキ
ボーン・トゥ・ボーン(コニー・アイランド・ホワイト・フィッシュ・ボーイ)
ノー・サプライズ
カム・トゥゲザー
ダウンタウン・チャーリー
シャープシューター
シット・ハウス・シャッフル
サウス・ステーション・ブルース
リフ・&ロール
ジェイルベイト
メジャー・バーバラ
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
ヘルター・スケルター
バック・イン・ザ・サドル
サークル・ジャーク

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
安っ!!!
こんな安くてよいの?!エアロのボックスセット、パンドラの箱の復刻版!ブックレットなどもついて、ますます安くなったとは!これは買いでしょう〜。エアロといえば、やっぱブルースロック。路線が変わってきたここ数年のアルバムも良いけど、やっぱ初期の音源は本当のエアロの匂いがぷんぷんする!絶対に買い!

GEMS~The Best Of Aerosmith’s Hard Rock Hit’s!(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

曲目:
地下室のドブねずみ
リック・アンド・ア・プロミス
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
ノー・サプライズ
ママ・キン
アダムのリンゴ
ノーバディズ・フォールト
虚空に切り離されて
クリティカル・マス
支配者の女
ジェイルバイト
トレイン・ケプト・ア・ローリン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
これは・・・・
かなりのマニア向け・・・初心者には不要。しかも結構ヘビー

野獣生誕(エアロスミスI)(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
メイク・イット
サムバディ
ドリーム・オン
ワン・ウェイ・ストリート
ママ・キン
ライト・ミー
ムーヴィン・アウト
ウォーキン・ザ・ドッグ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初期作品で迷ったら、このアルバムです。
中学時代の暑い夏の夜によく聴いた我が青春のエアロ。

代表作を買い揃えて、「初期の作品はどれを買おうか・聴こうか」という気持ちになってもしもこのアルバムと2ndでどちらか迷ったら、迷わずこちらを選びましょう。

音質は確かに良くないですが、代表曲(DREAM ON,MAMA KIN)の他にも歌メロの良さ・小気味の良い曲展開・何かが起こりそうな予感をさせ固唾を呑むリフ(?曲目)など捨て曲ありません!
評価: 4
可能性を感じるアグレッレシヴなデビュー・アルバム
 エアロスミスのファースト・アルバムです。その為か、録音に金銭的に賭けられなかったらしく、音はチープです。 だけどガレージ・ロックてき味わいが、何度も聞いてみたくなる魅力があります。

名曲ドリーム・オンやハードなロックンロールであるママ・キンなど完成度はかなり高いと思います。

他の曲も展開のさせ方では、かなり良くなる曲もあるように聴かれ、未完の大器の片鱗が何よりも、魅力です。

 ファースト・アルバムにして、素晴らしい可能性を感じる所にエアロスミスの偉大さが理解できるアルバムです。 

飛べ!エアロスミス(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
支配者の女
四次元飛行船
黒いコートを着た女
エアロスミス,SOS
トレイン・ケプト・ア・ローリン
折れた翼
パンドラの箱

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロの本領発揮
 このアルバムから六人目のメンバーと言われたジャック・ダグラスがプロデュースし始めて、まとまりを見せた内容です。

?から後の黒っぽいエアロ流ハードロックで、酔いしれます。

?はスタジオで録音されたものからライブに繋がっていく所が、ダイナミックで曲を際立たせています。この曲はzepperinもカヴァーしているのですが、次は俺たちなんだと言う表明に感じられます。

他にもいい曲が入っていて、勢いを感じるアルバムです。

ロックス (紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
地下室のドブねずみ
コンビネイション
シック・アズ・ア・ドッグ
ノーバディズ・フォールト
ゲット・ザ・リード・アウト
リック・アンド・ア・プロミス
ホーム・トゥナイト

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
攻撃的なアルバム
バラエティーな前作と比べると全体的に攻撃的でメタルなアルバム。個人的には一曲一曲を聴くより、最後まで通して聴くとこのアルバムのかっこよさがわかる。
評価: 5
このアルバム聴かずしてエアロファンを名乗るなかれ
誰がなんと言おうと、初期エアロスミスの最高傑作である。
現代のエアロスミスのような明るいハードロックとは対極的に、
全体的にダークでシンプルなギター・リフで網羅されているアルバム。
どちらも本当のエアロスミスなのだが、まだ「ROCKS」を聴いたことのない現代エアロスミスファンも、
だまされたと思ってこのアルバムを通しで聴いて欲しい。

ベースリフがシビれる「1.バック・イン・ザ・サドル」、
ブラッドのギターワークが冴える「2.ラスト・チャイルド」、
疾走感のある「3.地下室のドブねずみ」と、どの曲も雰囲気は違うのだが、
秀逸な曲かつ、どれもエアロスミスらしい。

その他ライブでたま〜にジャムる(スティーヴンがG.を弾いてしまったりする(^^ゞ)「5.シック・アズ・ア・ドッグ」、
最高にロックスって感じの「8.リック・アンド・ア・プロミス」など、
捨て曲は1曲もない。
評価: 4
ワープ
ながらく聴いていないものを聴いてみて「これだ!」とは普通思わないものですが、すごいです。無駄な曲がひとつもなく、完成度はとても高いです。一曲目の初めのスティーブンタイラーの叫び声で何かが吹っ切れて、聴いたこともないようなギターのリフが鳴り響き、疾走が始まる。という感じです。こうゆう、しびれるような感覚を味わえるロックって以外と少ないんじゃないでしょうか。とても新鮮で古さとは無縁でした。

グレイテスト・ヒッツ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,323

曲目:
ドリーム・オン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
スウィート・エモーション
ウォーク・ディス・ウェイ
ラスト・チャイルド
バック・イン・ザ・サドル
ドロー・ザ・ライン
キングス・アンド・クイーンズ
カム・トゥゲザー
リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ファンは要チェック!
エアロスミスの初ベスト盤。収録曲数は少なめですが、オリジナルとはバージョン違いの曲が数曲あるのでファンはチェックしておきましょう。

パンドラズ・トイズ(紙ジャケット仕様)

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Music Direct

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
スウィート・エモーション
ドロー・ザ・ライン
ウォーク・ディス・ウェイ
ドリーム・オン
トレイン・ケプト・ア・ローリン
ママ・キン
ノーバディズ・フォルト
折れた翼
ビッグ10インチ・レコード
オール・ユア・ラヴ
ヘルター・スケルター
チップ・アウェイ・ザ・ストーン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/07/07

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
ハンパ・・・
これ買うぐらいなら、奮発してPANDORA`S BOX買うべき

ホンキン・オン・ボーボゥ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 350

曲目:
ロード・ランナー
シェイム・シェイム・シェイム
アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド
ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー
ネヴァー・ラヴド・ア・ガール
バック・バック・トレイン
ユー・ガッタ・ムーヴ
ザ・グラインド
アイム・レディ
テンパラチュア
ストップ・メッシン・アラウンド
ジーザス・イズ・オン・ザ・メイン・ライン
ジェイディッド ※〈ConnecteD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/03/31

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロスミスの勝ち!
マーティン・スコセッシ監修の映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」を見てもわかるように、
椅子に座ったまま腕を組んで微動だにしない、眉間にしわを寄せたしかめっ面のブルース研究家といった風情のおやじを納得させるより、
金髪で巨乳の美人のおねーちゃんを、椅子から立ち上がらせて踊らせたエアロスミスの勝ち!なのである。

このCDでも、最高にかっこいいブルースを披露したエアロスミスの勝ち!なのである。
評価: 5
エアロ申し訳ない。
最高のブルースカヴァー集だと思う。
これを聴いた直後にブルース精神を思い出し、ロバートジョンソンや、
ストーンズの初期のブルースのカヴァー曲とかをいっぱい聴きなおしましたね。
ただせっかくのブルースアルバムなのに、雰囲気をボーナストラックの大ヒットシングル「jaded」がぶち壊し。
しかも前アルバムにも収録されているのにぃ〜
日本のレコード会社のせいで、ごめんね、エアロ。
輸入版の方が筋通ってるぞ〜。そっち買え〜みんな〜。
評価: 5
エアロらしいブルースカバーアルバム
エアロスミスを単なるハードロックバンドだと思っているあなた!それは大きな間違いだ。エアロスミスは、「ハードブルースロックバンド」と呼んだほうが相応しく、ブルースの影響を諸に受けている。
そんなエアロスミスが、自分達が影響を受けたブルースマンの曲をカバーして作成したアルバムがこのホンキンオンボーボウである。でも、内容はというと、もうコテコテのエアロ流になっている。これほどまでに自分達のカラーを確立してしまっているバンドは、カバーをしてもきちんと自分流になるということが顕著に現れている。特にスティーヴンタイラーが歌えばどんな曲でも「エアロスミス」になってしまうのが凄い。
内容を説明すると、7曲目は「コカコーラC2」のCM曲として使用された。6曲目、11曲目はジョーペリーがヴォーカルを務める。2,4,11曲目は特にノリのいいブルースに変身している。そして8曲目は、このアルバムで唯一のブルースカバーではないオリジナル曲。でも13曲目のJededは、国内版の売り上げを上げるためにとって付けたようで、不必要であったと思う。

筋金入りのブルースファンでない限り、このアルバムの曲目を見て「これは〜の曲だな」というのは分からないと思う。つまり、エアロスミスのメンバーは古いブルースの大ファンであることがよく分かるであろう。
このアルバムのブルースのオリジナルバージョンを探すのもいいと思うが、エアロスミスの新曲のような気持で聴くのもいいと思う。



amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,793

amazonでのユーズド価格:
¥ 340

曲目:
ロード・ランナー
シェイム・シェイム・シェイム
アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド
ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー
ネヴァー・ラヴド・ア・ガール
バック・バック・トレイン
ユー・ガッタ・ムーヴ
ザ・グラインド
アイム・レディ
テンパラチュア
ストップ・メッシン・アラウンド
ジーザス・イズ・オン・ザ・メイン・ライン
ジェイディッド ※〈ConnecteD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/03/31

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
いいですねぇ♪
オマケのハーモニカ小さ過ぎて吹けねぇよ!!って、アレ?ホントに吹く物じゃないって?
いやいや、それはさておき。
いいですね、エアロのブルースカヴァーって。
あんまりブルース!!ってアルバムを聴いた事ないからちょっと心配ではありましたが、エアロが好きなんでとりあえず買ってみたら正解でしたね〜。
特にSHAME,SHAME,SHAMEはお気に入りで、毎朝この曲が目覚ましのかわりに鳴り響きます(笑)
このアルバムを聴くと『ZZ TOP』が聴きたくなるのは僕だけでしょうか…

他の人も書かれてますが、このアルバムに『JADED』は本当に意味がわかりませんね。。。
せっかくの流れを壊している気がして、このアルバムにはいらないんじゃないかと思います。
評価: 4
ただのカヴァーと思うなかれ。いい年のとり方です!
正直なところ期待していたものとは違ったのは事実。
前作『Just Push Play』のようなオリジナルのハードなのを期待していたので見事に肩透かしを食らった感じ。
でもよくよく聴いてみると、ブルースのロック的解釈、悪くないです。
ファンとしてはいつまでもアーティストの全盛期を追いかけてしまうけれど、
エアロのメンバーもみんな結構いい年。

無理に張り切らなくても、こういう力を抜いた感じの自然体もイイです。
ホント、何かこのバンドは紆余曲折色々あったけどいい年のとり方してるって感じです。
コカコーラのCMソング『JADED』がここで再録されていますが、
あえて言うなら無用の長物って感じですね、いい曲ですが・・・。

CMで『JADED』を聴いて、いいな〜と思った人は、

前作『Just Push Play』を購入することをお奨めします。
評価: 2
同じブルースなら
ブルースロックからハードロック、そして原点であるブルースへ。
初期に戻ったのだ!という期待を大きく裏切られてしまった。
同じブルースならゲイリー・ムーアのほうがいい。
一通り聞いて残った印象は「うるさい」の一言。
バックの音が異常に大きい。
ブルースなんだからギラギラした音作りにして欲しくない。
あくまでシンプルに仕上げて欲しい。

また、ボーナストラックに前作のヒット曲である「JADED」を入れないと宣伝できる曲が一つもないのも困りもの。
ただひとつ良い点として、今までライブでは幾度となくプレイされていた「Stop Messin' Around」が収録されたことくらいか。

Honkin' on Bobo

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 2,154

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,180

曲目:
Road Runner
Shame, Shame, Shame
Eyesight To The Blind
Baby, Please Don't Go
Never Loved A Girl
Back Back Train
You Gotta Move
The Grind
I'm Ready
Temperature
Stop Messin' Around
Jesus Is On The Mainline

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2004/03/30

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
一番好きかも
ブルーズの名曲のカバー集と聴いて最初はチョットびみょーかなと思ったけど、スティーヴンのシャウトがさらに研ぎ澄まされていてよかった。流石に何万回とツアーをこなしてきたエアロスミスだけある。
評価: 4
よさこい
 ブルースをカヴァーしまくったアルバム。確かに物凄いアレンジをしている。

 しかし、どこまでもかっこいい。なんとなく私の好きなエアロとは一線を画すものの、これはこれで素晴らしい雰囲気。ブルースの原曲がロックしている。根源的には同じ音楽なのだが。

 やんちゃなおじ様たちに乾杯。
評価: 5
素敵です
エアロスミスは、前からカッコイイと思ってたし、弟からCDを借りてよく聴いたりしてたけど、のめり込むってほどじゃなかった。
でも今回のこのアルバムはすごく好きで、ずっと聴いています。
中でも『Baby, Please Don't Go』が一番好きです。特に『You Gotta Move(DVD)』での演奏なんか最高でした。
でもエアロスミスの大ファンである弟にはこのアルバム、あまり好評ではないようです。私はブルース好きなので、このアルバムが気に入ったのかもしれません。

Honkin' on Bobo

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,638

amazonでのユーズド価格:
¥ 450

曲目:
Road Runner
Shame, Shame, Shame
Eyesight To The Blind
Baby, Please Don't Go
Never Loved A Girl
Back Back Train
You Gotta Move
The Grind
I'm Ready
Temperature
Stop Messin' Around
Jesus Is On The Mainline

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2004/03/30

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ル-ツを知る
音でない音の方向に流れようとしていたので、どんなアルバムがでるのだとおもっていたら、「こりゃ楽しい」というアルバムをリリ-ス。コレをきいて、楽しい生活をしよう!!!
評価: 5
Honkin' on Bobo  Aerosmith
今までのエアロとは違って、渋さがでている作品です。
全体的にブルース調で、大人の格好良さがにじみ出ています。
表紙のハープに似合って、中身の曲にもハープの艶が出ています。
一言で言うと「噛めば噛むほど味が出る」アルバムです。
評価: 4
久々の新作はブルースアルバム!
エアロ待望の新作はブルースアルバムとなった(オリジナルは1曲のみで、あとはすべてカヴァー曲)。ここ最近のポップよりの楽曲とは一線を画している。だから今までのような路線を期待すると肩透かしを喰らうかもしれない。逆に、スティーヴンのヴォーカルは激しくシャウトしまくっているし、ジョーペリーも今まで以上にアグレッシヴに弾きまくっている。ただ、曲調が違うのだ。

もしかしたらファンの間でも賛否両論が分かれるかもしれないが、ブルース調の曲でも完全にエアロ自身のモノにしてしまう様は圧巻。ZEP等と同じように、やはり偉大なるバンドだけが成し得るグルーヴなのだろう。

初心者にはお勧めできないが、ブルース好きならファン以外にもお勧めしたい逸品だ。個人的評価は5つ星だが、エアロファンのことも考えて総合評価は星4つ、にしておきます。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 2,421

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,074

曲目:
ウォーク・オン・ウォーター
エレヴェイター・ラヴ
ラグ・ドール
ホワット・イット・テイクス
デュード
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
クライン
アメイジング
ブラインド・マン
デュースズ・アー・ワイルド
アザー・サイド
クレイジー
イート・ザ・リッチ
エンジェル
リヴィング・オン・ジ・エッジ
デュード(ライヴ・ヴァージョン)
フォーリング・イン・ラヴ
ホール・イン・マイ・ソウル
バック・イン・ザ・サドル
ウォーク・オン・ダウン
ドリーム・オン
ママ・キン
お説教
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2004/01/28

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
いいね!!!
マジでいいね!!!!
エアロスミスのなかで一番好きな時代がつまったCDだよ!!!
ホントおすすめ!!!

Toys in the Attic/Draw The...

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

曲目:
Toys In The Attic
Uncle Salty
Adam's Apple
Walk This Way
Big Ten Inch Record
Sweet Emotion
No More No More
Round And Round
You See Me Crying
Back In The Saddle
Last Child
Rats In The Cellar
Combination
Sick As A Dog
Nobody's Fault
Get The Lead Out
Lick And A Promise
Home Tonight
Draw The Line
I Wanna Know Why
Critical Mass
Get It Up
Bright Light Fright
Kings And Queens
The Hand That Feeds
Sight For Sore Eyes
Milk Cow Blues

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2003/10/06
Night in the Ruts

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Budget

価格:
¥ 1,280

曲目:
No Surprize
Chiquita
Remember (Walking in the Sand)
Cheese Cake
Three Mile Smile
Reefer Head Woman
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
Think About It
Mia

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2003/07/14

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
バンド崩壊の危機的状況で制作されたアルバム・・・かなりラフです!!
1979年リリースのあまり語られない通算6作目・・・スティーヴンタイラーとジョーペリーの確執及び健康状態ヘロへロ(笑)で制作されたアルバム!!前作「ドローザライン」より格段にパワーダウンしている内容で、かなり荒削りな仕上がりです。エアロスミスのアルバムの中にあって、非常に地味であまり話題にならない1枚・・・でもビルボードは最高位20位と凄いんだよなあ(笑)。ジョーペリーはこのアルバムのレコーディング中に脱退しており、ギターテクニシャン:ニールトンプソンと言う方が9曲目、スティーヴンの友人:リッチースパが1曲目・9曲目をサポートしています。(まあどのギターかは?)スティーヴンとジョーによる曲が4曲、スティーヴン単独3曲、カヴァー3曲と言う事で、かな?!??!厳しい状況だった事を窺い知る事が出来ます・・・8曲目はヤードバースのカヴァー!!アルバム全体がなんか地味な雰囲気なのですが、1曲目「ノーサプライズ」がこのアルバムのオープニングで合った事が救いかも知れません!!この曲はまさにエアロで、かっこいいですよ!!この後ブラッドウィットフォードも脱退し、邦題「美獣乱舞」でこけて解散に至ります・・・。

ヒーローズ ~ベスト・オブ・ロックンロール~ / HEROES Selected By Brian May

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 3,230

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
タイ・ユア・マザー・ダウン(エア・ギター・エディット)(クイーン)
いとしのレイラ(デレク・アンド・ドミノス)
ワイルドで行こう(ステッペンウルフ)
スモーク・オン・ザ・ウォーター(ディープ・パープル)
ウォーク・ディス・ウェイ(RUN DMC featエアロスミス)
20thセンチュリー・ボーイ(Tレックス)
マイ・シャローナ(ナック)
シンス・ユー・ビーン・ゴーン(レインボー)
ジョニー・Bグッド(チャック・ベリー)
モンキー・レンチ(フー・ファイターズ)
カモン・エヴリバディ(エディ・コクラン)
オール・ライト・ナウ(フリー)
ショー・ミー・ザ・ウェイ(ピーター・フランプトン)
ラン・トゥ・ユー(ブライアン・アダムス)
ソング2(ブラー)
オール・シュック・アップ(ポール・マッカートニー)
愛しき反抗(デヴィッド・ボウイ)
悲しきサルタン(ダイアー・ストレイツ)
ドント・クライ(エイジア)
ハートブレイカー(グランド・ファンク・レイルロード)
ユー・リアリー・ガット・ミー(ライヴ)(レイ・デイヴィス)
ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン)(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)
マイ・ジェネレイション(ザ・フー)
ハイ・ホー・シルヴァー・ライニング(ジェフ・ベック)
クロスロード(ライヴ)(クリーム)
エース・オブ・スペーズ(モーターヘッド)
パラノイド(ブラック・サバス)
ファー・ビヨンド・ザ・サン(インストゥルメンタル)(イングヴェイ・マルムスティーン)
アームド・アンド・レディ(マイケル・シェンカー・グループ)
スティル・ゴット・ザ・ブルース(ゲイリー・ムーア)
誇り高き戦い(アイアン・メイデン)
フール・フォー・ユア・ラヴィング(ホワイトスネイク)
ライツ・アウト(UFO)
ハリケーン(スコーピオンズ)
ドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー(ナイト・レンジャー)
キャント・ドライヴ・55(サミー・ヘイガー)
アニマル(デフ・レパード)
反逆のアイドル(ビリー・アイドル)
ヤツらは町へ(シン・リジィ)
ボヘミアン・ラプソディ(クイーン)

演奏者・作曲者:
オムニバス
クイーン
デレク・アンド・ドミノス
ステッペンウルフ
ディープ・パープル
ランDMC・feat.エアロスミス
T.レックス

発売日:
2002/11/27

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
さすが大御所ブライアン・メイ
このアルバムは、輸入盤ではAIR GUITARというタイトルでした。AIR GUITARとは実際にはギターがないのに、まるでギターがあるかのように弾く振りをすることです。題名の通り、AIR GUITARを弾くことができる楽曲が選曲されています。監修はクイーンのギタリスト、大御所ブライアン・メイです。選曲を見てわかるように、通常のオムニバスとは一味違った感じに仕上がってます。みなさんもギタリストになりきってAIR GUITARをガンガン弾きまくって下さい。
評価: 5
名曲の数々
QUEENのギタリストで、今でも多くのファンを持つブライアン・メイに
よる、この1枚。
バイクを乗りながら1度は聴いてみたい「ワイルドで行こう」、ディー
プ・パープルのバンドをやっている人なら1度は演奏した事があるだろ
う「SMOKE ON THE WATER」、ロックの名盤としても名高いエリック・ク
ラプトン(デレク・アンド・ドミノス)の「Layla」、グラム・ロックの

王者T-REXの「20century boy」、一発屋といわれる事も多いけど(笑)、
やっぱりこの曲は良い曲、ナックの「マイ・シャローナ」、ロックの根
底といわれるチャック・ベリーのストレートなロックンロール
「Johnny B. Good」、メタルの代表格BLACK SABBATHの「パラノイ
ド」、ボブ・ディランの映画の主題歌としても有名な「ハリケーン」、

そして最後は、自分たちの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」。
どれも本当に、ロックの名盤ばかりですね。
QUEENファンとしても、ブライアンがこんな曲に影響を受けていたのか
という事が分かって、面白い1枚です。

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 3,213

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,975

曲目:
ママ・キン (1973「野獣生誕(エアロスミス1)」)
ドリーム・オン (1973「野獣生誕(エアロスミス1)」)
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス (1973「飛べ!エアロスミス」)
折れた翼 (1973「飛べ!エアロスミス」)
ウォーク・ディス・ウェイ (1974「闇夜のヘヴィ・ロック」)
ビッグ10インチ・レコード (1974「闇夜のヘヴィ・ロック」)
スウィート・エモーション (1974「闇夜のヘヴィ・ロック」)
ラスト・チャイルド (1975「ロックス」)
バック・イン・ザ・サドル (1975「ロックス」)
ドロー・ザ・ライン (1976「ドロー・ザ・ライン」)
デュード (1987「パーマネント・バケーション」)
エンジェル (1987「パーマネント・バケーション」)
ラグ・ドール (1987「パーマネント・バケーション」)
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン (1989「パンプ」)
エレヴェイター・ラヴ (1989「パンプ」)
ホワット・イット・テイクス (1989「パンプ」)
アザー・サイド (1989「パンプ」)
リヴィング・オン・ジ・エッジ (1993「ゲット・ア・グリップ」)
クライン (1993「ゲット・ア・グリップ」)
アメイジング (1993「ゲット・ア・グリップ」)
デュースズ・アー・ワイルド (1993「ザ・ビーヴィス・アンド・バットヘッド・エクスペリエンス」&1994「ビッグ・ワンズ」)
クレイジー (1993「ゲット・ア・グリップ」)
フォーリン・イン・ラヴ (1997「ナイン・ライブズ」)
ピンク(The South Beach Mix') (1997「ナイン・ライヴズ」)
ミス・ア・シング (1998 OST「アルマゲドン」)
ジェイディッド (2001「ジャスト・プッシュ・プレイ」)
ジャスト・プッシュ・プレイ(Radio Remix) (2001「ジャスト・プッシュ・プレイ」)
ウォーク・ディス・ウェイ (w/Run DMC) (1986 RUN DMC 「RASING HELL」)
ガールズ・オブ・サマー (2002 New Song)
レイ・イット・ダウン (2002 New Song)
トレイン・ケプト・ア・ローリン (1973「飛べ!エアロスミス」)※ボーナストラック
闇夜のへヴィー・ロック (1974「闇夜のヘヴィ・ロック」)※ボーナストラック
カム・トゥゲザー (1978 OST「SgtPepper19s Lonely Hearts Club Band」&1980「Greatest Hits」)※ボーナストラック
テーマ・フロム・スパイダーマン (2002 OST「Spiderman/スパイダーマン」)※ボーナストラック

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2002/07/03

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
これ以上はない「エアロのまとめ」でしょう
やはり、walk this wayの元ネタと、Run DMCネタの両方入って、エアロスミスのほかの名曲も「もれなく」入っているところが最大の「かなめ」でしょうね。RUNーDMCバージョンがもし抜けていたら、いくらエアロがいいと思っている自分でも、「別にほかのベストでいいじゃん」、と思うぐらい価値が下がる気がします。やはり、Run−DMCネタでも、「talk this way〜」のところは、Steven Tylerが歌ってますし、ギターは途中で脱退したJoe Perryが再加入して、結局また弾いている意味で面白いわけです。音もGibson Les Paulで元ネタと同じ。(でしょう、あの音は)そこを味わえる人はたぶん「これ以上はない」と思うでしょうし、そこがよくわからない方、エアロ入門の方は、「そこが、わざわざ2バージョン入っている意味を味わう点です」、ということになるでしょう。RUN-DMCネタのMTV映像では、エアロと一緒に出てますし、最後は、RUN-DMCとSteven Tylerが一緒に踊ってますからね〜。さんま御殿を見た後、Run-DMCネタを聴けば、違いが分かる男?(女性でも)になれます。
評価: 5
エアロスミスの入門向け
僕は最初、「ミス・ア・シング」が聴きたくてこのアルバムを借りた。けど、「ウォーク・ディス・ウェイ」や「ジェイディット」などの有名曲や「ラスト・チャイルド」といった傑作などたくさん詰まったまさにエアロスミスの入門に最適なベストアルバム。個人的には「エンジェル」が1番好きかな。
評価: 4
エアロのベスト
エアロスミスの長い歴史の中の名曲をレーベルの枠を超えて収録したベストアルバム。2枚組。「エアロスミスってどんな音楽やってるんだろう」って軽い気持ちで手に取るには一番の選曲であると思う。
新曲や既成曲のニューバージョンも収録しており、往年のファンでも楽しめる内容になっている。
個人的には、「Girls Of Summer」が一番の聴きどころだと思う。これほど夏の青い空が似合う曲があるだろうか。まるで、空を突き抜けていくような爽やかさ(Jadedのような感じ)が素晴らしいと思う。全てのオリジナルアルバムを揃えている往年のファンの方も、このアルバムは買う価値が充分にあると思う。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 600

曲目:
ウォーク・オン・ウォーター
エレヴェイター・ラヴ
ラグ・ドール
ホワット・イット・テイクス
デュード
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
クライン
アメイジング
ブラインド・マン
デュースズ・アー・ワイルド
アザー・サイド
クレイジー
イート・ザ・リッチ
エンジェル
リヴィング・オン・ジ・エッジ
デュード(ライヴ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス
ジョー・ペリー
スティーブン・タイラー
マイケル・ベインホーン
ブルース・フェアバーン
トム・ハミルトン

発売日:
2002/06/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
初めてエアロスミスを聴いてみました
普段、自分はあまり洋楽は聴きませんが、エアロスミスは、去年B'zと共演したことなどで、
以前から興味があり、今回このアルバムを聴いてみました。
全体を聴いた感想は、非常にロック感のある曲ばかりで、すぐにはまってしまいました。
「エレベーター・ラブ」「ラグ・ドール」「クライン」等が主に気に入りました。

ただ、アルバム全体としては、ほとんどがバラードが占めていて、
正直、後半は少し退屈になってしまったので、4点。
それでも、名曲ばかりで、他のエアロスミスの曲も聴いてみたくなったので、
機会があったら、また他のを聴いて見ようと思いました。
評価: 4
ゲフィンの締め
ゲフィンとの5枚契約の4枚目は、このスタジオベストアルバム。
文句のつけようのない選曲である。しかも新曲入り、リマスタリングにより音もよりきめ細かくなった。
大バラード「Angel」をより良い音で聞けるのが嬉しい。
評価: 5
かっこよさに惚れ惚れ・・・・・切なさにホロリ・・・・
 ベストなので勿論捨て曲はありませんが、やはり個々の曲のレベルが高すぎです!とても耳に残るキャッチ―さもあり、なんというか体のリズムにぴったりとあうような気がします。2曲目や3曲目、13曲目なんかが特にのりが良くて最高なんですが、その合間に挟まれる7、12曲目のようなバラードがホントに涙腺にこたえます!思わず一緒に熱唱してしまうんでうよね〜。ロック入門編としてもおすすめな1枚で、初めて洋楽を聞く人でも問題なく受け入れられるでしょう。これはもう買いですよっ!!!!!

Young Lust: The Aerosmith Anthology

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Music TV

価格:
¥ 2,891

amazonでのユーズド価格:
¥ 898

曲目:
Eat The Rich
Love Me Two Times
Head First
Livin' On The Edge (acoustic version)
Don't Stop
Can't Stop Messin'
Amazing (orchestral version)
Cryin'
Crazy
Shut Up And Dance
Deuces Are Wild
Walk On Water
Blind Man
Falling In Love (Is So Hard On The Knees; live)
Dream On (live)
Hole In My Soul (live)
Sweet Emotion (live)
Let The Music Do The Talking
My Fist Your Face
Shame On You
Heart's Done Time
Rag Doll
Dude (Looks Like A Lady)
Angel
Hangman Jury
Permanent Vacation
Young Lust
The Other Side
What It Takes
Monkey On My Back
Love In An Elevator
Janie's Got A Gun
Ain't Enough
Walk This Way (with Run-DMC)

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2002/04/15

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ゲフィン時代を総括する素晴らしいベストアルバム
エアロスミス復活後のゲフィン時代の代表曲、シングルB面曲、コンピ提供曲、ライヴ等をまとめたアンソロジー2枚組です。ヒットしたシングル曲のみならずアルバムトップの勢いのある曲や散らばっていた少しレアな曲がまとめて聴けるのがうれしいです。個人的にはライブの4曲はいらなかったかな…。オリジナルメンバーで復活したのに「無かった事」みたいな扱いになっている?「Done With Mirrors」からもキチッと選曲されています。時代が限定されているので後に発表された「Oh Yeah! Ultimate Aerosmith Hits」などよりもまとまりがあり、80年代半ばから復活し怒涛の快進撃でヒットを連発した2000年までのエアロスミスを振り返ることが出来ます。外部のソングライティングチームを導入したり、売れ線のプロデューサーを起用したため70年代のエアロファンには評判が良くないこともあるこの時代ですが、その決断がなかったら幾多の70年代バンドのように消えてしまっていたかもしれません(実際80年代初めはヤバかったですよね)。生き生きとした彼らのパフォーマンスが楽しめる好編集盤です。
評価: 5
最近出たベストとはひと味違う!
 最近 新しいファンが増えたエアロスミスだけど
これはベスト盤とは別に聞いたほうがいいです!

 何故なら あの昔のスティーヴンの声が入っていないからです!
もしも新しいベストの方で昔の声に抵抗があったなら
お口直し(あっ耳か)にアンソロジーをオススメします!

 あと、もしCDを買ったときのアドバイスです。

2枚のディスクが入っているけれど
ケースの開け方が扉型になっているので、
壊さないように 開けてみてください!

Permanent Vacation

amazonへ行く


CD

発売:
Geffen

価格:
¥ 1,380

amazonでのユーズド価格:
¥ 490

曲目:
Hearts Done Time
Magic Touch
Rag Doll
Simoriah
Dude (Looks Like a Lady)
St John
Hangman Jury
Girl Keeps Comin' Apart
Angel
Permanent Vacation
I'm Down
Movie

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2002/02/04

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
・・・・・
曲の出来自体はかなり高いレベルにあると思う。
ただロックスのような初期のエアロが好きな方にはあまりオススメできない。必要以上に作り上げられた感はいなめず、
毒気の抜けた芯のないサウンドのように感じてしまう。
まあ、90年代に入ってからのエアロを最高だと思える人には是非
評価: 4
復活のきっかけとなったアルバム
エアロスミスは、とても、長い歴史のあるバンドです。
復活してからの第一弾は、売れませんでしたが、このアルバムは、とてもコンパクトにまとまっていて曲自体が独立して耐えうるような曲がつまっているアルバムです。
ビデオクリップも面白いし、曲もいい出来なので是非きいてもらいたいと思います。
評価: 4
Welcome Back,Aerosmith!
70年代、一斉を風靡したエアロスミスの80年代は、ドラッグなどの影響によりジョー・ペリーが脱退するなどめちゃくちゃになってしまい、シーンから姿を消していました。
前作『Done With Mirrors』でジョー・ペリーが復帰したものの、今一つセールスをあげることができなかったエアロスミスがとった作戦、それは、当時BON JOVIの『Wild In The Streets』を大ヒットさせた大物プロデューサー、ブルース・フェアバーンの起用でした。

それが商業的には大当たり、「3.Rag Doll」「5.Dude (Looks Like a Lady)」「9.Angel」が大ヒット!、見事のハードロックシーンにカムバックしたのです。

各ナンバーの個人的な感想を述べますと・・・。
「3.Rag Doll」:〜Bo Bo Tourでも演奏されていたように、シブイ曲でジョーのスティールギターがブルース臭ぷんぷんでかっこいい。
「5.Dude (Looks Like a Lady)」:これをライブで演ってくれないと盛り上がらないよ!
「9.Angel」:従来のエアロスミスファンは・・・?ちなみに、ジョーは「もうこの曲はライブではやりたくない。」とおっしゃっているそうです。でも、ポップバラードとしては秀逸のデキだと思いますし、大好きな彼にこの曲をささげられたら、感動の涙が止まらないでしょう。

ジャスト・プッシュ・プレイ+ライヴ&レア

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 898

曲目:
ビヨンド・ビューティフル
ジャスト・プッシュ・プレイ
ジェイデッド
フライ・アウェイ・フロム・ヒア
トリップ・ホッピン
サンシャイン
アンダー・マイ・スキン
ラヴ・ライズ
アウタ・ユア・ヘッド
ドロップ・デッド・ゴージャス
ラト・インサイド
アヴァント・ガーデン
ウォント・レット・ユー・ダウン
ミス・ア・シング
ジャスト・プッシュ・プレイ (Radio Remix)
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス(ライヴ・フロム・カリフォルニア・ジャムII 1978)
ドロー・ザ・ライン(ライヴ・フロム・カリフォルニア・ジャムII 1978)
チップ・アウェイ・ザ・ストーン(ライヴ・フロム・カリフォルニア・ジャムII 1978)
ビッグ・テン・インチ・レコード(ライヴ・フロム・TEXASジャム1978)
支配者の女(ライヴ・フロム・TEXASジャム1978)

演奏者・作曲者:
エアロスミス
タイラー
ペリー
フレデリクセン
ハドソン
ドゥダス
チャップマン

発売日:
2002/01/30

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
私は好きですv
初期の頃と比べると、今回は随分ポップな感じになっているので、
初期のエアロが好きな方は「ん?」と思うことでしょう。
私も実際違いは感じました。^^;

でも、私はこれはこれで好きです。^^
[Just push play][Jaded][Sunshine][I don't want to〜]と、
お気に入りの曲もあります。
またライヴ音源のボーナスディスク付きということで、
買って損はしないと思います。
評価: 4
でかい口開けてうたっております
?「Just Push Play」、?「Jaded」、?「Outta Your Head」、?「ミス・ア・シング」が個人的におすすめです。
エアロスミス好き、ハードロック好きには是非是非お勧めです!!
評価: 4
来日記念に
Rock'n Rollを地でいくバンドが少なくなりました。
考えてみれば、R0lling Stones か Aerosmith かです。
1度解散状態から蘇った彼らは、アメリカン・ロックに君臨し続けています。

そんな彼らが、もうすぐやって来ます。
予習をするならこれしかありません。
最新のアルバムに、過去のライブ・テイクをカップリングした
究極のサービス・アルバム。

スティーブン・タイラーの、あの口を観る前に
このアルバムで!

Pandora's Toys

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Japan

amazonでのユーズド価格:
¥ 12,766

曲目:
Sweet Emotion
Draw the Line
Walk This Way
Dream On
Train Kept A Rollin'
Mama Kin
Nobody's Fault
Seasons of Wither
Big Ten Inch Record
All Your Love
Helter Skelter
Chip Away the Stone

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2002/01/29
MAX7

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 34

曲目:
サヴァイヴァー / デスティニーズ・チャイルド
リトル・エル(アルバム・ヴァージョン) / ジャミロクワイ
ジェイディッド / エアロスミス
エイント・イット・ファニー / ジェニファー・ロペス
サンク・ゴッド・アイ・ファウンド・ユー / マライア・キャリー
ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ / セリーヌ・ディオン
シー★バングス!! / リッキー・マーティン
バイ・ユア・サイド / シャーデー
ゴー・レット・イット・アウト / オアシス
アイ・フォート・ザ・ロウ / ザ・クラッシュ
スウィート・ベイビー / メイシー・グレイ・フィーチャリング・エリカ・バドゥ
プレイメイト・オブ・ザ・イヤー / ゼブラヘッド
ウィル・2K / ウィル・スミス
ヒッピーズ・イン・ザ 60’s / メイヤ
アイ・シンク・アイム・イン・ラヴ / ジェシカ・シンプソン
テイク・オン・ミー / a1
ザ・ドリーム・ウィズイン / ララ・ファビアン

演奏者・作曲者:
オムニバス
デスティニーズ・チャイルド
アンソニー・デント
ビヨンセ
マシュー・ノウルズ
ジャミロクワイ
ジェイ・ケイ
トビー・スミス
エアロスミス
スティーブン・タイラー

発売日:
2001/12/05

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
面白い。
MAX6の次に買いました。個人的に好きな人が少なかったのか、6ほどは好きな曲がありませんでした。
でも、CMで聴いたあの曲やハリウッドで活躍するアノ人の曲が入っていて、なかなか面白かったです。
評価: 5
いい曲がいっぱい!!
いろんな歌手の曲がいっぱい入っていてかなり満足でした。
CMで使われている曲などが入っているのでどの曲も「あ〜!この人がうたってたんだ〜」といろんな発見があったCDでした。
評価: 5
おおあたり〜☆
ほしかった曲が何曲か入っていたので買ったら、知らない曲でもすっごくええ感じの曲がいっぱいあって!また友達と聞きたいです…☆

ベスト・オブ・エアロスミス

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,696

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

曲目:
アメイジング
イート・ザ・リッチ
ホワット・イット・テイクス
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
マジック・タッチ
ラグ・ドール
パーマネント・ヴァケーション
ザ・ムーヴィー
モンキー・オン・マイ・バック
マイ・ガール
シェイム・オン・ユー
ザ・ホップ
シーズ・オン・ファイア
ダークネス
アイム・ダウン
ブードゥー・メディシン・マン
シーラ
マイ・フィスト,ユア・フェイス

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/11/28

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
正直言って・・・
もうエアロのベストは正直言って良いです。この曲目を見てもぜんぜんベストとは思えない。これと同じ時期にこれの豪華版のような、ヤングラストも一緒に出すし。これを買うなら、ゲット ア グリップや、ロックスを買うほうがぜんぜんいいと思います。かなりコレクター向けのアイテムだと思います。

ゲット・ア・グリップ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 1,744

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング
ブギー・マン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/11/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
そりゃ売れるわな。
売れるアルバムってのは大抵いいバラードが売りだと思いますが、
このアルバムの目玉は「Walk on down」じゃないでしょうか?
かっこよすぎです。
あと「Eat the rich」と「Shut up and dance」も。
ほかにもいい曲いっぱい詰まってます。
ただ、詳しいことは専門家じゃないので分かりませんが、当時の最先端できうる限りのことをやった結果
今聞くと多少'時代'ってものを感じます。
評価: 3
よーく歌詞を比べると・・・
「ゲット・ア・グリップはビートルズのサージェント・ペパーを雛形にしたんだ」スティーブン「天才詩人は同世代の詩人を一斉に模倣者に変える」ニーチェ「グランジにはうんざりだったがカート・コバーンのような素晴らしいソングライターがいた頃が懐かしい。」マリリン・マンソン このアルバムの歌詞とニルヴァーナの「ネヴァーマインド」の歌詞をよく比較してみてください。スティーブンの嘘が見えてきて、このアルバムが反対の価値を持ち始めます。
評価: 5
金字塔
 極端な言い方になりますが、彼らにとって「ROCKS」はメタル、「PUMP」はハードロック、そしてこの「GET A GRIP」はロックンロールアルバムになると思います。

 スティーブン・タイラーいわく2度と“穴埋め”なんてものはアルバムには入れない、という決意のもとで作られた通り今作はまさに捨て曲なしです。完成度が高いとされるアルバムの中にはしばしば詰め込みすぎで息苦しく感じるものもありますが、このアルバムは決してそのようなことはなく、全ての音が大胆かつ繊細にかみ合って聴き手へと流れ込んでいきます。

 このアルバムはエアロスミスにとって90年代、そして現在まで続く金字塔です。今のエアロスミスが自由に活動することができるのはこのおかげだと自分は思います。


ヤング・ラスト:エアロスミス・アンソロジー

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 3,486

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,480

曲目:
熱く語れ
マイ・フィスト,ユア・フェイス
シェイム・オン・ユー
ハーツ・ダン・タイム
ラグ・ドール
デュード
エンジェル
ハングマン・ジューリー
パーマネント・ヴァケイション
ヤング・ラスト
アザー・サイド
ホワット・イット・テイクス
モンキー・オン・マイ・バック
エレヴェーター・ラヴ
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
エイント・イナフ
ウォーク・ディス・ウェイ(RUN-DMC)
イート・ザ・リッチ
ラヴ・ミー・ツー・タイムズ
ヘッド・ファースト
リヴィン・オン・ジ・エッジ(アコースティック・ヴァージョン)
ドント・ストップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング(オーケストラル・ヴァージョン)
クライン
クレイジー
シャット・アップ・アンド・ダンス
デューシズ・アー・ワイルド
ウォーク・オン・ウォーター
ブラインド・マン
フォーリング・イン・ラヴ(ライヴ)
ドリーム・オン(ライヴ)
ホール・イン・マイ・ソウル(ライヴ)
やりたい気持ち(ライヴ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス
ジョー・ペリー
デズモンド・チャイルド
スティーブン・タイラー
ジム・バランス
ホリー・ナイト

発売日:
2001/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
カナリイイ
いや、エアロ好き老若男女たのしめます。
ハズレなし。そりゃそうだ、ベストだもん。
Walk this way のRan・D・MC版が入ってるのも嬉しい。
Permanent Vacationあたりでエアロを好きになった世代には相当のお勧めですね
評価: 5
かゆいところに手の届くベスト版
収録曲のタイトルを見ただけで、「なんてすばらしいアルバムなんだろう」という印象をもちました。というのも、この'Young Lust'はオリジナル版ダン・ウィズ・ミラーズ〜パーマネント・ヴァケーション〜パンプまでのまさにエアロスミス復活をファンに強烈に印象づけた80年代後半〜90年代前半のエアロを凝縮していて、さらにコレクターを泣かせる程のシブいアルバム未収録曲をふんだんに盛り込んで、永遠の名曲Dream OnやSweet Emotion、RunDMCとのコラボレーション・ヴァージョンのWalk This Wayまで収録しているというなんとも贅沢なラインアップになっているからです。
Walk On Waterなどは特に日本人にはあまりなじみのないナンバーですが、海外では非常に高い評価を受けており、ドイツではA面でシングルカットもされています。Deuces Are Wildもドイツ版Walk On Waterのカップリング、また日本版ではGet A Gripからのシングルカット版Shut Up And Danceのカップリングとして発表された曲です。このような曲をFalling In LoveやHole In My Soulといった新しいナンバーのライブ版と組み合わせてアルバムを作ってしまうというなんともシブいことをやってくれています。
もうファンならずとも「これを聴かずして何を聴く」という一枚(実際には二枚ですが。。。)です。Young Lustと前作Just Push Playを聴けば、誰でもエアロ通になれること間違いなしです!

パーマネント・ヴァケーション

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョン
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・ヴァケイション
アイム・ダウン
ザ・ムーヴィー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/11/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
80年代の音
ギタリストのジョー・ペリーのソロへの転向、復活、ドラック問題など低迷していたエアロスミスの復活作(当時大人気だったBON・JOVIのプロデュースで有名なブルース・フェアバーンを起用) 中学生だった私はエアロスミスは過去のバンドだと思っていましたがこのアルバムでまだ現役である事を知る、時代はヘビー・メタル、ハード・ロックブームの最中で私もラット、モトリー・クルー等が好きでした、そんな中発売になったこのアルバムを聴いて求めているサウンドと少し違いましたがMTVのビデオクリップで楽しそうに演奏している姿を見て、是非ライブを見てみたいと思うようになり毎日聞きまくっていました 11曲目のI'M DOWNはビートルズのカバー
評価: 5
本当の意味での復活
前回のアルバムは、メンバー全員がそろったアルバムだったのにかかわらず、「飛ばなかった」。ここへきて、新のあたらしいエアロスミスの道をみつけたとでもいうアルバムだ。音が生きている。復活した後からエアロスミスのフアンになったのなら、まずここから遡って聴いてみよう!彼らの魅力がわかるはず。やくそくできる一枚です♪
評価: 4
私的エアロの登竜門
「ANGEL」に泣かされた。それがエアロと私の関係の始まりだろう。
この後私はエアロの時代を遡り、名盤「ROCKS」や「TOYS IN THE ATTIC」と出会うのである。のちに「LIVE BOOTLEG!」を聴いて驚愕したものだ。
この「PARMANENT VACATION」については自分たちの曲が足りずビートルズの「I'M DOWN」をカバーして、なんとか発売にこぎつけた、という有名な逸話がある。それこそ捨て曲もある。たしかにアルバムの総合評価は低いだろう。だがここにはビルボード入りした名曲「DUDE」「RAG DOLL」「ANGEL」などが収録されている。加えて個人的名曲「HEART'S DONE TIME」「MASIC」などもある。当時まだ貧乏学生だった私にしても、この5曲で2500円の価値はあった、と思わせた作品である。
エアロスミスの最高作は?と尋ねられれば別の作品を挙げるだろうが、エアロの思い出の作品は?と問われれば、間違いなくこの出会いの作品「PARMANENT VACATION」と答えるだろう。 2003年

パンプ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 590

曲目:
ヤング・ラスト
FINE
エレヴェイター・ラヴ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド,ゲット・イーヴン
ヴードゥー・メディシン・マン
ホワット・イット・テイクス
エイント・イナフ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
夫婦でがんばる?
ちょっと卑猥なジャケットの写真。でも、これが今のエアロスミスを象徴している。このアルバムは、今の社会現象をもりこんだ、曲がたくさんあり、PVにもそれが現れている。だからといって、説教臭いわけではなく、エアロ調にうまくできあがっている。音楽もすごい、いいけど、とくに映像は、娘りヴ、アリシアシルバ-スト-ンもいいし、ファ-ロングもでてて抜群にいい。ビデオもあわせてぜひ買おう♪
評価: 5
勢い重視
前作「PERMANENT VACATION」が奇跡的な大ヒットとなったAEROSMITH。
すっかり息を吹き返した彼らが勢いに乗って'89年にリリースしたのが本作だ。

前作と比較するとポップな要素が多少引っ込められており、アルバムの序盤から前のめりに突っ走ってくる印象。
頭4曲の畳み掛けにはリリースから14年たった今でも興奮する。

復活後のAEROSIMITH作品の中では一番のオススメ。
評価: 5
職人芸
一見するとそうとも見えないが、むちゃくちゃ作り込んであるアルバムです。
視覚的には強烈なインパクトはないものの、後ろを振り向かずひたすらに前に進む姿勢を一貫して貫いた、
今日のエアロを殿堂に導いたに相応しいすばらしいアルバムです。

持っていても損はない、名盤と呼ぶにふさわしいと
僕は思っています。

ぜひ、お聴きください。

Pump

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

価格:
¥ 1,380

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
Young lust
FINE
Going down
Love in an elevator
Monkey on my back
Water song
Janie's got a gun
Dulcimer stomp
Other side
My girl
Don't get mad get even
Hoodoo
Voodoo medicine man
What it takes

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/11/20

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
これぞエアロスミス!!
 「ROCKS」はエアロにとって初期の黄金期を築いたが、その後しばらくはお決まりのドラッグ、そしてメンバーの相次ぐ脱退と苦しい時期が続いた。しばらくしてオリジナルメンバーで復活した後も酒やドラッグは続き、シングルヒットにこそ恵まれはしたものの、アルバムの質はそれに及ばなかった。

 そんな中、このアルバムはエアロスミスの第2黄金期を高らかに打ち鳴らした。このアルバムの素晴らしさは、傑作「ROCKS」の醍醐味ともいえる曲の流れていくスピード感だ。あっという間に曲が駆けめぐっていくここでの音は、まるでそれまで溜まっていたものを一気にぶちまけたかのようだ。
 特に印象的なのがスティーブン・タイラーのヴォーカル。彼がこんなに意気揚々として楽しそうに歌っている姿は、これ以前を聴いても本当にしばらく見られない。

 現在活動が滞ってしまっているエアロスミス。最近の作品も決して悪いとは思わないがやはり物足りない。今ある名声を捨て去ってもう一度こんな野心に溢れたアルバムを作ってもらいたいものだ。
評価: 5
スカッと爽快!
アルバム全体の流れがしっかりと考えられています。
1曲目2曲目の流れはまさに爽快!ドライブ感のある曲調で、モヤモヤした気分を一新してくれます!
エアロらしさがよく出ているアルバムだと思います!
評価: 5
流れを意識したアルバム
意味深いアルバムジャケットがなかなかいい。内容は、アルバム全部で「ひと作品」であると思ったほうがいい。それは、曲の切れ目がないからだ。クイ-ンにもそうした試みのアルバムがあったが、これも意図として作られたもの。いろいろな現在ある「問題」に対するバンドのメッセ-ジがこめられている曲がまとまってひとつのものができあがっているので、好きな曲だけシングルでもっている人は、全部まとめて聴いてみよう。もちろんそうでない人も聴いてみよう!!

Get a Grip

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

価格:
¥ 1,406

amazonでのユーズド価格:
¥ 300

曲目:
Intro
Eat The Rich
Get A Grip
Fever
Livin' On The Edge
Flesh
Walk On Down
Shut Up And Dance
Cryin'
Gotta Love It
Crazy
Line Up
Amazing
Boogie Man

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/11/20

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
いつ聞いても凄いなしかし
当時車のCMでEAT THE RICHを聞いて初めてこのアルバムでエアロを聞いたのだがそのとんでもない凄さに衝撃を覚えた。一体どこに文句言えというのか。確かに冷静に聞けば最高とは言えない曲も少しはあるけどエアロの場合いつもそうだからよしとすべき。少なくとも何度でも聞ける曲が3曲もあれば十分名盤と呼べると思うのだが、EAT THE RICH,WALK ON DOWN,AMAZINGが特に好き。とにかく最近のどうにもならない音楽を聞いて最高だとか言っている人は聞いてみるといい。当時1200万枚以上売り上げたそうだが現在はどうだろうか?まったく売り上げに恥じない凄い内容である。当時これ以上の名盤があるのかと思った。
評価: 5
若々しい力こぶ。みなぎる精神力。
「PUMP」に留まらない飛躍、である。今作を前後に、AEROSMITHは生きたレジェンツでありながらHR以外の音楽と最前線で闘う不動の力を獲得した。作品製作中に起こった内面的な新たな核融合は(ライナー参照)、彼らのソングライティングのレベルを更に止揚せしめ、「リヴィン・オン・ザ・エッジ」ではスピリチュアルな歌声すら聴かせてくれる。ここではタイラーの音楽的な可能性を、デビュー何十年後のここに来て、更に感じさせてくれるのだから凄すぎる。全曲に異様な気合の入り方を感じてもらえると思う。しかもその力こぶは徒労に終ることなく、全て楽曲の筋肉に結びつき凄い音を鳴らさせているのだ。エアロがエアロらしいかっこよさの究極を見出したような大傑作である。

こういうベテランが黄金期を過ぎるとよく隠居生活のような作品を出す歌手が、日本にも海外にもいるが、気合を入れて更に貪欲になれば、こういういい曲が描けて、興行的にも名声的にもバンドの第二、第三の黄金期が迎えられ、ファンの幸せにも繋がるんだという、よいお手本を歴史に刻んでくれたのが今作だった。
評価: 4
ハードロック!
キャチーなハードロックと、美しいバラードが揃った名盤。1993年はグランジ全盛時。それだけに、アメリカンハードロックファンとしては、エアロスミスの新譜は、王道ロック復活の最後の砦。そんな期待が否応なしに高まったしまった記憶がある。確かに「PUMP」よりはクォリティが落ちるかもしれないが、憂鬱グランジへの一矢としては、そこそこハードエッジの鋭い刃だ。80年代産業ロックから脱皮した感(良い悪いは別として)のある、彼らの代表作。シングルで売れそうな曲がぎっしり。但し数曲の捨て曲はゴミ箱行きレベルなのが残念。

エアロスミス・トリビュート

amazonへ行く


CD

発売:
ビデオアーツ・ミュージック

価格:
¥ 2,421

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,500

曲目:
イート・ザ・リッチ - Eat The Rich / ジャック・ラッセル(vo) ダグ・アルドリッチ(g) ジェフ・ピルソン(b) カーマイン・アピス(ds)
熱く語れ - Let The Music Do The Talking / ジョー・リン・ターナー(vo) アル・ピトレリ(g) カーマイン・ロジャス(b) パット・トーピー(ds)
虚空に切り離されて - Round And Round / ティム'リッパー'オーウェンス(vo) レブ・ビーチ(g) ティム・ボガード(b) エリック・シンガー(ds)
クライン - Cryin' / ジェフ・スコット・ソート(vo) クレイグ・ゴールディ(g) ジェイソン・ジェフ(b) エインズレー・ダンバー(ds)
キングズ・アンド・クイーンズ - Kings And Queens / グレン・ヒューズ(vo) スティーブ・ルカサー(g) トニー・フランクリン(b) フランキー・パネリ(ds) ポール・テイラー(key)
地下室のドブねずみ - Rats In The Cellar / フィー・ウェイビル(vo) リッチー・コッツェン(g) ジェイムズ・ハスカップ(b) ヴィニー・カリウタ(ds)
ワン・ウェイ・ストリート - One Way Street / ダグ・ピニック(vo) エリオット・イーストン(g) ジミー・ペイン(b) グレッグ・ピソネット(ds)
リヴィング・オン・ジ・エッジ - Living On The Edge / ジョン・コラビ(vo) スティーヴィー・サラス(g) ジョン・アルドレート(b) ブライアン・ティッシー(ds)
ホワット・イット・テイクス - What It Takes / ボピー・キンボール(vo) ワディ・ワクテル(g) マイク・ポーカロ(b) トニー・トンプソン(ds) デレク・シェリニアン(key)
支配者の女 - Load Of The Things / ホワイト・クレイン(vo) ブルース・キューリック(g) マルコ・メンドーサ(b) ヴィニー・アピス(ds)
エンジェル - Angel / ロビン・マコーリー(vo) ブルース・サラセーノ(g) フィル・スーザン(b) リック・マロッタ(ds) スコット・ウォルトン(key)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ジャック・ラッセル
ダグ・アルドリッチ
ジェフ・ピルソン
カーマイン・アピス
ジョー・リン・ターナー
アル・ピトレリ
カーマイン・ロジャス
パット・トーピー
ティム“リッパー”オーウェンス

発売日:
2001/09/21

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
これもありじゃん
スティーブ・タイラーの声はやっぱり誰にも真似できないけど、エアロの楽曲をこうして他の角度から聴いてみるのも悪くないなぁ〜
でも、エアロはスティーブあってこそだって改めて思った。


amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

演奏者・作曲者:
オムニバス

発売日:
2001/09/21
Interview

amazonへ行く


CD

発売:
Rockview

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,598

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/08/14

アマゾンでの評価平均値:
1.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
これは・・・。
エアロだけでなく、色々なアーティストが同シリーズで出されているが、
はっきりいってただのコレクションアイテムであって、まず必要ない。
そもそもこのシリーズ、おそらくアーティスト公認ではないだろう。
タイトルどおりただ単にインタビューが収められているだけである。
インポート版には特に日本語訳がついている、と言うわけでもないので、

「あぁ、しゃべってるなぁ・・・」って感じ。何を言ってるかも分からない。
正直私はメンバーの誰がしゃべっているのかさえ分からなかった。
英語が分かる人にはそこそこ面白いのかもしれないが・・・。

Pandora's Box

amazonへ行く


CD

発売:
Legacy

価格:
¥ 5,578

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,800

曲目:
When I Needed You
Make It
Movin' Out [Alternate Version][#]
One Way Street
On the Road Again [Rehearsal Pre-Production Jam][#]
Mama Kin
Same Old Song and Dance
Train Kept a Rollin'
Seasons of Wither
Write Me a Letter [Live][#]
Dream On
Pandora's Box
Rattlesnake Shake [Live Radio Broadcast]
Walkin' the Dog [Live Radio Broadcast]
Lord of the Thighs [Live]
Toys in the Attic
Round and Round
Krawhitham [#][Instrumental]
You See Me Crying
Sweet Emotion
No More No More
Walk This Way
I Wanna Know Why [Live]
Big Ten Inch Record [Live]
Rats in the Cellar
Last Child [Remix]
All Your Love [#]
Soul Saver [Rehearsal][#]
Nobody's Fault
Lick and a Promise
Adam's Apple [Live][#]
Draw the Line [Remix]
Critical Mass
Kings and Queens [Live][#]
Milk Cow Blues
I Live in Connecticut [Rehearsal][#]
Three Mile Smile
Let It Slide [#]
Cheese Cake
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
No Surprize
Come Together
Downtown Charlie [#]
Sharpshooter
Shit House Shuffle [Rehearsal][#]
South Station Blues
Riff and Roll [#]
Jailbait
Major Barbara [Alternate Version][#]
Chip Away the Stone [Alternate Version][#]
Helter Skelter [#]
Back in the Saddle

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/08/06

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
おすすめ
大好きなバンド・エアロの前期の代表曲や未発表曲を網羅した三枚組みの限定ボックスです。
 エアロのファンになったのは、ゲット・ア・グリップからなんで、それ以前のものをコレクトする財力に不安があった、高校生のときに、これを購入。でも本当に買ってよかったばい。なおさらエアロのファンになれましたからね。
 いまだに、前期のアルバムは買ってないし、ライブでやるやつは前期ではこのアルバムに収録されてるやつばっかだと思います。

 そういう意味で、エアロの昔を知りたい方におお薦めいたします。
評価: 4
縦長のボックス
このBOXでエアロの名曲を知ることができました。
今のエアロもいいですが、初期、中期もいいですよ〜
あ〜 なんか聞いたことあるって曲ばかりです。

スウィート・エモーション-ソングス・オブ・エアロスミス

amazonへ行く


CD

発売:
ビクターエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,650

曲目:
クライン(オーティス・クレイ)
ピンク(ジェラルド・マクレンドン)
ウォーク・ジス・ウェイ(パイントップ・パーキンス・アンド・ラスティ・ジン・ウィズ・ロニー・ベイカー・ブルックス)
ラスト・チャイルド(キャシー・リチャードソン・ウィズ・ウェイン・ベイカー・ブルックス)
ビッグ・テン・インチ・レコード(マーシャル・クレンショウ・アンド・シュガー・ブルー)
ワン・ウェイ・ストリート(ルー・アン・バートン)
バック・イン・ザ・サドル(ルー・グラム・ウィズ・シュガー・ブルー)
ドリーム・オン(キム・マクファーランド)
ドロー・ザ・ライン(タッド・ロビンソン)
ラグ・ドール(ジョー・ルイス・ウォーカー)
スウィート・エモーション(ドナルド・キンゼイ)
デュード(クリスタル・タリーフェロ・ウィズ・ジョアンナ・コナー)
トレイン・ケプト・ア・ローリン(デヴィッド“ハニーボーイ”エドワーズ)

演奏者・作曲者:
オムニバス
オーティス・クレイ
ジェラルド・マクレンドン
パイントップ・パーキンス・アンド・ラスティン・ジン・ウィズ・ロニー・ベイカー・ブルックス
キャシー・リチャードソン・ウィズ・ウィン・ベイカー・ブルックス
マーシャル・クレンショー・アンド・シュガー・ブルー
ルー・アン・バートン

発売日:
2001/07/25

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
えあろ
にわかファンのワタクシは、まずは、マニア系CDを探していて聞いてみたくなりました。

Sweet Emotion: The Songs of Aerosmith

amazonへ行く


CD

発売:
Heavy Hip Mama

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,552

曲目:
Cryin'
Pink
Walk This Way
Last Child
Big Ten Inch Record
One Way Street
Back in the Saddle Again
Dream On
Draw the Line
Rag Doll
Sweet Emotion
Dude (Looks Like a Lady)
Train Kept a Rollin'

演奏者・作曲者:
Various Artists

発売日:
2001/06/19
フライ・アウェイ・フロム・ヒア

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,496

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,080

曲目:
フライ・アウェイ・フロム・ヒア(Radio Remix Edit)
フライ・アウェイ・フロム・ヒア(Album Version)
フライ・アウェイ・フロム・ヒア(Rock Mix)
フェイス
フライ・アウェイ・フロム・ヒア(Orchestral Mix)
ミス・ア・シング(Live)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/06/06

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
やっぱええなぁ〜
やっぱり、ジャストプッシュプレイで1番力を入れてるだけあって、この曲シングルで聞いてもいいなぁ。日本版のジャスト〜には入っていなかったフェイスもいいですよ。

Maximum Aerosmith

amazonへ行く


CD

発売:
Chrome Dreams

価格:
¥ 1,563

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,418

曲目:
Introduction
Tyler's Gang
Rock Against Prejudice
Friends And Lovers
Wings Over Detroit
The Train Keeps Rolling; Better Drugs And Bigger Egos
Crash And Burn
Getting It Back Together
Intervention
Flight Of The Phoenix
The Lean, Clean Rocking Machine
Epilogue: Tyler's Gang (Reprise)

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/05/28
Just Push Play

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 2,596

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,943

曲目:
Beyond Beautiful
Just Push Play
Jaded
Fly Away from Here
Trip Hoppin'
Sunshine
Under My Skin
Luv Lies
Outta Your Head
Drop Dead Gorgeous
Light Inside
Avant Garden

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/04/10

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最高!
やっぱり、スティーヴンは世界最高のヴォーカルです。このアルバムを聞いてますますエアロスミスが好きになりました!

Jaded

amazonへ行く


CD

発売:
Sony

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,204

曲目:
Jaded [Album Version]
Jaded [Acoustic Mix]
Angel's Eye
Jaded [Guitard Mix]
Under My Skin

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/03/13

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
POP!!
全米7位ぐらいまで上がったヒット作。今じゃ結構有名だ
?はチャーリーズエンジェルのうたでイイカンジ

Just Push Play

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,901

amazonでのユーズド価格:
¥ 28

曲目:
Beyond Beautiful
Just Push Play
Jaded
Fly Away From Here
Trip Hoppin'?
Sunshine
Under My Skin
Luv Lies
Outta Your Head
Drop Dead Gorgeous
Light Inside
Avant Garden
Face (Bonus Track)
Jaded (Video)

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/03/12

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
いい
やっぱり、エアロスミスはサイコウです!そう思わせてくれるアルバムです。

Just Push Play

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 18

曲目:
ビヨンド・ビューティフル
ジャスト・プッシュ・プレイ
ジェイディッド
フライ・アウェイ・フロム・ヒア
トリップ・ホッピン
サンシャイン
アンダー・マイ・スキン
ラヴ・ライズ
アウタ・ユア・ヘッド
ドロップ・デッド・ゴージャス
ライト・インサイド
アヴァント・ガーデン
ウォント・レット・ユー・ダウン
ミス・ア・シング

演奏者・作曲者:
エアロスミス
スティーブン・タイラー
ジョー・ペリー
マーティ・フレデリクセン
マーク・ハドソン
スティーブ・ドゥダス
トッド・チャップマン

発売日:
2001/03/07

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
肥え過ぎたエアロスミス
 現在のところ最新となるオリジナルアルバム。どうやら自分達でプロデュースしたアルバムのようですが、かっこいいからってなんでも詰め込まないで欲しいというのがこのアルバムに一番自分の思うことです。これは他のセルフプロデュースの作品にも時折思うことでもありますが、どうしても不必要な音やアレンジが多くなってしまって説明的なSoundになってしまっている気がします。

 これを最高傑作と書いて表紙にしていたRO誌は当時よっぽど話題に困っていたのでしょう。エアロスミスの魅力は確かにわかりやすさにもありますが、このアルバムはさすがにサービス過剰です。

 良い点についても書くとメロディーが非常にキャッチーです。あと当時主流だったへヴィロックを取り入れることによって若返りをはかったのではないでしょうか。息の長いバンドですし、新しいファン層を得たいと思っていたのであれば納得できる出来です。
評価: 4
Sunshineに。
みなさん酷評ですね。
確かに、初期エアロから考えると、想像もつかないくらいポップな、
万人受けするハードロックになってしまっています。ハイ;
初期を聴いたすぐ後に聴いてみれば、その差は歴然でしょう。
でも「がっかり」というのはありませんでした。
[I don't want〜][Jaded]はもちろんイイですからね!

しかし、私がとても、異常なほど気に入っているのは6の[Sunshine]。
PVの映像と世界観、少しエキゾチックな曲調が私のツボにぴったりハマり、一時期ここだけエンドレスリピートの日々が続きました。笑

長いエアロの歴史の中、こういうちょっと実験的要素も含まれたPOPな一枚があっても良いのでは、と思いますが・・・・
みなさんどうですか?
評価: 2
もちろんエアロは悪くないわけだが
復活するために仕方なく商業的な曲を出したエアロだが、そのためにその後のエアロは自分達のやりたい音楽と、新しく獲得したファンの要求にも答えなくてはならなくなった。その結果がこのアルバムだ。あまりにも酷かった。もちろん商業的エアロのファンなら大喜びのアルバムではあるのだが、自分にとっては最悪な結果に終わったと思う。21世紀のエアロはこうして始まったわけだ。

Just Push Play

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Japan

価格:
¥ 1,440

amazonでのユーズド価格:
¥ 29

曲目:
Beyond Beautiful
Just Push Play
Jaded
Fly Away From Here
Trip Hoppin'
Sunshine
Under My Skin
Luv Lies
Outta Your Head
Drop Dead Gorgeous
Light Inside
Avant Garden

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/03/06

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
3度目の不正 全米ビルボートチャート2位
「過去2作ほどは売れてないみたいだ。」「自慢してもいい?ライヴはソールドアウトなんだ。」「ごちゃごちゃしてるのが流行っているが、これからはシンプルな物が流行ると思うね。」(スティーヴン・タイラー 02年)---今、このアルバムは僕にとっては反面教師の価値を持つ。振り返って見ると、リリース時に彼らは何か悪い予感がしていたと思われる。次作で罪を告白することになるのだが、このジャケットはマリリン・マンソンのメカニカル・アニマルズを即座に連想させるほど露骨です。
評価: 5
完璧・・・!
 僕は、これはすごいと思う!

 1曲1曲の出来が、少なくとも90点以上与えてもいいくらいの良さで、聴き応えは最高です!

 はっきりいって、エアロの中では1番いいです!

 自分、ここ近年の邦楽、全くといっていい程アンチで、欲しい曲無く、困っていたけど、これ1つあれば、充分!数年は聴ける・・・と思います!
評価: 3
前作とは変わって・・
前作(NINE LIVES)はストレートなロックだったけど、本作は前作とは違って、一筋縄ではいかない。JADEDとか、ポップな曲もあっていいアルバムだと思うけど、私は前作のほうが好きです。

Jaded

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,340

曲目:
Jaded (Album Version)
Won't Let You Down
I Don't Want To Miss a Thing

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/03/05

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
これぞエアロ!
エアロらしい気持ちのいいような爽快なロックポップチューン!
コカコーラのCMでもお馴染みですよね。
大サビの前のスティーブンのシャウトがバツグンにカッコイイです!
確かにタイトルは『ジェイデッド』ですが中身は熱いスピリットでいっぱいです。
女性のヌードをフューチャーしたジャケットも衝撃的です。

このナンバー自体は『ジャストプッシュプレイ』や『ホーキンオンボウボウ』や
『アルティメットベスト』に収録されているので色々な場面で聴けますが、
このジャケットを見てジャケ買いしてもいいと思いますよ。安いし。
評価: 5
最高のロック
曲のタイトルからは想像もつかないほど爽快な一曲。聴き終えた後に何ともいえない感動が湧いてきます。

ジェイディッド

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,496

amazonでのユーズド価格:
¥ 259

曲目:
ジェイディッド(アルバム・ヴァージョン)
ジェイディッド(アコースティック・ミックス)
エンジェルズ・アイ
ジェイディッド(ギターズ・ミックス)
アンダー・マイ・スキン(リプライズ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
2001/02/28

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最高!
曲の全てがいい感じです!
気落ちしている時にはこの一曲!
かなり元気ずけられます。
かなりのお薦め品!

グラミー賞グレイテスト・ヒッツ! Vol.2

amazonへ行く


CD

発売:
イーストウエスト・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,000

曲目:
ハートにファイア(ビリー・ジョエル)
ハート・オブ・ロックン・ロール(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)
カム・トゥゲザー(エアロスミス)
ヴィジョン・オブ・ラヴ(マライア・キャリー)
ホワット・ア・フール・ビリーヴス(ドゥービー・ブラザーズ)
セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト(ヴァネッサ・ウィリアムス)
リスペクト(アレサ・フランクリン)
ウィズアウト・ユー(マイケル・ボルトン&ケニー・G)
イフ・ユー・レット・ミー・ステイ(テレンス・トレント・ダービー)
コンスタント・クレヴィング(kdラング)
ワン・モーメント・イン・タイム(ホイットニー・ヒューストン)
ティアーズ・イン・ヘヴン(エリック・クラプトン)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ビリー・ジョエル
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
エアロスミス
マライア・キャリー
ドゥービー・ブラザーズ
ヴァネッサ・ウィリアムス

発売日:
2001/02/07
ストーンド・イマキュレート〜ザ・ミュージック・オブ・ザ・ドアーズ

amazonへ行く


CD

発売:
イーストウエスト・ジャパン

価格:
¥ 2,394

amazonでのユーズド価格:
¥ 948

曲目:
ブレーク・オン・スルー(ストーン・テンプル・パイロッツ)
ライダーズ・オン・ザ・ストーム(クリード)
ハートに火をつけて(トレイン)
ピース・フロッグ(スマッシュ・マウス)
LAウーマン(デイズ・オブ・ザ・ニュー)
ラヴ・ミー・トゥー・タイムズ(エアロスミス)
アンダー・ウォーターフォール(ドアーズ)
ワイルド・チャイルド(ザ・カルト)
ロードハウス・ラップ(ジム・モリソン)
ロードハウス・ブルース(ジョン・リー・フッカー&ジム・モリソン)
イズ・エヴリバディ・イン?(ウィリアム・バロウズ)
ハロー・アイ・ラヴ・ユー(オーリアンダー)
タッチ・ミー(イアン・アストベリー)
チルドレン・オブ・ナイト(ペリー・ファレル&エクシーヌ)
ラヴ・ハー・マッドリー(ボ・ディドリー)
ザ・コズミック・ムーヴィー(ドアーズ)
ジ・エンド(デイズ・オブ・ザ・ニュー)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ストーン・テンプル・パイロッツ
クリード
トレイン
スマッシュ・マウス
デイズ・オブ・ザ・ニュー
エアロスミス

発売日:
2001/01/24
Classic Aerosmith: The Universal Masters Collection

amazonへ行く


CD

発売:
Universal International

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,935

曲目:
Amazing
Eat the Rich
What It Takes
Janie's Got a Gun
Magic Touch
Rag Doll
Permanent Vacation
Movie
Monkey on My Back
My Girl
Shame on You
Hop
She's on Fire
Darkness
I'm Down
Voodoo Medicine Man
Shela
My Fist Your Face

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
2001/01/09
MAX BEST

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,764

amazonでのユーズド価格:
¥ 69

曲目:
ミス・ア・シング(エアロスミス)
恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(セリーヌ・ディオン)
ヴァーチャル・インサニティ(ジャミロクワイ)
ヘイ・ナウ(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)(シンディ・ローパー)
トゥ・ザイオン(ローリン・ヒル)
ボラーレ(ジプシー・キングス)
リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ(リッキー・マーティン)
シャイ・ガイ(ダイアナ・キング)
ドント・ルック・バック・イン・アンガー(オアシス)
ストレンジャー(ビリー・ジョエル)
アイ・ウォント・ユー(サヴェージ・ガーデン)
エヴリバディ・ダンス・ナウ!(C+Cミュージック・ファクトリー)
ライフ(デズリー)
キス・オヴ・ライフ(シャーデー)
クローズ・マイ・アイズ(ベイビーフェイス)
ア・ホール・ニュー・ワールド(ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル)
オープン・アームズ(ジャーニー) ※〈CDテキスト〉

演奏者・作曲者:
オムニバス
エアロスミス
D.ウォーレン
マライア・キャリー
M.キャリー
W.アファナシエフ
セリーヌ・ディオン
J.ホーナー
W.ジェニングス
ジャミロクワイ

発売日:
2000/11/22

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
洋楽入門
アルバムとしての統一性は感じられませんが、それでも1曲1曲はCMで、映画のテーマでetc、耳になじみのある聴きやすいヒット曲ばかりです。
私はこのCDの後、『アルマゲドン』と『タイタニック』のサントラも買ってしまいました。きっとお気に入りの曲とアーティストが見つかるはず。
とてもお得な1枚です。
評価: 3
お得な一枚!!
最近、MAX BEST2がでて、また人気が出てきたCDではないでしょうか。
このCDに入っている曲は、有名な曲・ノリが良い曲ばかりです。
今から見れば、懐かしいアラジンのテーマなどもあり、ずっと口ずさめます。
タイトルを知らない人でも曲を聞けば、「あ、この曲聞いたことある!欲しかった!」という曲が見つかるかもしれませんよ。
評価: 5
@u@!
このCDは、とってもいい曲ばかりです!買って損はありません。外国語の歌詞だけど、とてもノリノリです。聞いていると、楽しい気分になりますよ!
ぜひ一度だけでも聞いてみてください。

MAXミレニアム(POP)

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,980

曲目:
ドリーム・オン(エアロスミス)
プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック(ワイルド・チェリー)
ロウダウン(ボズ・スキャッグス)
ブギー・ナイツ(ヒートウェイヴ)
きみの笑顔(ジェイムス・テイラー)
素顔のままで(ビリー・ジョエル)
天国行き超特急(エディ・マネー)
シェイク・ユア・ボディ(ザ・ジャクソンズ)
ドント・ブリング・ミー・ダウン(エレクトリック・ライト・オーケストラ)
ハングリー・ハート(ブルース・スプリングスティーン)
ギルティ(バーブラ・ストライサンド&バリー・ギブ)
キープ・オン・ラヴィング・ユー(REOスピードワゴン)
オープン・アームズ(ジャーニー)
エボニー・アンド・アイボリー(ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー)
ロザーナ(TOTO)
ノックは夜中に(メン・アット・ワーク)
ハートライト(ニール・ダイアモンド)
ロックイット(ハービー・ハンコック)
ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(シンディ・ローパー)
ビリー・ジーン(マイケル・ジャクソン)
ケアレス・ウィスパー(ワム! フィーチャリング・ジョージ・マイケル)
かつて愛した女性へ(ウィリー・ネルソン&フリオ・イグレシアス)
スムース・オペレーター(シャーデー)
ウィッシング・ウェル(テレンス・トレント・ダービー)
エニシング・フォー・ユー(グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン)
胸いっぱいの愛(バングルス)
ハートにファイア(ビリー・ジョエル)
ウィズアウト・ユー(マイケル・ボルトン)
ステップ・バイ・ステップ(ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック)
ブラック・オア・ホワイト(マイケル・ジャクソン)
ユー・ガッタ・ビー(デズリー)
ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー(セリーヌ・ディオン)
サニー・ケイム・ホーム(ショーン・コルヴィン)
ヴァーチャル・インサニティ(ジャミロクワイ)
マイ・オール(マライア・キャリー)
クリミナル(フィオナ・アップル)
ゲッティン・ジギー・ウィティット(ウィル・スミス)
ドゥー・ワップ(ローリン・ヒル)

演奏者・作曲者:
オムニバス
エアロスミス
ワイルド・チェリー
ボズ・スキャッグス
ヒートウエイブ
ジェームス・テイラー
ビリー・ジョエル

発売日:
2000/03/08
Aerosmith Tribute: Not The Same Old Song & Dance

amazonへ行く


CD

発売:
Cleopatra

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,598

曲目:
Back in the Saddle
Rag Doll
Chip Away the Stone
Last Child
Sweet Emotion
Dream On
Walk This Way
Draw the Line
Same Old Song and Dance
No Surprise
Toys in the Attic

演奏者・作曲者:
Various Artists

発売日:
1999/09/07
エアロスミス・トリビュート

amazonへ行く


CD

発売:
ビデオアーツ・ミュージック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,100

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
ラグ・ドール
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
ラスト・チャイルド
スウィート・エモーション
ドリーム・オン
ウォーク・ディス・ウェイ
ドロー・ザ・ライン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
ノー・サプライズ
トイズ・イン・ザ・アティック

演奏者・作曲者:
スティーブン・タイラー
ジョー・ペリー
アルバート・リー
ブルース・ボウイレット
ルディ・サーゾ
フランキー・バネリ
トニー・フランクリン
デレク・シェリニアン
オムニバス
マーク・スローター

発売日:
1999/08/11

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ディオとイングヴェイの『ドリーム オン』
原曲に逆らうことなく、見事にお互いの持ち味を出し切っている
『ドリーム オン』、この一曲を聴く為にこのアルバムを買っても損は
無し!!

これでイングヴェイは、グラハム・ボネット、ジョー・リン・ターナー、ドゥギー・ホワイト
そしてディオと元Rainbow歴代ヴォーカル全てと競演した事になる。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

演奏者・作曲者:
オムニバス

発売日:
1999/08/11
フル・サークル

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 420

曲目:
フル・サークル(Full Size)
フル・サークル(Circumsized)
ホール・イン・マイ・ソウル(ライヴ)
ミス・ア・シング(ライヴ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1999/06/19

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ここが面白い!
このアルバムの売りはMiss A Thing のライヴ版!
現時点ではこの曲のライヴはこれだけ!
スリーヴに入っているライヴ情報などもそのときのバンドの詳細が分かって楽しめます!!

グラミー賞グレイテスト・ヒッツ!(2)

amazonへ行く


CD

発売:
イーストウエスト・ジャパン

曲目:
ハートにファイア(ビリー・ジョエル)
ハート・オブ・ロックン・ロール(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)
カム・トゥゲザー(エアロスミス)
ヴィジョン・オブ・ラヴ(マライア・キャリー)
ホワット・ア・フール・ビリーヴス(ドゥービー・ブラザーズ)
セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト(ヴァネッサ・ウィリアムス)
リスペクト(アレサ・フランクリン)
ウィズアウト・ユー(マイケル・ボルトン&ケニー・G)
イフ・ユー・レット・ミー・ステイ(テレンス・トレント・ダービー)
コンスタント・クレヴィング(kdラング)
ワン・モーメント・イン・タイム(ホイットニー・ヒューストン)
ティアーズ・イン・ヘヴン(エリック・クラプトン)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ビリー・ジョエル
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
エアロスミス
マライア・キャリー
ドゥービー・ブラザーズ
バネッサ・ウィリアムス

発売日:
1999/02/24
A Little South Of Sanity [2-CD SET]

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

価格:
¥ 2,732

amazonでのユーズド価格:
¥ 157

曲目:
Eat the Rich
Love in an Elevator
Falling in Love (Is Hard on the Knees)
Same Old Song and Dance
Hole in My Soul
Monkey on My Back
Livin' on the Edge
Cryin'
Rag Doll
Angel
Janie's Got a Gun
Amazing
Back in the Saddle
Last Child
Other Side
Walk on Down
Dream On
Crazy
Mama Kin
Walk This Way
Dude (Looks Like a Lady)
What It Takes
Sweet Emotion

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1998/10/20

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
スティーブンタイラー最高
素晴らしい!!お前等、こういうROCK
を聴かなきゃダメだぞ!!分かったかよォォォ―
評価: 1
編集バレバレ
ひどいですこれ。
全く同じ拍手の音とかが何回もはいってるんですよ!
こんなセコい事するなって感じ
評価: 5
楽しめます
これからてっとりばやくエアロをきくのなら、ここからはいるのがいい。これと、新しいアルバムを購入しましょう。このアルバムは、エアロのいいとこどりです。これで「前菜」を食べた後にメインにゆきましょう!!!

A Little South of Sanity [Clean Version]

amazonへ行く


CD

発売:
Geffen

価格:
¥ 3,005

amazonでのユーズド価格:
¥ 600

曲目:
Eat the Rich
Love in an Elevator
Falling in Love (Is Hard on the Knees)
Same Old Song and Dance
Hole in My Soul
Monkey on My Back
Livin' on the Edge
Cryin'
Rag Doll
Angel
Janie's Got a Gun
Amazing
Back in the Saddle
Last Child
Other Side
Walk on Down
Dream On
Crazy
Mama Kin
Walk This Way
Dude (Looks Like a Lady)
What It Takes
Sweet Emotion

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1998/10/20

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ライブバンド「エアロ」の本領発揮のライブアルバムです
「GETAGRIP」「NINELIVES」ツアーの音源を中心に収録したライブアルバムです。ライブバンドとして定評のある彼らだけに、おなじみのオープニング曲「EATTHERICH」から、新旧の代表曲のオンパレードで、大盛上り大会のライブアルバムになっています。DISK1、2とも聴き応えがあるのですが、とりわけ昔の名曲「BACKINTHESADDLE」「MAMAKIN」「DREAMON」等を円熟した演奏で聴けるDISK2が個人的にはお気に入りです。
また、プロデユーサーにはエアロの最初の黄金時代である70年代を支えたジャックダグラスが当たっているのも嬉しい所です。
オリジナルバージョンの何倍も格好いい演奏が聞けますので、ULTIMATEでエアロファンになった方にもお奨めしたいライブアルバムです。
評価: 5
現役最長老バンドのベスト・ライブ
実際にはまだストーンズもポール・マッカートニーも元レッド・ツェッペリンも現役ですが、コンスタントに活動している、と限定すれば真に現役最長老ロック・バンドのエアロスミス、

彼らの最新ライブ2枚組、2002年夏のライブと似た内容なのでライブへ行った人、BSで見てファンになった人にはとくににお勧め、内容もほぼベスト・ヒットの選曲で申し分ない、

こうしてライブでまとめて聴くと、いつもなにかもたついた感じのするジョーイ・クレーマーのドラムがバンドの核であることが再認識できます、ロックバンドはドラマーで左右されるというのも当たり前ことですが、ジョー・ペリーだけでなくブラッド・ウィットフォードも結構なスーパーギタリストであることもよくわかります、60年代にヤードバーズが志したツイン・リード・ギターによるハード・ロックの完成形をエアロスミスに見る思いです、

LITTLE SOUTH OF SANITY

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

価格:
¥ 3,272

amazonでのユーズド価格:
¥ 188

曲目:
イート・ザ・リッチ
エレヴェイター・ラヴ
フォーリング・イン・ラヴ
エアロスミス離陸のテーマ
ホール・イン・マイ・ソウル
モンキー・オン・マイ・バック
リヴィング・オン・ジ・エッジ
クライン
ラグ・ドール
エンジェル
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アメイジング
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
アザー・サイド
ウォーク・オン・ダウン
ドリーム・オン
クレイジー
ママ・キン
お説教
デュード
ホワット・イット・テイクス
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1998/10/14

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
極不良オヤジ
かっこよすぎです。
曲間のちょっとしたギターのノイズなんかも'ライブ感'出しててすっげぇいいです。
できるだけでかい音で聞いてください。
ある映画の主題歌ばかりがクローズアップされてましたが、もっといいバラードがエアロにはたくさんあります。
ライブバージョンのバラードは聴いててほんと'グッ'ときます。
もちろんハードな曲も最高です。
深夜のドライブにエアロのビッグサウンドなんていかがですか?
評価: 5
サイドギターに涙もの
貫禄。まさにその通りだと思う。
荒々しさというよりは鮮麗された演奏は曲を楽しむには最高の演奏。

特にここではBRAD WHITFORD大先生の素晴らしい演奏が聞けることが私にとっては非常に重要!
いつもはジョーの陰に隠れてしまう不幸な先生ですが、聞いてください!先生はやはりいい!(・∀・)。

ソロなども結構弾いてしまって、しかもジョーよりも面白い!(・∀・)
そんな先生が絶好調ですので当然ジョーとのギターの絡みは最高に聞き応えがあるのである。

ライブでも音響の悪い場所でしかも後ろの席でスティーブンがちっちゃく見えるぐらいなら(涙)、こっちのライブアルバムのほうが断然いいのである(・∀・)
評価: 4
Best Live!
これまでのヒットシングルを惜しげもなく演奏している。これ1枚でエアロスミスの足跡がたどれます。ただ、実際のライブよりも何故か盛り上がりに欠けるんだよなぁ。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 28

曲目:
イート・ザ・リッチ
エレベーター・ラブ
フォーリング・イン・ラブ
エアロスミス離陸のテーマ
ホール・イン・マイ・ソウル
モンキー・オン・マイ・バック
リビング・オン・ジ・エッジ
クライン
ラグ・ドール
エンジェル
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アメイジング
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
アザー・サイド
ウォーク・オン・ダウン
ドリーム・オン
クレイジー
ママ・キン
お説教
デュード
ホワット・イット・テイクス
やりたい気持ち

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1998/10/14

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
WOW!!
二枚組だから長いと思ったけどあっという間だった。でも、ブートレッグの方がパワーがある

Classics Live!

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,901

曲目:
Train Kept A Rollin'
Kings and Queens
Sweet Emotion
Dream On
Mama Kin
Three Mile Smile/Reefer Head Woman
Lord of the Thighs
Major Barbara

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1998/08/31

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初期エアロの悶絶ライブ
一曲目から「Train Kept A Rollin'」!観客とのシンガロングありーのでいきなり昇天しそうになります。そして極上のバラードが続き5曲目の「Mama Kin」です、王道のロックチューンですね。そしてなんといっても後半がイイ!どファンキーナンバー「Back In The Saddle」から始まりそのまんまのテンションで終わりまで演奏しています。これは買いの悶絶盤です。
評価: 5
お買い得のライブアルバム
このライブアルバムはエアロスミスがレコード会社を変えたときに、前のレコード会社が残り2枚のアルバム契約があることで作成されたものだそうです。
ライブ1ではレコード会社の選曲。しかもジョーがかなり否定的な見解を出していまして、流石にライブ2では居ても立ってもいられなかったそうで、曲選びを手伝ってしまったそうです(笑)

しかしながら面白いもので、否定的な見解が出されているライブ1もリスナーが聞けば楽しいものだったりします(笑)

この値段でボリュームたっぷりのエアロを存分に聞けるのもまた良いものかと。

お買い得なアルバムですので、特に新しいエアロファンでこれを持っていない方は是非購入してみましょう。古いエアロファンはもちろんバラで持っていると思いますので(笑)

ファーストアルバムのMOVING OUTやNIGHT IN THE RUTSのThree Mile Smile/Reefer Head Womanのライブ曲も聞けるのはかなり貴重だと思います。

ミス・ア・シング

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,496

amazonでのユーズド価格:
¥ 146

曲目:
ミス・ア・シング
ミス・ア・シング(ロック・ミックス)
テイスト・オブ・インディア(ロック・リミックス)
アニマル・クラッカーズ

演奏者・作曲者:
エアロスミス
スティーブン・タイラー

発売日:
1998/07/29

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
オススメはTESTE OF INDIA
TASTE OF INDIA はとってもCOOLです。
NINE LIVES(アルバム)のTESTE OF INDIAとはニュアンスが違っていい!!!とにかくイイです
評価: 5
エアロ初の全米NO.1
ファンの間ではこの曲がダイアン・ウォーレンのペンによるものであるということで嫌いという人も多いようですが、最高のバラードである事には間違いありません。エアロを世に知らしめるのに一役買ったという意味で重要な曲である、ということにしておきましょう。

アルマゲドン

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 86

曲目:
ミス・ア・シング(エアロスミス)
リメンバー・ミー(ジャーニー)
ワッツ・カインド・オブ・ラヴ(エアロスミス)
ラ・グランジュ(ZZトップ)
ロール・ミー・アウェイ(ボブ・シーガー&シルバー・ブレット・バンド)
ホエン・ザ・レインボウ・カムズ(ショーン・コルヴィン)
スウィート・エモーション(エアロスミス)
ミスター・ビッグ・タイム(ボン・ジョヴィ)
カム・トゥギャザー(エアロスミス)
ウィッシュ・アイ・ワー・ユー(パティ・スマイス)
スターシード(アワー・レディ・ピース)
リーヴィング・オン・ア・ジェット・プレーン(シャンタール・クレヴィアジック)
テーマ・フロム・アルマゲドン(トレヴァー・ラビン)
アニマル・クラッカーズ(スティーヴン・タイラー) ※〈CDテキスト〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス
ダイアン・ウォーレン
ジャーニー
Z・Z・トップ
ボブ・シーガー
シルバー・バレット・バンド
ショーン・コルヴィン

発売日:
1998/07/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
娘思いのパパ、スティーヴン・タイラー
言わずと知れた、エアロスミスのVo.、スティーヴン・タイラーの娘、リヴ・タイラーが主演した映画のサントラに、お父さんが曲を提供しまくっているサントラ。

「1.ミス・ア・シング」はエアロスミスのメンバーが作曲していません。
ダイアン・ウォーレンという、ポップヒットメーカーが作曲したもので、”こりゃ絶対ヒットするよ〜”という産業ロック的には100点満点のデキ。
日本ので行われるライブでは、今でも演ってますが、その時のJOE PERRYがやる気な〜い(というか、だるそう)って見えてしまうのは私だけでしょうか。

さて、産業ロックといえば「2.リメンバー・ミー(ジャーニー)」の曲もなかなかでした。
一転、「3.ワッツ・カインド・オブ・ラヴ(エアロスミス)」はロックしています。

・・・と、サントラなのに、聴き所いっぱいで書き切れないのですが、1つ苦言を呈するとすれば、「8.ミスター・ビッグ・タイム(ボン・ジョヴィ)」はかなりの駄曲、BONJOVIファンは期待して買わない方がイイ。
ということで、1つ減点で★3.5つ!・・・はないので、★4つ。
評価: 4
このサントラは大当たり
映画の中で随所に使われているソングばかり。だから映画を見て感動した人には、はずれということはないと思う。中でも一番いいのはやっぱりエアロスミスの歌うこの映画の主題歌。聞くと映画の感動が蘇ってくる。

Aerosmith/Get Your Wings/Toys In The Attic

amazonへ行く


CD

発売:
Sony

価格:
¥ 4,099

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,000

曲目:
Make It
Somebody
Dream On
One Way Street
Mama Kin
Write Me a Letter
Movin' Out
Walkin' the Dog
Same Old Song and Dance
Lord of the Thighs
Spaced
Woman of the World
SOS (Too Bad)
Train Kept a Rollin'
Seasons of Wither
Pandora's Box
Toys in the Attic
Uncle Salty
Adam's Apple
Walk This Way
Big Ten Inch Records
Sweet Emotion
No More No More
Round and Round
You See Me Crying

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1998/06/30

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
デビューからの
マニア向け三枚組。このへんは後期エアロを集めてからかな

ナイン・ライヴズ+ボックス・オブ・ファイアー ボーナス・ディスク

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 560

曲目:
ナイン・ライヴズ
フォーリング・イン・ラヴ
ホール・イン・マイ・ソウル
テイスト・オブ・インディア
フル・サークル
サムシングス・ガッタ・ギヴ
エイント・ザット・ア・ビッチ
ファーム
クラッシュ
キス・ユア・パスト・グッバイ
ピンク
フォーリング・オフ
フォール・トゥゲザー
アティテュード・アジャストメント
フォーリン・エンジェルズ
スウィート・エモーション
ロッキング・ニューモニア・アンド・ブギー・ウギー・フルー
サブウェイ
サークル・ジャーク
ドリーム・オン(MTV アニヴァーサリー) ※〈CDエクストラ〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1998/02/25
パンプ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 470

曲目:
ヤング・ラスト
FINE
エレベーター・ラブ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド,ゲット・イーブン
ブードゥー・メディシン・マン
ホワット・イット・テイクス
エイント・イナフ

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1998/02/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
アメリカン・ハード・ロックテンコ盛り!
エアロスミス1989年の作品。スティーブン・タイラーとジョー・ペリーが揃って再結成したオリジナル・エアロスミスの第三弾。再結成後のエアロスミスの作品としては、最もエアロスミスらしいものと言えるだろうか。相変わらずというか、ベテランになろうがどうしようがお構いなしに、どこまでも泥臭くギンギンでちょっと下品なハードロックを演り続けるエアロスミス。オープニング?から??とぶっ飛ばすドライブ感は圧巻!最後の曲までテンションが落ちないのが凄い。エアロスミスは、偉い!ハードロック・ファンにはお薦め!
評価: 4
 
後期エアロスミスでは、言われて気づく卑猥な傑作ジャケットのイメージも手伝って、最も泥臭い作品となっている。
ファンキーなハードロックナンバーがずらりと並ぶ今作。
実にわかり易いアメリカンハードロックの傑作となった。

エアロ節全開のF.I.N.Eやエレヴェーターラブ、名曲ジェイニーズ・ガット・ア・ガン、ホワット・イット・テイクスなど要所で的確にツボを抑えて最後まで飽きずに聞きとおせる作品になっている。

ダン・ウィズ・ミラーズ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 750

曲目:
熱く語れ
マイ・フィスト,ユア・フェイス
シェイム・オン・ユー
リーズン・ア・ドッグ
シーラ
ジプシー・ブーツ
シーズ・オン・ファイア
ザ・ホップ
ダークネス

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1998/02/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
このアルバムは
世間で言われている程悪くはないと思われる。確かに、初期のエアロと比べて、これっ!といったヒットや荒々しさはないけど、曲としては、やっつけ仕事(失礼!!)の割には完成されているのでは?差し障りのない分、仕事中なんかのBGMとしては結構いいかも。
評価: 4
DONE WITH MIRRORS
このアルバムがリリ-スされた時は、またオリジナルメンバーでやるというニュ-スだけで飛び上がった。が、はっきり言えば、そのときは失望だけが残った。彼ら自身が彼らを演じていたように感じられた。だが、今聴いてみると「LET THE MUSIC DO THE TALKNG」は、スピード感あふれているし、ずっと前からビデオでもかっこ良くって、要チェックだったんだな。これを一番にもってきたのは、意気込みがあったって事だね。「SHE’ON FIRE」も、おちゃめな曲だ。まるでスティ-ブンの人柄のようだ。エアロスミスのフアンだったら、このアルバムをはずしては、もったいないよ**
評価: 2
う〜む・・・このアルバムはいただけない
エアロスミスの大ファンですが、このアルバムは嫌いなアルバムの1つです。
たしかに、このアルバムでオリジナル・メンバーの復帰で、とても嬉しかったのですが、「熱く語れ」以外は曲の出来が悪すぎます。(おまけに「熱く語れ」も元々ジョー・ペリー・プロジェクトのものだし)
このアルバムと「ナイト・イン・ザ・ラッツ」はCDで買い直したくはないです。

パーマネント・ヴァケイション

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 680

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョニー
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・バケイション
アイム・ダウン
ムービー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1998/02/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
「日本一有名なHRバンド」
このバンドに関してはもう言う事が無いくらいだが、
最初のエアロは結構売れてるようでそんなんでもなかったのだ。
んで、80年代に入ってから一気に転機が訪れて
84年にRUN DMCによって「ウォーク・ディス・ウェイ」
がカヴァーされてから、エアロに注目が集まるようになり、
そしてこのアルバムで、当時エアロ最大のビッグヒットとなったのだ。
まぁ、前から「ドリーム・オン」や先の「ウォーク・ディス〜」
も聞いたことはあったが、アルバムとして聞いたのが
これがお初だったので私は特に印象深いアルバムなのだ。
元々、エアロは割りと聞きやすいバンドの一つだと思うが、
それプラス、絶妙のグル−ヴ感と壮大なバラードが
上手く出てて、多分このアルバムあたりから
現在の第二期エアロと言われる曲調になったのだろう。
あと、私が常に思っていた事があって、
B’z好きな人はエアロは多分受け入れられるはずだと思う。
それは、Voの声が似ていると言う事もあるが、
ノリもけっこう似ているからだ。
まぁ、ジョイントでもやってるから分かる人もいるはずなのだが。
評価: 4
 
エアロスミス反撃の狼煙となった傑作。エアロスミスが今の地位を築いたのは、チャンスを逃さず絶妙のタイミングで完成度の高いアルバムを発表したから。ファンキーでグル−ヴ感あふれるハードロックに、外部ソングライターを起用することでポップさと新鮮さを獲得することに成功している。一曲目『ハーツ・ダン・タイム』のテンションの高さから、エアロがいかにこのアルバムに賭けていたかわかりましょう。現在のライヴでもこのアルバムから多数演奏されています。
ただ、売れることへの意気込みからか、外部ソングライターの色が濃すぎる作品や、カヴァー曲での穴埋めなど、焦りとも取れる部分がみられることが残念。

ピンク

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,529

amazonでのユーズド価格:
¥ 168

曲目:
ピンク(アルバム・ヴァージョン)
ピンク(サウス・ビーチ・ミックス)
ピンク(ライヴ)
フォーリング・イン・ラヴ(モービー・ファックト・リミックス)
フォーリング・イン・ラヴ(ライヴ)
ウォーク・ディス・ウェイ(ライヴ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1997/12/26

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
pink
日本独自で発売されたものなので、貴重盤でしょう。ふつうのシングルだと思って買ったらびっくりですよ。でも、これは、とっても「びっくり箱」。始めは、普通のだけれど、その後の、3、5、6は、LIVEなので「買い」です。そして、4がすごいよっ!買ってからのお楽しみ!!スティ-ブンと同じちゃめっけのあるあなた!!びっくりしたい、あなた!!
そうあなたです。買いましょう。
評価: 4
充実した内容
「ナイン・ライヴス」をもっているならこのCDを楽しめると思います。リミックス・バージョンは大した変化はないのですが、ライヴ・バージョンはとっても面白いことになっています。アコースティックな感じがなんとも味わい深いです。遊び心満載の一枚です。


amazonへ行く


CD

発売:
Sony Budget

価格:
¥ 1,280

曲目:
Rats in the Cellar
Lick and a Promise
Chip Away the Stone
No Surprize
Mama Kin
Adam's Apple
Nobody's Fault
Round and Round
Critical Mass
Lord of the Thighs
Jailbait
Train Kept A Rollin'

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1997/11/10

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ベスト第2弾。選曲は?
COLUMBIAレーベル時代のベストヒット第2弾。ヒット曲は定番の『GREATEST HITS』に収められているので、こっちはマニア向けの選曲?でもマニアならアルバム全部持っているし……。3曲目の「CHIP AWAY THE STONE」はこのアルバムにしか入っていなかったが『GREATEST HITS 1973-1988』に収録されたしまった。エアロのアルバムは全部コレクションしたい、またはハードなブルースが好きな人向き。

Done with Mirrors

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

価格:
¥ 1,000

amazonでのユーズド価格:
¥ 416

曲目:
Let the Music Do the Talking
My Fist Your Face
Shame on You
Reason a Dog
Shela
Gypsy Boots
She's on Fire
Hop
Darkness

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1997/08/12

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ロックンロール
エアロスミスの最高傑作は間違いなくデビュー作であり、ロックンロールの古典中の古典であるが、ストーンズの最低のコピーバンドとプレスに叩かれ、その後ジャック・ダグラスのプロデュースによりヘビメタサウンドを売り物にされ、エッジの効いた音により彼らの天性の転がり感は相当にスポイルされてしまった。

こうして原点から外れ輝きを失っていたエアロをかねてからプロデュースしたいと言っていたのが、ドゥービー・ブラザーズなどで知られるテッド・テンプルマンである。ギミック抜きのロックンロール、単なるロックンロールの音を作らせたら世界一のプロデューサーにより、デビュー作に近い転がり感を取り戻すことに成功している。バンドの状態も曲の出来も良くないが、そんなことはどうでもいい。

このような本物のロックンロールは正しい聴き方をしないと体感できない。高級オーディオで分析的に聴くのは最低である。彼らの下手糞かつ乱暴な演奏が、バンドとしては比類なき疾走感を生み出すのであって、1つの塊りとして体で聴くべきなのだ。安物のラジカセを床に置き、中音と低音を最大にし、音が割れんばかりに鳴らすと、彼らの音楽の真髄に迫ることが出来るだろう。夜中の米軍極東放送のAMラジオから流れるエアロは最高である。
評価: 3
おかえり、ジョー&ブラッド
不遇の80年代前半を過ごしたエアロスミスの、物理的復活作。
(実質的復活作はこの後にリリースする『Permanent Vacation』。)

脱退していたジョーとブラッドのG.2枚看板がバンドに戻り、VanHalenでおなじみのテッド・テンプルマンをプロデューサーに起用したものの・・・。悪くないのだが、華がない。
まだ、いまいちドラッグが抜けきれていないという感じの出来だ。

ただし、ジョーがJoe Perry Project時に発表したアルバム『Let The Music Do The Talking』からのリメイク、「1.Let The Music Do The Talking」はもともと曲がかっこいいだけに、スティーヴンが歌ったら最高!な曲だ。これだけで★3つ、つけた。

この1曲のために買うか、エアロスミス大好きな人のコレクション的1枚。私は後者だが・・・。
評価: 3
Done With Mirrors
 このアルバムを知ってる貴方は、かなりのエアロ・マニアと推測される。
 ジョー&ブラッドの両看板ギタリストの脱退⇒低迷期⇒ジョー及びブラッドのソロ活動は、商業的に失敗に終わる⇒オリジナル・ラインナップで再結成。そう、この復活時にリリースされたのがこの'DONE WITH MIRRORS'だ。

 正直言って、初めてエアロを聴く人なら、別のを選んだほうが無難。エアロ上級者向け(?)のアルバム。世間一般では駄作扱い、いや寧ろ「無かった事」にされているが、1曲目の'Let The Music Do The Talking'、ラストを飾る'Darkness'等、名曲はある。個人的には好きなのだが。
 しかしどうしても全体的に杜撰なサウンドは否めないので、'ROCKS'や'TOYS IN THE ATTIC'、復活後なら'Pump'、'GET A GRIP'あたりをまずはお試しあれ。

ホウル・イン・マイ・ソウル

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 720

曲目:
ホール・イン・マイ・ソウル
フォーリング・イン・ラヴ(ブッチャー・ミックス)
同(モービー・フローウド・ミックス)
ナイン・ライヴズ(ライヴ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1997/06/11

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
シングルならでは、のおもしろさ
シングルがそのままのシングルでは、つまらない。。それをしっているかれらなのだろうな。ちゃんと、おいしくつくっている。
リミックスは、ピンクの時もそうであったように、おもしろい、こういうのもフアンならでは聞いてみたいもの。ライブの曲もたのしめる。
評価: 5
A CAT HAS NINE LIVES
やはりエアロのバラードはレベルが高いです。哀愁漂うスティーヴンのヴォーカルが胸にぐっときます。後半にかけての盛り上げ方はさすがです。ナイン・ライヴスのライヴテイクもすっごくかっこいいです。

グレイテスト・ヒッツ1973-1988

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,227

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
ドリーム・オン
ママ・キン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
シーズンズ・オブ・ウィザー
スウィート・エモーション
ウォーク・ディス・ウェイ
ビッグ・10インチ・レコード
ラスト・チャイルド
バック・イン・ザ・サドル
ドロー・ザ・ライン
キングス・アンド・クイーンズ
カム・トゥゲザー
リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)
ライトニング・ストライクス
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
スウィート・エモーション(1991・ソエナー・リミックス)
ワン・ウェイ・ストリート(ライヴ)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1997/04/23

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロ入門用に最適! 定番ベスト
COLUMBIAレーベル時代の定番ベストヒット。買って損のない、とっても良い選曲なので入門用、または一枚持ってのお出かけ用に最適。最近の中学生(ガキ)はエアロを聞かないから立派な不良になれないんだと、おじさんは思うのだ。

Nine Lives

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Japan

価格:
¥ 1,156

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
Nine Lives
Falling in Love (Is Hard on the Knees)
Hole in My Soul
Taste of India
Full Circle
Something's Gotta Give
Ain't That a Bitch
Farm
Crash
Kiss Your Past Good-Bye
Pink
Attitude Adjustment
Fallen Angels

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1997/03/18

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初体験
ぼくの初めてのエアロスミスとの出会いはこのアルバムとでした。
当時はその後買ったベスト盤のほうをよく聞いてましたが、
その後も何度となくこのアルバムに戻ってきました。
本当に最高の出会いだったと思います。
「Nine Lives」「Something's Gotta Give」「Crash」のようにテンションの高い曲、
「Full Circle」「Ain't That A Bitch」「Fallen Angels」などのバラード、
「Taste Of India」「Pink」のようなちょっとした色物、
一枚全部通して気持ちよく聞けるアルバムです。

評価: 4
最高!!
エアロの最高傑作だと思う1枚。
ジョーのギターがいい具合に前に出て、
スティーヴンの気持ちイイほどのシャウト!!
もう爽快な気分にさせてくれる1枚です!
バラードも最高の出来!!

Nine Lives [ENHANCED CD]

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Japan

価格:
¥ 1,156

amazonでのユーズド価格:
¥ 1

曲目:
Nine Lives
Falling in Love (Is Hard on the Knees)
Hole in My Soul
Taste of India
Full Circle
Something's Gotta Give
Ain't That a Bitch
Farm
Crash
Kiss Your Past Good-Bye
Pink
Attitude Adjustment
Fallen Angels

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1997/03/18

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ぬわんど
 基本的にこの頃までのエアロが私には親しみやすい。
 古いものもかっこいいが、ソレはそれで私のリアル・タイムではなく、これ以降も私のリアル・タイムではないのが理由だ。
 このややオッサンの頃が、本当にかっこいいと感じる。
 比べるとゲット・ア・グリップの方が面白いけど、こちらもなかなか味が出る。
 今考えると、この後の彼らは新しい彼らのスタイルを模索しているようにも思えるし、纏まっていないだけなのかも知れない。

 だが、やはり彼らは最高です。
評価: 4
かなりのハードロック
エアロスミスといえば、ブルースを基調としたロックというサウンドであるが、このアルバムはかなりコテコテのハードロックになっていると思う。でも、エアロらしいとこは多々あるが、全く初めてエアロを聴くにはあまり適していないように思う。
インド音楽に影響を受けたメロディーもふんだんに聴ける。PinkとKiss Your Past Good-Byeとかっこよく、最後のFallen Angelsはエアロスミスの最大のバラードだと思う。
評価: 4
このジャケットは貴重
確かにこのアルバムの方が最新作Just Push Playより「生」って感じが伝わって、いいですよね。

Pandora's Box

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 5,979

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,800

曲目:
When I Needed You
Make It
Movin' Out [Alternate Version][#]
One Way Street
On the Road Again [Rehearsal Pre-Production Jam][#]
Mama Kin
Same Old Song and Dance
Train Kept a Rollin'
Seasons of Wither
Write Me a Letter [Live][#]
Dream On
Pandora's Box
Rattlesnake Shake [Live Radio Broadcast]
Walkin' the Dog [Live Radio Broadcast]
Lord of the Thighs [Live]
Toys in the Attic
Round and Round
Krawhitham [#][Instrumental]
You See Me Crying
Sweet Emotion
No More No More
Walk This Way
I Wanna Know Why [Live]
Big Ten Inch Record [Live]
Rats in the Cellar
Last Child [Remix]
All Your Love [#]
Soul Saver [Rehearsal][#]
Nobody's Fault
Lick and a Promise
Adam's Apple [Live][#]
Draw the Line [Remix]
Critical Mass
Kings and Queens [Live][#]
Milk Cow Blues
I Live in Connecticut [Rehearsal][#]
Three Mile Smile
Let It Slide [#]
Cheese Cake
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
No Surprize
Come Together
Downtown Charlie [#]
Sharpshooter
Shit House Shuffle [Rehearsal][#]
South Station Blues
Riff and Roll [#]
Jailbait
Major Barbara [Alternate Version][#]
Chip Away the Stone [Alternate Version][#]
Helter Skelter [#]
Back in the Saddle

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1997/03/18

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
おすすめ
大好きなバンド・エアロの前期の代表曲や未発表曲を網羅した三枚組みの限定ボックスです。
 エアロのファンになったのは、ゲット・ア・グリップからなんで、それ以前のものをコレクトする財力に不安があった、高校生のときに、これを購入。でも本当に買ってよかったばい。なおさらエアロのファンになれましたからね。
 いまだに、前期のアルバムは買ってないし、ライブでやるやつは前期ではこのアルバムに収録されてるやつばっかだと思います。

 そういう意味で、エアロの昔を知りたい方におお薦めいたします。
評価: 4
縦長のボックス
このBOXでエアロの名曲を知ることができました。
今のエアロもいいですが、初期、中期もいいですよ〜
あ〜 なんか聞いたことあるって曲ばかりです。

ナイン・ライヴズ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,227

amazonでのユーズド価格:
¥ 1

曲目:
ナイン・ライヴズ
フォーリング・イン・ラヴ
ホール・イン・マイ・ソウル
テイスト・オブ・インディア
フル・サークル
サムシングス・ガッタ・ギヴ
エイント・ザット・ア・ビッチ
ファーム
クラッシュ
キス・ユア・パスト・グッバイ
ピンク
フォール・トゥギャザー
アティテュード・アジャストメント
フォーリン・エンジェルズ ※〈エンハンストCD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1997/03/12

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
マンソン地獄への入口だった。
これが、僕が最初に買ったエアロのアルバムです。ここから遡ってたくさんの旧作を買ってしまいました。このアルバムの歌詞とマリリン・マンソンの「アンチ・クライスト・スーパースター」の歌詞を比較してみてください。騙された気分です。
評価: 5
エアロスミスの集大成的作品
まさに集大成だ。
何十年の間アメリカのいや世界のロックを牽引してきた(途中の浮き沈みも含めて)ロックバンド、エアロスミス。
前作の「ゲット・ア・グリップ」の成功から学んだものがこのアルバムに詰め込まれている。
しかし、このロックバンドはどこまで貪欲なんだ。
いつまでも「終わり」が見えない。
きっと僕が将来、父となり子供が生まれても元気にロックをしているのだろう。
評価: 5
日本先行発売品は1曲多い。
日本先行発売で売り出された当初の製品には、12曲目にFalling Offが挿入されており、1曲多い。また、ジャケットも蛇と猫で、個人的にはこちらの方がカッコイイように思う。また、猫のステッカーもついていてマニアは必携。

フォーリング・イン・ラヴ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 8

曲目:
フォーリング・イン・ラヴ
フォール・トゥギャザー
スウィート・エモーション
シーズンズ・オブ・ウィザー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1997/02/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
アートワークがイイ!
アルバム『ナインライヴズ』はアートワークがバツグンにいいですね。
このジャケットも同アルバムの一枚なんだけど、実に味がある。
独特のタッチのイラストは獣頭人のため不思議な雰囲気を持っているけど、
曲のタイトルから察するにもし人間ならすごくきわどい性描写になってますよね。

曲自体はエアロらしい迫力のあるロックチューン。

特にBメロからサビへ流れるように、そして巻き込むようにひきつけられる展開は秀逸。
エッジの利いたギターが曲の独特の世界へグイグイと引き込んでくれます。

闇夜のヘヴィ・ロック

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,095

曲目:
闇夜のヘヴィ・ロック
ソルティおじさん
アダムのリンゴ
お説教(ウォーク・ディス・ウェイ)
イカした10インチレコード
やりたい気持ち(スウィート・エモーション)
戻れない
虚空に切り離されて
僕を泣かせないで

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ロックスへのオーメンにして意欲作
 昔の外タレ来日には必ず鏡割りが付き物で彼等も例外ではなかったが、その映像のバックに流れていたのが日本でも大ヒットした'Walk This Way'。カバーによるリバイバルもあって彼等のアンセム的地位を確立したこの曲を含む本作は、浮上するきっかけだけが必要だったバンドに決定的な成功をもたらした。一斉射撃みたいな表題曲、じわりじわりと焼き上がる極上の肉のようにヘビーだがコクのある?、前述?の有名曲を収録。?は意外にも?REMのようなバンドもカバーしており、70年代におけるアメリカのロック少年達への影響の大きさがわかる。ブルースにおけるダブルミーニングの伝統とロカビリー風サウンド?、タイトル通り循環する歌詞とエフェクトが奇抜な?、ストリングスを配したタイラー得意のリリシズム?など飽きさせないバリエーションと実験色が強い意欲作でもある。

 本作は全体の構成自体がロックスに似ている部分もあり、二枚あわせても一枚のCDに余裕で入ってしまうくらい演奏時間も同様に短い。見た目が災いしてストーンズと頻繁に比較され辟易していたに違いなかったバンドが、アルバム制作における独自性をほぼ確立した記念すべき作品だ。統一感で次作に一歩譲るのみで、重要性はなんら劣らない。
評価: 4
エアロ開眼! らしさ満載の出世作。
エアロスミスの3作目であり、大出世作。後のライブでも他のアーチストからもさかんに取り上げられる名曲???はもちろんのこと、様々なスタイルのロックをバラエティ豊かに演じながら、全編エアロスミスらしさ全開。引きずるルーズさと畳み掛けるノリとが共存したエアロの世界を確立した1枚と言えるでしょう。(1975年)
評価: 5
ハードロックバンドのバラードって美しすぎる
なんたって、有名なWalk This Wayがはいっているので、それだけで買おう、と思っても、全部聞いて下さいね!大ファンの私でもRound and Roundはちょっと間のびしちゃったけど(レインボーを意識してたのかしら)あとは当たりです。
You See Me Cryingみたいな曲って、きっと甘い人が歌うとどうってことない曲にきこえるんだろうな。でも、エアロみたいなバンドが歌うと、なんだかロマンチックでほろっとしちゃうんです。こんな曲で終わりにするなんて、かっこよすぎです。

ロックス

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 699

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
ラスト・チャイルド
地下室のドブねずみ
コンビネイション
シック・アズ・ア・ドッグ
ノーバディズ・フォールト
ゲット・ザ・リード・アウト
リック・アンド・ア・プロミス
ホーム・トゥナイト

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初期エアロの最高傑作
初期のエアロの作品の中で一番お勧めしたいのがこのアルバムです。
前作「Toys〜」で波に乗った彼らがつくっただけあって、疾走感が半端じゃないです。
一般的には1や2が有名ですが、4でGジョーの,5でBトムの,6でGブラッドのように、Voスティーヴン以外の個性が光ってくる楽曲はどれも本当に素晴らしいです。
最後の、スティーヴンとジョーが泣ける歌と演奏で聴かせてくれる9で穏やかに幕が閉じるまで、息もつかせぬアルバムだと思います。

「Miss A Thing」からエアロを聴き始めた僕のような人は、すぐにこのアルバムに入るとビックリするかもしれませんが、本当のエアロの良さを知りたい方は是非聴いて下さい。
評価: 5
ロックの金字塔
エアロスミスの代表作であり、最高傑作としている人が多いアルバム。特にハードロックを志す人にはバイブルのようになっている作品です。
当時のエアロスミスの勢いがアルバム収録時間に物凄い密度で圧縮されています。当時としてはとても衝撃的であったであろう極太のギターサウンドが特に印象に残ると思います。Lick And Promiseが特にカッコイイ!
I don't want to miss a thingだけがエアロスミスではないんですよ
評価: 5
ハードロックアメリカ代表作!!
エアロスミスの第一期黄金期を象徴する、最も濃い!(と俺は思う)ハードロックアルバム。4作目。ガンズっぽい。
お気に入りは一発目のBACK IN THE SADDLE。タイラーのボーカルがたまらないね。力強いハスキーボイスは最高。そしてグルーヴ感もあるからこてこてハードロックなのに落ち着くというか、安心感みたいなものがある。LAST CHILDの曲展開もかなりいい。NOBODY'S FAULTみたいなスローで粘りのある曲はかなりエアロスミス向きだと思う。LICK AND A PROMISEはエアロスミスぽくないな〜、あんまり良くないな〜なんて思ったりもする。HOME TONIGHTは唯一のバラード。ラストにはふさわしい。

ドロー・ザ・ライン

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 980

曲目:
ドロー・ザ・ライン
アイ・ワナ・ノウ・ホワイ
クリティカル・マス
ゲット・イット・アップ
ブライト・ライト・フライト
キングズ・アンド・クイーンズ
ザ・ハンド・ザット・フィーズ
サイト・フォア・ソア・アイズ
ミルク・カウ・ブルース

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
迫力とか凄みとか。
よく「スティーブンとジョーの分裂期にあるアルバム」とか「ロックスの燃えカス」みたいな捉え方をされてしまうアルバムだけど、このアルバムはとにかくカッコいいのである。
「ロックス」は確かに完璧なアルバムだが、ロックが持つべき危なさや脆さはこちらのアルバムのほうが上。ホント、当時のエアロスミスはロックンロールの持つこういった性質をこの1枚に凝縮してしまったのだ、ということがすごくよくわかる。
「ロックス」が分厚い音圧とうねりで聴き手に畳み掛けてくるのに対して「ドロー・ザ・ライン」は1曲目のタイトル・チューンから疾走感と焦燥感でこちらに迫ってくる感じ、といえばわかりやすいだろうか?

だって、締めの曲が「MilkCowBlues」っていうのが前作の締めと比べたらあまりにもカッコ良い。最初から最後までとにかく熱い!!!
評価: 4
最後の手段お城でとったよ
録音場所がお城だったとかで、なりものいりだった。当然フアンのわれらは、わくわくするわけで。。。今のようになんでも、情報が入ってくるわけではなかったのでね「早く早くききたいよ-」と、こころまちにしてたんだよ。でも、本当は、邦題のごとく「限界ぎりぎり」であったわけだ。でも、「ドロ-ザライン」だってかっこいいし、「キングズアンドクイ-ンズ」だって、カッコいいじゃん。今のかれらとはね違った魅力が詰まっているよ。きいてごらん♪ほら、ねっ。
評価: 4
70年代最後の快作
メンバーはドラッグ、アルコール三昧というありさまで、作品製作など「とても無理な状況」にもかかわらず、作られたアルバムである。麻薬付けでダメになりつつあった時期のもの、とはコレを購入してから知った話だ。

その後、彼らはもう1枚スタジオアルバムを製作した。おかげでジョーとスティーブンの音楽的な確執が表面化、ジョーは脱退、エアロも超氷河期に突入する。今日エアロが、この5人で音楽シーンを席巻しているのが嘘のような事実である。

話を戻すと、この作品は前2作に比べ平坦に聴こえる。もうアルバムバランスの話も出来ない状態だったのかもしれない。しかし現在のエアロのライブでは、このアルバムの曲が、違和感なく溶け込んでいる。エアロはいつも「より良いロック」をスタジオアルバムで、ライブで求めてきた熱いバンドだ。その点、本作「DROW THE LINE」にもいえることなのだろう。ライブはそれを物語る。  2003年

飛べ!エアロスミス

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 980

曲目:
エアロスミス離陸のテーマ(セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス)
支配者の女
四次元飛行船
黒いコートを着た女
エアロスミスSOS
ブギウギ列車夜行便(トレイン・ケプト・ア・ローリン)
折れた翼
パンドラの箱

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
古きよき時代
リアルタイムで聴いてきている'熱狂的'ファンの方々がそんな風に言いそうなアルバム。
たしかに「S.O.S」「Train Kept a Rollin'」など今聞いてもかっこいいと思う曲もありますが
よっぽど好きでない限りベスト盤で事足りると思います。
この時代の空気が吸ってみたいって人にはいいんでないでしょうか。
評価: 4
デビュー作から確実に成長!の2nd
ライヴでも定番のヘヴィ・シャッフル1曲目に、本家ヤードバーズよりも有名にしちゃった6曲目他、全体的にデビュー作よりさらにヘヴィになった2nd。7曲目も勿論、今もライヴで人気だが、あの緻密な和音構成によるギターワークは、やはりただものではない何かを感じさせる。ただし、その後の3作目名盤「闇夜のヘヴィ・ロック」、そして文句ナシ傑作4th「ロックス」、佳作5th「ドロー・ザ・ライン」と比べると、インパクトには欠けるきらいがあるので、1stと2in1にしてくれると、理想的かも。
評価: 5
奇跡の誕生!
このアルバムからエアロスミスは始まった!
荒削りなプレイながらも、ロックの核を捉えた曲目の数々。
ライヴでおなじみのMAMA KINやDREAM ONの原点を記録した
注目のアルバム。

ライヴ・クラシックスII

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 590

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
ウォーク・ディス・ウェイ
ムーヴィン・アウト
ドロー・ザ・ライン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
ラスト・チャイルド
熱く語れ!
闇夜のヘヴィ・ロック

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ライブライブライブ
バッキバキのライブアルバム。
ノリノリ。
ただ曲数少ないです。
ロックの教科書の資料集って感じ?
リアルタイムで知らないぶん、懐古的にならずに聞けるのはよかったです。
ただやっぱり'時代'的なものは感じます。
ラスト2曲はほんと最高です。
もちろんWalk This Wayへの入り方も大好きです。
評価: 4
JOE−−!
最初から最後まで飽きる曲がない!2の頭には隠れた名曲が・・・?
とりあえず聞く価値がある

ナイト・イン・ザ・ラッツ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
ノー・サプライズ
チキータ
リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)
チーズ・ケーキ
スリー・マイル・スマイル
リーファー・ヘッド・ウーマン
ボーン・トゥ・ボーン(コニー・アイランド・ホワイト・フィッシュ・ボーイ)
シング・アバウト・イット
ミア

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
一番愛着のある作品
メンバーがボロボロの状態だったとかジョー・ペリーの脱退とか作品の内容とは無関係のところで語られることが多いこの作品。
一般的には評価が低いようであるが、本当にこの作品をまともに聴いた人の評価なのだろうか。
まず1曲目を聴いて欲しい。この曲を聴いて鳥肌が立たなかったら、もうエアロ、いや、ロックを聴くのをやめたほうがよい。
僕は約20年前、あるミュージシャンのインタビューで「Toys In The Attic」がお気に入りという記事を読み、間違えてこのアルバムを購入した。だってタイトルが似てたんだもん!
しかし、このアルバムは、後で聴いた「Toys In The Attic」(すぐに買いましたよ)や「Rocks」と比べても決して僕の中では負けていないと思う。
出会ったきっかけは僕の勘違いからだったが、一番最初に買ったエアロのアルバムとして未だに愛着があるのである。
だから、僕はこのアルバムをけなす人を全く信用することができない。
評価: 5
隠れた名盤にするには惜しい名曲ぞろい
「チキータ」素直にめちゃくちゃかっこいいと思うのは僕だけ?
ヤードバーズのカバーも最高にいけてる。
評価: 5
Heavy Metal
まあなんだな薬物のために人間関係が破壊されてバンドがうまく機能しなくなるのはエアロスミスに限定されたことではない。脱退してしまうのはライブ=ギグがキャンセルされてしまうことによる金銭面での問題が発生するからだ。実際このアルバムのプロモーションツアーはスティーブンのコンデションが悪くうまくいかなかったらしい。

で中身であるが=統一感がきちんとあり、すっきりした印象だ。でも傑作ではないよな。これでメンバーのコンデションがよければものすごいものになっていただろうに。薬物によるバンド全体のテンションが下がるサンプルのひとつ。   10点中5点

ライヴ・クラシックス

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
トレイン・ケプト・ア・ローリン
キングス・アンド・クィーンズ
スウィート・エモーション
ドリーム・オン
ママ・キン
メドレー:スリー・マイル・スマイル~リーファー・ヘッド・ウーマン
支配者の女
メジャー・バーブラ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
貴重なライブ・アルバム
ギターがオリジナル・メンバーではないとして評判が悪いが、短期に終わったラインアップの演奏を収めた貴重なライブアルバム。しかし、ジミー・クレスポとビリー・ダフェイのギターは切れがあり、演奏自体はタイトだ。なお、最後のスタジオ収録曲は2ndアルバムの時期の曲だそうだ。 
評価: 3
まあまあ
最初のTRAINはテンション高すぎ。そして、全編にわたって観客のテンションも高い。たしか、JOEは不参加だった
メジャーバーバラは佳作

野獣生誕(エアロスミスI)

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 860

曲目:
メイク・イット
サムバディ
ドリーム・オン
ワン・ウェイ・ストリート
ママ・キン
ライト・ミー
ムーヴィン・アウト
ウォーキン・ザ・ドッグ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
夢の始まり
まだ、エアロらしい重厚な個性は発揮されていないが、熱いロック魂がほとばしるデビュー・アルバム。既にロッカーとしてのカッコよさに溢れ名曲も多数収録されている。
評価: 5
エアロの原点
エアロスミスほどの大御所バンドのデビューアルバム

中でもDream Onは必聴!! もの悲しいメロディラインと曲の構成が、後にエアロスミスがあれほどスーパーロックバンドになった原点がここにある。デビュー作にもかかわらず、この完成度!!!


評価: 5
これを聴かなくてなにを聴くの?
今のエアロがあるのは、このアルバムがあるから。ジャケットのメンツをみれば、どのくらい「これ」に意気込みがあるかわかるだろう。。。「ほら、視線をみて♪みて♪」ねっ、でしょう?「演奏は、高校生並」と、当時リリ-スしたとき皆そんなことをいってたがねぇ~「味」があるでしょ♪聴けば絶対あなたにも、このアルバムの良さが分かるはず。!!!

ライヴ・ブートレッグ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
バック・イン・ザ・サドル
スウィート・エモーション
支配者の女
闇夜のヘヴィ・ロック
ラスト・チャイルド
カム・トゥゲザー
ウォーク・ディス・ウェイ
シック・アズ・ア・ドッグ
ドリーム・オン
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
サイト・フォー・ソァー・アイズ
ママ・キン
エアロスミス,SOS
アイ・エイント・ガット・ユー
マザー・ポップコーン
ドロー・ザ・ライン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
一気に
17曲という曲数を長く感じさせず(レコードでは四枚組!)、選曲もこの時期までのベストに近く、そしてカヴァー曲も素晴らしいです。確かに演奏はラフ(笑)でありますが。ただこれを聴くと分かるでしょ?ちょっと前に出たライヴアルバムどうですか?ロックミュージックと言う名の魔法がここにはあると思います。ベストトラックは、オリジナルではないけれど『Train Kept A Rollin'』です。これの次はぜひTEXAS JAMをフルで聴いてみて下さい。
評価: 5
第一期黄金時代のエアロの荒々しさを伝えるライブアルバムです
エアロスミスの第一期黄金時代である70年代のライブの模様を収録した78年発売のアルバムです。タイトルは、当時のあまりのブートレッグの多さに業を煮やしたメンバーがパロってつけたものです。

スティーブンタイラーのボーカルやジョーペリーのギターははっきりいってかなりラフですが、かえって生々しい迫力を生み出しています。メイデンらにもいえることですが、ライブバンドの円熟期の重厚な曲・演奏も確かに素晴らしいのですが、やはり初期のライブには独特の格好良さがあると思います。

また、曲的にも、70年代のBEST盤的選曲になっているだけでなく、当時のエアロのサウンドを反映したカバー曲も入っており、荒々しかった時代のエアロのライブを堪能できる傑作ライブになっています。
評価: 4
ブラッド・ウィットフォードの勝利
とにかく何から何まで荒っぽいライヴ盤である。曲のつながりも悪ければ(いきなりブート音源が挿入されている)、クレジットから一曲抜けている始末(タイトルにかけた演出だろうか)。ボーカルは完全にあっちの方へ行ってしまっているし、リードギターはよれよれである。ついでに言えばドラマーがスティックを落としたところまでしっかり収録されている。

このライヴ盤がレコードとして成り立つことができたのはひとえにブラッド・ウィットフォードのおかげであろう。曲の骨格を支えているのはどう聴いても彼のリズム・ギターである。ラストの「トレイン・ケプト・ア・ローリン」を聴いてみてほしい。背筋が寒くなるぐらいのキレの鋭さである。

今のエアロスミスに問題があるとすればこれだ。影のミュー!ジカル・ディレクターともいうべき存在だった人が、ただの伴奏者になってしまったという事実。『ア・リトル・サウス・オブ・サニティー』も良くできてはいるが、このライヴ盤ほどのスリリングさは、無い。

美獣乱舞

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,549

amazonでのユーズド価格:
¥ 980

曲目:
ジェイルベイト
ライトニング・ストライクス
ビッチェズ・ブリュー
彷徨えるボリヴィアン
クライ・ミー・ア・リヴァー
プレリュード(ジョニーに捧ぐ)
ジョニーズ・バタフライ
ロック・イン・ア・ハード・プレイス
ジィグ・イズ・アップ
プッシュ・カムズ・トゥ・ショウヴ

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1996/11/21

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
なんか変・・・
両ギータリストがいなくなったためか、曲自体は「ライトニング・ストライクス」とかまあまあの曲があるのですが、迫力が全く感じません・・・。
エアロっぽくないよなあ・・・・・・・・。
評価: 5
Rock In A Hard Place
まず「美獣乱舞」という訳のわかんない邦題がよろしい。音は初期のエアロの中ではヘヴィな方だと思う。1曲目からStevenが吠えまくってます。へヴィな曲ばかりでなくブルージーな(5)や(10)のような曲もあり、StevenのVoの幅広さには恐れ入ります。JoeとBradが居ないので評価は悪いけど、味のあるアルバムで私は好きです。

Vol. 2-Interviews

amazonへ行く


CD

発売:
Baktabak (UK)

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,058

曲目:
The Interviews Volume 2

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1996/06/18

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
えあろふりーく
エアロにはまってしまいました。レア物探してます!!

GEMS

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,744

amazonでのユーズド価格:
¥ 370

曲目:
地下室のドブねずみ
リック・アンド・ア・プロミス
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
ノー・サプライズ
ママ・キン
アダムのリンゴ
ノーバディズ・フォールト
虚空に切り離されて
クリティカル・マス
支配者の女
ジェイルバイト
トレイン・ケプト・ア・ローリン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1995/11/22

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
マニア向け?
そんなことはないと思います。
どれもエアロっぽい曲ばかりです。
たしかに「あの曲」から入った人には合わないかもしれませんが。
最近ではなかなか聞けない雰囲気の音たっぷりです。
ロケンローな1枚です。
評価: 5
今は 「パンドラの箱」という便利なのが出ているので...
「パンドラの箱」という、エアロの前期(CBS時代)を網羅する3枚組スーパーベスト・ボックスが出るまでは、「グレイテスト・ヒッツ1973-1988」の捕足盤みたいな“強力二軍最強”盤として使えた、なかなかシブい好選曲コンピレーション。超傑作「ロックス」収録のスピーディなナンバーから始まる曲順も、けっこうイイかんじ。「パンドラの箱」持ってないヒトで、「グレイテスト・ヒッツ1973-1988」は持ってる、というヒトは、あとコレを買えば、結構満足できるかも。
評価: 4
クールな一枚
正直ロックにバラードはいらないぞという人向けです。収録されているのはどれもギターがガンガンに鳴るロックな曲ばかり。これ意外といけてます。

グレイテスト・ヒッツ

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,744

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
ドリーム・オン
セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
スウィート・エモーション
ウォーク・ディス・ウェイ
ラスト・チャイルド
バック・イン・ザ・サドル
ドロー・ザ・ライン
キングス・アンド・クイーンズ
カム・トゥゲザー
リメンバー

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1995/11/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロの最初のベスト
エアロスミスが一番最初に出したベスト。当時はLPだったため、収録曲が少ないが、売り上げが1000万枚を越え、ダイヤモンドアルバムに認定されたすごい記録を持っている。ちなみにすべてシングルと同じヴァージョンなのでコレクター向けにもなっている。
評価: 5
70年代のベスト盤!!
 エアロスミスの73〜79年のヒット曲を収めたベスト盤です。これからエアロスミスを聴こうとする方には、同じような赤ジャケで曲数の多い88年までのベスト盤の方がお勧めかもしれません。でも70年代のエアロスミスが好きなら、こっち!!凝縮されたベスト10曲がカッコイイ!!ジャケットもカッコイイ!!ちなみにライナーによると(2),(3),(8),(9)は、オリジナル・シングル・バージョンにて収録とのこと。個人的には、(1)が夜中にラジオから流れてきたときの強烈な印象が忘れられない。曲名も誰が演奏しているのかも分からなかったのですが、ラジオの洋楽番組をチェックしまくりました。地元ボストンやニューヨークのFM局でリクエストが殺到してシングルカットされたなんて話もうなずける。あとは、やはり(4)のイントロのドラムスからギターリフのカッコ良さ!!最後の方のうなるようなギターは鳥肌ものです!!これぞロック!!
93年のデジタルリマスター盤です。(ちょっと古い?)
評価: 4
エアロスミスの入門編
70年代ロックを代表するバンドであり、90年代以降も活躍目覚ましいスーパーバンドである。このグレイテストヒッツには、エアロスミスのまさに代表作ばかりが収められている。ハード系ブルースロックバンドと呼ぶにふさわしい、ジョーペリーのいい意味ヘタウマな、ドライブ感溢れるギタープレイ、ロックにラップを最初に取り入れ、成功させた”Walk this way'70年代ロックを知る入門と呼ぶに相応しいアルバムである。

Box of Fire

amazonへ行く


CD

発売:
Sony

価格:
¥ 14,692

amazonでのユーズド価格:
¥ 8,800

曲目:
Make It
Somebody
Dream On
One Way Street
Mama Kin
Write Me a Letter
Movin' Out
Walking the Dog
Same Old Song and Dance
Lord of the Thighs
Spaced
Woman of the World
SOS (Too Bad)
Train Kept A Rollin'
Seasons of Wither
Pandora's Box
Toys in the Attic
Uncle Salty
Adam's Apple
Walk This Way
Big Ten Inch Record
Sweet Emotion
No More No More
Round and Round
You See Me Crying
Back in the Saddle
Last Child
Rats in the Cellar
Combination
Sick as a Dog
Nobody's Fault
Get the Lead Out
Lick and a Promise
Home Tonight
Draw the Line
I Wanna Know Why
Critical Mass
Get It Up
Bright Light Fright
Kings and Queens
Hand That Feeds
Sight for Sore Eyes
Milk Cow Blues
Back in the Saddle
Sweet Emotion
Lord of the Thighs
Toys in the Attic
Last Child
Come Together
Walk This Way
Sick as a Dog
Dream On
Chip Away the Stone
Sight for Sore Eyes
Mama Kin
SOS (Too Bad)
I Ain't Got You
Mother Popcorn
Train Kept A Rollin'/Strangers in the Night
No Surprize
Chiquita
Remember (Walking in the Sand)
Cheese Cake
Three Mile Smile
Reefer Head Woman
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
Think About It
Mia
Dream On
Same Old Song and Dance
Sweet Emotion
Walk This Way
Last Child
Back in the Saddle
Draw the Line
Kings and Queens
Come Together
Remember (Walking in the Sand)
Jailbait
Lightning Strikes
Bitch's Brew
Bolivian Ragamuffin
Cry Me a River
Prelude to Joanie
Joanie's Butterfly
Rock in a Hard Place (Cheshire Cat)
Jig Is Up
Push Comes to Shove
Train Kept A Rollin' [Live]
Kings and Queens [Live]
Sweet Emotion [Live]
Dream On [Live]
Mama Kin [Live]
Three Mile Smile/Reefer Head Woman [Live]
Lord of the Thighs [Live]
Major Barbara [Live]
Back in the Saddle [Live]
Walk This Way [Live]
Movin' Out [Live]
Draw the Line [Live]
Same Old Song and Dance [Live]
Last Child [Live]
Let the Music Do the Talking [Live]
Toys in the Attic [Live]
Rats in the Cellar
Like and a Promise
Chip Away the Stone
No Surprize
Mama Kin
Adam's Apple
Nobody's Fault
Round and Round
Critical Mass
Lord of the Thighs
Jailbait
Train Kept A Rollin'
Sweet Emotion [Remix][*]
Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu [Barrel House Rendition][*]
Subway [*][Instrumental]
Circle Jerk
Dream On [MTV Anniversary][#][*][Version]

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1994/11/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
むっちゃ買い!です☆
ほんま買って損はない!
ってかエアロ好きでまだ全然CD持ってなくて揃えたい人は買おう♪
ただ、歌詞カード無かったんは残念やった。
評価: 5
インテリアにも。
とにかく箱がカッコイイ!
インテリアとしても十分価値ある逸品です。

エアロの歴史が詰まった豪華ボックスですが、歌詞カードは詰まっていませんので注意が必要です。
あと、ボーナスディスクが多少取り出し難いかな、と。
評価: 5
普通に買うよりやっすぃ〜〜
豪華な箱とボーナスディスクもついて普通に買うより安いんやしどうせ全部買うならこっちが買いやね

ウッド・ストック’94 ライヴ(’94.8)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 850

曲目:
セリング・ザ・ドラマ(ライヴ)
バット・エニーウェイ(ブルース・トラヴェラー)
アイム・ジ・オンリー・ワン(メリッサ・エスリッジ)
フィーリン・オールライト(ジョー・コッカー)
〈ステージ・アナウンス1〉
ドリームス(クランベリーズ)
スープ(ブラインド・メロン)
ホェン・アイ・カム・アラウンド(グリーン・デイ)
シュープ(ソルト・ン・ペパ)
〈ステージ・アナウンス2〉
ブラッド・シュガー・セックス・マジック(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
ポルノ・フォー・パイロス(ポルノ・フォー・パイロス)
ブルー・カラー・ツゥイーカー(プライマス)
ヘッディッド・フォー・ディストラクション(ジャッカル)
ドロー・ザ・ライン(FINE〈エアロスミス〉)
〈ステージ・アナウンス3〉
ハピネス・イン・スレーヴァリー(ナイン・インチ・ネイルズ)
フォー・フーム・ザ・ベル・トールズ(メタリカ)
ザ・ハンター(ポール・ロジャース)
カム・トゥゲザー(ネヴィル・ブラザーズ)
ラン・ベイビー・ラン(シェリル・クロウ)
デジャ・ヴ(クロスビー,スティルス&ナッシュ)
ダンス・マザーファッカー・ダンス!/キス・オフ(ヴァイオレント・ファムズ)
シャイン(コレクティヴ・ソウル)
アロウ(キャンドルボックス)
ハウ・アイ・クッド・ジャスト・キル・ア・マン(サイプレス・ヒル)
ライト・ヒア・トゥー・マッチ(ロリンズ・バンド)
追憶のハイウェイ61(ボブ・ディラン)
パーリー・クイーン(トラフィック)
ビコ(ピーター・ガブリエル)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ライブ
ブルース・トラベラー
メリッサ・エスリッジ
ジョー・コッカー
エアロスミス
ザ・クランベリーズ

発売日:
1994/11/12
ビッグ・ワンズ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 100

曲目:
ウォーク・オン・ウォーター
エレヴェーター・ラヴ
ラグ・ドール
ホワット・イット・テイクス
デュード
ジェニーズ・ガット・ア・ガン
クライン
アメイジング
ブラインド・マン
デュースズ・アー・ワイルド
アザー・サイド
クレイジー
イート・ザ・リッチ
エンジェル
リヴィン・オン・ジ・エッジ
デュード(ライヴ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス
ジョー・ペリー
スティーブン・タイラー
マイケル・ベインホーン
ブルース・フェアバーン
トム・ハミルトン

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
未発表曲収録!!
「パーマネント・バケイション」「パンプ」「ゲット・ア・グリップ」を持っていない人には、手始めにもってこいのベスト盤です。
評価: 5
おじさんパワー!!!
若いバンドには、若いなりの良さがある。でも、「おじさんバンド」には「おじさんバンド」にしかない良さがある。その代表格、エアロの名盤がコレ。
聴いていると、STEVENのセクシーな歌声にメロメロになってしまいます。「クレイジー」、「クライン」がおすすめ。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,262

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング
ブギー・マン ※〈20ビットCD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
全米1位
三大バラードが入っております。???が個人的にいい


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,400

曲目:
熱く語れ
マイ・フィスト,ユア・フェイス
シェイム・オン・ユー
リーズン・ア・ドッグ
シーラ
ジプシー・ブーツ
シーズ・オン・ファイア
ザ・ホップ
ダークネス ※〈20ビットCD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
隠れた名曲満載!!
黄金ラインナップ復活第1号。ゲフィン時代のオリジナルアルバムは4枚出しているが、後の3枚の完成度があまりに高いせいか影をひそめている。コロムビア時代でのNight in the Ratsといったところか。しかし蓋を開けると新生エアロがまさに産声を上げている。
ジョーペリー・プロジェクトのカバー曲である?は二つを聞き比べるとすごく楽しい。疾走感はオリジナルの方が勝るが、こちらのエアロ版はスティーブンのヴォーカルをはじめ、見事なエアロサウンドに仕上がっている。
私のお気に入りは???。特に??は縦横無尽に暴れ回るジョーの荒々しいギターを堪能できる。一曲一曲は地味だが、他のアルバムにはない彼らの新鮮な音を聴ける、ファン必聴の一枚といえよう。
あー…でも初心者には正直向いてない気がする。一通り他のオリジナルアルバムを聴いて、最後にこれを聴くとエアロが好きで好きでたまらなくなることは間違いないだろう。
評価: 1
だめ
音はAEROだが、耳に残らない。1はいいけど他はファンでも聞く必要ナシ


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,971

曲目:
ハーツ・ダン・タイム
マジック・タッチ
ラグ・ドール
シモライア
デュード
セント・ジョン
ハングマン・ジューリー
ガール・キープス・カミング・アパート
エンジェル
パーマネント・ヴァケイション
アイム・ダウン
ザ・ムーヴィー ※〈20ビットCD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
いいんだけど・・・
一曲一曲はいいのもあるけど、アルバム的にはちょっとパワーが足りん


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,000

曲目:
ヤング・ラスト
FINE
エレヴェイター・ラヴ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド,ゲット・イーヴン
ヴードゥー・メディシン・マン
ホワット・イツト・テイクス
エイント・イナフ ※〈20ビットCD〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
PUMP買うなら・・・
これを買え!!11がない方がいい(曲はいいけど10で終わるべき)


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

曲目:
ブラインド・マン
シャット・アップ・アンド・ダンス(ライヴ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/11/02

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
隠れた名曲
ポップのような、バラードのような変な感じだけど、GOOD!!
たしかYOUNG LUSTにしか入ってなかった。
         もったいないよ・・・

Big Ones

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

価格:
¥ 1,912

amazonでのユーズド価格:
¥ 6

曲目:
Walk on Water
Love in an Elevator
Rag Doll
What It Takes
Dude (Looks Like a Lady)
Janie's Got a Gun
Cryin'
Amazing
Blind Man
Deuces Are Wild
Other Side
Crazy
Eat the Rich
Angel
Livin' on the Edge

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1994/11/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
復活後のベスト!
この後にもヒットを出しているから正確にはベストとも云えないのだが、70年代よく聞いていて、しばらく名前を聞かないなあと思っていたら90年くらいに見事復活した(えらい!)。復活後のベストと言っていいと思う。エアロの音は私にはヘビメタとも思えないし(どの分類に入っているかどうでもいいんですけど)、アエロ節とも呼べる独自の世界が出来てしまっております。余談ですがライブを見たらほんまに演奏が上手いです。特に裏方の3人は凄腕です。だから派手な2人が好き放題できるんだと思ってます。作品的にもほとんど網羅されてますしお買い得だと思います。
評価: 5
買うべき
オリジナルの2曲も含まれ、ビルボード30位以内の11曲を全て収録。
派手な選曲と言えるので、アルティメイトと共にベスト盤の最高峰の1つと言えるでしょう。
評価: 5
最高!!!
アリシア・シルバーストーンのファンなので、CRAZYの映像を見たくて買ったのですが、どの曲もすごくかっこよくて、日本のアーティストもこういうのを参考にしてPV作ってるんだろうなぁ、と思いました。とにかくカッコいい。友達が遊びに来た時など、テレビを消してこのビデオを流しています。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,227

amazonでのユーズド価格:
¥ 185

曲目:
スウィート・エモーション
ドロウ・ザ・ライン
ウォーク・ディス・ウェイ
ドリーム・オン
トレイン・ケプト・ア・ローリン
ママ・キン
ノーバディズ・フォールト
シーズンズ・オブ・ウインター
ビッグ・テンインチ・レコード
オール・ユア・ラヴ
ヘルター・スケルター

演奏者・作曲者:
エアロスミス
スティーブン・タイラー
トム・ハミルトン
ジョー・ペリー

発売日:
1994/06/30

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
マニア向け
「パンドラズ・ボックス」を持ってる人にはありがたみは無い。中途半端にボックス収録済みのレア・テイクなどが入っていたりして、正直コレクター以外には無縁でしょう。

Interview Disc: Talk This Way

amazonへ行く


CD

発売:
Arabesque

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,615

曲目:
Interview

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1994/06/13
Done with Mirrors

amazonへ行く


CD

発売:
Geffen

価格:
¥ 2,048

曲目:
Let the Music Do the Talking
My Fist Your Face
Shame on You
Reason a Dog
Shela
Gypsy Boots
She's on Fire
Hop
Darkness

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1994/06/02

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ロックンロール
エアロスミスの最高傑作は間違いなくデビュー作であり、ロックンロールの古典中の古典であるが、ストーンズの最低のコピーバンドとプレスに叩かれ、その後ジャック・ダグラスのプロデュースによりヘビメタサウンドを売り物にされ、エッジの効いた音により彼らの天性の転がり感は相当にスポイルされてしまった。

こうして原点から外れ輝きを失っていたエアロをかねてからプロデュースしたいと言っていたのが、ドゥービー・ブラザーズなどで知られるテッド・テンプルマンである。ギミック抜きのロックンロール、単なるロックンロールの音を作らせたら世界一のプロデューサーにより、デビュー作に近い転がり感を取り戻すことに成功している。バンドの状態も曲の出来も良くないが、そんなことはどうでもいい。

このような本物のロックンロールは正しい聴き方をしないと体感できない。高級オーディオで分析的に聴くのは最低である。彼らの下手糞かつ乱暴な演奏が、バンドとしては比類なき疾走感を生み出すのであって、1つの塊りとして体で聴くべきなのだ。安物のラジカセを床に置き、中音と低音を最大にし、音が割れんばかりに鳴らすと、彼らの音楽の真髄に迫ることが出来るだろう。夜中の米軍極東放送のAMラジオから流れるエアロは最高である。
評価: 3
おかえり、ジョー&ブラッド
不遇の80年代前半を過ごしたエアロスミスの、物理的復活作。
(実質的復活作はこの後にリリースする『Permanent Vacation』。)

脱退していたジョーとブラッドのG.2枚看板がバンドに戻り、VanHalenでおなじみのテッド・テンプルマンをプロデューサーに起用したものの・・・。悪くないのだが、華がない。
まだ、いまいちドラッグが抜けきれていないという感じの出来だ。

ただし、ジョーがJoe Perry Project時に発表したアルバム『Let The Music Do The Talking』からのリメイク、「1.Let The Music Do The Talking」はもともと曲がかっこいいだけに、スティーヴンが歌ったら最高!な曲だ。これだけで★3つ、つけた。

この1曲のために買うか、エアロスミス大好きな人のコレクション的1枚。私は後者だが・・・。
評価: 3
Done With Mirrors
 このアルバムを知ってる貴方は、かなりのエアロ・マニアと推測される。
 ジョー&ブラッドの両看板ギタリストの脱退⇒低迷期⇒ジョー及びブラッドのソロ活動は、商業的に失敗に終わる⇒オリジナル・ラインナップで再結成。そう、この復活時にリリースされたのがこの'DONE WITH MIRRORS'だ。

 正直言って、初めてエアロを聴く人なら、別のを選んだほうが無難。エアロ上級者向け(?)のアルバム。世間一般では駄作扱い、いや寧ろ「無かった事」にされているが、1曲目の'Let The Music Do The Talking'、ラストを飾る'Darkness'等、名曲はある。個人的には好きなのだが。
 しかしどうしても全体的に杜撰なサウンドは否めないので、'ROCKS'や'TOYS IN THE ATTIC'、復活後なら'Pump'、'GET A GRIP'あたりをまずはお試しあれ。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 6,295

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,980

曲目:
ホエン・アイ・ニーディッド・ユー
メイク・イット
ムーヴィン・アウト
ワン・ウェイ・ストリート
オン・ザ・ロード・アゲイン
ママ・キン
エアロスミス離陸のテーマ
ブギウギ列車夜行便
折れた翼
ライト・ミー・ア・レター
ドリーム・オン
パンドラの箱
ラトルスネーク・シェイク
ウォーキン・ザ・ドッグ
支配者の女
闇夜のヘヴィ・ロック
虚空に切り離されて
KRAWHITHHAM
僕を泣かせないで
やりたい気持ち
戻れない
お説教
アイ・ウォナ・ノウ・ホワイ
イカした10インチ・レコード
地下室のドブねずみ
ラスト・チャイルド
オール・ユア・ラヴ
ソウル・セイヴァー
ノーバディズ・フォルト
リック・アンド・ア・プロミス
アダムのリンゴ
ドロー・ザ・ライン
クリティカル・マス
キングス・アンド・クィーンズ
ミルクカウ・ブルース
アイ・リヴ・イン・コネチカット
スリー・マイル・スマイル
レット・イット・スライド
チーズ・ケーキ
ボーン・トゥ・ボーン(コニー・アイランド・ホワイト・フィッシュ・ボーイ)
ノー・サプライズ
カム・トゥゲザー
ダウンタウン・チャーリー
シャープシューター
シット・ハウス・シャッフル
サウス・ステーション・ブルース
リフ&ロール
ジェイルベイト
メジャー・バーバラ
チップ・アウェイ・ザ・ストーン
ヘルター・スケルター
バック・イン・ザ・サドル

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/04/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
Good Job !
ボックスセットに批判的な人もいる。ボックスセットという形式よりも、完成度が高いものであれば作品として良いのではないかと思う。その点これは素晴らしい。荒削りで、影響を受けたルーツがむき出しの初期から、ヘヴィになりオリジナリティを発揮していく様は歴史絵巻を見ているようだ。名曲に挟まれて聴かれる未発表曲も何か曲作りの種明かしのよう。メンバーのコメントも興味深い。AEROSMITHはやっぱりカッコいいロックバンドだ!!
評価: 4
しぶいです
大好きなバンド・エアロの前期の代表曲や
未発表曲を網羅した三枚組みの限定ボック
スです。
 エアロのファンになったのは、ゲット・
ア・グリップからなんで、それ以前のもの
をコレクトする財力に不安があった、高校
生のときに、これを購入。でも本当にかっ
てよかったばい。なおさらエアロのファン
になれましたからね。
 いまだに、前期のアルバムは買ってない
し、ライブでやるやつは前期ではこのアル
バムに収録されてるやつばっかだと思いま
す。

 そういう意味で、エアロの昔を知りたい
方におお薦めいたします。
評価: 5
ある意味、理想の完全ベスト盤
エアロ好きには、大きく分けて、前期(CBS時代)好きなヒト、後期(ゲフィン復活以降)でファンになったヒトがいると思うが、勿論どちらも好きなヒトには'Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ'(2枚じゃ足りないんじゃない!?)というのがあるが、前期エアロを網羅した、満足いく内容のベストを、というヒトには、最高にいいとこオサえたナイスな3枚組ベスト。前期作品全ての主要曲をほぼカンペキに網羅し、かつオリジナル・アルバム未収録のビートルズのカバー曲等、オマケも付けてくれた、ファン思いの素晴らしい内容。多少値が張っても充分モトとれること間違いナシです。こんなの出されたら、オリジナル・アルバム売れなくなっちゃうよ、て余計な心配さえしてしまいます。

イート・ザ・リッチ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 179

曲目:
イート・ザ・リッチ
エレヴェーター・ラヴ
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
デュード

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1994/03/24

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
名曲ズラリ!!
すべての曲がいいけど、これ買うならアルバム買ったほうがいい

ウェインズ・ワールド2

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,050

曲目:
ルイ・ルイ(ロバート・プラント)
デュード(エアロスミス)
イディオット・サマー(ジン・ブロッサムズ)
スーパースター(スーパーファン)
アイ・ラヴ・ロックン・ロール(ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ)
スピリット・イン・ザ・スカイ(ノーマン・グリーンバウム)
アウト・ゼア(ダイナソーJR)
マリーズ・ハウス(4ノン・ブロンズ)
レーダー・ラヴ(ゴールデン・イアリング)
キャント・ゲット・イナフ(バッド・カンパニー)
フランケンシュタイン(エドガー・ウィンター)
シャット・アップ・アンド・ダンス(エアロスミス)
YMCA(ヴィレッジ・ピープル)

演奏者・作曲者:
サントラ
ロバート・プラント
エアロスミス
ジン・ブロッサムズ
スーパーファン
ジョーン・ジェット
ブラックハーツ
ノーマン・グリーンバウム

発売日:
1994/01/25

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
サントラ
御案内させていただきます。確か映画のほうはみてますが、中身は覚えていませぬ。選曲は確かに「ばらばら」。ですが、「のりの側面から」言えば「かなり高得点」かも。おすすめはやはり「ジョーンジェット」と「バッドカンパニー」。そしてエアロのライブバージョンの(1)。それとこれから夏なのでジンブロッソムの「馬鹿夏」。また「脱力感満載の」(4)。(6)なんかローテクだけれどいい味だしてま。(8)はリンダペリーのファンなら聞かねば。
(9)がステッペンウルフやドアーズみたいでかなりいけてま。なもんで大学生が友人たちで海に繰り出すときに車内で聞くにはかなりいいかも。また(11)のエドガーウィンターもかなりよい。ロックがまだまだ「かっこよかった」時期を見事にとらえている。聞いていると「微妙にユーモアやコミカルな味わいが」感じられる。これはまさしくマイクマイヤーズの仕業。はたまた「シャゥィーーーーーん」が好きなあなたにも最適。はたまたフリマにてウエィンズワールドハットを売ってしまったあなたもまた思い出すのにいいかも。
(12)のライブバージョンはエアロマニアなかたなら集めてもいいのではないのか。意外にのりのり濃度高し。(8点)
評価: 3
一部貴重
サタデー・ナイト・ライブ出身というか、今では「オースティン・パワーズ」シリーズで有名なマイク・マイヤーズの出演した映画「ウェインズ・ワールド2」のサントラ。「オースティン・パワーズ」でもサントラは凝りまくりだけど、ここでも結構貴重な録音を混ぜています。特にエアロスミスの'Dude'と'Shut Up And Dance'はいずれもライヴ・ヴァージョンで、ここでしか聴けないはず('Box Of Fire'にも未収録)。映画では確か演奏シーンもありましたね。あとロバート・プラントの'Loui, Louie'も貴重(「ロバート・プラント・アンソロジー」に収録されました)。
評価: 4
べたな選曲でよい。
マイク・マイヤーズでおなじみの「ウェインズ・ワールド」の続編CD。選曲はコテコテ、映画もカナディアンやヤンキーにしか分からないベタねた。

でもこのCDはお買い得。安っぽいCDとしてあなたのCDラックの片隅に埃を被せて楽しんで下さい。

ビーヴィス・アンド・バットヘッド/ザ・ビーヴィス・アンド・バッドヘッド・エクスペリエンス

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 475

曲目:
アイ・ヘイト・マイセルフ・アンド・ウォント・トゥ・ダイ(ニルヴァーナ)
ルッキング・ダウン・ザ・バレル・オブ・ア・ガン(アンスラックス)
カム・トゥ・バットヘッド(ビーヴィス・アンド・バットヘッド)
99ウェイズ・トゥ・ダイ(メガデス)
バウンス(RUN-DMC)
デュースズ・アー・ワイルド(エアロスミス)
アイ・アム・ヘル(ホワイト・ゾンビ)
ポエトリー・アンド・プロウズ(プライマス)
モンスタ・マック(サー・ミックス・ア・ロット)
サーチ・アンド・ディストロイ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
メンタル*% !(ジャッカル)
アイ・ゴット・ユー・ベイブ(シェール・ウィズ・ビーヴィス・アンド・バットヘッド)

演奏者・作曲者:
オムニバス
ニルヴァーナ
ビービス・アンド・バットヘッド
アンスラックス
メガデス
RUN D.M.C.
エアロスミス

発売日:
1993/12/16

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 490

曲目:
アメイジング(LPヴァージョン)
同(オーケストラル・ヴァージョン)
同(アコースティック・ヴァージョン)
ゴッタ・ラヴ・イット(LPヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/11/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
It’s Amazing !!
なんといっても<3>がめだまでしょう。一応アコースティック・バージョン
となっていますが、ここまでするかといった感じ。スティーヴンのヴォーカル
とピアノのみで曲が展開していくという大胆さ。改めてエアロのフロントマン
の歌唱力を認識させていただきました。

Rock in a Hard Place

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,475

曲目:
Jailbait
Lightning Strikes
Bitch's Brew
Bolivian Ragamuffin
Cry Me a River
Prelude to Joanie
Joanie's Butterfly
Rock in a Hard Place (Cheshire Cat)
Jig Is Up
Push Comes to Shove

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/11/04

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ほとんど話題にもならないスタジオラストアルバム・・・再結成を除く、笑!!
1982年の実質上ラストスタジオアルバム(復活作以降を除く)・・・それにしても邦題「美獣乱舞」ってなんだったのでしょう(笑)!!実は個人的にこのアルバムまともに聴いた事なく、リリースから20年後購入しました・・・うーん確かにパワーダウンが凄まじく、語られないアルバムだなあ!!大好きな「ロックス」あたりに比べると、とても同じバンドとは思えないアルバムです・・・ダイナミックスさが欠落し、こじんまりしています。ジョーペリーとブラッドウィットフォードの脱退は本当致命的でした・・・特にジョーの豪快で奔放なヘタウマギターがなくなった事が、こじんまりさせていまいました。新加入のジミークレスポ(G)とリックデュフェイ(G)のプレッシャーは相当なものだったと思いま?!??!・・・ジミーはソングライティングにも貢献しているのですが、ファンはやはりジョーを求めてしまいますから!!1曲目「ジェイルベイト」にやや気合いを感じるのですが、曲としてはやはり弱いです。2曲目「ライトニングストライクス」は外部ライター:リッチースパの曲で、ビデオクリップも制作されました・・・このアルバムで一番印象に残る曲でした!!この曲でのリズムギターは、ブラッドウィットフォード・・・クレジット見ないとわかりません、笑。ジョーペリーは不在なのに存在を逆に引き立てたアルバムになってしまいました・・・スティーヴンがもし脱退していたら、きっと即解散だったと思います。

Toys in the Attic

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,535

amazonでのユーズド価格:
¥ 929

曲目:
Toys in the Attic
Uncle Salty
Adam's Apple
Walk This Way
Big Ten Inch Record
Sweet Emotion
No More No More
Round and Round
You See Me Crying

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
WALK THIS WAY (お説教)
75年発売の3rdアルバム 人によっては次作ROCKSをフェイバレットに挙げる人もいますが、初期のエアロの中で私はこのアルバムが一番好きです。 ?TOYS IN THE ATTIC ?WALK THIS WAY ?SWEET EMOTIONは今でもライブのSETリストに入っているし今のRAP、HIP HOPの原点となり、エアロ復活のきっかけを作ったRUN DMCのWALK THIS WAYはサンプリングすることなくほぼオリジナルのまま使用し本人たちも参加し大ヒットしたナンバーで、ビートルズやストーンズ、エルビス以外に黒人にカバーされるのは稀なことだと思います。 SWEET EMOTIONは妖しい雰囲気を持った曲で曲の間奏部分はZEPPELINのWHOLE LOTTA LOVEを参考にしたと思われますが、ライブでもメドレーを挟みライブを盛り上げるのに必要なナンバーです、このアルバムのヒットで1st、2ndも再び売れ始めゴールドディスクを獲得しエアロの人気を決定付けた重要な一枚
評価: 5
「ロックス」と共に最高傑作!
「ウォーク・ジス・ウェイ」「トーイズ・イン・ジ・アティック」「スィート・エモーション」・・・初期のエアロの素晴らしい曲が目白押し!
エアロが一番乗っている時のアルバムです!
初期エアロを聞くなら、まずこのアルバムを!

Draw the Line

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,535

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
Draw the Line
I Wanna Know Why
Critical Mass
Get It Up
Bright Light Fright
Kings and Queens
Hand That Feeds
Sight for Sore Eyes
Milk Cow Blues

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最高っすよ
中学生の頃、このアルバムを買って衝撃を受けた記憶があります。
なんて、なんて過激なの!今風の音ではなくても、メロディー、歌詞、
全体の雰囲気が怪しげで危険な香がしました。
聞いてはいけないものを聞いているような気分になり、どきどきしたものです。大人になった今でも大好きな一枚です。
評価: 5
完成された音作り
前作までの成功で手に入れた巨万の富を全部鼻から吸う「クスリ」に換え、その勢いで作ったアルバム。前作を超えなければならないプレッシャーから、メンバーが正常な精神状態ではなかった。
「Kings And Queens」の壮大な構想は、それまでのただ荒削りなだけの音ではなく、計算されつくした音であるように思われる。タイトルトラックの「Draw The Line」のリフはある童謡の歌い出しに似ている(各自で想像して下さい)と、当時の一部の音楽評論家に酷評されたりもしたが、アルバム全体としては完成度が高い。

ジョー・ペリーは、次作の「Night In The Rats」に数曲参加しただけで一旦脱退してしまったが、結果的にはクスリ漬けのエアロがそこで終わったことで、現在のエアロが存在することになる。
評価: 5
最高傑作
このアルバムはもっと評価されていい。前作「ロックス」を経て、音楽的なアーティストパワーにおいて正に、限界ギリギリまで彼らが当時来ていた事が、今聞き直してみてよく分る。スティーブンの歌声は、時に地面を這い回り、時に天を突き抜ける。その粘り強くかつ破壊力のある歌声は、エアロの全アルバムの中で、断トツの凄さである。ジャック・ダグラス・プロデュースのサウンドは、ニューヨーク近郊の古城で録られ、自然のエコーが生かされたその神秘的な響きと共に、ジョーのギターを中心とした灼熱のグルーブに、当時のエアロの凄さが、はっきりと刻まれている。全曲、ヴォルテージが高く、音の塊りがスピーカーからどっと迸り出る。

Aerosmith's Greatest Hits

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,156

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

曲目:
Dream On
Same Old Song and Dance
Sweet Emotion
Walk This Way
Last Child
Back in the Saddle
Draw the Line
Kings and Queens
Come Together
Remember (Walking in the Sand)

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
昔の
昔のエアロスミスを聞ける優れもの。にわかファンにはもってこい。まぁ、今と比べて音は薄いですが〜すべては時代ですね。

Rocks

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,440

amazonでのユーズド価格:
¥ 400

曲目:
Back in the Saddle
Last Child
Rats in the Cellar
Combination
Sick as a Dog
Nobody's Fault
Get the Lead Out
Lick and a Promise
Home Tonight

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
自信溢れるタイトル
76年発売の4thアルバム タイトルが示すようにメンバーの自信がみなぎる一枚、エアロの最高傑作と評する人も多いのですが・・・私はそうは思いません、確かに?BACK IN THE SADDLEはライブのオープニングナンバーに最適な曲でライブで聞くと滅茶苦茶カッコイイ一曲でその他の曲もライブ映えするカッコイイ曲でアルバムの構成も文句無いのですが、アルバムで聞くとライブの迫力が半減して聴こえてしまうのが難点です。 このアルバムのコンセプトはライブでの迫力・臨場感をパッケージすることにあったと思うのですが、リアルタイムに聴いた人は衝撃を受けたと思いますが私みたいに後追いファン、ライブを聴いた後に購入した人は多少物足りなさを感じるかも知れません、でも最高傑作と評される様に76年当時のエアロの最高傑作で今後このアルバム以上の傑作を産み続けているし、現在進行形のバンドなので更に凄いアルバムが産まれる可能性は充分にあると思う
評価: 5
名は体を現したアメリカの「ロックス」
 エアロスミスはアメリカのバンドだ。当たり前じゃないかと言われそうだが、緊張感がビシビシ伝わる「夜のカウボーイソング」?は英国バンドでは無理。二重の意味を持たせたハードロックブルースとも言えるギラギラした目茶目茶格好いい巻頭曲だ。続く?も感傷的な歌とヘビーな音が混在する彼らならではの曲で最初に強烈なワン・ツーを食らわせる。しかし、前作に収録された'Walk This Way'のように突出して目立った超有名曲があるわけでもなく、実験的な要素や新機軸は少なくバリエーションも狭い感じだ。しかし、その分無駄な贅肉が殺ぎ落とされて息もつかせない展開が最大の魅力である。掴みかけつつあったライブの迫力をスタジオ作に落とし込む奥義を完成させたのが本作と言えるかもしれない。

 前作より演奏時間は実際数分短いだけなのにもっと短い気がする。そのためか、いつも通して聴く事を要求する作品だ。これらを、そのままこの順番通りライブでやったらいいだろうなと常々思う。'Home Tonight'は、そこまで聴いたRocksのナンバーを走馬灯のように頭の中へ還元させる不思議な楽曲で、このアルバムだけのしかもラストに配された時、最も輝く名曲だと思う。
 本作は全米チャートの3位まで上昇し、今や押しも推されもせぬ名盤である。しかし、それは後で他人が決めたこと。そんな事はお構いなしに”Rocks”は今も疾風のような35分弱のライブを刻み続けている。
評価: 5
ダイヤモンド
今、騒がしているエアロスミスの復活前の最高傑作である。復活後にフアンになった人は、最初戸惑うかも知れないが、大丈夫。数回聴くとともに、絶対エアロマジックにかかっているはずだから。そして、多分このアルバムのとりこになる事間違いない。ジャケットにもあるように、ヘヴィ-な音が連なっているのを暗示しているが大丈夫だよ。。。エアロを信じてお買いなさい。おのずと道は、開かれるだろう!!!

Get Your Wings

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,638

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
Same Old Song and Dance
Lord of the Thighs
Spaced
Woman of the World
SOS (Too Bad)
Train Kept A Rollin'
Seasons of Wither
Pandora's Box

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
今でも聞ける、まったく古くないエアロサウンド
デビュー作も良かったが、エアロサウンドという意味においては2作目の本作品のほうが、ルーツと呼ぶにふさわしい音だと思う。
特に「SAME OLD SONG AND DANCE」「LORD OF THE THIGHT」「S.O.S」ではエアロ節が炸裂しまくっている。最近のエアロファンにも是非本作を聞いて欲しい。とにかくカッコイイ作品です。

Live Bootleg

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,638

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,100

曲目:
Back in the Saddle
Sweet Emotion
Lord of the Thighs
Toys in the Attic
Last Child
Come Together
Walk This Way
Sick as a Dog
Dream On
Chip Away the Stone
Sight for Sore Eyes
Mama Kin
SOS (Too Bad)
I Ain't Got You
Mother Popcorn
Train Kept A Rollin'/Strangers in the Night

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初来日公演を思い出す
77年エアロを武道館で見た。轟音で疾走する演奏に、人の渦巻くアリーナ、倒れる何人もの女性、ステージに上がってスティーブンと唄ったにいちゃん。そんな来日公演の後にリリースされた本作。最初の絶頂期である当時のエアロのライブをうまく納めていると思います。当時ひとつ驚いたのが、米国では会場で爆竹を鳴らすのが流行っていて、それが随所で聴かれることです。
評価: 5
闇夜のオヤジロック
もう、とにかくこの頃のエアロは素晴らしくカッコイイ。1曲目が始まった瞬間からじっとすることが出来なくなり、ギターをかき鳴らし絶叫しながら(エアギターでも可)、レイザーラモンHGよろしく腰を激しく振り続けて止まらなくなる程だ(どんなんじゃ)。代表曲は殆ど網羅しているし。

しかも「ブートレッグ」と銘打っているように、一切のオーヴァーダブもないシンプル且つソリッドなサウンド。これぞ、まさしく「スクールオブロック」だ。ロックの何たるかを知りたい者はまずこれを聴かなきゃ話にならん。

完成度の高さ、リズムの正確さ、クリアなサウンドなんぞは、ロックにとっては百害あって一利なしだということを以って知るべし。


評価: 5
迫力のライブ
 エアロスミスやローリングストーンズを聴いて思うのは演奏がキレているとか、完璧だ、とかではなくボーカルの存在感が異常に際立っていることだ。多少、ラフな演奏だろうがそれをグルーブに変えてしまえるボーカルなんて、そうそういない。ライブでもスティーブンの存在感は只者じゃない。また、永遠とジャムってるようなバンドの演奏が緊張感を高め、異常な空間を作り上げている。エアロスミスの場合、スタジオ盤で好きな曲と訊かれれば、バラードを選択する人が多いと思うが、これには1曲のみ。怒涛の展開で最後まで聴かせる。今のエアロスミスが好きな人にこそ聴いてもらいたい。すごい!

Rock in a Hard Place

amazonへ行く


CD

発売:
Sony

価格:
¥ 1,365

amazonでのユーズド価格:
¥ 780

曲目:
Jailbait
Lightning Strikes
Bitch's Brew
Bolivian Ragamuffin
Cry Me a River
Prelude to Joanie
Joanie's Butterfly
Rock in a Hard Place (Cheshire Cat)
Jig Is Up
Push Comes to Shove

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ほとんど話題にもならないスタジオラストアルバム・・・再結成を除く、笑!!
1982年の実質上ラストスタジオアルバム(復活作以降を除く)・・・それにしても邦題「美獣乱舞」ってなんだったのでしょう(笑)!!実は個人的にこのアルバムまともに聴いた事なく、リリースから20年後購入しました・・・うーん確かにパワーダウンが凄まじく、語られないアルバムだなあ!!大好きな「ロックス」あたりに比べると、とても同じバンドとは思えないアルバムです・・・ダイナミックスさが欠落し、こじんまりしています。ジョーペリーとブラッドウィットフォードの脱退は本当致命的でした・・・特にジョーの豪快で奔放なヘタウマギターがなくなった事が、こじんまりさせていまいました。新加入のジミークレスポ(G)とリックデュフェイ(G)のプレッシャーは相当なものだったと思いま?!??!・・・ジミーはソングライティングにも貢献しているのですが、ファンはやはりジョーを求めてしまいますから!!1曲目「ジェイルベイト」にやや気合いを感じるのですが、曲としてはやはり弱いです。2曲目「ライトニングストライクス」は外部ライター:リッチースパの曲で、ビデオクリップも制作されました・・・このアルバムで一番印象に残る曲でした!!この曲でのリズムギターは、ブラッドウィットフォード・・・クレジット見ないとわかりません、笑。ジョーペリーは不在なのに存在を逆に引き立てたアルバムになってしまいました・・・スティーヴンがもし脱退していたら、きっと即解散だったと思います。

Classics Live!

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,365

amazonでのユーズド価格:
¥ 656

曲目:
Train Kept A Rollin'
Kings And Queens
Sweet Emotions
Dream On
Mama Kin
Three Mile Smile/Reefer Head Woman
Lord Of The Thighs
Major Barbra

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初期エアロの悶絶ライブ
一曲目から「Train Kept A Rollin'」!観客とのシンガロングありーのでいきなり昇天しそうになります。そして極上のバラードが続き5曲目の「Mama Kin」です、王道のロックチューンですね。そしてなんといっても後半がイイ!どファンキーナンバー「Back In The Saddle」から始まりそのまんまのテンションで終わりまで演奏しています。これは買いの悶絶盤です。
評価: 5
お買い得のライブアルバム
このライブアルバムはエアロスミスがレコード会社を変えたときに、前のレコード会社が残り2枚のアルバム契約があることで作成されたものだそうです。
ライブ1ではレコード会社の選曲。しかもジョーがかなり否定的な見解を出していまして、流石にライブ2では居ても立ってもいられなかったそうで、曲選びを手伝ってしまったそうです(笑)

しかしながら面白いもので、否定的な見解が出されているライブ1もリスナーが聞けば楽しいものだったりします(笑)

この値段でボリュームたっぷりのエアロを存分に聞けるのもまた良いものかと。

お買い得なアルバムですので、特に新しいエアロファンでこれを持っていない方は是非購入してみましょう。古いエアロファンはもちろんバラで持っていると思いますので(笑)

ファーストアルバムのMOVING OUTやNIGHT IN THE RUTSのThree Mile Smile/Reefer Head Womanのライブ曲も聞けるのはかなり貴重だと思います。

Gems

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,365

amazonでのユーズド価格:
¥ 319

曲目:
Rats In The Cellar
Lick And A Promise
Chip Away The Stone
No Surprize
Mama Kin
Adam's Apple
Nobody's Fault
Round And Round
Critical Mass
Lord Of The Thighs
Jailbait
Train Kept A Rolin'

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ベスト第2弾。選曲は?
COLUMBIAレーベル時代のベストヒット第2弾。ヒット曲は定番の『GREATEST HITS』に収められているので、こっちはマニア向けの選曲?でもマニアならアルバム全部持っているし……。3曲目の「CHIP AWAY THE STONE」はこのアルバムにしか入っていなかったが『GREATEST HITS 1973-1988』に収録されたしまった。エアロのアルバムは全部コレクションしたい、またはハードなブルースが好きな人向き。

Night in the Ruts

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,365

amazonでのユーズド価格:
¥ 838

曲目:
No Surprize
Chiquita
Remember (Walking in the Sand)
Cheese Cake
Three Mile Smile
Reefer Head Woman
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
Think About It
Mia

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
一番愛着のある作品
メンバーがボロボロの状態だったとかジョー・ペリーの脱退とか作品の内容とは無関係のところで語られることが多いこの作品。
一般的には評価が低いようであるが、本当にこの作品をまともに聴いた人の評価なのだろうか。
まず1曲目を聴いて欲しい。この曲を聴いて鳥肌が立たなかったら、もうエアロ、いや、ロックを聴くのをやめたほうがよい。
僕は約20年前、あるミュージシャンのインタビューで「Toys In The Attic」がお気に入りという記事を読み、間違えてこのアルバムを購入した。だってタイトルが似てたんだもん!
しかし、このアルバムは、後で聴いた「Toys In The Attic」(すぐに買いましたよ)や「Rocks」と比べても決して僕の中では負けていないと思う。
出会ったきっかけは僕の勘違いからだったが、一番最初に買ったエアロのアルバムとして未だに愛着があるのである。
だから、僕はこのアルバムをけなす人を全く信用することができない。
評価: 5
隠れた名盤にするには惜しい名曲ぞろい
「チキータ」素直にめちゃくちゃかっこいいと思うのは僕だけ?
ヤードバーズのカバーも最高にいけてる。
評価: 5
Heavy Metal
まあなんだな薬物のために人間関係が破壊されてバンドがうまく機能しなくなるのはエアロスミスに限定されたことではない。脱退してしまうのはライブ=ギグがキャンセルされてしまうことによる金銭面での問題が発生するからだ。実際このアルバムのプロモーションツアーはスティーブンのコンデションが悪くうまくいかなかったらしい。

で中身であるが=統一感がきちんとあり、すっきりした印象だ。でも傑作ではないよな。これでメンバーのコンデションがよければものすごいものになっていただろうに。薬物によるバンド全体のテンションが下がるサンプルのひとつ。   10点中5点

Classics Live! Vol. 2

amazonへ行く


CD

発売:
Columbia

価格:
¥ 1,365

amazonでのユーズド価格:
¥ 611

曲目:
Back In The Saddle
Walk This Way
Movin' Out
Draw The Line
Same Old Song And Dance
Last Child
Let The Music Do The Talking
Toys In The Attic

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ライブ盤好きなら即買い
ゲフィン移籍後に出されたライブ盤。
とりあえず、かっこいい!選曲も代表曲ばかりだし、「Live Bootleg」に比べて演奏が安定していて聞きやすいし、「Let The Music…」のライブ音源が聞けるのは多分このアルバムだけです。
あと2曲目のイントロでスティーブン・タイラーがあの超有名曲(?)を歌うおまけ付き!もう買いでしょ!これは。

Aerosmith

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

価格:
¥ 1,420

amazonでのユーズド価格:
¥ 683

曲目:
Make It
Somebody
Dream On
One Way Street
Mama Kin
Write Me
Movin' Out
Walkin' the Dog

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/09/07

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
当然これでしょう!
エアロスミスといえば当然これでしょう!ミスアシングなんて言ってる君! まだまだ青いな(爆)。ドリームオンとママキンはいまだにプレイしつづけているけど、ミスアシングなんてヒットしてる時でもあまりプレイしなかったし、ジョーが大嫌いなんだって!そんなことはどうでもいいんだけど、アクセルとスラッシュがエアロスミスのライヴに飛び入りしたときも、逆にガンズのライヴにスティーヴンとジョーが飛び入りしたときもプレイされたのはママキンです。やっぱりエアロスミス=ママキンなんだねぇ!もちろんオリジナルメンバーが復帰したあとのエアロスミスも大好きだけど、成功に飢えてギラギラしたものを発散していたこのファーストのロックンロールのほうが私は好きです。ロックンロールが好きなら絶対に外せない好アルバムです。
評価: 5
大好き!エアロのデビューアルバム
エアロについては冷静に語れません、というのを最初にお断りしておきます。
名曲Dream onがはいってるアルバム、というのが一番わかりやすいかもしれないのですが、どうしてどうして、MAMA KIN(Stevenの腕のtatooをご存じの方も多いのでは?)や、ラストのWalkin' the Dogもあなどれないんですよ。このアルバムが出た当時は当然LP,エアロはB面のトップはMAMA KINみたいなストレートなロックンロールをもってくることが多かったんです。Walkin' the Dog, ロックの歴史をふりかえって、このカバーをやるバンドは力のあるバンドのみ。
評価: 3
惜しむらくはサウンド面
エアロのデビューアルバム。ドリーム・オンが収録されているのは周知。エアロがデビュー前からクラブ等でかなり演奏してきた曲群が中心に構成されているだけあって、かなりクラブっぽい踊れる内容となっている(勿論UKクラブサウンドの踊れる、とは違う意味で)。

特に作りこまれたという感じは無いが、ワイルドなガレージロックバンドの魅力が満載。文句なし!

ただ、惜しむらくはサウンド面。うすっぺらいサウンドが全てをだいなしにしている。何度聴いても音がヘタっている点がかなり気になる。ライヴ感もあまりない。1973年の作品なのだが、73年といえば技術的にはかなり良い録音が残せたはずなのだが…。エンジニアの問題か。

バンドの生きの良さと楽曲の良さがそれを上回ってるので、最終的には大きなアルバム。このアルバム、エアロが再録音してくれたらこれが一番の愛聴盤になるでしょう。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 98

曲目:
クライン
フィーヴァー
ヘッド・ファースト
リヴィング・オン・ジ・エッジ(デモ・ヴァージョン)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/07/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
忘れてはいけない。
アルマゲドンの主題歌として大ヒットした『ミス・ア・シング』が発表されるまでは、
この曲がまぎれもなくエアロの最大のドラマティックバラードであったに違いない。
特に大サビ前のブレイクからのスティーブンのヴォーカルは圧倒的であり、
過去にも数々の名曲を世に送ってきたエアロが何回目かの頂点に達したことを確信させる。

時代が過ぎても決して忘れてはいけない傑作のひとつだと思う。
評価: 4
天才
こんな曲かけるなんてスティーブンとジョーはすごいよ。マジで

ゲット・ア・グリップ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 100

曲目:
イントロ
イート・ザ・リッチ
ゲット・ア・グリップ
フィーヴァー
リヴィング・オン・ジ・エッジ
フレッシュ
ウォーク・オン・ダウン
シャット・アップ・アンド・ダンス
クライン
ゴッタ・ラヴ・イット
クレイジー
ライン・アップ
キャント・ストップ・メッシン
アメイジング
ブギーマン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/04/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
密度の濃さ、充実度は尋常ではありません
作品の充実度、音の密度は彼らの作品中最高だと思います。
いや、世の中の音楽全ての中でも最高レベルではないでしょうか。

イントロから息をもつかせぬ構成。音の密度には、本当に
圧倒されます。
とりわけ、出だしの??での密度は真骨頂です。また、アコー
スティックなイントロから盛り上がる?は心底カッコいいし、
???のスティーブンの熱唱は出色です。最後のブギーマンは
おまけ。全体の雰囲気を和やかにつつみこむ一服の至福ですね。

スティーブンタイラーの声は決して万人受けするものではありま
せんが、その熱唱、歌唱力には比類するものない超個性であり、
人々に訴えかける力があります。
(数年前のアカデミー賞授賞式で、ゲストで出てきた彼らは本当に
 カッコよかったです。紹介はリズタイラー、「わたしの父です」
 って、なんかこんな本当にカッコいいオジンにワタシもなりたい
 と心底思いました)

ジョーペリーもやはりエアロにいてこそ輝きますね。
彼は筆者が生まれ変わったらなりたい人間ナンバー1です。
2002年の来日公演を見ましたが、筆者の会社の役員と同年代、
信じられなかったですね。
評価: 5
円熟の傑作!
この「Get a grip」のあと「Nine Lives」と「Just push play」が発表されるわけだが、今2004年の時点で振り返ってもやはりこれがエアロの最高傑作だと思う。「Just push play」はデジタル的に作ってみるとバンドが公言して実験的に作った作品だが、既にその前の「Nine Lives」のサウンドはデジタル的に過ぎる感じがしていた。本作「Get a grip」ではよく聞くとコンピュータで作らなければありえないサウンドが多くあり、初期エアロのアナログ的なうねりが生み出すバンドサウンドとうまく融合している。バンドの歴史から見て、バランス感覚がピークにある感じがある。バラードも売れ線狙いのできあいの曲ではなく、スティーヴン魂の咆哮と言った感じ。リズム&リードの絶妙のギターコンピも全曲通して大暴れで、強烈なフロントを支えるリズムセクションは円熟味を増して隙がない。これを超える作品は、そう簡単には作れないだろう。誰に対しても心配なく勧められるロックの傑作だ。
評価: 5
最強!!
2003年ももう終わろうとしている。…そうか、このアルバムが発売されて、もう10年近く経つのか…しかし、私は今日までこのアルバムを超える作品を聴いたことがない。もちろんエアロの新譜も良いと思う。
しかしアルバムという作品において、多角的に見た完成度はこの「GET A GRIP」が最高だろう。発売当初は「FEVER」のようなハイスピードナンバーしか聴かなかった私だった。が聴けば聴くほど他の曲も良い曲に思えてしまった。それこそ、ライナーを書いている伊藤氏の言うように「映画を見ているよう」に聴こえる。そこには捨て曲など存在しない。曲順までもが完璧である。…この先、私はこれ以上の作品に出会えるだろうか?

Get a Grip

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

amazonでのユーズド価格:
¥ 7

曲目:
Intro
Eat the Rich
Get a Grip
Fever
Livin' on the Edge
Flesh
Walk on Down
Shut Up and Dance
Cryin'
Gotta Love It
Crazy
Line Up
Amazing
Boogie Man

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1993/04/20

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ゲップには驚きました。。。
INTROからEAT THE RICHの流れはPVで見てもCD聴いてもやっぱりカッコイイ!!
一緒に頑張ってたバンド仲間のギタリスト達もこぞってEAT THE RICHのリフを練習してました(笑)
でもこの曲自分で歌うと(他の人がやってもですが)Aメロがどうしてもしっくりこないんですよね。。。
これこそスティーブンだからこそなのか。
CRAZYも本当にいいバラードだし、このアルバムはかなり聴き返しました♪
ホントお勧め出来るいいアルバムだと思います。
評価: 5
必聴盤
このアルバムは必聴盤。ヒット曲がたくさん生まれたというのはむしろ補足でしかない。

前作パンプが大ヒットして完全復活を印象づけたエアロが、次にどういった作品を作ってくるのか大いに興味が集まった。当時ハードロックが下火になりつつあり、もう後が無いと個人的には危惧していたが、とんでもないアプローチでさらに飛躍を見せた彼らに本当に度肝を抜かれた。

サウンド面でもオススメできる理由がある。ギターバンドであるエアロのギターがすごく良く聴こえるのだ。ジョーとブラッドのギターがきれいに録音されていてすごく聴き応えがある。正直「パーマネント〜」以降のアルバムのギターは轟音の一つのうねりみたいなサウンド作りで、はっきりとしたギターが聴き取れず、そういう面ではあまり好!ではなかったのだ。その点このアルバムは曲のクオリティでもサウンド面でも100点があげられるアルバムだ。
評価: 5
スタジオ録音で最高傑作だと言い切れると思う
おっさん達、留まる事を知りません。
この年でもう既に何枚も名盤を作っているのに、それらを更に超える傑作を作りました。
インタビューで書いてありましたが、曲を作っているときに”ジョンレノンが舞い降りてきた”などと言っているほどの最高な状態で作成したこの作品はエアロ現時点での最高傑作といわざる得ないでしょう。

全ての曲が素晴らしく、全ての曲の演奏が素晴らしく、全ての曲のミクシングも素晴らしく、全ての曲のアレンジが素晴らしい。
全く持って非の打ち所が無いとはこのことです。

しかし、人によって感じ方も違うと思う。ライブブートレッグみたいな雑だけど無性にかっこいい!っていうのを求める人もいるし(私もあれは大好きですが)。でも、私はこのアルバム最高に好きです。

リヴィング・オン・ジ・エッジ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 50

曲目:
リヴィング・オン・ジ・エッジ(LPヴァージョン)
ドント・ストップ
フレッシュ(LPヴァージョン)
リヴィング・オン・ジ・エッジ(アコースティック)

演奏者・作曲者:
エアロスミス
スティーブン・タイラー
ジョー・ペリー

発売日:
1993/03/24

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
エアロの代表曲のひとつ
アルバム「ゲット・ア・グリップ」からの先行シングルだけあってそれなりの意気込みを感じさせる曲。詩の方は社会派な一面を見せていたりして、良い意味でちょっとスティーヴンらしくない。しかし、そんな意外性がさらにニュー・アルバムに対する期待を膨らませたのです。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/03/03

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
重たさがイイ。
エアロのスタンダードナンバーの一つ。
ズンズンと響いてくるドラムと、カントリー風のメロディーが心地よい。
空間的な音をうまく使って壮大なイメージを作り出すのに成功している。
スティーブンのヴォーカルも円熟味を増しいい感じに年相応になって来てます。
スタジアムのライブで聴きたいような心躍るナンバーです。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 400

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/02/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
WORLD TOUR行ったぞ♪
これもってるとライブでついてけるよ☆
ホンキンとここらへんの時代の曲がとっても多かった!
まじしびれました(>_<)
思い出すのにも効果的★
エアロ好きになっちゃった人は是非!!オススメ!!


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 680

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/02/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
1982年のエアロを確認すべし!の佳作
予備校時代に発表された我が青春のエアロ。
JOEの脱退は確かにショックだったがその状況でエアロのアルバムが出たこと自体大興奮で聴きまくった1枚。雑誌では評価が低いがなかなかの佳作揃い。
スピードロック派→?
ミディアムテンポでギターリフ主導の佳作→?・?
これぞエアログルーブの片鱗→?・?
ブギー調の好きな方→タイトル曲

最新作の好きな方→?
異色作だが歌メロ良し→?〜?のメドレー
エアロのルーツがわかる→?(カバー曲) という具合に聴き所満載です。
これが1982年のエアロです。ぜひ!
評価: 5
隠れた名盤
ジョーペリー、ブラッド・ウィットフォード脱退後に作られたアルバムだが、内容は結構いいと思う。このアルバムの後エアロスミスは、ジョーペリー、ブラッドウィットフォード復帰を経て再びシーンの最前線に戻っていくのだが、その過程において、スティーブンタイラーたちが前進し続けたという意味において、このCDの意味は大きい。エアロスミスの歴史を踏まえるという意味で、このCDは買った方がいいと思う。ますますエアロスミスが好きになるはず!


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/02/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
そんなに悪くない
1の曲はエアロ自身の事が書いてある 2はお気に入り。イントロがサイコー!3,6,8のカバーもいい出来だ。あまり評価の高くないアルバムだけど、アーティスト間では人気らしー


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 700

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/02/01

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1993/02/01

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,900

曲目:
ラヴ・ミー・トゥー・タイムス(エアロスミス)
ライト・プレイス・ロング・タイム(BBキング&ボニー・レイット)
喪服の女(チャーリー・セクストン)
ドゥ・イット・アゲイン(スティーリー・ダン)
フリー・ライド(エドガー・ウインター&リック・デリンジャー)
夢のカリフォルニア(ママス&パパス)
ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィン(フォー・トップス)
ゲット・レディ(テンプテーションズ)
レスキュー・ミー(フォンテラ・ベース)
プッシン・トゥー・ハード(ザ・シーズ)

演奏者・作曲者:
サントラ
エアロスミス
B.B.キング
ボニー・レイット
チャーリー・セクストン
スティーリー・ダン
エドガー・ウィンター
リック・デリンジャー
ママス・アンド・パパス

発売日:
1992/07/22
Pandora's Box

amazonへ行く


CD

発売:
Sony Mid-Price

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,100

曲目:
When I Needed You
Make It
Movin' Out [Alternate Version][#]
One Way Street
On the Road Again [Rehearsal Pre-Production Jam][#]
Mama Kin
Same Old Song and Dance
Train Kept a Rollin'
Seasons of Wither
Write Me a Letter [Live][#]
Dream On
Pandora's Box
Rattlesnake Shake [Live Radio Broadcast]
Walkin' the Dog [Live Radio Broadcast]
Lord of the Thighs [Live]
Toys in the Attic
Round and Round
Krawhitham [#][Instrumental]
You See Me Crying
Sweet Emotion
No More No More
Walk This Way
I Wanna Know Why [Live]
Big Ten Inch Record [Live]
Rats in the Cellar
Last Child [Remix]
All Your Love [#]
Soul Saver [Rehearsal][#]
Nobody's Fault
Lick and a Promise
Adam's Apple [Live][#]
Draw the Line [Remix]
Critical Mass
Kings and Queens [Live][#]
Milk Cow Blues
I Live in Connecticut [Rehearsal][#]
Three Mile Smile
Let It Slide [#]
Cheese Cake
Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
No Surprize
Come Together
Downtown Charlie [#]
Sharpshooter
Shit House Shuffle [Rehearsal][#]
South Station Blues
Riff and Roll [#]
Jailbait
Major Barbara [Alternate Version][#]
Chip Away the Stone [Alternate Version][#]
Helter Skelter [#]
Back in the Saddle

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1991/11/19

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
おすすめ
大好きなバンド・エアロの前期の代表曲や未発表曲を網羅した三枚組みの限定ボックスです。
 エアロのファンになったのは、ゲット・ア・グリップからなんで、それ以前のものをコレクトする財力に不安があった、高校生のときに、これを購入。でも本当に買ってよかったばい。なおさらエアロのファンになれましたからね。
 いまだに、前期のアルバムは買ってないし、ライブでやるやつは前期ではこのアルバムに収録されてるやつばっかだと思います。

 そういう意味で、エアロの昔を知りたい方におお薦めいたします。
評価: 4
縦長のボックス
このBOXでエアロの名曲を知ることができました。
今のエアロもいいですが、初期、中期もいいですよ〜
あ〜 なんか聞いたことあるって曲ばかりです。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

曲目:
ヤング・ラスト
FINE
エレヴェイター・ラヴ
モンキー・オン・マイ・バック
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
アザー・サイド
マイ・ガール
ドント・ゲット・マッド,ゲット・イーヴン
ヴードゥー・メディシン・マン
ホワット・イツト・テイクス
エイント・イナフ ※〈スペシャル・パッケージ仕様盤〉

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/07/05

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/05/21

アマゾンでの評価平均値:
1.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
だめ
音はAEROだが、耳に残らない。1はいいけど他はファンでも聞く必要ナシ


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 300

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/03/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
エアロを聴くなら
PUMP,GET A GRIP,NINE LIVESをまず抑えればエアロの良さって随分わかる、それぐらい出来の良いアルバム達だと思います。
このアルバムからはYOUNG LUST,LOVE IN AN ELEVATOR,JANIE'S GOT A GUN,WHAT IT TAKESなどの名曲達が生まれました。
個人的にはYOUNG LUSTからF.I.N.E.の繋がりがすごくワクワクして何度も聴いてしまいました(笑)
ハズレ無しなアルバムです♪


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルインターナショナル

amazonでのユーズド価格:
¥ 150

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/03/21

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 245

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/03/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ROCK!!
最初のSADDLEの不気味さが最高!!そこから流れ込みラストのHOME TONIGHTでクールダウン。CDがかかっている間アタマがおかしくなる


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 479

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1991/03/01

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ついていけん・・・
テンションが高すぎる・・・
SIGHT SORE FOR EYES最高!!でもこれ聞いたあと、ノラ・ジョーンズでも聞いてテンション戻した方がいい

Permanent Vacation

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

amazonでのユーズド価格:
¥ 400

曲目:
Heart's Done Time
Magic Touch
Rag Doll
Simoriah
Dude (Looks Like a Lady)
St John
Hangman Jury
Girl Keeps Coming Apart
Angel
Permanent Vacation
I'm Down
Movie [Instrumental]

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1990/10/25

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
現代エアロの礎
RUN DMCがWALK THIS WAYをカバーし再び注目を浴びたエアロ。
昨今のエアロはここから始まったと言えよう。ANGELこそエアロの十八番であるロックバラードの始まりとなった曲なのだ!
評価: 5
Heavy Metal
企業をリバイタライズするには3つの方法がある。倒産しそうな企業ならリストラすれば簡単だが、音楽はそれほど簡単ではない。つまり1)売れセン専門のプロデューサーをかねかけてつける  2)売れセン書ける作家をかねで雇う  3)パワーバラードでチャートを征服する

となるわけだが=エアロはすべて採用してますね。再生のプログラムどうりにことが運んだわけですね。なのでドーピングしているようなものですわね。手段は選ばずに生き残らないといけないのがアメリカのショービジネス世界のおきて。全体的によくできた楽曲がそろった。
     10点中8点
評価: 3
ここからその後の快進撃へ
再結成第1作の「Done With Mirrors」でコケちゃったエアロがランDMCにカヴァーされたプロモビデオで再び注目され完全復活となった記念すべきアルバムです。当時Bon Joviなどで飛ぶ鳥を落とす勢いだったBruce Fairburnをプロデューサーに向かえ、曲作りも外部の人間が多く起用されるようになり、エアロにとって一大転機となりました(発表当時はまだその後の快進撃までは予想できませんでしたが・・・)。アルバムとしての完成度は次作の「Pump」に譲りますが勢いのあるポップな曲のなかにエアロらしいルーツを感じさせる曲があり楽しめるアルバムです。ただ、その後のいくつかのバラード調のヒット曲を知っている人には驚くに値しないと思いますが、当時「Angel」だけにはどうも違和感を感じていました。これが大ヒットしてしまったのでガッカリした記憶があります。個人的にこの曲がなければ星もうひとつ増やしたかも・・・。


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

曲目:
アザー・サイド
マイ・ガール

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1990/09/10

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 399

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1990/06/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
初期作品で迷ったら、このアルバムです
中学時代の暑い夏の夜によく聴いた我が青春のエアロ。

代表作を買い揃えて、「初期の作品はどれを買おうか・聴こうか」という気持ちになってもしもこのアルバムと2ndでどちらか迷ったら、迷わずこちらを選びましょう。

音質は確かに良くないですが、代表曲(DREAM ON,MAMA KIN)の他にも歌メロの良さ・小気味の良い曲展開・何かが起こりそうな予感をさせ固唾を呑むリフ(?曲目)など捨て曲ありません!


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 370

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1990/06/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
飛べ!!
TRAINやSOSなど名曲多し!特にSOSはファンなら1度聞くべし


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 320

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1990/06/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ここからはじまった
出だしから爆発!今でもライブで使われる曲ばっかり!表紙も好き


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

曲目:
ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
ヴードゥー・メディシン・マン

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1989/12/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
重い!!
歌詞を見ると心に突き刺さる。出だしは語りかけるように歌ってる。
カップリングもカッコイイ


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 728

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1989/11/01

アマゾンでの評価平均値:
1.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
ダメ・・・
音はAEROだが、耳に残らない。1はいいけど他はファンでも聞く必要ナシ


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,150

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1989/11/01

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 261

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1989/09/25

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

曲目:
エレヴェイター・ラヴ
ヤング・ラスト

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1989/09/25
Pump

amazonへ行く


CD

発売:
Universal Japan

amazonでのユーズド価格:
¥ 182

曲目:
Young Lust
FINE
Going Down/Love in an Elevator
Monkey on My Back
Water Song/Janie's Got a Gun
Dulcimer Stomp/The Other Side
My Girl
Don't Get Mad, Get Even
Hoodoo/Voodoo Medicine Man
What It Takes

演奏者・作曲者:
Aerosmith

発売日:
1989/09/08

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
これがエアロスミス!
 再結成後にエアロが出したアルバムでベストなものをあげろと言われたら、パーマネントヴァケーションかこのパンプのどちらかだろう。ジャスト・プッシュ・プレーでは期待を裏切られたが、このアルバムは決してそんなことはない。エアロの魅力が100%つまったアルバムです。これがエアロスミスです!


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,700

曲目:
デュード(エクステンディッド・ロッキン・デュード・ミックス)
同(デュード・ディス・ウェイ)
ラグ・ドール(エクステンディッド・ヴァケイション)
ワンス・イズ・イナフ
エンジェル(ニューAORミックス)

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1988/12/10

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,500

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1987/10/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
初の大ヒットアルバム。
彼らにとっては初の大ヒットとなったサードアルバム。TOYS IN THE ATTIC, SWEET EMOTION, WALK THIS WAYなどはもはや伝説!!


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

演奏者・作曲者:
エアロスミス

発売日:
1987/09/25