コードレスマウス(キーボード付きもあり)特集

コードレスマウス ワイヤレスマウス の紹介をしています
コードレスってとっても便利で使い安い!
アマゾンへのリンクも掲載しています
新しい順に並べてあります
By:こぶた

006268
CK-36 Cordless Keyboard Compact

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2001/11/16

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
柔らかすぎるキータッチ
悪い点:
キータッチが柔らかすぎる、戻りが遅くカチカチと素早く打ちにくい。
HOME、END、PAGEUPやDELETEが小さく、他のキーに近く、間違えやすい。バックスペースが角にない、f12とHOMEに囲まれている。

よい点:
手頃な価格、マウスも含んでこの値段。
省スペース。
音量、CDなどのプレーヤ、ブラウザ、サスペンドがワンタッチで出来て便利。
ワイヤレスなのに、マウスも含めて、遅れや途切れ無く、全く問題なし。
評価: 5
机が片付いた
やはりどんなものでも個人個人の好みによって違う考えが持っている人がいると思います。しかし、私には、ぴったりのものだと思います。インターネットもCDプレやーも便利に使えるようになりました。特に、コンパクトなので二つ以上のPCを使っているときとても便利です。見た目でもとてもいいしキーの打つ感じもよいと思います。しかもコードレスでスペースが狭い人にお勧めです。
評価: 4
やっぱ電池かな
コードレス接続のキーボード(とマウス)です.やっぱり(^^;)長所
と欠点がありますので,お好みによって選ぶと良いでしょう.
長所:
 取り回しが楽ちん 複数のPCを使ってる時やデスクが手狭な時,
          コードが無いので非常に快適です.また,本
          体もかなりコンパクトです.

 クリック感Good  クッキリしたキータッチは最高! でも人に
          よって好みが違うと思います...
 離れた所でもOK  プレゼン時などに,少し離れた所からでもPC
          を操作出来ます.かなり便利!2mくらいは
          はなれても大丈夫な様子です.
欠点:

 電池交換が必要  当たり前ですが電池交換の手間がかかります.
          肝心な時に切れたり弱ったりするので要注意.
          案外,電池消耗が早い気がします.3ヶ月程
          で交換するのが安全かも.唯一の問題点です.
 キー配列が...  キーがちょっと窮屈です.enterキー周辺が少し

          変則的な感じ.   
全体として,無線&コンパクトであるが故のメリットとデメリットが
同居してるわけで,どの点に重点を置くかで評価は変わるでしょう.
私は「取り回しが楽」というのが必須でしたので,コレにしました.
他のコードレスキーボードよりシンプルな所もグッドです.

CK-36MZ コードレスデスクトップ オプティカル コンパクト

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2002/11/22

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
売りのはずのコンパクトさが仇になってる
Esc、Enter、Deleteキーが小さいのがデメリットです。
さらにDeleteキーの場所も許せません。おかげでテンキーを無効にしています。
コンパクトさだけが原因というわけではないと思います。改善の余地あり。

マルチメディアキーは別に使わないので、付属のソフトはインストールしていないのですが
サービスの「HID Input Service」を有効にしていれば機能します。
ホームボタンはIEを起動します。「人が走っている」ボタンはエクスプローラバーを開きます。
評価: 5
USB接続をお奨めします
 まず、キーボードに関してはキータッチが固く、非常にタイピングしやすい。また上部のキーから緩やかに傾斜しており腕が疲れないような配置になっていて、楽にキーが打てるというのが感想です。あえて難点といえば、最上部のESC、ファンクションキー、Deleteが半分の大きさしかなく多少押し辛いという点でしょう。

 マウスに関しては、最初にPS/2で接続していたときには、動きがカクカクして違和感のようなものを感じましたが、USB接続に変えてみるとスムーズに反応するようになり、快適に使用しています。どうやら、USB接続のほうが反応がいいようですので、USB接続されていない方は一度試してみてください。

 他の方も書かれているように、やはり充電式の単三電池4本をセットにして買われたほうがよいと思います。附属で単三電池が4本ついていますが、これが切れるまでデジカメに流用するとか使い道に困ることはないでしょう。
評価: 5
お勧め
キーが浅めなのでで打つのが楽です。また、テンキーがついているので数字の入力が容易です。ただDeleteキーが小さいのに難があります。ワイアレスマウスだとカーソルの動きがぎこちなくなることがありますが、マウスと受信機の距離にもよりますがこれはそんなことはありません。凝ったマウスは多いですが、やっぱりマウスもキーボードもシンプルなのが一番使いやすいです。あわせて単3充電池と充電器を買っておけば万全です。

CK-87MX コードレス MX デュオ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/04/25

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
まさに駄作。
衝動買いしてしまいました。
すごく使いにくいです。
数日間我慢して使いましたが、我慢できず使うのをやめてしまいました。
ずっとロジクール製品を使ってきましたが、最近のロジクール製品は使いにくくなってきたように感じられます。
キーボードはフラット設計ですが、かえって押しにくく、[Win][ALT][変換][無変換]など日常的に使わないキーが大きい分、スペースバーが非常に小さくなって押しにくいです。キーボードは、最近のロジクールブランドのキーボードに共通ですが、クリック間が弱く押し込んだときの重さもない、スカスカした感じです。
キーのクリック感はパーツショップで安く売ってるものと同等です。

キーボードの左端にある「ユーザー」ボタンを押すと、ユーザーの切り替えができるのですが、間違えて押すと、ログオフ動作が始まり、アプリケーションを終了させられしまいます。
また、「ユーザー」ボタンのキー割当を変更することができないので、押さないように心がけるしかありません。

マウスは充電式の分、ほかのワイヤレスマウスと比較しても非常に重く、マウスの操作も重いので違和感があります。また、マウス自体、バランスが悪いばかりか、ホールド感も悪いように思われます。
(充電台にがあるので、使っていないときに置き場所に困らないで済みますが)
キーボードは充電式ではないので、交換用の乾電池を買っておかなければなりません。交換電池のが必要な運用環境にあって、マウスだけ充電式にする必要性があるのでしょうか。
また、マウスの重量、バランス、コストを犠牲にしてまで充電式にする必要があるのでしょうか。
スクロール付きの見栄えがいい、安作りなキーボードと、高級感のあるマウスをバンドルしてパッケージ化したというのが見え見えの製品でした。
評価: 1
キータッチが最悪
キーボードを購入する時は、キータッチを確認してからの方がいいです。特に、スペースやリターン、シフトなど他よりも大きいキーを。
このキーボードはこれらのキーを叩く時に引っかかるのが気になります。ロット依存かもしれませんが私は失敗でした。これを買うくらいならもうちょっと奮発してLX-700にしておけば良かった。
評価: 5
使いやすさ抜群
コードレスマウスとコードレスキーボードのお得セット。
マウスのレスポンスが最高です。MSのオフィスキーボード、
WirelessInteliMouseからの移行でしたが、
さすが800カウントは精度が違います。左右にも動くホイールなどでは
付加価値にならないと思い、こちらにしました。
あえて言うならば、マウスのホイールクリックが

奥まで押し込まないといけないのが残念。

CLK-C50BL

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/10/17
CLK-C50RD

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/10/17

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
やや感度が落ちるものの、なかなかの使い心地
マイクロソフトの「ワイヤレスオプティカルマウス」との比較で。
やや感度が落ちるが、全体的な使い心地はこちらの方が良い。デザインはこちらの方が良いと思う。真ん中のボタンは押しにくい位置にあるのでほとんど使わない。
電池寿命もは約2.5月とやや短いが、充電池を使うことにすればコストの問題は無視できる(交換の頻度は2倍以上だが)。
suse linux でも動作確認済み(os 標準のドライバ'インテリマウス ホイール付き'で可)。

CLK-C50SV

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/10/17

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
挿入、ボタンを押す、これだけ
このマウスの特徴は
・コードレス
・光学
のこの2つです
私が特に注目してほしい点はマウスの形状、手にしっくりと来る感じがとても良いと感じます。
またこのUSBメモリ型のレシーバーは半径1m以内ならとても快適に使用することが出来ます。この範囲内であれば付属のスタンドは必要ありません。
ドライバーの方もかなり簡単でWindowsXP SP2ならレシーバーを挿入、両方のコネクトボタンを押すだけですぐ使うことが出来るようになります。この場合4ボタン目は「戻る」の機能として働きます。
このボタンの設定を変更したい方は付属のCDからユーティリティをインストールすることが必要です。
今まで有線マウスしかつかってなかったのですがこの品質、性能、価格共に満足です。

CLK-C51BK コードレスクリック オプテイカルマウス ブラック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/08/06

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
抜群!
数あるマウスの中から1つだけを選ぶ作業は困難でしたがこれに決めて大正解でした。この使い勝手の良さでこの価格。見た目は地味ですがいい仕事してくれてます。マイクロソフト社のマウスは賛否両論あるみたいだし、ネットサーフィンするだけなら充分でしょう
評価: 4
かなり使いやすい。
それまで6ボタンのC70BLを使っていたが、左右スクロールができるというのでこちらに切り替えてみた。ポインターの動きがかなり機敏で体感スピードがとても向上したように感じる。ボタンは4つだが、センサー関係はおそらく以前の製品より向上したのは間違いない。買って損はしない品物である。
評価: 1
ホイールが問題
最近はLogicoolの製品を使っていますが、このマウスのホイールは従来のものと比べ、細かいクリック感が指に響きます。
ホイールを回してスクロールを続けていると、このクリックが指の腹に負担を与え、だんだん痛くなってきます。
家で使うには休めば良いのですが、仕事ではつらくて使い物になりません。
全くお勧めできません。今なら、ポイントの精度を引き替えにしても、一世代前の製品CLK-C50*をお勧めします。

CLK-C51BL コードレスクリック オプテイカルマウス ブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/08/06

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
満足!
私のマウス評価ポイントは「正確で滑らかなポインタ動作」です。これまでMSのワイヤレスマウスでイライラしておりました。
特に動かし始めの反応遅れにはウンザリでした。もう二度とMSのマウスに浮気する事は無いでしょう。
そう思わせる程、このマウスの基本性能は優れています。この価格帯のマウスではピカ一だと思います。
評価: 4
さすがロジクールのマウス
以前からロジクールのマウスを愛用していましたが、この製品も価格の割に機能やデザインも問題なく期待通りでした。はじめてのコードレス購入ということで不安もありましたが、いざ使ってみるとコードがじゃまにならず中々いい感じです。機能も多いとはいえませんが、かえってシンプルで使いやすいかもしれません。

CLK-C51WH コードレスクリック オプテイカルマウス ホワイト

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/10/08

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートで使ってます
白系統のPCにかなりマッチします。
握り具合は特に悪いところもなく満足しています。
男性なら全く問題はないと思いますが、女性で手が小さい方は少々使いづらいかもしれません。
電波の届く範囲は仕様だと1m以内と書いてありますが、レシーバーが見えてれば大体2m近く届きます。
分厚い布団の中で使っても距離は縮まりますが特に問題はありませんね。
アプリスイッチは普通にマウスを握っている場合、
人によると思いますが大体指の第二関節辺りで押すことになるのではないでしょうか。
普段浅く握る方は指先で特に違和感を感じずに押せると思います。
各ボタン毎にいろいろな操作を割り当てることが出来ます。
例えばホイールクリックでは'Alt+Tab'のような操作が最初から割り当てられており、
全体的に見て使い勝手はかなりいいですね。
評価: 4
白いコロコロマウス
〜白いiBookユーザーです。
今までapple純正の光学式コードレスマウスを使用してたんですけど、
スクロールホイールがないことに不便さを感じるようになり、
新しいマウスの購入を検討してました。
で、この商品を購入。
購入する決めてになったのは、
スクロールホイールがあることと、光学式であること、コードレスであること、
あと他のメーカーのマウス〜〜に比べて小さいこと(手が小さいので)、です。

届いた商品は思ってたよりちょっと大きかったけれど、
白くて、iBookと色も合うしで、ほぼ満足です。
(でもほんとはapple純正でスクロールホイールつきが欲しいなあ。
わたしの手の大きさには、appleの大きさがちょうどいいんだよなあ…)〜

CLK-C70BK

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/10/17

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ちょっと重いけど。。。
昔、某社が発売した光学式ワイヤレスマウスを使ったことがあったが、重量とレスポンスの悪さに辟易して「やっぱマウスは有線だな」と思っていた。
一方、このマウス、レスポンスは有線に遜色無し!6千円を捨てる覚悟で買ったけど、とても満足しています。また、付属のソフトをインストールしなくても、「戻る」と「進む」ボタンは機能する(W2Ksp4, WXPsp1で確認)ので、この点も便利!
ただ、難点はやっぱり重量かな。昔使った光学式無線マウスよりははるかに軽いんだけど、ちょっと重い。。。ゆえに、星4つとしました。
あとは、電池の持ち具合が気になるところです。

(追記)電池は付属のもので1ヵ月半程度持ちました。充分!

CLK-C70BL

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/10/17

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
微妙
確かに機能的にもワイヤレスも問題ない。しかし、値段がネック。Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer2.0を買って、お釣りが返って来る値段なのだ。(数百円だけどね(笑)ここら辺はちょっと悩みどころ。買って損はしない。とだけは断言できる。

CLK-C71R コードレスクリックプラス リチャージャブル

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/11/19

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ちょっとマウス本体が重たいかな
・上下左右スクロールホイール
・オプティカルかつコードレス
・充電式

このすべてを満たすマウス、特に「充電式」は意外と少ない。
このロジクール・コードレスクリックプラス・リチャージャブルはそれをすべて満たす希有な存在だ。

ワイヤレス設定は簡単。マウスに電池をセットしたら、充電台を兼ねた受信機についている'RESET'ボタンを押すだけ。
マウスとしても動作も申し分ない。欲をいうと、親指の位置にある前進・後退ボタンが邪魔に感じられるため、もう少し考慮して欲しかったことと、電池を内蔵したマウス本体が大きく重たいことだ。

大きめのマウスが苦にならない人にはオススメできます。
評価: 4
充電式ワイヤレスマウスとしては動作が安定しているぞ。MacOS_X対応だ
なんてったってバッテリーの持ちが非常に良い。
(最大1ヶ月無充電で使用可能らしい)

ブルートゥース系のワイヤレスマウスだと電波的に安定しない
(PCが勝手にスイープ解除になる事など)場合には弱電タイプの
ワイヤレスマウスが良い。
多彩なボタン活用でMacOX_Xのエクスポゼも楽々に使える。

難点はMacOS_X版のドライバが未だ洗練されていない事。
設定項目がWin並にあれば良いのだが...。
Macユーザーの場合はドライバをインストールせずに使う方がいいかも。
(但しチルトは出来ないが、ドライバでチルトの調整できないので....)
今後に期待<ツール

あと、ちと重い。マウスを持ち上げて使う人は辛いかも。
製品としてはお勧めですぞ。

G-7レーザーコードレスマウススペシャルエディション

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2006/06/02
KOKUYO EAM-35ND マウス(コードレスタイプ)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
コクヨ

発売日:
2002/10/25
KOKUYO EAM-35NM マウス(コードレスタイプ)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
コクヨ
LOAS MUS-CRT15MBK コードレスホイールマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2001/11/16
LOAS MUS-CRT15SL コードレスホイールマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2001/09/14
LOAS MUS-CST09MBL コードレスオプティカルホイールマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2006/03/24
LOAS MUS-CST09WS コードレスオプティカルホイールマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2004/08/06
LOAS MUS-CST14MBL コードレスオプティカルマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2004/09/17

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
満足しています
光学・充電式・コードレス・進む/戻るボタン(スクロールは当然)付・中〜小型で色々物色しこれにたどりつきました。
まさに条件にぴったりです。形も左右対称でつかみやすく百均の白マウスパッド上でもカーソルもマウスも動きは良好です。以前使用していた機種はパソコンを立ち上げたときにたまにリセットが必要だったのですが、これに替えてからそんなこともなくなりました。
ただ、滑らせて使うぶんには滑りもよくて申し分ないのですが、私はマウスをたまに軽く持ち上げることがあり、重心の位置のせいかそのときに少し重く感じます。
それでも十分に満足していますので会社分と自宅分で2個買いました。

LOAS MUS-CST14MR コードレスオプティカルマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス
LOAS MUS-CST14SL コードレスオプティカルマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2005/10/28
LOAS MUS-UST19GM コードレスオプティカルホイールマウス:ガンメタ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2003/07/07
LOAS MUS-UST19SL コードレスオプティカルホイールマウス:シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2003/07/07
LOAS TNK-SRU212SL コードレステンキー(USB接続タイプ) シルハ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス
LOAS コードレスオプティカルマウス シルバー MUS-CST15SL

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2004/04/01
LOAS コードレスオプティカルマウス メタリックブラック MUS-CST15MBK

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2006/03/24
Logicool CK-20M コードレス デスクトップエクスプレス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/07/09

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
真面目なサラリーマンのようなキーボード
アマゾンで、評価がよいのと、価格.comでもすごく評価がよかったので興味があり、マイクロソフトのナチュラルから、変更。
 結論として、7割ほど満足している。

とりあえず1週間ほど試用したが、マイクロソフトにあるような認識の甘さからの、使いにくさは感じなかった。
 
 ただ、本当に真面目な――そう、一流大学を卒業して一流銀行に入ったような――できるヤツなんだけれども、個性がないキーボードです。
 仕事に使うのならば、本当にオススメしますが、趣味 or 家で使うのならばマイクロソフトの高級タイプも検討してください。
 
 
評価: 2
痛恨のPS/2ポート
値段と外見に惹かれて買いました。
どなたかも言っていた通り、キーボードのタッチに妙な感じがある他は、
概ね使いやすいし悪くない。
もう少しキーボードに傾斜がつけられると、なお良いのですが。

ただし、うちのデスクトップ機にはPS/2ポートが一つしかなかったので、
(キーボード用のみ)
マウスが動かず、結局、USB-PS/2変換ケーブルとUSBハブを買い足す羽目になりました。
おまぬけでした。

返品しようかと思ったけど、開封後だったので、返品手数料を差し引くと、
3390円の商品代金の内、わずか10%の399円(!)しか返ってこないとわかり、諦めました。
規約をよく読まなかった私も悪いけど、返品手数料、何とかなりませんか?
アマゾンさん。

ついでに、PS/2ポートが二ついるならいると、製品概要に書いて欲しかった。(涙)
評価: 4
もう少し…
注文して翌日届きました。キーボードは少しレイアウトが横に圧縮されたようなデザインで、これはこれで慣れれば問題はないでしょう。まるっこいデザインと配色はいい感じです。機能ボタンもカスタマイズできるので便利です。
 マウスは小さくも大きくもなく私にとってはベストサイズです。
 使用感はほぼ問題なし! ただし、電波の届く範囲が1mというのは、ちょっと短い気がします。ほんのもう少し距離が取れると部屋中のどこでも使用できるのにとは思います。
 でも、コストパォーマンスを考えると迷わず?買い?です。

LOGICOOL CLK-C51SV コードレス クリック オプティカルマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/10/08
Logicool CLK-C71 コードレスクリックプラスオプテイカルマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/07/30

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
さすが!専業メーカーだが設計が古い
右手専用マウスとして形状や大きさなど良く考えられたデザインです。この点では文句ありません。初めは重さが気になりますが慣れると大丈夫です。精度も高く、Windowsの設定で「ポインタの精度を高める」を選択すれば、より気持ちの良い使用感が得られます。
しかし、最近のレーザー光線式に比べると、やはり設計の古さのようなものを感じてしまいます。私のように常に机の上が書類に占領されていると書類の上でマウスを使うことになりますが、書類の柄(印刷内容)によって、マウスが完全に誤動作するようなことが頻繁に起こります。やはり最近流行の光学式用マウスパッドを使用したほうが良いようです。また、紙の上で使用すると静電気により紙の粉が付着し、それが堆積していくので時々ウェットテッシュで掃除しています。最近の樹脂製品は静電気対策を施したものが当たり前なので、たいへん気になります。更に、2.4GHz帯の電波を使用した最新製品に比べると、使用できる距離が短いですし、金属製の机や、ノートPCのボディの影響で電波が遮られるようなことが発生します。ということで今回の採点は辛いです。
評価: 3
重い
本体が重いです。リチャージャブルの方にすれば電池分の重量が下がるのでそっちにすればヨカッタです。手が辛い…。機能面は素晴らしいのですけど。
評価: 4
使いやすいよいマウスだと思います。
〜AppleのPowerBookで使っています。
ユーティリティは良くできており、Exposeの各機能をマウスボタンに割り振り使用しています。
レスポンスは非常に良いです。ただ、PowerBookがアルミニウム筐体のせいか、左側にレシーバを付けると反応しない場合があります。(机の素材によって、レスポンスが異なります。)
大きめのマウスですが、手にもよくフィットします。長時間〜〜使ってても、ストレスをあまり感じません。クリック感、スクロールホイールの感触も、しっかりとしており、悪くないです。
ワイヤードマウスからの乗り換えだったのですが、よく滑るので、重くなったのもあまり気になりませんでした。ただ、マウスを持ち上げるような使い方をする人は、少し重さが気になるかもしれません。

星4つの理由は、Bluetoothに対応〜〜して欲しかったからです。
ノートPCでは特に、USBポートが塞がってしまうのはイタイです。あと、レシーバを移動の度につけたり外したりが少し面倒です。
せめて、USBレシーバが90度立てる事ができれば最高でした。(外出先や狭い机で作業するため)
デスクトップユーザや、Bluetoothにこだわりが無い人には星5つ評価でいいと思います。〜

LOGICOOL DN-800 ディノボ コードレスデスクトップ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 13,936

発売日:
2004/12/03

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
PSXで使えるカッコいいワイヤレスキーボード('∇')
PSXでオンラインゲームをする場合、やはりキーボードがあれば文字入力が速くできるので必需品だと思います。
しかしPSXに普通のUSBキーボードだと、せっかくのインテリア性が台無しになっちゃいます('・ω・`)ショボーン
そんなときはこのDN-800が最適です!
(1)ワイヤレスで2m離れていても使える
(2)レシーバがUSBメモリ並に小さい
(3)PSXのUSBコネクタに差し込むだけで使える
などなど、大変いいものでした。

PSXで使う場合はいい感じでしたが、PCで使う場合は他の皆さんが言われている症状があるかもです(汗)
評価: 1
ニューメリカルパッドに注意・続報
この製品を選んだ理由はテンキー分離の一本でした。
しかし、この製品のニューメリカルパッドは一部のアプリケーションで全く認識できず、
運悪く自分の用途の多くを占めるもので只のコンパクトキーボードになりはててしまっています。
例えばリモートデスクトップでホストにキー入力が送信できない。
他にもいくつかのゲームで操作割り当てが不可能。

サポートの回答は、
「これは仕様でありテンキーではなくニューメリカルパッドであるためサポート外である。
次回の製品開発の参考にさせていただく。」
以上でした。
この件について既に買ってしまった人へのサポートは無いらしいです。

-------------
上記内容、現在のドライバで一部解消しているようです。
SetPoint2.47にてリモートデスクトップ(RDT)ではテンキーが利用可能です。
が、RDTのためだけに強引な手法で対処したらしく、
数字部分がNumLock+数字・・・といった妙なコードを出しているようです。
そのためキー入力そのものを割り当てるソフトウェアには引き続き使用不可です。
喜んだのも束の間、場当たり的な対処に軽く目眩すら覚えます。
また、過去に問い合わせをした件の修正が含まれているというのに全く連絡が無いのも減点対象です。
評価: 2
実用には向かない
ハッキリ言って実用には向きません

打鍵感はおおよそ考えられる中でも、最悪の部類で
ハードな連続使用にはとても耐えられないように感じます
特に昔の良質なキーボード群に触れたことがある方だとしたら
絶対に避けるべきでしょう

どうしてもこのデザインで、コードレスでなければならないという方は
買って損はないと思いますが…

テンキーやマウスを廃して価格を半分に下げれば、オブジェとして購入するのも
有りかもしれませんが、現状では費用対効果を考えれば、とても許容出来る
物ではありません

一応無線の割に打鍵時の反映レスポンスが良い事と、デザインで星二つです

Logicool G7 レーザーコードレスマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 10,439

発売日:
2005/10/28

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最高のゲーミングツール。
使用して半年ほどたちますが、未だに健在な丈夫さが個人的には意外ですが、レーザーマウスとしては最高峰の精度を持っていると思います。FPSでのエイミングが非常に楽になり、今ではゴルゴ13にとってのM16のような頼もしい相棒となっています。一番助かるのが解像度変更ボタン。解像度を下げた状態でねらうことにより、スナイパーライフルでの狙撃が格段に楽になります。さらに、堅めのホイールクリックが的確な武器の選択を完全サポート。重さも電力をバッテリー交換式とすることでかなり軽くなり、長時間のプレイでも全く苦になりません。よく途中でバッテリー切れが起こってしまうと怖いという方がいますが、慣れるのにはそう長い時間はかかりませんし、なによりリロードしている雰囲気がこの行為を好きさせてくれます。欲を言えば、もう一つサイドにボタンが欲しかったところですが、これだけの性能は日常での使用に十分耐えられる代物でしょう。ビジネスにもある程度使えるので、これは選んで損はないですよ。
評価: 3
ホイールが固い…
ロジクールのマウスはMX1000とMX-510RDの二つ持っているのですが、
それら二つと比較してみて、まずこのマウスの良いところを…

良い所
・ワイヤレスで、USB接続でバッテリーを充電できるのが良い。MX1000は別途コードをコンセントに繋げないといけなかった。
・使用中に片方を充電できるので、電池切れの心配がない

以上。これだけ…。

悪い所
・ホイールが固すぎる。回すとカリカリと音が聞こえるくらい。なにか引っかかってる感じ
・ホイールクリックも固い。これはMX1000と同じ程度だが、MX-510RDと比べると圧倒的に固い。
・サイドボタンは二つほしかった。一つしかないことに購入後気付いた。よく調べておくべきだった。この点は採点に加味していない。

ワイヤレスである事と充電方式に惹かれて購入したのですが、正直買った事を後悔している。
ホイールに関してはよく使う部分なだけにかなり不満。MX-510RDのホイールを採用してほしかった。
評価: 5
気に入りました
エアーパッドプロ+専用ソールと共用です。
私の場合、左右スクロールを使用しないためSetpointは不使用です。
そのおかげか、全くノートラブルです。
噂のエアーパッドプロとの相性問題も出ていません。
一日仕事で使用するとバッテリーがほぼ空になります。
その頃にはちょうどもうひとつの充電は終了しています。

エアーパッドプロ+専用ソールですが、確かに軽くスイスイ動きます。
しかし、軽すぎて、一箇所に留める事に気を使います。
ダブルクリックを外すことすらあります。
軽いばかりでなく、スーッと動いてピタッと止まる、ビデオ三脚の
雲台のようにはいきません。

Logicool LX-5BK コードレスオプティカルマウス ブラック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 2,862

発売日:
2005/10/28
Logicool LX-5SV コードレスオプティカルマウス ライトシルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 2,883

発売日:
2005/10/28

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
素晴らしい製品
 これは素晴らしく性能がよいです。
以前安価のワイヤレスのボール式マウスを使っていましたが、
それはボール式ということもあり、直ぐにボールに埃が詰まって3日おきに
手入れしないと微妙な動作に支障が出たりしていたのですが、このマウスは
光学式なのでそういう問題が出ないのが強みだと思います。

・電池の持ち(手に入りやすい単三電池一本で動作できます)、
・マウスポインタの感度、
・価格(実際もっと高額なものと差が良く分からない)、
・デザイン、

どれも申し分がありません。

デザインも最初は好きになれませんでしたが、使えば使うほどそのクールさが分かってきて
マウスを眺めながらその格好良さにニヤニヤしてしまうほどです。


難点を言えば、マウスの座標データのUSBワイヤレス受信機が少し大きめで不恰好だ
ったこと位です。(といってもそれほど気にはならない程度ですが)


これは「即買い」しても問題の無いレベルの製品だと思います。
評価: 4
ワイヤレス最良の一台
低価格でシンプルなワイヤレスマウスを求めている場合には最良の一台ではないでしょうか。ポインティングの基本的な部分はもちろん問題なく、さらに追加ボタンが無いので付属の常駐ソフトを入れる必要がありません。このソフトは、OSデフォルトの動作を一部変更してしまうので敬遠される方も多いでしょう。ただし、チルトホイール機能を有効にする場合は必要です。

以前の赤色LEDを使った光学システムでは、一部のマウスパッドで電池が異常に早く消耗する現象がありましたが、本製品の改良版システムでは解決されています。単三電池は2本入りますが、1本でも動作可能なのでコードレスマウスの重さが気になる方でも大丈夫です。

到達距離は見通しで約4m程度。受信機は大きいので持ち運びには適しません。
評価: 4
diNovo(DN-800)の受信機で作動する!
キーボードとしてLogicoolのdiNovo Cordless Desktop(DN-800)を
使用しています。このキーボードと一緒に使うマウスとしてLX-5を
購入しました。

今までは、DN-800付属のマウス(おそらくMCO-50)と、同じlogicool
のCLK-C71Rを使用していました。これらはどちらもDN-800付属の受信
機で作動しますが、MCO-50は小さすぎて私の手には馴染まず、逆に
CLK-C71Rは私の手には大きすぎるようで腱鞘炎気味になりました。

そこで、MCO-50とCLK-C71Rのちょうど中間のサイズを持つマウスと
して、LX-5を選びました。まだ長期間は使っていないので確かなこと
は言えませんが、この大きさは私の手にはちょうど馴染むようです。

私の場合は使用目的が事務作業ということもあり、マウスにはあまり
高い機能を求めていないので、ホイールボタンが少し硬すぎる気が
する点以外は、特に不満はありません。

DN-800の受信機が使えるとは思っていなかったので、キーボードの
受信機とは別にLX-5付属の受信機を使用することは覚悟の上でした
(私は商品が届いてから知ったのですが、LX-5付属の受信機は最近
よく見るスティック型の小さいものではなく、扇形をした大振りな
ものでしたのでご注意下さい)。

ところが、試しにDN-800用の受信機と交信させてみたところ、
DN-800付属の受信機はLX-5を認識することがわかりました。
左右スクロールも機能しますし、各種機能の設定(ホイールボタンの
割当など)も、SetPoint(最新のver.2.46に更新済み)で、問題なく
できました。

机の上の受信機を増やす必要がなくなり、とてもうれしく思いました。

Logicool LX-7BK コードレスオプティカルマウス ブラック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,570

発売日:
2005/10/28

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
お気に入りです!
〜 Mac OS X 10.4, iBook〜〜 G4で使っています。とても反応が良く、ホールド感も気に入ってます。Dockの様なモノが付属していて、ノートからデスクトップに繋ぎ変える時も楽々です。
 アップル純正のドライバではチルトホイールスクロール機能(左右スクロール)が使えず、第4、第5ボタンに割り当てられるショートカットも限られます。又、ホームページ上でダウンロードできる専用ドライバ〜〜(付属のCDに含まれていないようです)を使ってもチルトホイールスクロール機能が何故か使えず、アプリケーション切り替えになるばかりです。但し、シェアウェアのドライバを使えばなんとかチルトスクロール機能も使えましたし、アプリケーションごとに違ったショートカットを適用したりできるので非常に便利になりましたが、付属ドライバでこのマウス特有の機〜〜能が動作しないのは非常に残念ですのでその分は減点としました。〜

Logicool LX-7BL コードレスオプティカルマウス メタリックブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,543

発売日:
2005/10/28

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
値段を考えると十分な性能
 とてもシンプルなタイプですが、非常に使い勝手がよく重宝しそうです。今まで自分が使っていたマウスは、左右ボタンとホイールだけの超安物でした。それから今回このマウスに切り替えたのですが、フォアード・バックボタンとホイールの水平方向スクロール機能が便利で、閲覧などで常時活用させてもらっています。形状も手にフィットしてとてもいい感じです。

 難点を挙げるとすると、やっぱり重いことでしょうか。これはまあ、電池を入れる分しょうがないものとして諦めるしかないでしょう。

 ものすごく高機能なマウスを必要としないのなら、このマウスで十分役割を果たしてくれます。永く愛用していけるマウスになるでしょう。
評価: 4
他のマウスに比べてポインタの動きが早い
タイトルどおり、初期設定の状態ではポインタの動きが早いというか敏感で、今まで使ってきたマウスの感覚で操作してもクリックしたい場所を行き過ぎてしまう状態でした。ポインタの動きを設定することで自由に変更も利くので今は問題なく使えています。手にもしっかりフィットし、気に入っています。
評価: 5
手がちっちゃい人むけ?
今まで結構色々なマウスを使ってきましたが
大きすぎて手が疲れたり、
小さすぎてクリックしにくかった事は有りませんか?
私は男性ですけど手が小さいほうなので大きめなマウスは使いづらく
かといってノートなどに使うような持ち運びのマウスもイマイチで
色々なマウスを試したのですが、このマウスは普通のマウスより縦長で親指と小指がすんなりとマウスにフィットしてくれます。
私はネットゲームなどもしますが反応速度は十分です、便利なのはユニバーサルフォアード・バックボタンと言われてる機能でホームページの観覧やPCフォルダの整理にすごく役に立ってます、これになれちゃうと他のマウス使ってても間違えて何もない場所を押しちゃうぐらい(笑)
電池寿命ですが今年の4月ぐらいに購入してから換えてませんがまだまだ持ちそうです、省エネが気になる方でしたら充電地と一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Logicool LX-7SV コードレスオプティカルマウス ライトシルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,570

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,999

発売日:
2005/10/28

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
手は大きい方だけど、ちょっとデカいかな...
手首を固定して、手首と指先の力加減でマウスを操作するクセのある私にとっては'少しだけ大きい'というのが個人的な感想なので星一つを減じましたが、全体としては申し分のない好く出来た製品だと思います。重ためですが十分に慣れで対応できる範囲ですし、適度な重さのおかげで安定したマウス操作が可能です。Mac OS X で使う場合は、製品付属のドライバではなくサイトからダウンロードする必要がありますが、ボタンのカスタマイズ等をしないのであれば OS 標準のドライバだけでも問題なく駆動するので OS の再インストール時などでも安心して使えます。強いて難点を一つ挙げるとしたら(Mac OS X 特有かもしれませんが)スクロールホイールのスクロール度合いの設定が大ざっぱである事。もう少し細かい段数で設定できるようになっていると嬉しかったです。
評価: 5
最高のマウス!
買う前は単三乾電池2本なので重さが気になりましたが、元々手に収まる大きなマウスを使っていたので、全然気になる重さではありませんでした。
操作感も初期設定では動きが敏感すぎると思いましたが、設定を変えたら、コード付きマウスとほぼ同じ操作感になりました。
左右の二つのボタンも大変便利です。
WebブラウザのIEとWord・Excelだけでしか使えないのかと思いましたが、他のソフトでも機能します。
僕が試したところでは、Firefox・iTunes・Windowsの画像プレビューなどでも機能しました。
コードのあるマウスと比べて不便なところもないし、満足して使えています。
評価: 5
軽量化
他のサイトで教えてもらったのですけど、電池は一本でも問題なく動作します。使用時間は短くなりますが、標準で8ヶ月ですから半分としても結構長持ちすると思います。電池一本でもホントに軽くかんじますよ。

LOGICOOL MCO-50OB コードレス オプティカルマウス for Notebook (オニキスブラック)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,178

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,425

発売日:
2004/09/17

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 1
ボタンのストロークが深くて。
ホールド感は割といいほうです。
マウスの裏側に電源スイッチがあるので、電池が無駄になることはないので安心です。
受信機とマウスを入れる袋が付属していますが、受信機をマウスに内蔵するなど持ち運びに関する工夫があれば良かったと思います。
マウスが小さくて重い割に操作感は良かったです。
私にとって致命的だったのは、マウスボタンのストロークが深く、押しにかったので、使うのをやめてしまいました。
付属のドライバは、ノートパソコンのタッチパッドのドライバと共存することができ、タッチパッドの機能を使うことができます。
でも、Webサイトからダウンロードしたドライバはタッチパッドのドライバを無効にしてしまいますので、ドライバの更新はできないと考えた方がいいかもしれません。
評価: 5
黒いPCによく合う、個性的な色合いを持ったマウス
ノートPCを使用していると、一般のレギュラーマウスのコードは長すぎて束ねて使うことになってしまいがち。こんなとき、コードレスマウスだと先ずコードの心配もなくなる。延長用のレシーバーアダプターもコンパクトなのも良い。ホールド感はコンパクトな分しっくり掌に収まるという感じではないがそれなりに持ちやすく好印象。電池を入れた状態での重量感も操作するのにちょうど良く○。また、色は黒いPCを使用しているので、ブラックと迷ったが個性的な色のオニキスブラックを選んだがよく合っている(と思う)。

LOGICOOL MCO-50PW コードレス オプティカルマウス for Notebook (プラチナホワイト)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,178

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,425

発売日:
2004/09/17

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ベストバランス!
ワイヤレスマウスとして価格的にも安い本商品ですが、レシーバーもコンパクトタイプなのでノートPCに最適です。しかも!別に延長用のケーブルも同梱されています。ですからデスクトップなどPC本体のウラのUSBに繋いでもレシーバーを好きなところに配置出来ます。そして専用ポーチ付きという至れり尽くせり!肝心のワイヤレスマウスとしてもまっく問題なく細かい作業にも正確に反応します。大きすぎず小さすぎずのボディデザインも素晴らしく、持ち上げれば当然重く感じるワイヤレスマウスも作業時に重さを感じることはありません。自分はMicrosoftのワイヤレスマウスも使っていますが、この点でもロジテックはさすがに良くできています。オススメです!


評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。

LOGICOOL MCO-50SB コードレス オプティカルマウス for Notebook (サファイヤブルー)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/09/17

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。

Logicool MCOー30BL コードレスミニオプティカルマウス ネプチューンブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,098

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
Macでも水平スクロール
Macでも水平スクロールができるマウスを探していて、これにしました。わたしはiBookG3、MacOSX10.3で使っています。水平スクロールができるアプリに特に制限もないみたいなのでGoodです。ホイールボタンをクリックでエクスポゼの”全ウインドウを並べる”に設定、ホイールでのズームで、狭いiBook12インチの画面での作業もはかどります。

ただ、会社の机がスチール製なので、誤作動を起こさせないためにレシーバーを延長ケーブルでマウスの近くまでのばしたり、専用のマウスパッドを使ったりしないといけないのが残念。コードレスじゃないタイプもあるといいのにと思いました。まあ、それは自分の環境の問題なので仕方ないです・・・。

Logicool MCOー30RD コードレスミニオプティカルマウス ガーラレッド

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2005/08/26
Logicool MCOー30SV コードレスミニオプティカルマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
小さいマウスが
好きですね、手が小さいので。あと手の平にべたっと触れるアメリカンなデカマウス駄目ですね。手が汗っかきなもんで。で、ミニ系のをデスクで使うのですが。。

クリック感中々良いです。ロジクールの中でも軽めの部類でしょうね。
今までベイビーオプティカルを使っていて、自分の手にはまさにベストフィットで好きだったのですが、ワイヤーがストレスになり、このディメンションでワイヤレスだったら最高と、いろいろ探していたのですがやっと小振りの軽い(電池一つだから)のに巡り会えた。

安い、小さい、軽い、操作良し、解像度良し、節電ありで、とても良いのですが、、、ネット上にある写真(現物を見ないで購入)が現物と違い過ぎ!  例えば手に触れる部分は、このタイプだとほとんど黒に見えますが、実際は完璧にグレーだし、シルバー部も全然。(ブラック&ホワイトシルバー格好イイと思って購入)
それと現物のプラスチック処理がホントにチープ。パッケージングもいかにも安く、開封時は手を切りそうになる。しかし実際安いんだから仕方ない(爆)
逆に、この値段でこれだけの物が出せるのはさすがロジクール。ナンバーワンだと認めざるを得ない!

Logicool MCOー30WH コードレスミニオプティカルマウス ホワイト&オレンジ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 2,862

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
貝(シェル)型iBookで使用をお考えの方は購入前に確認が必要かも?
長年、Logitechのいろいろなマウスを愛用しています。

Logicool MCOー30WHを初期型iBook(貝型・タンジェリン)で使用1日目。
半径約1m以内で全く問題なく使用してます。
購入前にどこかで読んだとおり、プラモデルっぽい質感ですが、
機能的には良好ですし、本体に乾電池1本なので、軽くていいです。

ただ、うちの貝型iBookのUSBコネクタ入り口付近は狭く、奥まったところにあるので
(または、マウスのレシーバのコネクタ金属部より後ろの部分が太くて)、
レシーバーがカチッというまで(最後まで)正常に、装着できません。
貝型iBook→USBのハブ→マウスのレシーバーで装着できましたが、
貝型iBookで使用をお考えの方は購入前に確認が必要かと思います。

なお、うちの白iBook(G3/900)には問題なくレシーバーが装着できました。
評価: 4
女性にも使いやすいかも。
ノートPC用との事ですが、私はデスクトップに使用しています。
手が小さい女性にとってはちょうどしっくりな感じでよいと思います。
実際に使用してみて、大きさも重さも私には申し分ないです。

後このマウスのお気に入りの点は

・レシーバーをマウス本体に収容でき、電源が切れる

という点です。めんどくさがりの私には嬉しい機能です。

評価: 1
動作範囲が狭い?
USB端子が左にあるため、レシーバは左側です。
右利きのためマウスは右にありますが、この40センチの距離で
もう動作しません。
左利きの方か、USB端子が右にあれば何の問題もないと思います。
私の場合はダメだったので、早速通常のマウスを購入しなおしました。

Logicool V-200BK V200 コードレスノートブックマウス オニキス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,570

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
MDO−30(一年使用)と比べて気づいた点
・けっこう大きくて、重い
「ノートと言うより、デスクトップ向け。」と、レビューした方がおられましたがそのとおりだと思います。電池二本だと重いです。一本でも動くので、軽めが好みの方は試すとよいと思います。
・ボディーがツルツルでペタペタします
MDO−30の、からからサラサラの感触に慣れた方には、ひっつくような感じが気持ち悪いかもしれません。
・ホイール、回転は軽め、プッシュは硬め
回転の感触はMDO−30よりスムーズでよいです。プッシュは硬めで「カッチン」といった感じ、左右のチルトは軽くていい感じです。
・ソフトウェアー?
インストールしてすぐにフリーズが発生しました。完成度が高くない印象を持ちました。チルトを使わないのであれば、MDO−30のドライバーで問題なく使えると思います。
・通信、動作、反応
コード式とまったくいっしょです。通信切れ、遅延動作などありません。
・色、ブラック?
オニキスを選択する場合には特に注意した方がよいと思います。「漆黒」「光沢のある黒」「ラメの入った黒」、どれもまったく当てはまりません。PC画像の印象ともまったく違います。「微妙に青紫の光沢が入った黒」といった感じです。この色に関しては、店頭で確認することをお薦めします。
 


 
評価: 5
デスクトップ向けかもしれない
レビューなどを読みながらいくつかの種類と比較して、電池の持ちがいいということで購入しました。
まだ使い始めてほどないので、電池がどれくらい持つかは分かりませんが、それ以外の点について少し。

大きさはデスクトップで使うとしたらちょうどいいぐらいです。
例えれば「ちょっと古めのマウスを一回り大きくした感じ」って感じでしょうか。
重さはそれほど気にはならないかも。電池2本だと重いというレビューを各所で見かけましたが、そうでもないです。電池が入ってると思えば妥当だと思います。
気になる場合は1本でも動作するようです。1本だと有線のマウス+αくらいの重さじゃないかと。

あと、レシーバーは裏側にくっついてる感じなので、カバンなどに入れてると外れて無くしそうでちょっと怖いです。レシーバー自体も小さいです。
ただ、これはデスクトップでの利用なら問題ないと思います。

いくつかのレビューで評判の悪かった中ボタン(ホイール?)ですが、これもそれほどでもないです。改善されたんでしょうかね。
若干クリック感がおかしいですが、慣れればそれほど困ることも無いと思います。
なお、気になるのはクリックだけで、転がすのは気にならないと思います。

ついでに裏側の光学部分ですが、今まで見たものと違ってまぶしくないです。どうなってるのかちょっと不思議です。

全体として、いい商品だと思います。
2.4GHz帯のマウスをお探しならオススメだと思います。
評価: 4
2.4GHはスゴいです
電波の到達距離が違います。モニターが大きくなればなるほど、実感します。作りもしっかりしています。しかも3年保証つきです。
気になるのは色で3色しかありません。白が欲しかったです。残念

Logicool V-200BL V200 コードレスノートブックマウス ダークブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,845

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
総合的には悪くないと思います
■良いと思った点

・遮る物がなければ、謳い文句通り到達距離もそれなりです。
・省電力性能は大いに期待できます。それまで使っていたワイヤレスマウスは使えないくらい消耗した電池でも動作しました。
・駆動電圧が1.5Vのため電池一本でも動作します。軽いのが好みならば電池一本運用も可能です。
・ホイール回転の音が静かです。MS社製品に比べれば若干音はしますが、十分です。
・赤く光らないのも、個人的にはポイント高いです。

■気になった点
・手前に向かって高くなるデザインのため、写真で見たイメージより大きく感じます。
・実際に使用する机の天板が金属製のためか、足元においているパソコンに直接レシーバを取り付けると反応が鈍くなります。
金属机で使用する場合は、通信距離については過大な期待はしない方が良いです。
・中央ボタンが少々堅く、慣れるまでは意識して押し込む必要があります。
でも左右チルトとの節度がある分、MS製品よりはマシかもしれません。
・売りのチルトホイール機能は、SetPointというソフトウェアをインストールしないと作動しません。
余計なソフトを入れたくない・入れられない環境の方は、機能が無駄になります。
・レシーバが収納可能という謳い文句ですが、底面にくっつけることが出来るだけです。
これは収納とは言わないでしょ。持ち運ぶ際は何か袋に入れないと、ほぼ確実にレシーバが外れます。

他については可もなく不可もなく・・・です。
あまり飾り気はないですが、価格の割には従来製品より通信も安定しており、総じて悪くはないと思います。
評価: 2
硬い…
慣れてしまえば……と思ったのですが、1年以上使っても慣れません。クリック感が硬すぎです。クァチィィッってやらないとだめです。大きければ手の平の重みを加えることもできるのですが、これはとても小ぶりで指の力だけで押さないといけないので、なおさらそう感じるのかもしれません。感覚は個人的なものですので、できたら店頭で感触を確かめてからにしたほうがいいと思います。
評価: 4
ミニではないです
操作性は問題なく高レベルなのですが・・・
想像より大きいですね。レシーバー収納も収納というより、
貼り付けた感があります。はみ出しすぎ。
デスクトップ用だと思えば評価5いけます。

Logicool V-200RD V200 コードレスノートブックマウス レッド

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,570

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
いいね、これっ!
初めてコードレスのマウスを使いましたが、いい感じです。ただ、他の方がおっしゃっておられるように僕も白が欲しかったんです。こちらでの扱いは3色しかないらしくシルバーとか黒(オニキス?)とかハズレではありませんが色気が欲しくて、悩みましたがレッドにしてみました。ツルツルした仕上がりで綺麗なマウスです。電池2本分の重さは気になりません。
光学式はツルンとしたテーブルとかデスクの上では調子が悪いというのは友人から聞いていましたので、僕はカーペットとか着ている服の上で滑らせています。ですので、レスポンスは驚くほど良いですね!
そうそう、注文して直ぐに届けてくれたので、嬉しかったです。
評価: 4
電池長持ち
Amazonさんで、8月初めに予約購入しました。
デスクトップMacG4で、ほぼ毎日10時間以上は使っていて、レシーバー連動のOFFスイッチも切らないままです。
11月になった今でも、電池は無くならず快適に動作しています。
約3ヶ月電池が持ちましたが、これから何処まで持続するか楽しみです(笑)
また、Mouseサイズも大きからず、小さからず、で使いやすいし、新機能の横スクロールも結構重宝しています。
新しいカラーバリエーションが増えれば、Windows用にもう一台欲しいと思っています。
評価: 4
電池寿命に期待
「電池寿命は最大1年」と「操作距離は約10m」をみて早速購入しました。
電池寿命は買ったばかりで分かりませんが、これまで使っていたオプティカルマウスと違って小さな緑色のランプが点灯するだけで直視してもまぶしくない程です。電池の持ちに期待ができそうです。

操作距離が長いのも大変助かります。デスクトップPCを机の下や少し離れた場所に置いてあったとしても、本体裏側のUSBポートに薄いレシーバーを挿して使うことができ大変便利です。

これは好みですが、マウス本体がツルツルで少し汗をかきそうです。ザラザラな手触りの物があると気持ちよく使えそうな気がします。

Logicool V-200SV V200 コードレスノートブックマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,570

発売日:
2005/08/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ハードウェアは◎
初めてロジクール社製品を買いました。
製品は開けにくいくらいに頑丈なパッケージに収められていて
個人的には好印象でした。
使ってみたところ感度が非常に良く今まで使っていた光学式マウスで
しばしば起こるカーソルの飛びも今のところ起きていません。
ハードウェアは申し分ないですが付属のソフトがOSのマウスの設定を
勝手に変えたり、専用ソフトで加速や速度を変えてもそれが
反映されなかったのが残念です。これを考慮して星3つにしました。
評価: 4
いい商品です!
この商品を買うときに迷ったのがうちはインターネット接続に無線RANを使っているので、使用する周波数帯がかぶるのでどうかと思っていましたが、問題なく作動しています。デザインは気に入っていますがデスクトップで使っているので少し小さい気もします。
評価: 4
Good, and only one battery is enough!
Good mouse, and a surprise is that, only one battery is enough to work! Guys who are curious about the weight like me, can try to take one battery out!

I just wonder why Logitech claims that it requires two, only to make it can work 1 year to attract users? If one battery can work half a year, I think it is still great, but I do not know the result. Perhaps half a year later I can report the result again, ^_^.

Logicool V-400SV V400 レーザーコードレスノートブックマウス シルバー&オレンジ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2006/03/24

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
小さめでカスタマイズしやすい5ボタンマウス

Logicool製のレーザーポインターを採用した5ボタンコードレスマウスです。
電池の消耗が激しくてあまり長持ちしません。
またサイドボタンの位置が左クリックボタンの真横のため、
親指では押しにくい点も難ありです。
 (※しかもサイドボタンはしっかり押し込まないと反応しない体たらくっぷり)
電池の挿入部分がマウス右側寄りのため
重量に偏りがあり、手首が疲れやすい点などやや不満はありますが、
卵型の小型・軽量のため、指先でマウスを扱う人にはオススメ出来る扱いやすさがウリです。

公式HPからSetPointをダウンロードすることにより、ボタン配列変更可能で、
左右のスクロールボタンの動きやサイドボタンx2の設定も自由自在です。
他社製の小型5ボタンマウスとは異なり、
自分好みの仕様に変更出来る引き出しの多さが魅力的です。
レーザーセンサーによる反応も迅速かつ、やや離れた場所からも正確な動作を誇ります。
個人的には、SetPoint機能はそのままで、
もう少し小さめで軽量化を施すことが出来れば★5点だと思います。
評価: 3
1点だけ不満があります
以前はV500を使っていました。
タッチ式のスクロールホイール(?)が嫌だったので、V400に買い換えた次第です。
V500との比較で言うと、良くなった点は
・スクロールホイールは快適
・フォアード&バックボタンは意外と便利
等かな。
ただ一点不満が有るのは、センサーの位置です。
センサーは先端に有るほど微妙な操作が可能と個人的には思ってまして、V400は中心に近い位置にあるのでかなり手首ごと動かさないと操作できない印象が有ります。(慣れかもしれません)
無意識にそれを補正しようと、かなり後ろの方を持ってしまいます。が、そうするとクリックが重くなるんですよね。。
ちなみに、V500と違ってケースは付属していませんが、V500のケースには無理やり納まる感じで流用可能です。
評価: 4
まあまあです。
マイクロソフトのノート用無線マウス(光学式 非レーザー)を使ってましたが、ふとんの上で膝の上で使う、という特殊な事情のため、ゴム部分がひっかかり、また無線受信状態があまりよくなく、そのまま使わなくなってしまいました。
・無線受信状態
・横スクロール
・底面の滑りやすさ
・布地の認識しやすさ
など、そこそこ及第点を与えられます。
横スクロール機能つきで気の利いたマウスはあまりありませんが、このマウスはそこそこ使えます。
また、マイクロソフトマウスに一貫している、マウス頭頂部が盛り上がってボリュームがあるスタイル は、指先だけでマウス操作するワタシにとって、少々大きめに感じてしまってましたが、このマウスはボリュームダウン具合が絶妙です。
今までの無線マウスに失望してしまった人は、買ってみるのもよいかもしれません。 値段も安いですしね。

LOGICOOL V-500DK コードレスノートブックマウス ガンメタルSV

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,507

発売日:
2005/07/22

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
少し割高だと思うけど
少し割高だと思いますが、モノとしての質感もいいですし、コードレスを感じさせないレスポンスなど、総合的に見て合格点だと思います。
私はThinkPadにつないで使用していますが、カラーリングもぴったり合っていますし、USBレシーバーも小さいので邪魔になりません。
星5つにしなかったのは、横スクロールが思った通りにできないことがあるからですが、操作に慣れれば解消されるような気がしてます。

LOGICOOL V-500OR コードレスノートブックマウス プラチナWH

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2005/07/22
Logicool V500 コードレスノートブックマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 6,235

発売日:
2005/01/28

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
センサー感度が問題
MX700と比較して、使用できる範囲が限られます。
というのも、MX700では大丈夫なのですが、
光を反射するような、ツルツルの机の上では上手く反応してくれないのです。

モバイル用のマウスとして、問題点はそれくらいで、受信機をたたんだ本体に収納できる機能は便利ですし、
USBに差し込めばすぐに使えます。
評価: 5
ノート用コードレスマウスとしては,ベストバイ
以前使っていたM*のコードレスのようなモタツキ感なし,USBが左側にあるが問題なし,障害物に強い(M*では,よく応答しなくなる),適度な重さ(軽すぎるのは嫌い),マウスパッドなしでもOK(真っ白つるつるでなければ)また,光学センサーが中心ではなく前方にあるので細かい操作がやりやすい。下部がアルミで高級感もあり。
現時点で,ベストなノート用マウスではないかと思います。
他のコードレスに比べるとかなり高いので購入するまで悩みましたが,買ってよかった。
評価: 4
どこでもOKなマウス
今までいくつかのコードレスマウスを使用していましたが、個人で使用している(家で使用している)場合、ほかのマウスとの混信を感じたことは無く快適に使用できましたが、仕事場など多人数が使用している場所だと、混信しているか、多数のパソコンなどの金属に反射しているか不明ですが、マウスの挙動がおかしく(場合によっては、マウスポインタが動作しない)ことが多かったです。
このマウスを使用するようになってからは、快適に使用できています。
マウスのサイズとしては、小型のマウスと同等の大きさ(格納時)と考えます。使用時は、通常のマウスと同等の高さとなります(マウスのお尻の部分が1cmほどあがる)。

Logicool コードレストラックマンホイール [CT-64UPi]

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 6,052

発売日:
2000/08/18

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
トラックボール派にはお勧めの一品です。
このマウスを購入する人・検討する人は、トラックボール派だろうから、
トラックボール自体の利点は、コメント割愛します。

トラックボールの中でもこれがいいのは、
1.親指でコントロールできること。
2.操作姿勢的にしっくりきて疲れないこと。
この2点を満たすトラックボールはこれだけです。
評価: 5
とりあえず、最高です
寝転がったり、姿勢を崩してPCを使うタイプの方に最適です。
人差し指でボールを操作するタイプよりも、手のひら全体でしっかり本体を握れる分、「適当な姿勢」での操作に向いていると思います。
掃除もしやすく、メンテナンスも楽です。
月に1度くらいの電池交換も、コードレスであることによってさらに置き場所の自由度が増していることのトレードオフと考えれば、さしたる問題ではないと思います。
付属のアダプターをつけてPS/2で接続していますが、全く問題ありません。
手放しでお勧めの一品といえます。
評価: 5
トラックマンは腕を動かさなくて便利
〜ワイヤレスでコードが無く、しかも通常のマウスのように腕全体や手首を全体的に動かさなく、右手をずっと動かさないのは、手首の疲れが無いです。しかも右手が包み込む感覚の形状な為イラストレータソフトを使う時の微妙な位置合わせがしやすいです。只一つの改良点は送受信機が大き過ぎます。できればメモリースティックのようにUSBから少し出っ張ったような〜〜形を希望します。メモリータイプの送受信機は他社がすでに出していますので製品として完成を望みます。〜

Logicool コードレスオプティカル TRACKMAN [CT-100]

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 7,737

発売日:
2002/08/23

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
初心者向けではないかもしれません。
同社のマーブルマウスが壊れてしまったので乗り換えました。
最初に気になった点を書くと、自分が買ったものは滑り止めの高さがまちまちで
平らな場所に置いてもガタガタしていました。
適当に切ったプラ板を貼り付けて対処しましたが、もう少し気を配ってもらいたいものです。

操作系についてはほとんど完璧で使いやすいです。ブラウザボタンはマウスジェスチャ等より正確でラクチンですし。ドラッグロックやクルーズコントロールも使い方次第といったカンジで、使うと便利な場面もけっこうあります。ただスクロールボタンはもう少しボールよりについていれば人差し指がラクだったかもしれません。

次にワイヤレスについて。狭い狭いと言われていますが自分の部屋で試したところ
3-4mぐらいは届きました。もちろんレシーバーの置かれる環境如何によりますが
運がよければ、ソファに座って大画面に映したPCを手元で操作したりもできるかと思います。


トラックボールに慣れた方が買い換えるのにはオススメできます。

評価: 3
慣れが必要。コードレスの必要性は???
 以前使っていたトラックボールは親指での操作がメインだったので使い始めの頃はは中指と薬指がつりそうで、
思うように操作出来ませんでしたが、今では自由に操作できるようになりました。人間の順応力は素晴らしいです。

デザインは特に問題ありませんが、スクロールボタンの上側はもう少し手前に欲しかったですね。
かなり深めに持たないと指が届きません。手の小さな方だと結構厳しいかもしれません。

「Logitech」のロゴ、手のひらが触れる部分にあります。
すぐ擦れて見た目が良くないです。もう少し位置を考えて欲しかったですね。

コードレスの必要性、有効範囲1mなのでメリットはコードが絡まないことぐらいです。
有効範囲がもう少しあればゲーム機やテレビでの動画観賞など他の用途にも
使う予定だったのですが、レシーバーと1mも離せないので役に立ちません。
動きの少ないトラックボールでコードレスである必要はほとんど無いと思います。
評価: 3
ボール耐久性が問題
もう随分使ってますが、トラックボールはトラックボールらしく使うのが良いですね。
つまり、『スペースを取らない』。これ重要で、一番のメリット。

マウスだと(解像度が高くなったとはいえ)やっぱりそれなりのスペース使ったり、
高さも好みがあったり疲れがあったりで大変な感じですが、
そこはこれ、トラックボール。気にしないわけですよ。

さて、このトラックボール。
ボタン配置がちょっと不思議な物があったりします。
使うコツとしては、常に手をかぶせようとしない事、です。
こう、キーボードのホームポジション的にかぶせるのではなくて、
ある程度余裕を持たせてかぶせると、ホイール前後のボタンも押しやすくなります。
慣れれば右D&Dだって普通に出来ちゃいます。小指&薬指ホールド→中指ポインタです。
案外、人間出来るもんです。

この製品は完全に右手用です。これだけはお間違えの無きよう。

問題はボールの耐久性とレシーバ。
旧世代なのでレシーバはなんつーか、しょぼい。範囲狭いしうまく拾わないことも多いです。
でも、それはそれ。ピンポイントでも見つければOK。トラックボール本体動かす訳じゃないしね。
ボールの耐久性ってのは、ボールを外した掃除とか、ボールの掃除の時。
落としたら傷つきます。マジで。へこみます。注意してください。
ただ、個人的にはいきなりこのトラックボールは進められませんので(汗)、
店頭でさわってみた方が良いと思います。トラックボールだけに。

Logicool レーザーコードレスマウス ブラック [MX-610BK]

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,412

発売日:
2005/11/11

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
うーんはっきりいってひどい
ポインターは飛びまくりだし,電池はすぐなくなる

setpointというソフトをレジストリをいじって完全にアンインストールするとまだましになりますが
二台のPCともそうだったので相性問題があるにしてもかなりのPCは相性が悪い可能性があります 実際にネットで対策を調べたのですがかなり評判が悪いようでした もし購入して相性がよければ儲けものくらいの感じじゃないでしょうか
評価: 4
おトク感のある高級マウスです
会社で使って2週間になりますが、満足の行く使い勝手です。

トラッキングについては、今まで使っていた光学センサー式マウスと比べ、取りこぼしが
無くなりました。レーザー式の面目躍如と言った所でしょう。とても正確に読み取ります。
また、電波はかなり離れても届きます。オフィスユースで机いっぱいに書類を広げ、その
かすかな隙間でマウスを使う(笑)、なんて場面はしょっちゅうですが、机のどこからでも電波が届くためストレスなく使用できます。もちろん途中に障害物があっても大丈夫です。

デザイン的には手にしっくり馴染み、違和感はありません。ホイールもロジクールこだわりのカチカチ感が健在です。
重さは乾電池2本使用のため少し重いです。しかし…実は乾電池1本でも動きます(もちろんメーカー非推奨。マニュアルにも書いていません)。1本だとちょうど良い重さになるので重宝しています。電池寿命が半分になる(たぶん)ことを除き、不具合は特にありません。

マウスは直接手で触れ、かつ使用頻度が高いものなので、良質なものの購入をお勧めします。その時はぜひ候補に入れてみてください。
評価: 4
もうひといき
レーザーマウスを初めて買ってみました。
ボタンが多くて機能割り当てできるのは便利です
ただし左側の先端(人差し指の所)のボタン2つは、使い分けるのは
至難の技です。普通に持つと奥のボタンに指が届きません
電池は結構持ちます(充電池使用だと)
値段の割りにかなりいい仕事をするとおもいます。質感もいいです。
ただ1つ、マウスポインタが飛ぶことがあるのが気になります
パソコン高負荷時にそうなることが多い感じです
問題なく使えることの方が多いですが、飛び始めると10cm位平気で
ワープしたりします。
飛ばない人もいるようなので、動作環境にもよるとおもいますが

Logicool レーザーコードレスマウス ブラック&シルバー [MX-610SV]

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,401

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,300

発売日:
2005/11/11

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 1
クリックが正常に動作しない
シングルクリックをしたつもりでもダブルクリックと誤認識されてしまい
とてもストレスがたまります。
保障期間を過ぎて少ししてこの症状が見られたので、修理を出すのも躊躇われます。
友達が同じマウスを持っていたのですが、正常に動作していたので運が悪かったのでしょう。
いずれにせよ、星一つです。
評価: 4
レーザーと2.4G帯は強力!電池の減りも。。。
Logitech(日本ではロジクール)のマウスを、
- 有線ボール式
- 有線赤外線LED×2種
- 無線赤外線LED
を使った後、この2.4Gワイヤレスレーザーにたどり着きました(OEMのSun WS含めると、ロジ暦は長いです)

元々ロジの赤外線LEDマウスは強力でしたが、このレーザーはさらに強力で、調子に乗っていろんなところで使ってみましたが、いまの所使えない机には出会っていません。

また、27MHz帯のときはノートPCの左奥にレシーバを付けてマウスを右手に持つと、ノートPCのマグネシウムの天板で遮られて、マウスが使えなかったのですが(くやしいことに左手でマウス持つと使える。。。)、2.4GHz帯だとこの状況でも普通に使えて買い換えて良かったぁと感動しました。

2.4GHzの無線LAN(11b, 11g両方)でノートPCは使っていますが、干渉は経験していません。

難点は、電池の減りが速い!ということだと思います。
オフィスで平日、15時間使って、ひとつき持つか持たないかといった所です。

あと、付属ユーティリティソフトのSetPoint、新しいドライバのアップデートを通知してくれる機能があるのですが、現在最新の3.10でもFirewall越えができず、企業の中では使えないです。
サイトへの接続に失敗したとき、「設定」ボタンが出てきたので、HTTPのProxyサーバを指定できるか、InternetオプションのProxy設定を使って設定できるのかと期待したのですが、「アップデートをチェックするかしないか」、「自動的にダウンロードするかしないか」の設定しかなく、これにはちょっと閉口しました。

最後に白いモノ好きの希望としては、後から出たMac用の白いのがWindowsでも正式サポートしてもらえると嬉しいのですが。。。
評価: 1
カーソルの飛び
USB接続にするとカーソルが飛んだりしていました。PS2にすると収まり普通に使えるように・・・。このマウスのSETPOINTドライバがおかしいなりいろいろといわれていますがカーソルの飛びがある場合はPS2に切り替えてみるのもいいかも・・・(ちなみにポートを差し替えてもマウスが全く反応せずドライバを削除、インストールをしてようやく使えるようになった)

Logicool レーザー採用・次世代充電式コードレスマウス MX-1000 Laser Cordless Mouse

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/10/15

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
ゲーマーは買ってはいけないマウスです
エクセル・CAD等の作業に使うのにはもってこいです!やはり感度が最高ですねSetPointも大変有効に活用できます。しかし!私はFPS系のGAMEをやっているのですが、すでに一年たつのでしょうか…左クリックの接触不良でストレスが貯まる一方です…。ゲーマーの方は決して購入せずにG3やG5を購入することをお勧めします。あと皆様がここに書かれているように充電は目で確認してからでないと、いざ使用するときに充電がないということに成りかねません。価格などの面から見ると決して賢い買いものとはいえないですね。
評価: 5
これまで使ったマウスの中ではベストだけれど。

これまでいろいろなマウスをとっかえひっかえ使ってきましたが、いずれも「帯に短したすきに長し」で気に入った
ものに出会えませんでした。このマウスに出会ってとりあえずマウス探しの旅も一段落しています。

良いところ:

(1)レーザー採用でコードレスマウスとしてはトレース精度が高く大変レスポンスがよい。
(2)男性の私の手には大きさがちょうど良く、精度の高いつくりで高品質感がある。
(3)リチウムイオン充電池内蔵なので電池残量や電池交換時期を気にしなくて良い。

改善してほしいところ:

(1)通信範囲がかなり狭い。金属デスクや電波を遮るものが間にはいると1m以下なんてケースもある。
(2)クレードルの造りがちゃちで、一度できちんと収まらず充電されているかどうかランプで確認する必要がある。
(3)横方向のスクロールの速度をもっと速くしたいのに、調整ができない。

上記のような課題はあるものの、使い勝手に関しては満足していますので「星5つ」です。
評価: 2
先進性は○だけど、操作性は×
これが出た当初、世界初のレザーマウスということで買いましたが・・・実際使ってみると、相当に欠点が目立ちます

1) 充電・電波受振台がちゃちい
つくりが安っぽいんですよね・・・。加えて、USBと電源の2本線が背後から延びるので、人には見せられない。

2) 充電台の接触が甘い
つくりが安いせいか、マウスを充電台に乗せても正常に充電されないことが多々。おかげで、電池切れも頻繁に。

3) クリックが固い
好みの問題ではあるのですが、クリックが固いため、長時間の操作は疲れます。

4) 重い
机上で使用している分には問題がないのですが、プレゼンなどで、持ったまま操作するには適さない。

Microsoftは「マウスにレーザーなど不要」と言っていた時代に、これを投入できた先見の目はあるとして、つくり・使い勝手は赤点。他人には推奨できません。

LX-500 コードレスデスクトップ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/10/08

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
コーヒーの洗礼!危機一髪!
好みもあるでしょうがロジクールのキーの堅さが好きです。柔らか過ぎず、堅す過ぎずで長時間打っていても疲れづらいです。マイクロソフトのキーボードも時々使いますが、キータッチが重く指に疲労感が残ります。PC2台をLX500と切替器で使っているのですが購入した切替器がロジクールに対応していないらしくファンクションキー等は全く使えなくなりました。切替には適さないようです。コーヒーを飲みながら操作をしていることが多いのですが、おっちょこちょいなのでよくコーヒーをキーボードにぶちまけます。その度にボードが壊れるので、蓋付きのサーモマグでコーヒーを飲むことにしているのですが、先日生憎マグを食洗機に入れてしまい仕方なしに普通のカップを使いました。途端にキーボードへコーヒーを大量にぶちまけてしまいました。(間抜け?)しかし今回は壊れることがありませんでした。LX-500の後ろには正面から抜ける多くの穴が開いていて、そこから液体が下へと落ちるのです。何と便利な!!私のようなうっかり者には重宝する品でした。有難うロジクール。今度は切替器に対応したコードレスデスクトップを発売して貰えると嬉しいです。
評価: 3
ファンクションキーが少々重たいですね。
発売から少し時間がたちましたが、ちょうどいい価格なので購入してしばらく使いましたが、
ファンクションキーが少々堅く小さいので、ちょっと残念です。
購入前に試すことが出来なかったのでこれは仕方ありませんが、私自身はファンクションキーを多用するので少し後悔しています。
メインのキーの感触は悪くなく、しっかりとしたクリック感がありますが、しかしこれもほんの少し堅い感じがします。
まぁ、このあたりは個人の好みでしょうが、長時間連続で使うと疲れそうです。
これまで使ってきたキーボードはキートップにくぼみがありましたが、このキーは、ほぼ真っ平ら
(他のキーボードよりは平たいですが、少しはくぼんでいます)でちょっと驚きましたが、意外に慣れるもので、
このあたりはパッケージ写真だけではわからないものです。
パッケージの写真では、鮮やかな青(紺色)でしたが、そのデザインに比べれば、実物は色合いも落ち着いて見えます。
それほど青さは目立ちませんね。
マウスのボタンやスクロール自体は問題ないのですが、ちょうど手のひらあたりにマウスの丸いお尻(というのか?)が当たり、
ちょっと違和感があります。手首が自然と持ち上がってしまい、肩が凝りそうです。
左側にあるスクロールは時々使います。便利なときもあり、不便なときもあり、仕事柄ですがちょっと触れてしまい大慌てをする
場面が何度かありました。注意が必要です。
それと、特殊キーの配置がフルキーボードとは違うのでとまどいます。慣れでしょうが、長年使ってきたフルキーボードの配置から
抜け出るには少々時間がかかりました。このあたりは是非購入される場合、試された方がいいですね。
全体的にはまとまっており、マルチメディア等をよく利用する方には便利なキーボードです。
コードレスですが反応もいいし、対極するマイクロソフトのワイヤレスキーボードより、ずっと使いやすいと思いますので星3つにしました。
評価: 3
マウスがダメダメさん
同社iTouch CordlessのCK-50Mから買い換えました。
LX-700にしなかったのはマウスをいちいち充電器に置かなければならないためです。

最初キーのつっかかりが目立ちはじめ修理に出したところ、
現象は再現されないとの回答でしたが全交換されて返ってきました。
現在はそういった現象はありません。今のLogitech製品は個体差が大きいようです。
他社製品にもみられる最近の傾向でしょうか、以前のようなクリック感にしっかりした感触がなく少々不満です。
ゼロディグリーティルトデザインを謳っていますが使いづらいだけで、チルトは最大にしてようやく使えます。
レシーバーはステータスLEDがあり無線距離も短いので近くに置かないと意味がありませんが私は特に問題とはしてません。
特殊キーが大変多く覚えるのが大変ですが、アプリケーションの起動割り当てからキー同時押しまで
色々カスタマイズができるので重宝しています。手元でドライブの選択イジェクトまで出来ます。
写真にはパームレストがありませんがちゃんとついてきます。

マウスは中太りで大変使いづらかったので即お蔵入りです。
たまたま無線帯域が同じだったCordless Optical Mouse for Notebooks MCO-50(SB)に変えました。
MCO-50シリーズは通常MouseWareを使用しますが、
LX500のレシーバーがそのまま使え、ソフトウェアもSetPointだけで済むのには助かります。

LX-700 コードレスデスクトップ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/11/19

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
キータッチについて
マウスには不満ナシですが、キーボードには不満アリですね。
変換やスペースキー、Enterキーに引っかかりが有り
キータッチに問題が有ると思います。
以前もロジクール製のキーボードを使用していましたが
そちらはキータッチには不満は無かったので
ハズレを引いただけかも知れませんが・・・
評価: 5
簡単!
長時間使用しても、手が疲れないです。

MCO-50BK コードレス オプティカルマウス for Notebook

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/11/14

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 4
なかなか良いですよ
去年MACのi-BOOKを購入してからモバイル用にワイヤレス・光学式・デザイン(カラーリング)などの条件で探しましたが当時はマイクロソフトの

白いタイプが見つかりデザインは気に入っていたのですが使っていくうちに色々不満が出ていたところこれが見つかりすぐ購入しました。本当は白が良いのですがちょっと安っぽかったのでThinkPadにあわせ黒にしました。今のところかなり気にいってますが他のロジクールに比べクリックが重くちょっと気になるの不満です。
評価: 3
単3乾電池2本の重さが・・・
ワイヤレスマウスが初めての方でも、簡単に接続が出来ます。また、受信用のモジュールも小さいため、モバイルにも良いと思います。マウスの追従性は、さすがロジクールの製品だけあり、非常に正確にポイントすることが出来ます。ただ、日頃軽いマウスを使用している私には、内蔵する単3乾電池2本分の重さがネックでした。いつもよりも力を入れないとマウスを操作することが出来ないため、細かな操作が不可能になってしまいました。マウスの持ち方にもよると思いますが、指先でマウスを操作する人にはちょっとお勧めできない感じですね。

MCO-50BL コードレス オプティカルマウス for Notebook

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2003/11/14

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
待っていた小型コードレス
ずっと欲しかったコードレスマウスで、ついに希望のものが発売になりました。本体もレシーバーも小型で、付属のキャリングケースに収めて持ち運びに便利。単三電池2本分の重さがマウスの重量感にピッタリ。手のひらへのフィット感はやや劣りますが、モバイルにはベストでしょう! 電源の持ちは、ビジネスユース(一日10時間程度)で1.5ヶ月くらい。本体裏面の電源ON/OFFボタンを賢く使えば更に長持ち。光学式で、微妙な操作(例えばMS-EXCELの列・行幅の微妙な調整)も殆どストレスなく使えます。

MCO-50RD コードレス オプティカルマウス for Notebook

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,360

発売日:
2003/11/14

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 3
ちょっと中途半端
ロジクールのマウスは非常に使いやすい。使いよさではマイクロソフトよりも上だと感じているが、このモバイル対応のコードレスマウスはデザインは良いのだが少々使いにくかった。ホイールのボタンに硬さを感じる。大きさは中の下あたりで他のモバイルマウスよりは大きく使いや酢のだがなんとなく中途半端な感じがしてしまった。もっと思い切り小さい方がよいのではないだろうか?

MCO-50SV コードレス オプティカルマウス for Notebook

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 4,535

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,425

発売日:
2003/11/14

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
なかなか良いですねえ
 インターネットの様々な情報から選んだマウス。コードレスデビューのマウスとしてはベストではないかと思います。
 まず手にジャスト・フィットするサイズと、適当な重さが気に入りました。拙宅のノートPCでは全く問題なく的確に動作します。かたいと言われるクリックも私にはちょうど良いです。これまで使ってきたノート用の小型マウスの軽すぎの重量と柔らかすぎのクリック感では味わえない優れもののマウスだと思います。
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 5
文字通りノートパソコンに最適!
なかなかお気に入りの光学無線マウスが見つからなかったのですが、これは、受信部が小さく、モバイル環境には特にうれしい ON <-> OFF スイッチ付。おまけに持ち運びに便利な、受信部共々収納できるソフトケースも付いています。感度もよく使いやすいです。

MCO-50WH コードレス オプティカルマウス for Notebook

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 3,178

発売日:
2003/12/05

アマゾンでの評価平均値:
2.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノートPC以外にも最適
うちのPCはのマウスは全てMCO-50シリーズを使用しています。
ノートPCにもちろん使用していますが、デスクトップPCでも問題なく使用できます。
同社のCordless Desktop LX500はコードレスのキーボードとマウスのセットですが、
添付のマウスが中太りで非常に使いづらいのでMCO-50シリーズを代用しています。
無線帯域が同じなのでLX500のレシーバーを使用できます。
ソフトウェアは通常MouseWareですがこの方法だとSetPointで使用できるので
キーボード、マウス別々でインストールする必要がありません。
使用感は個人差があってなかなか伝えにくいものがありますが、
私の手にはほどよい大きさと重さに大変満足しています。レスポンスも申し分ありません。
よくクリック、スクロールボタンが固いと言われますが、
実はこの現象はLogitech特有で最初だけで使っていくうちに柔らかくほどよくなります。

弱点は27MHz帯なので届く範囲が1mくらいで使える範囲が狭いことですが、
ノートPCでの使用においてそれは問題とはなりません。
またLX500のレシーバーはステータスLEDがあるため近くに置くことが前提なので同様です。
あと使わないときにマウス裏にあるスイッチをいちいちON/OFFしなければならないことでしょう。
私は面倒なのでON/OFFしません。その代わり電池消耗が半端ないですが。

同型のV200 Cordless Notebook Mouseが出ると聞いて待ちましたが、
帯域が2.4GHz帯(操作範囲10m)へ変わると聞いて(それはそれで魅力ですが)
LX500用の予備としてあわてて買いだめしてしまいました。
評価: 1
ダメ・・・・
クリックが堅くて使い物になりません。がっかりです。
机の中で寝ています。
評価: 2
他に選択肢がなければどうぞ
〜ラップトップで使うには従来のワイヤレスタイプは受信部が大きすぎる。そこで、USBメモリ風の受信部を持つこの機種を購入してみました。いままでも、作りの良さからマウスはロジクールを使っていたので、品質や使い心地はあまり心配せずに手を出してしまったのが失敗でした。
〜〜
ホイールボタンはかなり硬いです。左右のボタンもやや硬めでストロークも大きめ、ボタンのフィーリングも安っぽい。ボディも背が高く、ちょうど中指の付け根辺りを圧迫する形状のため、長時間の操作はつらいです。(中指の腱と血管を圧迫します。以前これが原因で中指の運動障害を起こしました。)
〜〜
ワイヤレス性能は悪くないのですが残念です。形状と操作感を改良した次期モデルに期待します。〜

Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
マイクロソフト

発売日:
2002/10/25

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
もう少しダイレクト感が欲しい
ワイヤレスタイプのマウスを探していたのですが、店頭などで触った感じではこの商品が一番フィット感があり、ボタンのクリックもとても節度があって使い易そうでした。しかし実際に使用してみると、やはりワイヤレスの宿命でマウスの動きに対して僅かにポインタのレスポンスにズレがあり、グラフィックソフトなどで使用すると、ドット単位の作業でマウスをゆっくり動かすような使い方ではポインタの動きがギクシャクしてしまい、細かい作業でかなり辛いものがありました。また、1〜2ヶ月でバッテリー警告が出てしまうのには少々閉口しました。普段使いではボタンの配置や使用感がとても良い為、これらの点がとても残念です。
評価: 3
6000カウントの効能
正直に申し上げると、「暴れない」とだけしか申し上げられません。
 ドット単位での微妙な操作を期待している人は裏切られるでしょう。
また、裏面のパッドの素材も余り良くないのかも知れません。
 マウスパッドによっては異常なほどに引っかかります。私は買い換えました。
あと指先でマウスを持ってセンシティブに(?)操作する人には、

 このマウスのデザインはむしろマイナスに働く可能性も有るでしょう。
ドライバの出来についてはさすがにマイクロソフト製品、といった
 感じです。何の心配もなく使えるのはとても重要なことです。
また、ロジクールのマウスに比べて、ボタンが多すぎない点、価格が
 リーズナブルな点も評価できます。
以上の理由で星は3つです。
評価: 4
6000カウントのワイヤレス
エルゴノミクスデザインに加えて、ワイヤレス&光学式。
他社のものに比べ光学式の読み取り部分の性能がよいため、
ほとんどぶれはない。ちょっと大きいので★一つマイナス。

MUS-UST30R オプティカルコードレスマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2005/10/28
MUS-UST30SL オプティカルコードレスマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

発売日:
2005/08/26
MUS-UST30W オプティカルコードレスマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロアス

価格:
¥ 4,707

発売日:
2005/10/28
MX-610L レフトハンドレーザーコードレスマウス

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,401

発売日:
2006/04/28

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
左手用高機能マウスが欲しかったらコレしかない
コクヨのLefty Mouseに続いて登場した左手専用マウス。
Lefty Mouseがオーソドックスな3ボタンマウスだったのに対して、こちらはコードレス多機能マウスで倍ちかい値段。コクヨで満足できなかった左手ユーザには買いだろう。
ロジクールはソフトがダメなことがあったが、MX-610Lの付属ソフトは問題ないし、画像もちゃんと左手専用になっている。ただ、なぜ左手用のマウスカーソルを同梱しなかったのか、それだけが不思議だ。
評価: 5
マウスは右手と誰が決めた?
私は右利きですが、マウスは左手で使っています。
その理由は、
・マウスを使いながら筆記用具が使える
・マウスから手を離さずにテンキーが打てる
・ご飯を食べながらWebを見られる
・右脳の活性化
等々です。
いままで左手用には左右対称のマウスしか用意されていませんでしたので、これは私にとって正に待望の製品です。
予約して買います。

RCO-30BKコードレスオプティカルマウス ブラック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 2,184

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,800

発売日:
2004/06/11

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
安い。
コードレスに憧れて探した中でも安かったので買いました。

マウス事態が意外と大きい。
単三電池を二つ入れているので思いのですが、感度がいいのでそれ程気になりません。

ある日突然動かなくなったと思ったら電池が切れていた!
電池は換えを用意しておきましょう。

評価: 4
ちょっと安っぽいかも?
手軽な価格のコードレスマウス、しかも光学式であるということを考えると、十分に納得のできる「良い製品」だと断言できると思います。

ただ、他のロジクール製品と比べると、表面がすごくプラスチック感があるので、安っぽく感じます。その点だけは残念。

でも、ポインタへの反応、応答の良さはさすがロジクールです。

なによりも、この値段ですし、買い!でしょう!

RCO-30SV コードレスオプティカルマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/06/11

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
低価格のコードレス+オプティカル
PowerBookにつないでいたUSBマウスに寿命がきたため購入してみた。
長所
電池を入れ、裏のボタンを押すだけで簡単に設定できる
MacOSXの場合ドライバが不要
2mくらい離れていても使える
電池を入れると本体は重いが、マウスを滑らせるには気にならない
ボタンのクリック感がよい
短所
電源スイッチがないため、持ち歩くときには電池を抜く必用がある。

受信部が大きい
白い机の上でもときどきカーソルが動きにくい

総合的に見れば、価格以上の性能があると思う。
評価: 4
いいです!
デスクトップからノートPCに買い替えたのをきっかけに買ってみました。
コードレスもオプティカルも初めてだったのですがなかなかいいです。

マウスのコードがひっかかってイライラすることがよくありましたが、そんな不便さが一切ないのが嬉しいです。
絨毯の上でも普通に使えてビックリしました。

最初見た時ちょっと大きいかな?と思いましたが、コロンと丸い感じが手にフィットして使いやすいです。

RCO-30WH コードレスオプティカルマウス ホワイト

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 2,184

発売日:
2004/06/11
TN-20RFOSG充電式コードレス5ボタンマウス シルバーグレー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2004/06/11
TN-20RFOS充電式コードレス5ボタンマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2001/11/16
TN-30RFMOSB電池式モバイルコードレス3ボタンマウス ブル

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ
TN-30RFMOSG 電池式コードレス3ボタンマウス グレー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2004/08/06
TN-30RFMOSS電池式モバイルコードレス3ボタンマウス シルハ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ
TN-40RFMOB レシーバーインコードレスマウス ブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2003/07/07
TN-40RFMOG レシーバーインコードレスマウス ガンメタ

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2003/07/07

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
受信範囲が…
レシーバ部分を収納するとマウスの電源が切れるのは気が利いている。
しかし、受信範囲が30cm以内(実測値)というのはちょっとどうかと思う^^; 電池の消耗も考えられるが、買ったばかり(約2週間)で電池切れというのも考えづらいので、故障かな?なんて思ったりもする。それ以外のところは「こんなマウスが欲しかった」って感じで気に入っている。
評価: 5
快適コードレス
これと同じタイプのコードレスマウスを、ノートパソコンと一緒に持ち歩いて使っています。いつでも、マウス内蔵の送信部をUSBに差し込むだけで使えるのでとっても重宝します。職場のぼろマウス付きのマシーンでも快適に使えますよ!

TN-40RFMOS レシーバーインコードレスマウス シルバー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
東京ニーズ

発売日:
2003/07/07

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
アクロス

価格:
¥ 3,268

発売日:
2005/10/28
V-400BK V400 Laser Cordless Mouse for Notebooks ダークシルバー&ブラック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2006/03/24

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
出張のお供
V400は5ボタン V450は3ボタン
V400は単三1本 V450は単三2本
V400は不具合の報告多数 V450はあまり聞かない

長期出張用にV450と迷いに迷ってこちらを選択しましたが、
多くの報告がある省電力からの復帰の遅れや、追従性の問題も
発生せず、約1ヶ月連続で使えています。
ズーム機能も予想以上に便利です。

本製品、レシーバをUSBに差し込めば標準マウスとしてすぐに
使えるので自分のマシンだけでなく他人のノートPCでも活躍して
いたりします。
評価: 4
◎基本性能、×第4・5ボタンの位置
インターネット上での評判は思ったよりも良くなくて購入を躊躇していましたが、気まぐれで購入してみました。
私の使い方では、省電力機能からの復帰の問題はは全く気にならなかったのと、使用する場所の問題もあまりありませんでした。光学式マウスが苦手とするようなツルツルした表面の方が、より正確な操作が可能みたいです。
期待していた第4・5ボタンですが、かなりマウスの前(側)方にあって、人差し指で操作すると指がつりそうになります(かといって、親指だと届きません)。
丸3日使用しましたが、とても満足しています。
評価: 3
スリープから起きる反応が今一つ、マウスが机を選ぶ
暫く使ってみた感想として
スリープ?? 後の立ち上がりが遅く、マウスをグリグリしないといけない。ストレスを受けます。小電力モードのためとは言えちょっといただけない。

机を選ぶので、場所を変えて作業すると全く反応しない机がある。特に大理石模様??に近い色合いが NG です。 反応しても、すなおに反応せずもたついた感じで、これも困った状態になります。

V450 レーザーコードレスマウス フォア ノートブック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,665

発売日:
2006/08/25

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ちょっと重いですが
ノートPC用に使っていた安物のマウスのボタンが壊れてしまったので買いました。
以前はワイヤードのマウスだったので、ワイヤレスがこれほどワイヤーの煩わしさが無く使いやすいとは思いませんでした。
クリックの反応もよく、エクセルを良く使うので横スクロールもあって便利です。
ちょっと重いのが気になりますが、USBがマウスに収まるデザインもかっこよくて気に入ってます。
評価: 5
ノートに最適
いまやパソコンは情報取得にかかせないツールです。
そんな中、お茶の間でTVを見ながらでもちょいと使いたいパソコン。
そんな用途にはノートパソコンが最適。(ちゃぶ台トップパソコンやコタツトップパソコン)
さて問題はケーブル。電源やらLANやら機動力に欠けること甚だしい。
でも、これも色々なテクノロジで解決されます。
最後に残ったケーブルを無くすために無線マウスを探していました。

購入基準は。。。
1.いやみがないデザイン
2.小ぶりで大きすぎない
3.手にしっくりくること
4.パソコンに取り付けるアダプタは小さいこと
5.電池持ちがいいこと

無線マウスは色々なメーカーから出ていて迷います。
でも全ての条件をクリアしているものはあまり見当たりません。
まず、デザイン。マウスは普段使うものなので、デザインは
シンプルであって欲しいのですが、どうしてこんなデザインするかなぁ。
ってのが多いです。これで半数は選択肢から外れました。手が小さいので
大き過ぎるマウスもさようなら。

そんな中で選択したのがこのマウス。値段は高いですが、デザインも比較的
すっきりで電池持ちもばっちりです。機能的にも伝統あるメーカーだけあって
申し分なし。

無線マウスは、思いのほかいいものです。ソファーに座ってパソコンを膝の上に乗せて
使う場合でもケーブルが全然邪魔になりません。ケーブル類が無いのは実に快適です。

V450 レーザーコードレスマウス フォア ノートブック

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 5,666

発売日:
2006/08/25

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
こんなに進化してたとは
気に入った点
1.デザイン(好みの問題ですが、もう1色用意されています)
2.本体サイズ(これも好みの問題ですが、女性の方は注意したほうがいいかもしれません)
3.本体重量(単3電池2本込みでも十分軽いです)
4.バッテリーの持ち(使用頻度にも左右されますが、かなりの期間いけます)
5.レシーバーサイズ(突起部は指先第一関節大ですが、受信範囲はバッチリです)

残念だった点
1.ホイール回転時の感触が乏しい(もう少しカチリとした感触が欲しかった)
2.ラバー部分の質感にムラがある(アーマオール等の保護剤を使えば綺麗になります)
3.価格が少々高め

3年落ちのワイヤレスマウスからの買い替えでしたが、あまりの進化具合に驚いています。
初めてワイヤレスを導入するという方以上に、モデルの古いワイヤレスからの買い替えを
検討中の方にオススメしたい商品です。


WM-50GT コードレスマウス グラファイト

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2001/09/14

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
とっても簡単
本当に簡単です。主婦の私にも10分ほどで使えるようになりました。説明書も読まずに交換できましたよ(#^.^#) おまけにとってもスムーズに作業できます。
評価: 5
買ってよかった
会社のDELLのノートパソコンにはLANケーブルを刺すところが右横の
手元の付近にあってUSB接続でテンキーもついているのでパソコンの
周りがコードだらけでマウスのコードが非常にジャマでコードレス
マウスを探していました。

コードレスマウスは高いのでどうしようかなぁと思ったところに
ちょうどこのマウスを見つけて、このくらいの値段だったら買い

かなぁ?と友達に相談して買いました。

コードレスになったおかげでとても使い勝手がよくなり、仕事中も
イライラすることがなくなりました。
評価: 5
GOOD
価格、使いやすさ共にGOODです。
初めてのコードレスですが、とても満足しています。
この価格なら皆さんも試しやすいのでは…。

WM-50VB コードレスマウス ビビッドブルー

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2001/09/14

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
グッド!
値段の割に良くできたマウスだと思います。

まず、良い点から。

<受信感度>
これは、かなり良い部類にはいると思います。通常のマウスから乗り換えてもコードレスを全く意識させません。
半径1メートル以内ならほぼ確実に操作可能です。
(ただし、これを超えると全く反応なし)
また、ほかのワイヤレス機器との混信もいまのところありません。

<ボール式>
今はほとんど光学式になってしまっているので、ボール式コードレスマウスは珍しい部類にはいるのではないでしょうか。掃除さえきちんとすれば、安物の光学式マウスが使えない反射の多い机の上などでも、操作可能です。私はボール式が好きでしたので、これはよかったです。

つぎに良くない点

<重量>
重い!重たいです。

左右に動かすだけであれば、この重さも心地よいですが、持ち上げて操作しようとすると、重さがこたえます。マウスを持ち上げるのがいやになるほどです。

<ウェブスクロール機能が削除??>
このマウスにはウェブスクロール機能がついています。

これは、ブラウザを使う際、戻る、進むなど様々な機能が利用できるショートカットメニューを、好きなボタンに割り当てられる、ロジクール独自の優れた機能なのですが、最新ドライバーからこの機能が削除されています。気づかずに、最新版ドライバーをネット経由でインストールするとこの機能が使えなくなりますので注意が必要です。

私は、最新ドライバーを削除→古いドライバーをインストール したのですが、相性が良くなかったようでマウスの機能が全く使えなくなり、復帰に苦労しました。うまくやらないといけないようです。
この点も要注意です。

全体としては、値段の割に質感も高く、カラーも豊富で良いマウスだと思います。

WM-50WH コードレスマウス ホワイト

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2004/06/11

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
コストパフォーマンス的には優れているでしょう
2千円以下と価格が安かったのですが、残念ながら在庫切れになってしまいました。単4電池2本付きです。電池寿命は半年とのこと。マウスにスイッチは付いておらず、マウスを動かさないでいると、自動で節電モードに切り替わります。本体に電池を内蔵するため若干重く、そのためか滑りもあまりよくないです。コストパフォーマンス的には優れているでしょう。
評価: 3
コストパフォーマンスよい
単4電池2本付きです。電池寿命は半年とのこと。マウスにスイッチは付いておらず、マウスを動かさないでいると、自動で節電モードに切り替わります。本体に電池を内蔵するため若干重く、そのためか滑りもあまりよくないです。コストパフォーマンス的には優れているでしょう。
評価: 5
生産中止!??・
購入して、普通のオプティカルマウスより全然使い勝手がよく、もう一個・・・と思っていたら、生産中止?在庫がないだけなのかしら???

場所を選ばないし、オプティカル用のマウスパットもいらないし!
これは絶対買いでしょう!!!
ここの会社のマウスは使いやすいので、とても気に入っています。
早く商品が入荷しますようにm(_ _)m


amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2003/07/07

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2003/07/07

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2003/07/07

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2003/07/07

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

価格:
¥ 4,950

発売日:
2005/10/28

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

価格:
¥ 4,950

発売日:
2005/10/28

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2005/10/28

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
オプティマ(旧東京ニーズ)

発売日:
2001/11/16
コードレス オプティカルマウス MX-700

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

発売日:
2002/11/15

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
耐久性もあり、充電式が便利なコードレスマウス
発売された当初から使用していますが、まだ壊れる様子がありません。
感度も非常に良好で、最近の光学式マウスが読み取れない面でも使用できます。
親指の位置にある進む・戻るキーも使いやすいです。
発売当時、マイクロソフトのインテリマウスエクスプローラーを使用しており、
その感覚に引かれて、ワイアレス・インテリマウス・エクスプローラーを購入しましたが、
あまりに重く、かつ、電池の消費が激しくて使いにくかったため、
代わりのマウスとして、こちらを購入しましたが、予想以上の使いやすさと軽快さでした。

難点は充電機にセットしておいたハズが、接点が上手く合っておらず充電できていないことがあるところでしょうか。
評価: 1
まさに蛇足ではないでしょうか。
すごく使いにくいです。
マウスの充電ができるというので衝動買いしました。
マウスは充電式の分、ほかのワイヤレスマウスと比較しても非常に重く、バランスが悪いばかりか、ホールド感も悪いように思われます。
(充電台に置けばマウスのセンサが消えるのでウザくないですし、置き場所に困らないで済みますが)
交換用の電池を買い置きしておけば、充電式マウスの必要性はありませんし、充電機能による過重量によるマウスの操作性や、コストを犠牲にしてまで、わざわざマウスを充電式にする必要性はあるのでしょうか。
結局今は使っていません。
評価: 5
2台目も購入
実は発売された当時から使用していたのですが、最近2台目を購入。別に壊れたワケでなく、あまりにも気に入っているのでMac用、Win用として追加しました。MacではDTPをしているのですが、細かい動きもしっかり感知してくれて、まったく問題ないです。Winでゲームに使用しても問題なし。このボタンの数も最初は「こんなに使わないよ」と思っていましたが、慣れると便利でしょうがないです。ただ重いので光学式マウスパッドは必須だと思います。ボタン部分のマークのプリントが結構早く擦り消えてしまいました。エンボス加工みたにして欲しかった。でも星1個減らす程でもないので星5つ!

コードレスプレゼンター BM-1000

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
ロジクール

価格:
¥ 26,960

発売日:
2002/09/27

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
Bluetoothの利点
このマウスの利点は、Bluetoothのおかげで「電波の到達距離が他のものに比べて格段に長い事」だと思います。実際に、歩きながら大型のスクリーンの前でプレゼンテーションを行った時、頻繁に歩き回りパソコン本体から遠ざかっても、確実に電波は届きました。(カタログ値で10mとのことですが、この距離は十分すぎるものでした。)

また、左右のボタンの間にある「上下」のボタンは、PowerPointの「前のスライドへ移動」「後ろのスライドへ移動」にマッピングすることもできていました。(初めからそうなっていました。)

さらに、レーザーポインタも装備されているので、このマウスをひとつ持っているだけで、プレゼンテーションを自由自在に演出できるので、かなり便利な道具だと思います。

普通のマウスとしても利用できますが、普段使いのマウスとしては、必ずしも使いやすいとは言い切れません。ですから、プレゼンテーション用と割り切って利用するのがいいと思います。

プレゼンを実施することが多い組織などでひとつ持っていると、かなり役立つと思います。
評価: 5
これは優れもの
PCのUSB端子に無線受信機を挿入することで、パワーポイントのプレゼンをPCから離れたところからコードレスで行うことができる。
PC画面を見ずにスクリーンを見ながらプレゼンが可能となる。

本体は、オプティカルマウスを2周り大きく、縦長にした形状。前面にフォワードとバックのボタンを備える。また、後面にレーザーポインターのボタンを配し、スクリーンを見ながら、レーザーポインターを使用したプレゼンを効果的に進行することができる。
あとは、コストパフォーマンスのみ。教室・研究室に一台あると、大変便利である

コードレスミニ光学マウス 3R-M2068BL

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
スリーアールシステム

発売日:
2004/04/01
コードレスミニ光学マウス 3R-M2068PW (パールホワイト)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
スリーアールシステム

発売日:
2005/03/01
コードレスミニ光学マウス 3R-M2068WT (ホワイト)

amazonへ行く


エレクトロニクス

発売:
スリーアールシステム

発売日:
2004/04/01