ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」のCDです

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」のCDの紹介をしています。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」は大好きな曲なんです
アマゾンへのリンクも紹介しています。
By:こぶた

007258
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 ≪皇帝≫第1楽章 Allegro
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 ≪皇帝≫第2楽章 Adagio un poco mosso
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 ≪皇帝≫第3楽章 Rondo (Allegro)
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37 第1楽章 Allegro con brio
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37 第2楽章 Largo
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37 第3楽章 Rondo(Allegro)

演奏者・作曲者:
ベネデッティ=ミケランジェリ(アルトゥー
ウィーン交響楽団
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ベートーヴェン

発売日:
2006/11/08

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
「皇帝」の名に相応しい演奏
 ベートーヴェン最後のピアノ協奏曲第五番は俗称として「皇帝」といわれるが、これはベートーヴェン自身が命名したものではない。しかし、この曲はこの名に相応しい外観と内容を備えている。古今東西、この曲の録音は数え切れないほどあるが、真にこの曲の核心に迫った演奏はほとんどない。私はそれらの録音を隈なく聞いたわけではないが、代表的な演奏は幾つか聞いてきた。その中でもっとも好きなのは、バックハウスとイッセルシュテットの質実剛健な「皇帝」であるが、このミケランジェリの演奏を聞いたときは思わず耳を疑うほど感銘を受けた。冒頭からしてこれほど透明な音色で高貴な響きをした「皇帝」は今まで聞いたことはなかった。その中でも第一楽章は非常に素晴らしい演奏である。この楽章の細部の多様な側面が次々と明らかにされ、それらが有機的に作用し全体のなかでしかるべき意味を発している。第二楽章は一貫して硬質な音色で純度の高い演奏である。第三楽章は力強さと同時に、華麗さも備わった演奏である。そして、バックのジュリーニとウィーン交響楽団も緻密で密度の高い表現でピアノを支えている。この「皇帝」は民を思う優しい皇帝ではなく、また、貧しい階級出身の誠実、朴訥な皇帝でもなく、生まれつきすべてから崇拝される高貴さと華麗さを備えた、完全無欠の皇帝といえよう。
評価: 5
貴族的完ぺき主義の使徒の珠玉の名演
「皇帝」に関しては、正直な話、チェリビダッケ指揮パリ管弦楽団の海賊版(1970年台の良質のモノラル)の持つショッキングな戦慄・・・という所までは行っていない。

そもそも、当初はコード・ガーベンとの約束(つまりはドイツ・グラモフォンとの契約)=何とカルロス・クライバー指揮ベルリン・フィルと「全集」を作ると言う雄図がまずあって、その雄図がクライバーの楽譜を(意地悪の?)ミケランジェリが見てしまったことから大頓挫したのだが、その代替案として数年後スタートしたのが、ジュリーニ指揮ヴィーン交響楽団とのセッションである。そこにこぎつくまでも紆余曲折があり、相当大変だったらしい。

ようやくピアノの前に陣取った天才イタリア人は、何かに憑かれたかのようにピアニズムの万華鏡を繰り広げる。忍耐強いジュリーニの奥深いアンサンブルに支えられて(伴奏を担当した3曲の中で一番ジュリーニらしい)、完璧なベートーヴェンを再構築する。
さりげなく剛毅華麗な演奏を繰り広げるバックハウスや、シャープなのに豊かな音楽をスマートに聞かせるグルダとも違う、「貴族的完ぺき主義の使徒」としての輝かしい演奏といえよう。

第3番ハ短調は「皇帝」ほどの緊張感は感じられない。カデンツァはさすがだが、録音のせいか聞く者の耳を圧倒するレヴェルには達し切れてはいない。パリ管のコンサートでは「ポリーニもブレンデルもバレンボイムも全く児戯にすぎない」とさえ言わしめた絶対的境地がこの演奏の上に存在したのだ。やはり天才は恐ろしい。

この録音にこぎつけたコード・ガーベンの忍耐力に敬意を表する。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op73「皇帝」 第1楽章
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op73「皇帝」 第2楽章
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op73「皇帝」 第3楽章
合唱幻想曲ハ短調 Op80~ピアノ、合唱とオーケストラのための
カンタータ「静かな海と幸運な航海」ニ長調 Op112

演奏者・作曲者:
ジンマン(デイヴィッド),チューリヒ・トーンハレ管弦楽団 ブロンフマン(イェフィム)
ブロフマン(イェフィム)
チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
ジンマン(デイヴィッド)
ベートーヴェン
スイス室内合唱団
ネーフ(フリッツ)

発売日:
2006/06/07
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,520

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO80

演奏者・作曲者:
内田光子
バイエルン放送交響楽団
ザンデルリンク(クルト)
ベートーヴェン

発売日:
2006/01/13
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,840

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,300

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第1楽章:Allegro
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第2楽章:Adagio un poco mosso - attacca:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第3楽章:RondoAllegro

演奏者・作曲者:
フジ子・ヘミング
モスクワ・フィルハーモニー交響楽団
シモノフ(ユーリ)
ベートーヴェン

発売日:
2005/12/14

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ゆったり感
フジ子の一音一音を噛みしめるように弾くピアノ。そしてテンポは
ゆったりとした皇帝。まさに異色ではあるが、個性的で、慌ただしい
演奏よりは自分にとっては聴きやすい作品であり好感。ただ、フジ子の
弾くピアノの音の強弱が平坦に感じ、もう少し表情豊かな演奏となれば
望ましかったので、星をひとつ減らしました。「皇帝」を聴き比べたり集めて
いる人はぜひ、一聴してもらいたい。
評価: 5
優しく、ずっしりとした重みのある演奏です。
遅めのテンポをとってますが、まさに「皇帝」の異名にふさわしい、どっしりと構えた演奏です。いままでフジ子さんの演奏でショパン、チャイコフスキー、リストと色々な協奏曲ものを聞いてきましたが、このベートーヴェンは、もっとも彼女の演奏スタイルにあっているように思います。



amazonへ行く


CD

発売:
キングインターナショナル

価格:
¥ 6,271

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」op73
合唱幻想曲op80

演奏者・作曲者:
ゼルキン(ルドルフ)
クーベリック(ラファエル)
バイエルン放送交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2005/11/23
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 2,394

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37 ※〈CD/SA-CDハイブリッド仕様〉

演奏者・作曲者:
ヤルヴィ(パーヴォ),ドイツ・カンマーフィル 仲道郁代
仲道郁代
ヤルヴィ(パーヴォ)
ドイツ・カンマーフィルハーモニー
ベートーヴェン

発売日:
2005/10/26

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
カンタビーレ!!
チョー有名というか、クラシックには欠かせない協奏曲二曲ですよね。名盤はあまたありますが、このCDは、とにかく極限まで歌っていることが最大の特徴でしょうか。些細な音にまでメロディーが込められていることに気付かされるはずです。焦燥感がひしひしと伝わるダイナミックな演奏ではありませんが、ヤルヴィの指揮は現在の彼女の演奏に最適な形を用意しているのではないのでしょうか。録音方法は現代の最高水準なのでは?ピアノの音が雨滴くのように一音一音つらびやかにきこえれば、いきなり豪雨の中にいるような感が抱けますよ。アーノンクール&ピエールの全集とはまたひと味ふた味違ったCDでございました。でも、なぜ三と五番だけなの?全集聴きたい!!


amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,300

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,150

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
バレンボイム(ダニエル)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
クレンペラー(オットー)
ベートーヴェン
ジョン・オールディス合唱団

発売日:
2005/09/22

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,300

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ロンド・ア・カプリッチョ ト長調op129
バガテル イ短調「エリーゼのために」WoO59(G173)
ロンド ハ長調op51-1
32の変奏曲(創作主題による)ハ短調WoO80(G191)

演奏者・作曲者:
ワイセンベルク(アレクシス)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ベートーヴェン

発売日:
2005/06/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
小曲が大作に。
このCD,実は協奏曲ではなく、4つのピアノ独奏曲を聞きたくて購入しました。70年代後半にこの協奏曲全集のLPが発売された時、B面にカップリングでついていたものです。こうやってこれら4曲を聞いてみると、ワイセンベルクの小曲に対する解釈がよくわかります。各曲の構成をしっかり把握し、容易に弾ける曲でもあなどることなくすべて誠実に、曲の核心を突いて弾いています。これで小曲が大作となって聞こえてくるのがすばらしい。特筆に値するのはハ短調の変奏曲で、主題から終曲まで極度の集中力を保ちつつ一気に弾ききっています。これは名演です。協奏曲のほうもリマスターされて透明度が高くなり特に各楽器の高音部並びにティンパニーの音がすっきりしました。冒頭のティンパニーの一打から、この演奏がいかに雄大に華麗になるかを暗示しています。良い意味で指揮者、オーケストラそしてピアニストが一体となった全くスキとムラの無い完成度の非常に高い「皇帝」となりました。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ブレンデル(アルフレッド)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ハイティンク(ベルナルト)
ベートーヴェン

発売日:
2005/06/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ブレンデル=ハイティンクの理想的なコラボレーション
1970年代初頭録音のブレンデルの名声を決定付けた全集盤からの一枚。
CD一枚でベートーヴェンの最高傑作が二曲も聴けるなんて、何といい時代なのでしょう。
今から30年前のブレンデルは繊細さと鋭さが同居したような鋭敏なピアニズムを最高度に発揮し、特に(第5番「皇帝」に対して「皇后」とも言うべき)リリカルな第4番ト長調に彼のベストパフォーマンスが現れています。
あたかも「魂のふるえ」がそのまま音楽化したような、今聴いても感動的な名盤中の名盤です。

第5番変ホ長調協奏曲(いわゆる「皇帝」)も、新鮮で颯爽としており、スケール感もあり、「豪放華麗な皇帝」というより「感受性豊かな文化王たる皇帝」といった観があります。

「錦城花を添える」と言うのでしょうか、まだ中堅だったハイティンクが手兵を率いて、引き締まったテンポ、精緻で清新なアンサンブル、芳醇なベートーヴェンを生み出します。(ピアニストとの呼吸、一体感も抜群です)

世評の高かったレヴァイン指揮シカゴ響とのライブ録音による全集盤より密度と完成度は高いと思います(レヴァイン共演盤はどこか大味で繰り返し聴くタイプの演奏ではありません)。
この価格でこれだけの演奏が楽しめるのですから、本当にいい時代になりました。
是非この機会にお買い求めくださいね!

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
キングインターナショナル

価格:
¥ 2,661

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第5番ハ短調op10-1

演奏者・作曲者:
ハイドシェック(エリック)
レオン・バルザン管弦楽団
ウェルネル(ジャン=ジャック)
ベートーヴェン

発売日:
2005/05/25

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最強の名演奏!!
覇気あふれる演奏がすばらしい。オケは田舎臭いが、それがなおエリックのピアノをひきたてている。ピアノ協奏曲全集を実現してほしいものだ。あと広上とやった4番のcd化を是非!
評価: 1
ハイドシェック衰えたり
買って失望。
ピアノに覇気がない。


amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 3,791

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲ニ長調op61(作曲者によるヴァイオリン協奏曲からの編曲版)

演奏者・作曲者:
オピッツ(ゲルハルト)
ヤノフスキ(マレク)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2005/05/07

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ドイツ音楽の真髄〜オピッツのベートーヴェン:ピアノ協奏曲
オピッツのこだわりようは凄いものがある。それは、なかなか知られていないベートーヴェン自身が編曲したOp.61のあの名曲ヴァイオリン協奏曲の編曲版の収録である。さすがに、この曲はヴァイオリンだろうと思って聴いてみると、ピアノ協奏曲として見事に成立しているから驚きである。それ以外にもオピッツによる推進力溢れる5曲の傑作たちは素晴らしい。全体的にテンポ設定は早めで、これはベートーヴェンが意図していたものに近いように思う。それでいて、粗い印象はなくむしろ洗練された語り口で曲を進めて行くところに関心させられる。ピアニズムの確かさは言うまでもないが、音色の美しさなど筆舌に尽くしがたい。輸入版で3枚セットとして発売されているほかに日本語版もあるようである。まさにベートーヴェンの核心、真髄を見事に味わわせてくれる名盤である。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,793

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
パネンカ(ヤン)
スメターチェク(ヴァーツラフ)
プラハ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2005/04/27
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 4,589

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品19
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品19
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37
ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37
ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37
ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58
ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58
ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」

演奏者・作曲者:
横山幸雄
ジャパン・チェンバー・オーケストラ
ベートーヴェン

発売日:
2005/02/23

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ゆとりと暖かさと
ソナタ全集と同様、柔らかな音色。オーケストラもよくコントロールされている。すでに巨匠的ゆとりと何よりも暖かさを感じさせる。世の批評家たちの口の端に上らないのは不思議だ。2002−04録音。SACDハイブリッド盤。


amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,260

曲目:
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 ≪皇帝≫

演奏者・作曲者:
園田高弘
近衛秀麿
日本フィルハーモニー交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2005/02/23

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
いい演奏です
1970年8月4日録音。
演奏はすばらしいですが、音質に多少の難があります。
楽器が左右のチャンネルに不自然に分離し、コントラバスはこもり気味。
とはいえ、貴重な記録です。
なお、1969年9月30日に同じ組み合わせで行われた演奏会の模様を
フジテレビが収録しており、BSフジ「日本フィル・シンフォニー・コンサート」にて放送されました。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,300

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
「アテネの廃墟」からの「トルコ行進曲」の主題による6つの変奏曲ニ長調op76
ヴラニツキーのバレエ「森の乙女」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲イ長調WoO71
創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO80

演奏者・作曲者:
ギレリス(エミール)
クリーヴランド管弦楽団
セル(ジョージ)
ベートーヴェン

発売日:
2004/06/23

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
名演
セルが指揮棒を握ると、指揮者の多くがコテコテにしすぎる感の
あるベートーベンの曲の無駄な贅肉が綺麗に落ち、
いかつくも美しい曲元来の骨格が見えるような気が僕にはします。

このCDもギレウスの素晴らしいピアノと相まって最高の演奏。
評価: 5
後半の変奏曲はベートーヴェンの生き写しの演奏や!
初めてベートーヴェンに触れられる方にはまた違って聴こえはるんでしょうけども、年寄りの好み(独断)で書かせていただきますと、私は本盤の白眉は「ヴラニツキーの主題による12の変奏曲イ長調」と「創作主題による32の変奏曲ハ短調」にあると思う。「ハ短調」の方はいわゆるベートーヴェンの4大変奏曲(エロイカ、ディアベッリ、6つの創作主題変奏曲)のひとつですけど、ヴラニツキーの方は余りメジャーではないようです。両方、ギレリスにかかるとゴツくええです。ベートーヴェンというんは、孤独で男性的ながら大変ロマンチックなフレーズと、雄々しい主題のダイナミズムの発露とのコントラストにあるのや、ということを実感させてくれはる。各変奏のバラエティを見事に弾き切ってらして、大変爽快です。やっぱ、ガツンといくとこはガツンといっとる男性的タッチに共感できる。感覚的には、交響曲3, 4, 5, 7やピアノソナタ熱情、悲愴、ワルトシュタインのダイジェストを聴かせていただいた感じ。10数分(そういう楽譜であるわけですが)でこのバラエティを演り切るのは至上の名人芸でしょうなあ。グールド盤が極めて女性的に聴こえます。ベートーヴェンがゴツいのか、ギレリスがゴツいのか・・・


amazonへ行く


CD

発売:
徳間ジャパンコミュニケーションズ

価格:
¥ 2,850

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ長調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調WoO6

演奏者・作曲者:
レーゼル(ペーター)
ベルリン交響楽団
フロール(クラウス・ペーター)
ベートーヴェン

発売日:
2004/04/21

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
旧東ドイツの逸材〜ペーター・レーゼル
今やかなり寂しくなってきたドイツ・ピアノ界に大器晩成型らしいドレスデン音大教授でピアニストのレーゼルを聴いた。なるほど、旧東独出身ピアニスト(ツェヒリン、オルベルツ、シュミット等)に見られるような特徴、つまり素朴な音楽的アプローチを持っている。音色は美しく、乱れがない。しかし何か同じ録音をしているこれまたドイツの代表格、旧西独出身のゲルハルト・オピッツと比べるといい意味での刺激が少ない。ましてや譜面に忠実に音楽を練り上げているのだが、楽譜からそれ以上のことを聴き手に感じさせてくれない、聴き手は何か欲求不満に陥る。よく言えば癒し系だろうか。しかしこの素朴さ、率直さは幾分たのもしい。逆説的なことを言っているかもしれないが、レーゼルの忠実さは現代のピアニズムに対する警鐘ともとれる。何しろ音楽はこうした微妙な線の上を渡るようなものだから。レーゼルはプラス、マイナス両方兼ね備えた別の意味でピアニストがピアニストを刺激するタイプだと自身で解釈する。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
バックハウス(ヴィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
イッセルシュテット(ハンス・シュミット)
ベートーヴェン

発売日:
2004/04/21

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
バックハウス(ヴィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウス(クレメンス)
ベートーヴェン

発売日:
2004/03/24

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 950

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》

演奏者・作曲者:
バックハウス(ヴィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)

発売日:
2004/03/24

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,901

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,280

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73 《皇帝》 第1楽章:Allegro
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73 《皇帝》 第2楽章:Adagio un poco mosso
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73 《皇帝》 第3楽章:RondoAllegro
ピアノ協奏曲イ短調 作品16 第1楽章:Allegro molto moderato
ピアノ協奏曲イ短調 作品16 第2楽章:Adagio
ピアノ協奏曲イ短調 作品16 第3楽章:Allegro moderato

演奏者・作曲者:
カーゾン(クリフォード)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
クナッパーツブッシュ(ハンス)
ベートーヴェン
ロンドン交響楽団
フィエルスタート(エイヴィン)
グリーグ

発売日:
2004/03/24

amazonへ行く


DVD Audio

発売:
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

価格:
¥ 3,990

曲目:
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 Op21
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op73《皇帝》

演奏者・作曲者:
ピヒラー(ギュンター)
オーケストラ・アンサンブル金沢
中村紘子
ショパン
ベートーヴェン

発売日:
2004/01/28
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番(皇帝)

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 1,050

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
シフ(アンドラーシュ)
ベートーヴェン
ハイティンク(ベルナルト)
ドレスデン・シュターツカペレ

発売日:
2004/01/21
ベートーヴェン:P協奏曲2&5

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,995

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」 ※〈CD/SA-CDハイブリッド仕様〉

演奏者・作曲者:
キーシン(エフゲニー)
レヴァイン(ジェームス)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2003/12/17

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,620

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
バーンスタイン(レナード)
ベートーヴェン

発売日:
2003/10/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
4番はこの曲のベスト
5番も名演だが4番はこの曲のベスト。
やっかいなこの曲が、5番に勝るとも劣らない名曲であることを気づかせてくれる。
交響曲も含めたバーンスタインのベートーヴェンCDのベストといっても過言ではないと思う。
バーンスタインの音楽性は、他のどの指揮者よりも、ツィマーマンのピアノに合っている。
評価: 5
圧倒的な名演奏!!☆10個の価値あり!
ああ〜凄い演奏だ。感動した!世紀の名曲「皇帝」でこれほど音楽的・技術的に完成度の高い演奏は、今後現われないのではないか・・・とさえ思います。このCDでツィマーマンは、豊かなスケール感の中に瑞々しい感性を醸し出しながらも、芯のある凛とした引き締まった演奏を聴かせています。しかし、今までの大ピアニストや巨匠の演奏とは異なり、その演奏は細部まで徹底的に磨きぬかれた完璧なもので、一つの音の不揃いもない、精巧な工芸品的な完成度を持っています。今のツィマーマンは、全盛期のポリーニの完全無欠の演奏技術と、アシュケナージの類まれな抒情表現力(豊かなニュアンス)と、リヒテルの聴く人の魂を揺さぶり、強い説得力を持って迫ってくる圧倒的スケール感とを併せ持った、「現代最高のピアニスト」であることを、この演奏は証明していると思います。

ルービンシュタイン没後20周年メモリアル公演ライヴ (仮) (CCCD)

amazonへ行く


CD

発売:
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

価格:
¥ 2,793

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,400

曲目:
ショパン ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

演奏者・作曲者:
中村紘子
ピヒラー(ギュンター)
オーケストラ・アンサンブル金沢
ショパン
ベートーヴェン

発売日:
2003/10/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
現代に解き放たれた古典作品、革命的な録音の素晴らしさ!
 もし可能であるならば、20畳の空間とそれなりのオーディオシステムで聴くことをお勧めする録音。ヒロコ・ナカムラというピアニストが本当にやりたかったことは何か身体で感じ真っ向から向き合うことのできるCD。音楽の本質と多少かけ離れているのでは?と思わせる彼女独特のフレージングが実はこの世に二つとない才能のほとばしりであったことを実感させられる。私自身、20年以上に渡りこのピアニストのライブ演奏も含め数ある録音を聴いてきたが、やっと彼女の本質を垣間見ることのできた1枚である。同時に録音技術の素晴らしさは他の追随を許さない、まさに革命的な「音の再現」
評価: 5
中村紘子最高 !!
なんといっても個性が強いのが中村紘子の魅力!何十年たっても変わらないのがいい こCDも表現力が豊かなのがすばらしい!リサイタルも何十回もいったがダイナミックな演奏が心打たれる!とくにショパンは最高!

ゲルギエフ・コンダクツ・チャイコフスキー&ベートーヴェン

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 2,520

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
交響曲第5番ホ短調op64
ドイツ連邦共和国国歌
ソヴィエト社会主義共和国連邦国歌

演奏者・作曲者:
ゲルギエフ(ワレリー)
ベートーヴェン
ドイツ=ソヴィエト・ユンゲ・フィルハーモニー
フランツ(ユストゥス)
チャイコフスキー

発売日:
2003/10/22
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,050

amazonでのユーズド価格:
¥ 990

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●グリーグ:
ピアノ協奏曲イ短調op16

演奏者・作曲者:
パネンカ(ヤン)
ベートーヴェン
スメターチェク(ヴァーツラフ)
プラハ交響楽団
ダルベルト(ミシェル)
フィルハーモニア管弦楽団
グリーグ
ポミエ(ジャン=ベルナール)

発売日:
2003/07/23

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
及第点の「皇帝」。見事なグリーグ
ベートーヴェンの「皇帝」だが、演奏は悪くないが、オーケストラの録音がダイナミックスが圧縮されたような窮屈さを感じる。それに較べて、ピアノの音は非常にクリア。
 グリーグはオーケストラパートが素晴らしい。競演予定のクリヴィヌが風邪をひいたため、たまたまリヴァプールで仕事をしていたポミエがピンチヒッターでの登場となったそうだが、決然とした力強いバックで、ダルベルトのソロを盛り立てている。こちらは録音も万全。ベートーヴェンが星3つ。グリーグが星5つ。
評価: 5
ダルベルトのグリーグが名演
ミシェル・ダルベルトによるグリーグの協奏曲が隠れた名演で、透明な音色を維持しながらも、普段のダルベルト以上に表現の幅が広く、彫りの深いソロを聴かせてくれます。オーケストラ・パートは、本来振るはずだったクリヴィヌが急病のため、ピアニスト兼指揮者のポミエが振っていますが、これが意外にも大成功しており、立体感、透明感などにおいて、この曲の伴奏として最高のものだと思います。DENONにはこうした地味なソリストによる協奏曲の名演が多く眠っていますから要注意です。
評価: 5
ダルベルトのグリーグが名演
ミシェル・ダルベルトによるグリーグの協奏曲が隠れた名演で、透明な音色を維持しながらも、普段のダルベルト以上に表現の幅が広く、彫りの深いソロを聴かせてくれます。オーケストラ・パートは、本来振るはずだったクリヴィヌが急病のため、ピアニスト兼指揮者のポミエが振っていますが、これが意外にも大成功しており、立体感、透明感などにおいて、この曲の伴奏として最高のものだと思います。DENONにはこうした地味なソリストによる協奏曲の名演が多く眠っていますから要注意です。


amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,995

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調Op37
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
アファナシエフ(ヴァレリー)
ベートーヴェン
スダーン(ユベール)
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

発売日:
2003/07/23

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
やや期待はずれ…
アファナシエフのブラームスやシューベルトを偏愛する人間としては、待望の1枚でした。が、演奏の方はちょっと「?」な部分が多いです。テンポはいつも通り遅いものの、オケ・パートとの合わせの都合もあり、いつものような深淵に達することができず、それでいてルービンシュタインのような巨匠的風格もないので、単にだれた演奏、と感じられてしまいます。指揮とオーケストラが凡庸なのも難点で、遅いテンポでもハッタリをかましつつ保たせることができる指揮者(例えばマゼールのような)であれば、もう少し違う結果になったのではないか、という気もします。惜しいなあ…。全集録音に発展するのであれば、4番あたりでのリベンジを期待したいところです。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,709

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,245

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
アシュケナージ(ウラディーミル)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
メータ(ズービン)
ベートーヴェン

発売日:
2003/06/25
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 3,192

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
交響曲第5番ハ短調op67「運命」 ※〈CD/SA-CDハイブリッド仕様〉

演奏者・作曲者:
小澤征爾
ボストン交響楽団
ゼルキン(ルドルフ)
ベートーヴェン

発売日:
2003/06/25
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 1,050

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●Jハイドン:
ピアノ協奏曲ニ長調Hob18-11

演奏者・作曲者:
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
ベートーヴェン
フレッチャ(マッシモ)
ローマ・イタリア放送交響楽団
ハイドン
ロッシ(マリオ)
トリノ・イタリア放送交響楽団

発売日:
2003/06/25
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,780

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
アーノンクール(ニコラウス) エマール(ピエール=ロラン)
エマール(ピエール=ロラン)
アーノンクール(ニコラウス)
ベートーヴェン
ヨーロッパ室内管弦楽団

発売日:
2003/03/26

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
何とも新鮮なベートーヴェン!
日頃耳慣れたピアノ協奏曲集ですが、どれも切り口が新鮮。
ベートーヴェンにこのような解釈があったとは驚きでした。
オケのサポートも良く、アーノンクールのとの息が揃った演奏は魅力的です。特に第2番、第1番は、どのピアニストとも似ていない独自な解釈で、目から鱗でした。
思わず、エマールの他の作品も聴いてみたくなりました。

とにかく一聴して損はないと思います。
評価: 4
ベートーヴェン演奏の新しい地平
まだ4番しか聴いていませんが。非常に魅力的ですが、これはベートーヴェンの作品ではないですね。ドビュッシーやメシアンに対する彼のアプローチの延長線上であって、純粋にそこにある音列を彼なりに噛み砕いて昇華したエマールの作品であり、帝政に反発し自由主義を高らかにうたうベートーヴェンの精神とは全く別のところにある物です。非常に繊細で練られたタッチが作品の耽美な側面を浮き上がらせ、ミケランジェリのドビュッシーさえ思い起こさせます。一方、一見自由なカデンツァのほうがよりベートーヴェンらしいモティーフを大事にしている様子が伺えます。触れると跡形も無く崩れてしまうガラス細工のように、1本のロープをしっかりと歩むアクロバットのように、彼は確信を音の造型に変えていきます。いまこの曲はようやくベートーヴェンの200年の呪縛から巣立ち始めているとも言えるのかもしれません。好みが非常に分かれる演奏だと思いますが、バックハウス的でもなくインマゼール的でもない、新たな作品像を提起した、彼の美学が色濃く打ち出された重要な演奏だと思います。ハノンコートという指揮者はしばらく(最近のメディアへの露出の割には)その演奏を聴いていなかったのですが、以前のコンツェントゥス・ムジクスとの演奏が印象にある私には全く別人のように感じました。死んだような“伴奏”に彼のキャリアの終わりを感じざるを得ない落胆が残りました。オーケストラの響きは確かに古楽的要素を出したものではあるのですが、いつから彼は歯の抜けた狼のようになってしまったのでしょう。違った2人??さの衝突を期待する向きには当てが外れたと申し上げておきましょう。

大全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ・ソナタ全集(ピアノ・ソナタ第1番ヘ短調op2-1~ピアノ・ソナタ第32番ハ短調op111)
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19●モーツァルト:
幻想曲ハ短調K475
ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K330
ロンド イ短調K511●ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ディアベッリの主題による33の変奏曲ハ長調op120
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●ブラームス:
ピアノ協奏曲第1番ニ短調op15●シューベルト:
楽興の時op94,D780●ブラームス:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83●シューマン:
森の風景op82●ブラームス:
チェロ・ソナタ第1番ホ短調op38
チェロ・ソナタ第2番ヘ長調op99●ショパン:
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35「葬送行進曲」
練習曲第2番イ短調op10-2
練習曲第3番ホ長調op10-3「別れの曲」
練習曲第5番変ト長調op10-5「黒鍵」
練習曲第8番ヘ長調op10-8
練習曲第10番変イ長調op10-10
練習曲第13番変イ長調op25-1「牧童」
練習曲第14番ヘ短調op25-2
練習曲第15番ヘ長調op25-3
練習曲第18番嬰ト短調op25-6
練習曲第19番嬰ハ短調op25-7
練習曲第20番変ニ長調op25-8
練習曲第21番変ト長調op25-9「蝶々」
練習曲第23番イ短調op25-11「木枯らし」
バラード第1番ト短調op23
マズルカ第17番変ロ短調op24-4
マズルカ第20番変ニ長調op30-3
マズルカ第24番ハ長調op33-3
ワルツ第2番変イ長調op34-1●シューマン:
幻想小曲集op12~第3曲 何故に? 〈ステレオ編〉●ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●ブラームス:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83●シューマン:
ピアノ協奏曲イ短調op54●ブラームス:
6つの小品op118
奇想曲ロ短調op76-2
間奏曲変ホ長調op117-1
ラプソディー ロ短調op,79-1
間奏曲ホ長調op116-6
間奏曲ホ短調op119-2
間奏曲ハ長調op119-3●メンデルスゾーン:
ロンド・カプリチオーソ ホ長調op14
無言歌集イ長調op62-6「春の歌」
無言歌集ト長調op62-1「五月のそよ風」
無言歌集ハ長調op67-4「紡ぎ歌」
即興曲変ロ長調op142-3,D935-3
優雅なワルツD969(op77)-1,6,5,4,11,12●モーツァルト:
ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K595
ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K330
ピアノ・ソナタ第11番イ長調K331「トルコ行進曲」
ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調K332
ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調K282
ピアノ・ソナタ第5番ト長調K283
ロンド イ短調K511●ハイドン:
ピアノ・ソナタ第52番変ホ長調
ピアノ・ソナタ第48番ハ長調
幻想曲ハ長調
アンダンテと変奏曲ヘ短調
ピアノ・ソナタ第34番ホ短調●バッハ:
イギリス組曲第6番ニ短調BWV811
フランス組曲第5番ト長調BWV816
平均律クラヴィーア曲集第1巻~第15曲 前奏曲とフーガ ト長調BWV860
平均律クラヴィーア曲集第2巻~第39曲 前奏曲とフーガ ト長調BWV884

演奏者・作曲者:
バックハウス(ヴィルヘルム)
ベートーヴェン

発売日:
2002/12/25

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
クラシックを極めたい人向け
値段も高いですが、入っている曲もかなり有名どころ、そして格調高いものばかりですね。とにかく収録曲、そしてCDの数が多いのが特徴です。さすがは大全集というだけのことはあります。

 アーティストもベートーベン、モーツァルト、ショパン、ブラームスなどといった大御所たちばかりですね。わたしはここにグリークとかも入れてもらえたらよかったのになぁと思うのですが・・・

タイトルでクラシックを極めたい人向けと書きましたが、ただ単に極めたいとかじゃなく、クラシックが好きで、一日中流していたいなぁとか、クラシックのまとめたCD集とか干しなぁとか思っている人にはお勧めです。このような感じで〜集などしてセットで発売されているものも多いので、好きなアーティスト(クラシック)の曲はこのような形で購入するのもいいと思います。たとえばショパンの全集なども発売されていますよ。


amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,615

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ルービンシュタイン(アルトゥール)
シンフォニー・オブ・ジ・エア
クリップス(ヨゼフ)
ベートーヴェン

発売日:
2002/11/20

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第23番イ長調K488(モーツァルト)
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲イ短調op54(シューマン)
ピアノ協奏曲第1番ニ短調op15(ブラームス)
ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調op27-1(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op27-2「月光」(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op31-2「テンペスト」(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調op106「ハンマークラヴィーア」(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第32番ハ短調op111(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第20番イ長調D959(遺作)(シューベルト)
アレグレット ハ短調D915(シューベルト)
3つの小品D946(遺作)(シューベルト)
12の練習曲op25(ショパン)
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35(ショパン)
子守歌変ニ長調op57(ショパン)
幻想曲ハ長調op17(シューマン)
アラベスクop18(シューマン)
ピアノ・ソナタ ロ短調(リスト)
悲しみのゴンドラ1(リスト)
12の練習曲(ドビュッシー)
ピアノ・ソナタ第2番(ブーレーズ)
「ペトルーシュカ」からの3楽章(ストラヴィンスキー)
ピアノ協奏曲第1番(バルトーク)
ピアノ協奏曲第2番(バルトーク)
3つのピアノ曲op11(シェーンベルク)
6つのピアノ小品op19(シェーンベルク)
5つのピアノ曲op23(シェーンベルク)
ピアノ組曲op25(シェーンベルク)
ピアノ曲op33a(シェーンベルク)
ピアノ曲op33b(シェーンベルク)
ピアノ協奏曲op42(シェーンベルク)
ピアノのための変奏曲op27(ヴェーベルン)
力と光の波のように(ノーノ)
…苦悩に満ちながらも晴朗な波…(ノーノ)
質量(エドガー・ヴァレーズ賛)(マンゾーニ)
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11(ショパン)
ピアノ協奏曲イ短調op54(シューマン) ※〈[1]~[12]ゴールドCD/[13]CDエクストラ〉

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリツィオ)
ベーム(カール)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト
ベートーヴェン
アバド(クラウディオ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン
ブラームス

発売日:
2002/10/09

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ショパン以外を求めて。
 収録曲を見れば分かると思うが、ベートーベンのソナタ・協奏曲、シューベルト・リスト・シューマン、バルトーク・ストラヴィンスキーとショパン以外の作曲家がメインのような気もする。ショパンの曲は、練習曲・協奏曲・ソナタ・子守唄のみである。
 ポリーニのショパンCDはたくさん出ているので、このBOXでコンプするする必要は無いだろうし、逆にショパンばっかりだと今更なので買う気が失せてしまうが、その辺をうまく考えた選曲になっていると思う。ショパン以外を聴きたいなら購入に踏み切ってもいいだろう(高いけどね、、、)。「ペトルーシュカ」からの3楽章(ストラヴィンスキー) が個人的にはお勧め。スゴイよ、、、
 残念なのは、シューベルトのソナタがあまり入っていないことと、個人的にとても残念なのは、さすらい人幻想曲(彼の演奏は凄い)が入っていないことである。本人が選曲したらしいが、あの演奏で満足ではないから収録されていないのだろうか、、、


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第23番イ長調K488●ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」 ※〈ゴールドCD〉

演奏者・作曲者:
ベーム(カール)
ポリーニ(マウリツィオ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト
ベートーヴェン

発売日:
2002/10/09
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,480

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」 ※〈エンハンストCD〉

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリツィオ)
アバド(クラウディオ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2002/09/25

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
音の悪さは輸入盤だったせいでしょうか?
ベーム、ヨッフムとのシリーズで感銘を受けてレコードを揃えていましたが、
10年ほど前にオーディオ更新を機に一気にCD化を進めた際に、発売されたばかりのこのディスクの5番単独の輸入版を購入しましたところ、音がモサモサしていて、アバド&BPOとポリーニというゴールデンコンビへの期待が大きかっただけに冴えない思いをした記憶があります。
また、個人的にも拍手付きのレコードというのはあまり好きでないので、取り除くか別トラックにしておいて欲しいところでした。
大体においてBPOのライブは音色がイマイチのような気がするし、
全集のところでも、音色に失望したと書かれていた方がいたので、あながち見当外れということでもなさそうです。

このディスクそのものはリマスターでしょうから、また違った音色になっているのかも知れません。
この顔ぶれのベートーベンシリーズで感動を得られなかったままでは、
どうにも不完全燃焼で惜しくてなりません。
どなたかお聴きになった方の感想を聞いてみたいところです。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,709

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
レヴィン(ロバート)
ガーディナー(ジョン・エリオット)
オルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティーク
ベートーヴェン

発売日:
2002/06/26

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
バックハウス(ヴィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2002/03/27
ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,496

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ゼルキン(ルドルフ)
小澤征爾
ボストン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2002/02/27
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」+第3番

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,895

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,050

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ゼルキン(ルドルフ)
ベートーヴェン
ニューヨーク・フィルハーモニック
バーンスタイン(レナード)

発売日:
2001/12/19

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,620

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ベーム(カール)
ポリーニ(マウリツィオ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2001/10/24

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
特に『皇帝』の聴き比べでは・・
1976-78年録音。このベートーベン・ピアノ協奏曲全集は、ポリーニにとって最初の録音となる。第3-5番をスタジオ録音した後、1981年にベームが他界、第1・2番を替わりにオイゲン・ヨッフムが振って変則的なカタチで完成している。2度目は、1992年12月から1993年1月にかけて開かれたアバド/ベルリン・フィル演奏会におけるライヴ・レコーディング。1942年1月5日生まれのポリーニはこの時34-36才。本当ならもっとも解釈論にしても表現においても最も脂の乗った時期であるべきな2度目の方が上であるべきなののだろうが、この2つの録音を比較すると、圧倒的にベーム盤の演奏が素晴らしく感じられる。この同時期にはベームのたっての希望からと思われるがモーツアルトのピアノ協奏曲他第19・23番も1976年4月26・27日ウィーンで録音している。一番最初にモーツアルトの協奏曲をポリーニが弾いたのは、1973年のウィーン芸術週間で、曲目はK.488のイ長調第23番、オケはスカラ座、指揮はアバドだった。おそらくはその演奏を御大ベームが聴いて食指を動かしたのだろう。結果としてこの録音は実に興味深いものとなった。完璧な10指のコントロールを誇る、バカテク・ヴィルトーゾ、マウリツィオ・ポリーニがモーツアルトのような超易しい曲を弾くとどうなるのか、ということだ。ポリーニは言ってみれば『響き』だけを残し、完璧な10指のコントロールを『緩めて』弾いているように僕には聴こえる。それでも、そのテクニックは押さえようが無く、一音一音がまるで『音の粒』のように違って鳴って聴こたものだった。ここでのベートーベンのコンチェルトはよりその印象が顕著で、より鋭い『音の粒』がマトリックスのネオを狙う銃弾のように降ってくるのである。この演奏を聴けば聴くほど、何故にベームはポリーニにもっと無理強いしてでも名曲をたくさんこの時期に残させなかったのか、と残念で仕方がない。まあ、それも運命なのだろうが。その差は特に『皇帝』で顕著だ。こちらの『皇帝』は僕にはあまりに完璧な『皇帝』である。
評価: 5
名人芸
ベートーヴェンのピアノ協奏曲4番、5番というのは名人芸のお披露目といった雰囲気があり、緊張したり、力んで聴く必要はまったく無い。
ポリーニの音はしっかりとしており、豊満さと包容力がある。無駄な力みの抜けたゆとりのある演奏である。

それにウィーン・フイルの上手さはいまさら言うまでも無い名人芸であり。ベームもさすがにオペラの指揮が十八番であっただけに、はぎれよくたたみ込ませる所はわきまえていて流石だと思わせる。
この三者がそれぞれの名人芸を表現しているアルバムである。それでいて調和のとれたバランスの良さがある。

かつてのオーストリアの社交界はこんな感じだったのかなと思わせるリラックスした華やかさが薫る演奏に仕上がっている。
陽の部分のベートーヴェン。これでいいんじゃないですか。
ちなみにこの曲が出来上がった当時の社会背景とウィーンの音楽界事情とベートーヴェンの関係は複雑なものがあり、単純にオーストリアへの讃歌とは言えないものもあります。

確かにスケッチ帳には「オーストリアの勝利」とかの書き込みはありますが・・・・・「皇帝」とはいったい誰を指しているのでしょう。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、ピアノ・ソナタ第23番「熱情」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,661

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」

演奏者・作曲者:
ラトル(サー・サイモン)
ブレンデル(アルフレッド)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2001/09/21
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」/ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op31-2「テンペスト」

演奏者・作曲者:
アラウ(クラウディオ)
ベートーヴェン
ハイティンク(ベルナルト)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

発売日:
2001/08/29

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ペダリングとタッチを駆使した豊かな幻想性
「皇帝」に関してはハイティンクの伴奏(と録音)に成熟の余地あり.
EMI録音のガリエラ伴奏盤、最晩年のコリン・デイヴィス伴奏盤の素晴らしさに一歩譲るでしょう。

しかし「テンペスト」はアラウならではの境地。ベートーベンのペダリング指示を出来る限り尊重し、過剰なほどサステインイング・ペダルを駆使しているのに、音が全く濁らず、澄み切った湖の中を様々な魚が回遊しているような透明度。純粋度100%の水飴のようなこってりとした幻想世界の出現が、「テンペスト」の幻想性をさらに高めている。凄み・深淵に迫るリヒテルとはまた違った豊かな幻想味の開陳だ。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」/ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

amazonでのユーズド価格:
¥ 500

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op31-2「テンペスト」

演奏者・作曲者:
シュタイン(ホルスト)
グルダ(フリードリヒ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2001/04/25

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
グルダは素晴らしい
ベートーベンのコンチェルトの中でもとりわけオーケストラが問題となる作品だけに、聴き込んでいるうちにホルスト=シュタインの指揮がもうちょっとかな、と思うようになってきた。どこが悪いということではないので、私と相性が悪いというだけかもしれませんが。
しかし、文句をつけてから言うのもなんですが、是非聴くべきレコードだと思います。
評価: 5
軽やかな皇帝
グルダらしい弾むようなタッチ。バックハウスやギレリスとは全くタイプの違うベートーヴェンではあるものの、これはこれで十分に楽しい演奏です。ホルスト=シュタインのサポートも重々しいものではなく、爽やかなもので、皇帝らしくないと感じる人はいるかもしれませんが、他の皇帝と聞き比べても予算的に大丈夫でしょう。軽やかな皇帝を素直に楽しんでみてください。
評価: 5
生き生きしてます。
ベートーヴェンの「皇帝」というと、ベートーヴェンがカデンツァを許さず、ピアニストにとっては自由度が低い作品と言われています。
よって「皇帝」の名に相応しいピアノ演奏が多いのですが、グルダはそんな曲でも瑞々しさを失わせず、また、かといってこの曲に必要な威厳は存分に保たれた素晴らしい演奏をしてくれます。


amazonへ行く


CD

発売:
日本クラウン

価格:
¥ 2,850

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,250

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
大山平一郎
園田高弘
九州交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2001/04/25

amazonへ行く


DVD Audio

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 3,990

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,200

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ジークハルト(マルティン)
田部京子
リンツ・ブルックナー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2001/03/17

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
リファレンスDVDオーディオ
DVDオーディオのリファレンスとして広くお勧め出来ます。
田部京子さんの演奏は、少し箱庭的な感覚を受けますが、大変に整った演奏です。
DVDオーディオの良さをハッキリと認識出来るCDです。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第4番、第5番

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ガリエラ(アルチェオ)
ギーゼキング(ワルター)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/11/22
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
近衛秀麿
園田高弘
日本フィルハーモニー交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/11/18
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第2番 : 第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,796

amazonでのユーズド価格:
¥ 980

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
キーシン(エフゲニー)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン
レヴァイン(ジェームス)

発売日:
2000/11/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
若々しい
キーシンによるベートーベンのピアノ協奏曲録音は今のところこれしかないが年齢のせいかベートーベンがすごく明るく美しく演奏されている。個人的には2番がいいと思った。キーシンの明快ではっきりした打鍵がこの2番でよく生かされ、またキーシンの個性も見られ名演だと思う。皇帝もキーシンらしさが出ていいと思うが、逆にキーシンの完璧な演奏が聞き手には普遍的に聞こえてしまい、個性や表現の深みがあまり感じられなかったのが残念。この先キーシンは今度は全曲を録音する予定らしいのでコンサートでしか聴けなかった1,3,4番と同時に期待したい。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第4番&第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,744

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,480

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ルービンシュタイン(アルトゥール)
ボストン交響楽団
ベートーヴェン
ラインスドルフ(エーリヒ)

発売日:
2000/10/25
バーンスタイン:不滅の伝説

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
歌劇「ピーター・グライムズ」op33~4つの海の間奏曲(ブリテン)
交響曲第7番イ長調op92(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」(ベートーヴェン)
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調op102(ブラームス)
アヴェ・ヴェルム・コルプスK618(モーツァルト)
エクスルターテ・イゥビラーテK165(モーツァルト)
大ミサ曲ハ短調K427(417a)(モーツァルト)
交響曲第5番嬰ハ短調(マーラー)
ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュウィン)
バレエ組曲「アパラチアの春」(コープランド)
交響曲第3番(ハリス)
弦楽のためのアダージョ(バーバー)
ピアノ協奏曲第17番ト長調K453(モーツァルト)

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ボストン交響楽団
ブリテン
ベートーヴェン

発売日:
2000/10/25
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
カーゾン(クリフォード)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
クナッパーツブッシュ(ハンス)
ベートーヴェン

発売日:
2000/09/30
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 3,059

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,100

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
田部京子
リンツ・ブルックナー管弦楽団
ベートーヴェン
ジークハルト(マルティン)

発売日:
2000/09/21
ベートーヴェン(1)協奏曲集

amazonへ行く


CD

発売:
ビクターエンタテインメント

価格:
¥ 4,095

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
ブレンデル(アルフレッド)
シュトゥットガルト・フィルハーモニック・オーケストラ
ベートーヴェン
ベッチャー(ヴィルフリート)
ウィーン・フォルクスオーパー・オーケストラ
ヴァルベルク(ハインツ)
ウィーン・シンフォニー・オーケストラ
メータ(ズービン)
シュトゥットガルト・レーラーゲザンクフェライン

発売日:
2000/09/21
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集(2)〈SPレコードに聴くワルター・キーゼキングの遺産Vol.5〉

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,901

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,000

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ギーゼキング(ワルター)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン
クーベリック(ラファエル)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ワルター(ブルーノ)

発売日:
2000/09/20
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集(3)〈SPレコードに聴くワルター・キーゼキングの遺産Vol.6〉

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ベーム(カール)
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ギーゼキング(ワルター)
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/09/20
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,500

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第30番ホ長調op109

演奏者・作曲者:
デイヴィス(サー・コリン)
コヴァセヴィチ(スティーヴン)
ロンドン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/09/01
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
フィッシャー(エドウィン)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン
フルトヴェングラー(ウィルヘルム)

発売日:
2000/06/21
ベートーヴェン:P協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

amazonでのユーズド価格:
¥ 8,000

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73
ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op31-1

演奏者・作曲者:
ルービンシュタイン(アルトゥール)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
バレンボイム(ダニエル)

発売日:
2000/05/24
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37

演奏者・作曲者:
スメターチェック(バーツラフ)
パネンカ(ヤン)
プラハ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/03/18
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,937

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
ウィーン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
2000/02/02

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
爽快です!!
「皇帝」は聴き終えた後の爽快感がたまらない。ライブで味わうに限ると思うのであるが限られた時間とお金ではそれも許されまい。それう考えると往年の巨匠達の名演奏を自宅で何度も聴ける現代に感謝!
このミケランジェリの演奏であるが、言葉が見つからない。
強いて言うなら凄いの一言。オケとの掛け合いもスリリング。実に堂々とした演奏。まさに皇帝である。
評価: 5
「皇帝」 ならこれだろう。
ときどき聴きたくなる演奏の常連。、ミケランジェリ/ジュリーニの組み合わせは見事に成功。(多少は納得しなかったかもしれないが)ミケランジェリもこの演奏なら残そうと思ったはずだ。出だしからこれぞ「皇帝」。とてつもなく美しい、優雅でかつ力強いピアノ。弦や管の響きもぴったり調和した美しさ。聴き終わるといつも聴衆と一緒に拍手したくなってしまうのである。ブラボー!私は納得している。自分が演奏しているわけでもないのに「どうだ」と溜飲の下がる演奏だ。
評価: 4
センス良し
一番センス良くこの協奏曲を引き上げたピアニストだと思った。


amazonへ行く


CD

発売:
キングレコード

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノソナタ第17番ニ短調op31-2「テンペスト」

演奏者・作曲者:
シュタイン(ホルスト)
グルダ(フリードリヒ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1999/12/03

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466(モーツァルト)
同第5番変ホ長調op73「皇帝」(ベートーヴェン)
即興曲集op90,D899(シューベルト)
幻想曲ハ短調K475(モーツァルト)
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」(ベートーヴェン)
同第31番変イ長調op110(同)

演奏者・作曲者:
フィッシャー(エドウィン)
フルトヴェングラー(ウィルヘルム)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
フィルハーモニア管弦楽団
モーツァルト
ベートーヴェン
シューベルト

発売日:
1999/11/22
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,530

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op31-3

演奏者・作曲者:
バレンボイム(ダニエル)
ルービンシュタイン(アルトゥール)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1999/11/20

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
いい演奏だ!それしか言えない
ロンドン・フィル好きなので購入しました。
大正解!
曲目も好きなのですが、なんといってもルービンシュタインですね。なんかピアノの音に表情がある感じです。それに楽団との相性もいいと思います。素晴らしい演奏ですね。

購入した動機が軽いし、そんなにクラッシクに造詣が深いわけではないので、上手く言えませんが、聞くべき1枚なのではないでしょうか。
お薦めです!

評価: 5
すばらしい!!!!!
ル‐ビンシュタインはショパンのマズルカくらいしか
持ってなかったのですがこの曲はお買い得でした。
同曲はアラウも持っていますがやっぱりこれですね。
この曲にはパイプより葉巻が推奨でございます。
お酒は「亀の翁」か「米の芯」推奨です。

評価: 5
バックハウスのブラームスと双璧
 これは、バックハウス・ベーム・ウィーンフィルのブラームス「第2番」に匹敵する協奏曲の演奏だ。決してほめすぎではない。本当に甲乙つけがたい。こちらを上位におく人もいるだろう。華麗さ、豪華絢爛さにおいては明らかにこちらの方が上だ。一緒に入っている作品31−3もすばらしい。

ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 2,394

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
シフ(アンドラーシュ)
ドレスデン・シュターツカペレ
ベートーヴェン

発売日:
1999/10/27
ベートーヴェン:P協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 6,300

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO80

演奏者・作曲者:
内田光子
バイエルン放送交響楽団
ベートーヴェン
ザンデルリンク(クルト)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

発売日:
1999/09/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
素晴らしい演奏。輸入盤でどうぞ。
内田さんのピアノは細部まで神経の行き届いているけれども、神経質にはなっていないという点が良いと思います。全体としては、ピアノが鳴り過ぎないように響きを抑制する傾向の演奏ですので、勇壮壮大なサウンドを期待すると肩透かしを食らいます。特に初期作品は「モーツァルトの延長線上としてのベートーヴェン」といったとらえ方になっており、より室内楽的で濃密なアンサンブルを展開しています。そういう点ではザンデルリンクの指揮も見事だと思います。日本盤は高価なので、半値程度で入手できる輸入盤をおすすめします。

ベートーヴェン:P協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調WoO6
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58(ピアノ六重奏版)
交響曲第2番ニ長調op36(ピアノ三重奏版)

演奏者・作曲者:
ガーディナー(ジョン・エリオット)
レビン(ロバート)
オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
ベートーヴェン

発売日:
1999/08/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
豪華な内容、完璧な演奏
レヴィンのフォルテピアノ・ソロ、ガーディナー指揮オルケストル・レヴォルショネル・エ・ロマンティークの演奏による、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集(4枚組)です。1995年1月〜1997年12月に録音されました。

協奏曲全5曲に加えて、ロンド、合唱幻想曲、ピアノ六重奏版の協奏曲第4番と交響曲第2番が収録されている豪華な内容です。

軽快で透明感があり、なおかつ渋い趣きもあるレヴィンのフォルテピアノがすばらしく、オケもガーディナーの統率力のある指揮のもとで完璧な演奏をしています。合唱幻想曲で登場するモンテヴェルディ合唱団も迫力に満ちた見事な合唱です。

非常にウマい演奏なのですが、いかにも「古楽臭い」演奏が好きな方にはこのCDはちょっと不向きかも知れませんね・・・

ベートーヴェン:P協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
ピアノ協奏曲第3番ハ短調
ピアノ協奏曲第4番ト長調
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ラトル(サイモン)
ブレンデル(アルフレッド)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1999/05/22

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
最高のベートーヴェン
文句なしに5つ★。1番の1楽章は確かに早過ぎるが、その分、音楽が丁寧に作られているので充分魅力的。時に、ブレンデルの悪い癖で、変なところを強調したり(例えば皇帝の冒頭カデンツァなど)するところさえなければ完璧なのだが・・。オーケストラも勿論文句なし。ベートーヴェンが残したメトロノーム記号表示に関して弟子のツェルニーがまとめた著書が出版されているがかなりそれを見ると早い。ただ、彼が性格にメトロノームを使えていたかといえば疑問だが、まず遅めのテンポは彼は嫌ったのだろう。それを裏付けるようなオーケストラを見事にラトル&ウィーン・フィルが体現している。素晴らしい全集だと思う。
評価: 5
異端と正統のケミストリー!
ブレンデル三度目の録音となるベートーヴェンピアノ協奏曲全集です。すでに三度のピアノソナタ全集をも完成させている現代を代表するベートーヴェン弾きブレンデルが、パートナーに選んだのが意外にも奇才ラトル。同じウィーン・フィルとのベーレンライター版交響曲全集が賛否をかもした俊英と、エドウィン・フィッシャーの流れをくむ正統派ブレンデルとの競演が、レーベルの壁を超えて実現したのは何とも刺激的。表面的な奇抜さを忌避せずに、じっと耳をかたむけると様々な示唆にとんでいます。こうしたいわば異端と正統の両極を受け容れてなお、紛れもないベートーヴェンであることに、スコアの奥深さを思い知らされるます。
評価: 1
異常なテンポ
楽曲を演奏する際、テンポの設定というのはもっとも重要な問題である。昔の演奏が「普通」、「準急」なら最近の演奏は「急行」、「特急」に喩えることが出来るほど速くなっている。しかし、物事には限度というものがあり、「新幹線」では車窓が全然楽しめないように、余りに速すぎるテンポでは、その曲のメロディーの美しさを味わう余裕もなくなる。この評価は第一番第一楽章のラトルの伴奏にのみについて触れているが、この調子で演奏されると最後まで聴く気がしなくなっても不思議ではない。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集 (新リマスタリング)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 5,097

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ディアベッリの主題による33の変奏曲ハ長調op120
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1999/04/22

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
実に惜しい
 スタインウェイで弾かれたベートーヴェンは論外だと思うので ;) どちらにしてもバックハウス以外の選択肢はほとんどないのだが、なぜかベートーヴェンに関してだけは指揮者に相性のよさで知られたベームではなくイッセルシュテットが起用されている。どうしてなのだろうか。もちろんオーケストラがヴィーン・フィルだけに悪い演奏ではないのだが、バックハウスと同じ演奏スタイルを採りながら、すなわち「楽譜に忠実な演奏」を標榜しながら、誰にもマネのできないクオリティの演奏を成し遂げてしまうあの不思議なカール・ベームの指揮が聴けないのは大変残念だ。
 もちろんバックハウスのピアノについては何も言うことはない。面白く弾かないことこそが重要なポイントなのである。抑制されたスタイルのうちにベーゼンドルファーを美しく響かせてさえいればベートーヴェン演奏に関しては他には何も必要がないからである。そこが例えばロマン派のピアノ曲とは異なる点だ。
 大変残念だが一点減点して四点としたい。

 なお、ディアベリ変奏曲はモノラル時代の録音だ。これと「ハンマークラヴィア」だけは、バックハウスはステレオで再録音せずに世を去った。もちろんテクニック的には完成された録音で素晴らしいのだが、できればステレオで再録音して欲しかった。これも残念。
評価: 4
味わい深いザッハリッヒカイト
モーツァルト的佇まいが濃厚な1・2番に関してはもっと素敵な演奏があるかもしれない。だがベートーヴェン的全人性が開花した3〜5番に関してはバックハウスの魅力全開だ。ことにベート−ヴェン的レガート奏法が散りばめられた第3番はベーゼンドルファーの雅で深い響きが徹底的に追求され、バックハウスの凄さに改めて驚嘆する。中でも第1楽章カデンツァ(通常使われるカデンツァとは違う)の凄さは必聴。形態的には思い入れと虚飾を一切排した古典的佇まいだが、その味わい深さは永遠の価値を持つ。精気溢れる伴奏も素敵だ。
評価: 5
バックハウス&VPO、ゴールデンコンビの名演!
バックハウスとVPOといえば、ベートーヴェンの協奏曲の演奏において、ゴールデンコンビといっていい組み合わせだ。彼らは、演奏会でも、何度もベートーヴェンの協奏曲を演奏し、気心の知れた間柄だった。そんな彼らの全集、まさに王道中の王道といっていいかもしれない。指揮は、シュミット=イッセルシュテット。彼は、北ドイツ放送交響楽団を発足させたとき、ウィーン・フィルとベルリン・フィルの個性を併せ持ったオーケストラを作ろうとしたほど、ウィーン・フィルの音楽に心酔していた。ウィーン・フィルの特性を見事に引き出したバックアップぶりもこの全集の聴きどころだ。ウィーン・フィルとは、ベートーヴェンの交響曲全集も完成している。バックハウスのピアノは、クールで、さりげなく、音?!??に繊細さや斬新さが求められる今日では、必ずしも注目を浴びるわけではないかもしれない。某有名なピアニストも、「バックハウスは少しもおもしろいと思わなかった!」と公言してはばからない。しかし、何気ないフレーズの中にも、美しい輝きや、豊かな歌が込められており、単なる音階的な動きにさえ、独特な美しさがある。リマスタリングでブラッシュアップされたこの全集で、バックハウスの演奏が再び見直されるとよいと思うのは私だけだろうか?

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
徳間ジャパンコミュニケーションズ

価格:
¥ 2,850

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,950

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調WoO6

演奏者・作曲者:
レーゼル(ペーター)
ベルリン交響楽団
ベートーヴェン
フロール(クラウス・ペーター)

発売日:
1999/04/21
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,809

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ,合唱と管弦楽のための幻想曲ハ短調op80「合唱幻想曲」

演奏者・作曲者:
アシュケナージ(ウラジミール)
クリーヴランド管弦楽団
ベートーヴェン
クリーヴランド合唱団

発売日:
1999/03/17
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,548

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,180

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO80

演奏者・作曲者:
内田光子
バイエルン放送交響楽団
ベートーヴェン
ザンデルリンク(クルト)

発売日:
1999/03/17
20世紀の偉大なるピアニストたち〜クラウディオ・アラウ(2)

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」(ベートーヴェン)
アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調WoO57(同)
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」(同)
幻想曲ヘ短調op49(ショパン)
ピアノ・ソナタ ロ短調(リスト)
幻想曲ハ長調op17(シューマン)

演奏者・作曲者:
デイヴィス(コリン)
アラウ(クラウディオ)
ドレスデン・シュターツカペルレ
ベートーヴェン
ショパン
リスト
シューマン

発売日:
1999/03/17

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
交響曲第6番「田園」~第1楽章
交響曲第5番「運命」~第1楽章
交響曲第7番~第2楽章
ピアノ協奏曲第5番「皇帝」~第1楽章(冒頭部分)
ヴァイオリン協奏曲~第3楽章(冒頭部分)
弦楽四重奏曲第9番「ラズモフスキー第3番」~第4楽章
ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」~第1楽章(冒頭部分)
ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第3楽章
ピアノ・ソナタ第14番「月光」~第1楽章
ピアノ・ソナタ第23番「熱情」~第3楽章
交響曲第3番「英雄」~第3楽章
交響曲第9番「合唱」~第4楽章(中間部分/最終部分)

演奏者・作曲者:
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ボストン交響楽団
エッシェンバッハ(クリストフ)
小澤征爾
フィルハーモニア管弦楽団
ミンツ(シュロモ)
シノーポリ(ジュゼッペ)
メロス弦楽四重奏団

発売日:
1999/03/03

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ベートーヴェンとの出会い
カラヤン、小澤、ケンプ等の一流アーティストの演奏をたった1枚で聴けちゃうCDなんてそうはありませんよ。V協、皇帝、春、第九は抜粋ですが、「この先も聴いてみたい!」という気を起こさせます。ミニ伝記もよくまとまって読みやすい。これを元に他の演奏にも聴き入ってみてもいいんじゃないでしょうか?

ベートーヴェン : 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 「運命」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
交響曲第5番ハ短調op67「運命」
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op81
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op27-2「月光」
バガテル イ短調WoO59「エリーゼのために」

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
シェリング(ヘンリック)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ブレンデル(アルフレッド)
ベートーヴェン

発売日:
1999/02/01

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,500

amazonでのユーズド価格:
¥ 890

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●チャイコフスキー:
ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op23

演奏者・作曲者:
ベイヌム(エドゥアルト・ヴァン)
セル(ジョージ)
カーゾン(クリフォード)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ロンドン新交響楽団
ベートーヴェン
チャイコフスキー

発売日:
1998/12/23
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58

amazonへ行く


CD

発売:
キングインターナショナル

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
クーベリック(ラファエル)
カーゾン(クリフォード)
バイエルン放送交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/12/23
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
アラウ(クラウディオ)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/12/16
20世紀の偉大なるピアニストたち〜ワルター・ギーゼキング

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第23番イ長調K488(モーツァルト)
ピアノ協奏曲第24番ハ短調K491(同)
子守歌変ニ長調op57(ショパン)
交響的変奏曲(フランク)
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」(同)
アルバムの綴りop124~第6曲「子守歌」(シューマン)
詩曲嬰ヘ長調op32-1(スクリャービン)
前奏曲ホ長調op15-4(同)

演奏者・作曲者:
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ギーゼキング(ワルター)
フィルハーモニア管弦楽団
モーツァルト
ベートーヴェン
ショパン
フランク

発売日:
1998/12/16

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,300

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ケンプ(ヴィルヘルム)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラーベ(ペーター)
ベートーヴェン

発売日:
1998/11/01

amazonへ行く


CD

発売:
キングレコード

amazonでのユーズド価格:
¥ 5,000

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ショルティ(サー・ゲオルク)
アシュケナージ(ウラジミール)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/10/09

amazonへ行く


CD

発売:
キングレコード

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
「エロイカ」の主題による変奏曲とフーガop35

演奏者・作曲者:
クナッパーツブッシュ(ハンス)
カーゾン(クリフォード)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/10/09

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/09/02

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
アラウ(クラウディオ)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/07/15
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op61

演奏者・作曲者:
インマゼール(ジョス・ファン)
ターフェルムジーク・バロック管弦楽団
ベートーヴェン
ヴァイル(ブルーノ)
ベス(ヴェラ)

発売日:
1998/06/20
'ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第4番,第5番'

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

amazonでのユーズド価格:
¥ 900

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
バレンボイム(ダニエル)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1998/04/29
ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ケンプ(ヴィルヘルム)
ベートーヴェン
ケンペン(パウル・ファン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

発売日:
1998/03/05

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
男性的でドイツ的で、重厚な光輝に満ちたベートーヴェン!!
LP廉価版時代、協奏曲ハ長調(第一番)と「皇帝」を購入して驚愕しました。
ケンプというと「技巧的に脆弱な部分があり気まぐれな即興に身を任せる」といった先入観がありましたが、とんでもない!!
 物凄く迫力のある=訴えかける力が凄い充実したがっちりとした響き、強烈なダイナミックス、強力なばねのような粘り強いリズム(音自体にもそういうことが言えますね。腰の強い本格的手打ちそばのようなコシと味わいの深さ。これはケンプを語る上で欠かせない重要な点です!)、「意識的即興性」と言いたくなるほどの突き詰めた解釈力(即興的ピアニッシモへの沈潜も実はケンプが考え抜いてそう弾いてるのです)、いずれとっても超一流。
 1954年頃のモノラル録音ながら鮮明で生々しく気品がある。
バックがまた凄い。ケンペン指揮ベルリン・フィルが男性的で雄渾なベートーヴェンの精神を体現する。60年代ライトナー指揮ベルリンフィルとステレオ再録音していますが(一般的にはこちらが有名)、コンセプトは全く同じながら、明らかにケンペン伴奏盤のほうが凄い。存在感が抜群。ケンプと本当に「コンチェルト」やっている。「これこそベートーヴェン!!」と叫びたくなります。
 作曲者がスコアにカデンツァを書き込んでない1 ̄4番においてはケンプじいさんは自作のカデンツァを弾いているのがご愛嬌(^0_0^)。中々のんびりとしていてよろしい。
 まずは「皇帝」と「ト長調」を聞いてみてください。「これがケンプ???」と驚き必定です。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 98,000

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
シャイー(リッカルド)
ラローチャ(アリシア・デ)
ベルリン放送交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/12/03

amazonへ行く


CD

発売:
キングレコード

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調
テンペスト*ピアノ・ソナタ第17番ニ短調

演奏者・作曲者:
シュタイン(ホルスト)
グルダ(フリードリヒ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/11/06

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
皇帝の中の皇帝
ベートーヴェンの「皇帝」のディスクから一つだけ選べといえば、私は躊躇することなくこのディスクを選び出すだろう。もちろん、グルダのピアノが魅力的だからである。そして、それを支えるシュタイン/ウィーン・フィルの味わい深い演奏が素晴らしい。「皇帝」は名曲ではあるが、終楽章など同じようなテーマがたびたび出てくるので、演奏によっては退屈することもある。しかし、グルダ盤は、退屈させるどころか、終わりに近づくほど、興奮させてくれる。でも、この演奏、力で押し切っただけの演奏ではなく、第2楽章から第3楽章へ移行する部分など、実に繊細な感覚と静謐な時間に包まれており、そしてそれも魅力的である。

ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
グールド(グレン)
アメリカ交響楽団
ベートーヴェン
ストコフスキー(レオポルド)

発売日:
1997/11/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
( 'c') < グールドについて思うこと ** うんぬん **
 星5つがいいか迷いましたが、やっぱりグールドは好きなので5つにしました。 

 グールドで素晴らしいと思うのは、ブラームスの間奏曲のあの静かな世界や、モノラルで録音したモーツァルトのハ長調のソナタの硬質な感覚や、晩年に録音したハイドンの豊かで自由な世界などなど、ほかどれも思い入れがあるのですが、グールドの著作や話したことなんかを思うと、この録音も特別な感じがします。グールドが考えたり、思いついたり、想像したことが、そのままに現れているいるようで身近に感じられる気がします。
 グールドがピアノで旋律を歌わせるときの癖のようなものや、テンポの感覚なんかもよく分かるおもしろい内容です。

 でも本当は、よく演奏者の匿名性のことを言っていたように、ベートーヴェンとして聴いてほしいと思っていたと思いますし、”ベートーヴェンの中期から後期にかけての特長である、歌と精神性みたいなもの”という本質にわりと合っている録音だと思います。

ベートーヴェン:P協奏曲5&2

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
ピアノ協奏曲第5番op73「皇帝」
同第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
クラウス(クレメンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/09/10

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/09/10
ベートーヴェン:P協奏曲4&5

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/09/05

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 7,034

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,000

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37ピアノ協奏曲同第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」

演奏者・作曲者:
シフ(アンドラーシュ)
ドレスデン・シュターツカペレ
ベートーヴェン
ハイティンク(ベルナルト)

発売日:
1997/08/10

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
とにかく一人でも多くの人に聴いてほしい名盤。
私個人的には決定的と言える全集録音。シフは確信的に聴き手の智にアピールする。余分なものを捨てて抽出された音楽に「新生」という言葉を感じる。例えば有名な第5番においても、威風をことさら装う風もなく、フレーズを解体し、細やかに彫像を作りなおす。フレーズからフレーズへの受け渡しに間合いが生じるが、この「ため」が実に鮮やかに音楽の構造を解きほぐす。人によっては解析的すぎると感じられるかもしれないが、ピアニスティックな響きによって編みなおされたその爽快さは無比である。第3番も見事。特にピアノの導入部。尋常ではない鋭い切り口はスリリング。カデンツァの表現も実に意欲的で素晴らしい。終楽章のたたみかける迫力も随一。併録されている熱情ソナタは特に2楽章で構造的な響きが面白く堪能できる。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,280

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
レヴァイン(ジェームス)
キーシン(エフゲニー)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/08/01

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
「アテネの廃墟」からの「トルコ行進曲」の主題による6つの変奏曲ニ長調op76
ヴラニツキーのバレエ「森の乙女」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲イ長調WoO71
創作主題による32の変奏曲ハ短調WoO80

演奏者・作曲者:
セル(ジョージ)
ギレリス(エミール)
クリーヴランド管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/07/24

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
後半の変奏曲はベートーヴェンの生き写しの演奏や!
初めてベートーヴェンに触れられる方にはまた違って聴こえはるんでしょうけども、年寄りの好み(独断)で書かせていただきますと、わてには本盤の白眉は「ヴラニツキーの主題による12の変奏曲イ長調」と「創作主題による32の変奏曲ハ短調」にあると思う。「ハ短調」の方はいわゆるベートーヴェンの4大変奏曲(エロイカ、ディアベッリ、6つの創作主題変奏曲)のひとつですけども、ヴラニツキーの方は余りメジャーではないようです。両方、ギレリスにかかるとゴツくええです。ベートーヴェンというんは、孤独で男性的ながら大変ロマンチックなフレーズと、雄々しい主題のダイナミズムの発露とのコントラストにあるのや、ということを実感させてくれはる。各変奏のバラエティを見事に弾き切ってらして、大変爽快です。やっぱ、ガツンといくとこはガツンといっとる男性的タッチに共感できますがな。感覚的には、交響曲3, 4, 5, 7やピアノソナタ熱情、悲愴、ワルトシュタインのダイジェストを聴かせていただいた感じ。10数分(そういう楽譜であるわけですが)でこのバラエティを演り切るのは至上の名人芸でしょうなあ。グールド盤が極めて女性的に聴こえます。ベートーヴェンがゴツいのか、ギレリスがゴツいのか・・・

ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,548

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
小澤征爾
ゼルキン(ルドルフ)
ボストン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/06/04
ベートーヴェン:P協奏曲全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
ピアノ協奏曲第3番ハ短調
ピアノ協奏曲第4番ト長調
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
小澤征爾
ゼルキン(ルドルフ)
ボストン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/06/04
ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,260

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリチオ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
ベーム(カール)

発売日:
1997/05/08

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
練習曲集op10
同op25
ピアノ・ソナタ第28番イ長調op101
同第29番変ロ長調op106「ハンマークラヴィーア」
ピアノ・ソナタ第30番ホ長調op109
同第31番変イ長調op110
同第32番ハ短調op111
ピアノ協奏曲第23番イ長調K488
同第19番ヘ長調K459
ピアノ協奏曲第1番ニ短調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83
3つのピアノ曲op11
6つのピアノ小品op19
5つのピアノ曲op23
ピアノ組曲op25
ピアノ曲op33a
ピアノ曲op33b
ポロネーズ第1番嬰ハ短調op26-1
ポロネーズ第2番変ホ短調op26-2
ポロネーズ第3番イ長調op40-1「軍隊」
ポロネーズ第4番ハ短調op40-2
ポロネーズ第5番嬰ヘ短調op44
ポロネーズ第6番変イ長調op53「英雄」
ポロネーズ第7番変イ長調op61「幻想ポロネーズ
ピアノ・ソナタ第1番嬰ヘ短調op11

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリチオ)
ショパン
ベートーヴェン

発売日:
1997/05/08

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 2,325

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,800

曲目:
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」
同第14番嬰ヘ短調op27-2「月光」
同第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第7番ニ長調op10-3

演奏者・作曲者:
ホロヴィッツ(ウラジミール)
ベートーヴェン
RCAビクター交響楽団
ライナー(フリッツ)

発売日:
1997/04/23

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ノリノリのホロヴィッツ
 最初聴いた時、あまりにもドラマチックな演奏をするのでビックリしました。「皇帝」なんてグールドの演奏とあまりにもかけ離れているし(当たり前か)、「月光」もグイグイ行く感じです。なんかピアノ上手すぎて、どうだ!、という感じが出ていてある意味凄いです。まあかなり楽しめる一枚であることは間違いないです。ベートーヴェンを聴くというよりもホロヴィッツを聴くという感じでしょうか。
評価: 4
ノリノリのホロヴィッツ
 最初聴いた時、あまりにもドラマチックな演奏をするのでビックリしました。皇帝なんてグールドの演奏とあまりにもかけ離れているし(当たり前か)、月光なんかもグイグイ行く感じです。なんかピアノ上手すぎて、どうだ!、という感じが出ていてある意味凄いです。まあかなり楽しめる一枚であることは間違いないです。ベートーヴェンを聴くと言うよりもホロヴィッツを聴くという感じでしょうか。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op13「悲愴」
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」

演奏者・作曲者:
シーガル(ユリ)
フィルクスニー(ルドルフ)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/03/05

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調
ピアノ協奏曲第4番ト長調

演奏者・作曲者:
シュミット=イッセルシュテット(ハンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/11/11

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,744

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第3番ハ短調op37 ※〈CDテキスト〉

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
ペライア(マレイ)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/10/21
ベートーヴェン:P協奏曲第4番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ライトナー(フェルディナント) ケンプ(ヴィルヘルム)
ケンプ(ヴィルヘルム)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ライトナー(フェルディナント)
ベートーヴェン

発売日:
1996/10/02

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ベートーヴェン ピアノ協奏曲101
これまで迫力の度合い、美しさから言って、交響曲こそBeethovenであると思い、そればかりを聴いていたが、これを聴いてBeethovenの素晴らしさはピアノ曲を聴かねば分からないということを知った。実際、Beethovenは多くの曲をピアノで作曲している。このアルバムは、Beethovenのピアノ曲へのイントロダクションとしては、最適ではないだろうか、特に交響曲から入った方々にはお薦めだ。迫力ある演奏、そして優美なピアノとオーケストラとの協奏が楽しめる秀逸な作品だ。
評価: 4
ベートーヴェンらしいベートーヴェン
1961年録音、ステレオ。ケンプの演奏は正統派でベートーヴェンらしさの溢れたもの。ひとつの規範になる演奏。録音はオーケストラに対してピアノの音像がやや大きめに定位する。きらびやかなピアノに対してオーケストラの音色が地味に感じるものの聴きやすい録音である。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 2,854

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ヤノフスキ(マレク)
オピッツ(ゲルハルト)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/08/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
まさに壮烈なベートーヴェン!!
オピッツによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の中の1枚。オピッツの技巧の安定性は言うまでもなく彼の魅力のひとつだが、ベートーヴェン、ブラームスをオピッツほど、作曲家に共感して自らの演奏哲学で語りかけれるピアニストはいないと思う。ここにおける4番の爽快さ、皇帝の積極的なアプローチなど筆舌に尽くし難い。そして録音の良さ、特にオピッツのピアノの音色の美しさには脱帽だ。これほどベートーヴェンのパッセージを美音で弾き続けれるピアニストを他に知らない。ヤノフスキ率いる名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の好サポートも見逃せない。新時代の皇帝&4番だ。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
レビン(ロバート)
モンテヴェルディ合唱団
オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク
ベートーヴェン
ガーディナー(ジョン・エリオット)

発売日:
1996/06/26
ベートーヴェン:P協奏曲第5番

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
「エロイカ」の主題による15の変奏曲とフーガ変ホ長調op35
創作主題による6つの変奏曲ヘ長調op34

演奏者・作曲者:
ガリエラ(アルチェオ)
シュナーベル(アルトゥール)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーベン

発売日:
1996/06/19
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,529

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ブレンデル(アルフレッド)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン
レヴァイン(ジェームス)

発売日:
1996/06/05

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ブレンデル2楽章の最初の2音
☆高校の音楽の授業のとき、この《皇帝》を聞いて、第2楽章の美しさに改めて感じ直した私は、家に眠っている古いレコードを何回も何回も聞き返し、好きな曲のひとつにすることができました。この〈第2楽章:アダージョ・コン・モート〉の、管弦楽から始まり、やがて、パンパンとふたつの音から始まるピアノの音色を聞くと、こんなにピアノの音って美しいんだなあと感じます。スピード感あふれる第1楽章もいいです。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ショルティ(サー・ゲオルク)
アシュケナージ(ウラジミール)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/04/21

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ライナー(フリッツ)
クライバーン(バン)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/03/23

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 3,578

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,200

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
6つのバガデルop126
アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調WoO57
エリーゼのためにWoO59

演奏者・作曲者:
メータ(ズービン)
アシュケナージ(ウラジミール)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1996/03/01

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
今でも愛聴盤です!
アシュケナージの2度目のピアノ協奏曲全集! ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集を購入しようと決めた時に、テクニックが素晴らしいこと、指揮者との解釈に問題がないこと、そしてベートーヴェンの音楽を深いところまで理解しているか?以上を検討した結果、アシュケナージ・メータ盤に決めることにした‥!この選択は良かったと私は思っている。アシュケナージは歌う箇所では美しく歌い、「皇帝」の激しいダイナミックスでも力負けしていない!メータの指揮は意外に主張が強く(ショルティよりも‥!)彼独特の濃厚な表情付けが所々、うるさく感じたがアシュケナージの手際良く、それでいて全体的な統一感のある清潔感溢れる明るい響きにより、違和感もあまりなく気持ち良く全5曲聴くことが出来た!特に3番、4番はメータの指揮も良く、素晴らしい名演奏になった! 惜しむらくは「皇帝」が少しまとまり過ぎてスケールが小さくなっており残念だ‥。美しい演奏だが、曲の性格からしても、もう少しハメを外してもイイ様に感じる‥。 メータの指揮が私には濃厚過ぎて違和感が少しあるので1つ星減点‥アシュケナージは美しく解釈も同じ作曲家のピアノソナタと同様にスキがなく万全に近い名演奏だと思います。多くの方に今でも推薦できる名盤です!(次点は内田光子、ザンデルリンク盤!スケールも大きく、内田のピアノも繊細で美しい!)
評価: 5
デリケートでストロングそしてインテリジェンス
本当にピアノの上手い人だと思う。
練習の虫だったと聞いているが、かなりの深部に至るまでベートーヴェンを理解しているピアニストだと思う。特に後期ベートーヴェンのピアノ解釈ではナンバー・1なのではないだろうか。
その意味でこの全集に「6のパガデル」が付け足してあるのはとてもイイ。

肝心の協奏曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲でも最高峰の一つだと言っていいだろう。だだし個人的には私はメータの押しの強い指揮ぶりには少し閉口するのだが・・・・・

しかし、そのメータの男性的なダイナミックな表現にもアシュケナージの力強い演奏は一歩も退くことなく、これを征し、且つデリケートな部分にいたってはこれほどまでに美しくベートーヴェンを歌い上げることが可能なのかと感動させられてしまう。

もう一人の名ピアニストにマウリィツオ・ポリーニがおりベートーヴェンの協奏曲演奏では君臨しているが、これは好対照のライバルであり、どちらが上とかそういう次元ではなく、この性格のまったく異なる二人のどちらもが真のベートーヴェンを表現し得ていると私は思う。
聞き比べるとゾクゾクします。

昔、ある大作曲家が自分の作品が二つの楽団でかなり違った解釈で演奏されたのを聴いたそうだが、その作曲家は「どちらも良ろしい。」と言ったそうだ。
最近、また昔の名演奏が再評価され売れているようであるが、ピアニストとしてのアシュケナージの存在はやはり傑出していると言わざるを得ない。

レコード・アカデミー大賞を獲得したアルバムとのことですが、そのような肩書きはもはやいらないでしょう。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集

amazonへ行く


CD

発売:
徳間ジャパンコミュニケーションズ

価格:
¥ 5,616

amazonでのユーズド価格:
¥ 4,980

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第3番ハ長調op37
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調WoO6

演奏者・作曲者:
フロール(クラウス・ペーター)
レーゼル(ペーター)
ベルリン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1995/12/21

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
手堅い一枚
最初はスケール感もなく「何だ〜」と思っていました。ところが聴いていくうちに何故だか耳に心地よくなってとても気に入ってきました。それだけ奥深い繊細さがあったということなんでしょうか。それにフロール+ベルリン響のバックは素晴らしい。派手さがなくて極めて堅実です。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
日本クラウン

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,490

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
マー(ノーマン・デル)
ドノホー(ピーター)
BBC交響楽団
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ゴールドストーン(アンソニー)
ベートーヴェン

発売日:
1995/12/16

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,733

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73「皇帝」 1Allegro
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73「皇帝」 2Adagio un poco mosso-
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73「皇帝」 3Rondo:Allegro

演奏者・作曲者:
ゼルキン(ルドルフ)
ボストン交響楽団
小澤征爾
ベートーヴェン

発売日:
1995/12/06
ヴァチカンのミケランジェリ

amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

曲目:
映像第1集(ドビュッシー)
同第2集(同)
夜のガスパール(ラヴェル)
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ショパン)
前奏曲集第1巻(ドビュッシー)
ピアノ協奏曲第5番op73「皇帝」(ベートーヴェン)
ピアノ・ソナタ第3番ハ長調op2-3(同)
ピアノ協奏曲イ短調op54(シューマン)
ピアノとオーケストラのための「死の舞踏」(リスト)

演奏者・作曲者:
ガヴァッツェーニ(ジャナンドレア)
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
ローマ放送交響楽団
ドビュッシー
ラヴェル
ショパン
ベートーヴェン

発売日:
1995/12/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ミケランジェリの遺産
不思議なCDである。ミケランジェリとしては比較的新しい録音であるが、
全てモノラルのため、音像が中心にまとまってしまうのは残念である。
しかし情報量は水準をクリアしており、残響が思いの外少ない事も手伝って、
演奏者の細かいニュアンスは充分聞き取れる。
ミケランジェリは楽譜に記されている音を残らず出しきるかのような、
重厚な和音の正確さが特筆される。普通のピアニストならば、意図してか
否か、和音を叩くときに各音の強弱にメリハリをつけて響きを整理するが、
ミケランジェリは全ての音を同じ強さで叩く。それでいて響きが濁らない。
これが彼の作風を形作る基礎となる。そしてその美点はドビュッシー、
ベートーベン等で如何無く発揮される。
そのミケランジェリも今や故人となり、こうしてCDの形でしかその芸術に
触れられないのは残念でもあり、しかしいつでもこうして最高の演奏に
再会できることは、ある意味幸せなのかもしれない。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ドラティ(アンタル)
スクロヴァチェフスキー(スタニスラフ)
バッカウアー(ジーナ)
ロンドン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1995/11/05
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●グリーグ:
同イ短調op16

演奏者・作曲者:
クナッパーツブッシュ(ハンス)
フィエルスタート(エイビン)
カーゾン(クリフォード)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ロンドン交響楽団
ベートーヴェン
グリーグ

発売日:
1995/11/01
不滅の恋〜シネマ・ベートーヴェン

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章
同第8番ヘ長調op93~第2楽章
同第9番ニ短調op125「合唱」~第2楽章
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」~第1楽章
エリーゼのために
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op27-2「月光」~第1楽章
同第8番ハ短調op13「悲愴」~第2楽章
交響曲第6番ヘ長調op68「田園」~第5楽章
弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調op131~第1楽章
交響曲第9番ニ短調op125「合唱」~第4楽章(抜粋)

演奏者・作曲者:
ショルティ(サー・ゲオルク)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
シカゴ交響楽団
アシュケナージ(ウラジミール)
ベートーヴェン

発売日:
1995/10/25

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 1,020

amazonでのユーズド価格:
¥ 420

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第3番ハ短調op37

演奏者・作曲者:
フライシャー(レオン)
クリーヴランド管弦楽団
ベートーヴェン
セル(ジョージ)

発売日:
1995/10/21

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op13「悲愴」
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」

演奏者・作曲者:
小澤征爾
エッシェンバッハ(クリストフ)
ボストン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1995/10/01

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
皇帝は良かった
ピアノ協奏曲「皇帝」は小澤征爾の指揮のせいか?非常に良かったと思います。ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」は超有名な曲だけに他の演奏と聴き比べてしまいました。訴えかけてくるものが足りない。そんな物足りなさを感じました。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
第1番ヘ短調op2の1
第2番イ長調op2の2
第8番ハ短調op13「悲愴」
第4番変ホ長調op7
第5番ハ短調op10の1
第6番ヘ長調op10の2
第3番ハ長調op2の3
第7番ニ長調op10の3
第9番ホ長調op14の1
第10番ト長調op14の2
第11番変ロ長調op22
第12番変イ長調op26「葬送」
第13番変ホ長調op27の1
第14番嬰ハ短調op27の2「月光」
第15番ニ長調op28「田園」
第16番ト長調op31の1
第17番ニ短調op31の2「テンペスト」
第18番変ホ長調op31の3「狩」
第19番ト短調op49の1
第20番ト長調op49の2
第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」
第22番ヘ長調op54
第23番ヘ短調op57「熱情」
第24番嬰ヘ長調op78「テレーゼ」
第25番ト長調op79
第26番変ホ長調op81a「告別」
第27番ホ短調op90
第28番イ長調op101
第29番変ロ長調op106「ハンマークラヴィーア」
第30番ホ長調op109
第31番変イ長調op110
第32番ハ短調op111
アンダンテ・ファヴォリ□ヘ長調WoO57
ピアノ協奏曲第1番ハ短調op15
同第2番変ホ長調op19
同第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
合唱幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
ブレンデル(アルフレッド)
ベートーヴェン

発売日:
1995/09/06

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
フィッシャー(エドウィン)
フィルハーモニア管弦楽団
ベートーヴェン
フルトヴェングラー(ウィルヘルム)

発売日:
1995/08/30
ベートーヴェン:皇帝

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」●Rシュウトラウス:
ピアノと管弦楽のための「ブルレスケ」ニ短調

演奏者・作曲者:
アンチェル(カレル)
ゴルシュマン(ウラジミール)
トロント交響楽団
グールド(グレン)
ベートーヴェン
R.シュトラウス

発売日:
1995/07/21

アマゾンでの評価平均値:
2.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
良くも悪くもグールド的
〜グールドの強い個性が発揮された演奏だが違和感が強い。オケも粗い。よほどのグールドファンでない限り、お薦めできない。
アンチェルは知名度があるが、ゴルシュマンはあまり知られていないと思う。バレエなど舞踊音楽の伴奏指揮者としての幾つかの名演が忘れがたい人ではあるが、ここではグールドのペースに合わせるのみで、例えばチャイコフスキーの「白〜〜鳥の湖」で見せたような美点は霞んでしまっている。〜


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 3,059

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリチオ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
アバド(クラウディオ)

発売日:
1995/04/10

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ・ソナタ第1番ヘ短調op2-1
同第2番イ長調op2-2
同第3番ハ長調op2-3
同第4番変ホ長調op7
同第5番ハ短調op10-1
同第6番ヘ長調op10-2
同第7番ニ長調op10-3
同第8番ハ短調op13「悲愴」
同第9番ホ長調op14-1
同第10番ト長調op14-2
同第11番変ロ長調op22「大ソナタ」
同第12番変イ長調op26「葬送行進曲」
同第13番変ホ長調op27-1
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」
同第15番ニ長調op28「田園」
同第16番ト長調op31-1
同第17番ニ短調op31-2「テンペスト」
同第18番変ホ長調op31-3
同第19番ト短調op49-1
同第20番ト長調op49-2
同第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」
同第22番ヘ長調op54
同第23番ヘ短調op57「情熱」
同第24番嬰ヘ長調op78
同第25番ト長調op29「かっこう」
同第26番変ホ長調op81a「告別」
同第27番ホ短調op90
同第28番イ長調op101
同第29番変ロ長調op106「ハンマークラヴィーア」
同第30番ホ長調op109
同第31番変イ長調op110
同第32番ハ短調op111
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19●モーツァルト:
幻想曲ハ短調K475
ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K457
同第10番ハ長調K330
ロンド イ短調K511
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ディアベッリの主題による33の変奏曲ハ長調op120
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第1番ニ短調op15●シューベルト:
楽興の時D780
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83●シューマン:
森の風景op82
チェロ・ソナタ第1番ホ短調op38
同第2番ヘ長調op99
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35「葬送行進曲」
練習曲集op10&25より
バラード第1番ト短調op23
マズルカ第17番変ロ短調op24-4
同第20番変ニ長調op30-3
同第24番ハ長調op33-3
ワルツ第2番変イ長調op34-1●シューマン:
幻想小曲集op12-3~何故に?
ピアノ・ソナタ第1番ヘ短調op2-1
同第2番イ長調op2-2
同第3番ハ長調op2-3
同第4番変ホ長調op7
同第5番ハ短調op10-1
同第6番ヘ長調op10-2
同第7番ニ長調op10-3
同第8番ハ短調op13「悲愴」
同第9番ホ長調op14-1
同第10番ト長調op14-2
同第11番変ロ長調op22「大ソナタ」
同第12番変イ長調op26「葬送行進曲」
同第13番変ホ長調op27-1
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」
同第15番ニ長調op28「田園」
同第16番ト長調op31-1
同第17番ニ短調op31-2「テンペスト」
同第18番変ホ長調op31-3
同第19番ト短調op49-1
同第20番ト長調op49-2
同第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」
同第22番ヘ長調op54
同第23番ヘ短調op57「情熱」
同第24番嬰ヘ長調op78
同第25番ト長調op29「かっこう」
同第26番変ホ長調op81a「告別」
同第27番ホ短調op90
同第28番イ長調op101
同第30番ホ長調op109
同第31番変イ長調op110
同第32番ハ短調op111
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第2番変ロ長調op83●シューマン:
同イ短調op54[27]●ブラームス:?6つの小品op118?奇想曲ロ短調op76-2
間奏曲変ホ長調op117-1
ラプソディ ロ短調op79-1
間奏曲ホ短調op116-6
同ホ長調op119-2
同ハ長調op119-3●メンデルスゾーン:
ロンド・カプリチオーソ ホ長調op14
無言歌集op62-6,1,4●シューベルト:
即興曲変ロ長調D935-3

演奏者・作曲者:
バックハウス(ウィルヘルム)
ベートーヴェン

発売日:
1994/12/01

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
無骨で頑固なベートーヴェン
〜バックハウスはケンプと並んで名声のあるピアニストだが、実際に聴いてみると、ベートーヴェンのピアノソナタ全集など、技巧的にはもうひとつも二つも足りないと感じさせる。
録音当時はすでに全盛期を過ぎていたためと思われるが、バックハウスのレパートリーのコアな部分であるので惜しまれる。
個々には聴くべき演奏もあるが、この大全集は、ピアノ演奏〜〜の歴史に興味のある人向けで、一般の音楽ファンには勧めかねる。〜

'ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第3番,第4番'

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,957

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ,合唱と管弦楽のための幻想曲ハ短調op80

演奏者・作曲者:
カッチェン(ジュリアス)
ロンドン交響楽団
ベートーヴェン
ガンバ(ピエリーノ)
ロンドン交響合唱団

発売日:
1994/11/02

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,103

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調
ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調

演奏者・作曲者:
バレンボイム(ダニエル)
ルービンシュタイン(アルトゥール)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1994/06/22

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
「エロイカ」の主題による15の変奏曲とフーガ変ホ長調op35

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
アラウ(クラウディオ)
王立アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1994/06/05

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

曲目:
ピアノ協奏曲第2番ハ短調op18●ベートーヴェン:
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ライナー(フリッツ)
クライバーン(バン)
シカゴ交響楽団
ラフマニノフ
ベートーヴェン

発売日:
1994/05/21

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 7,748

amazonでのユーズド価格:
¥ 5,300

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調 作品15 第1楽章:Allegro con brio
ピアノ協奏曲第1番ハ長調 作品15 第2楽章:Largo
ピアノ協奏曲第1番ハ長調 作品15 第3楽章:RondoAllegro scherzando
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品19 第1楽章:Allegro con brio
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品19 第2楽章:Adagio
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品19 第3楽章:RondoMolto allegro
ピアノ協奏曲第3番ハ短調 作品37 第1楽章:Allegro con brio
ピアノ協奏曲第3番ハ短調 作品37 第2楽章:Largo
ピアノ協奏曲第3番ハ短調 作品37 第3楽章:RondoAllegro
ピアノ協奏曲第4番ト長調 作品58 第1楽章:Allegro moderato
ピアノ協奏曲第4番ト長調 作品58 第2楽章:Andante con moto
ピアノ協奏曲第4番ト長調 作品58 第3楽章:RondoVivace
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第1楽章:Allegro
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第2楽章:Adagio un poco moto-attacca:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73《皇帝》 第3楽章:RondoAllegro

演奏者・作曲者:
ポリーニ(マウリツィオ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アバド(クラウディオ)
ベートーヴェン

発売日:
1994/04/06

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
霞がかった録音に減点!ポリーニの演奏は良いのだが・・
5曲通してアッバード指揮ベルリンフィルとの共演による、2回目のベートーヴェンピアノ協奏曲全集。前回は、ベーム、ヨッフムとの共演でしたが、今回は、まず1992〜93年ベルリン・フィルハーモニー大ホールでのライブ録音である事(演奏後に拍手が入っています)、前回から約10年後という時間で、ポリーニがどのように変貌しているか、という点に興味が湧く。まず、録音プロデューサー、クリストファー・アルダーの責任によるものであろうが、聴いていて非常に気になる重大な点は、バーンスタインの晩年のDGG録音の殆どはライブ録音でありながら、明瞭な音の輪郭を捉えたクリアーなものだったのに、こちらは、まるでブートレッグ(といえば言い過ぎか?)並みのオフマイク録音であるため、音に霞みがかかったような、丸まった音質で、ポリーニの明瞭な筈のピアノの音が別物のように聞こえる!かつてのベームとのモーツァルト録音を思い出させる。これには、マイッタ!ポリーニは10年間で、かつての正確無比な演奏からさらに情熱を加え、人間ポリーニによるベートーヴェン像を感じさせる演奏をしているのだが、惜しい事である。それに反して、アッバードは、若き頃の熱情が薄れ、ベルリンフィルという名器を普通に指揮している。この、2つの点で、残念ながら星1つ減点とした。21ビット録音でありながら、かつてのカラヤンのアナログ録音の方がクリヤーであるのは、DGGらしくない。これは残念ながら、推薦するのを控えたい。


amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

曲目:
ソナタ ハ長調op33-3
同ト短調op34-2
同ヘ短調op14-3
同嬰ヘ短調op26-2
ソナタ変ロ長調op47-2~ロンド
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op57「熱情」
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」
同第21番ハ長調op53「ワルトシュタイン」
歌曲「思い出」(ロード)による変奏曲op33●モーツァルト:
ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調K332●メンデルスゾーン:
厳格な変奏曲ニ短調op54●シューベルト:
ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調D960
ピアノ・ソナタ ホ長調K531
同ロ短調K87
同ホ長調K380
同ト長調K455
同イ長調K322
同ホ長調K46
カプリッチョ(ソナタ ホ長調K20による)●ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ第7番ニ長調op10-3●ショパン:
マズルカ第20番変ニ長調op30-3
夜想曲第7番嬰ハ短調op27-1
同第19番ホ短調op72-1
ワルツ第3番イ短調op34-2「華麗なる円舞曲」
同第7番嬰ハ短調op64-2
バラード第3番変イ長調op47●ドホナーニ:
カプリッチョ ヘ短調(演奏会用練習曲op28-6)
幻想ポロネーズ変イ長調op61
バラード第1番ト短調op23
舟歌嬰ヘ短調op60
練習曲嬰ハ短調op25-7
同変ト長調op10-5「黒鍵」
バラード第4番ヘ短調op52
ワルツ変イ長調op69-1
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35「葬送」
夜想曲変ホ長調op9-2
同ヘ短調op55-1
即興曲第1番変イ長調op29
練習曲ホ長調op10-3「別れの曲」
同嬰ハ短調op10-4
バラード第1番ト短調op23
マズルカ嬰ハ短調op30-4
スケルツォ第1番ロ短調op20
スケルツォ第1番ロ短調op20
マズルカ第38番嬰ヘ短調op59-3
同第26番嬰ハ短調op41-1
同第32番嬰ハ短調op50-3
夜想曲第3番ロ長調op9-3
同第4番ヘ長調op15-1
バラード第4番ヘ短調op52
マズルカ第40番ヘ短調op63-2
同第41番嬰ハ短調op63-3
ワルツ第3番イ短調op34-2「華麗なる円舞曲」
夜想曲第19番ホ短調op72-1
マズルカ第7番ヘ短調op7-3
ポロネーズ第7番変イ長調op61「幻想ポロネーズ」
スケルツォ第2番変ロ短調op31
ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調op14「グランド・ソナタ」
フモレスケ変ロ長調op20
幻想小曲集op111
4つの夜曲op23~第3番変ニ長調/第4番ヘ長調
子供の情景op15●リスト:
忘れられたワルツ第1番S215-1
ハンガリー狂詩曲第6番変ニ長調S244-6●ドビュッシー:
「子供の領分」~人形へのセレナード●フォーレ:
即興曲第5番嬰ヘ短調op102●メンデルスゾーン:
「無言歌」op62-1~五月のそよ風●シューマン:
クララ・ヴィークの主題による変奏曲op14●ブラームス:
ワルツ変イ長調op39-15●ショパン:
舟歌嬰ヘ長調op60●リスト:
パガニーニによる超絶技巧練習曲第2番変ホ長調S141-2(ブゾーニ編)●ショパン:
夜想曲第5番嬰ヘ長調op15-2
マズルカ第17番変ロ短調op24-4
同第21番嬰ハ短調op30-4
スケルツォ第3番嬰ハ短調op39
ピアノ・ソナタ ロ短調
バラード第2番ロ短調
コンソレーション第3番変ニ長調
「詩的で宗教的な調べ」~葬送曲
メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83
間奏曲変ロ短調op117-2●シューベルト:
即興曲ト長調D899-3(原曲:変ト長調)●リスト:
巡礼の年第1年「スイス」~泉のほとりで
同第2年「イタリア」~ペトラルカのソネット第104番
ハンガリー狂詩曲第2番
ピアノ・ソナタ ホ長調K380●バッハ(ブゾーニ編):
来たれ,異教徒の救い主よ●ハイドン:
ピアノ・ソナタ変ホ長調●ベートーヴェン:
同第14番嬰ハ短調op27-2「月光」●ブラームス:
ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op108●シューマン:
トロイメライ
組曲「展覧会の絵」●スクリャービン:
練習曲嬰ハ短調op2-1
前奏曲ニ長調op11-5
同嬰ト短調op22-1●ホロヴィッツ:
変わり者の踊り●スクリャービン:
ピアノ・ソナタ第9番op68「黒ミサ」●チャイコフスキー:
ドゥムカop59●ビゼー(ホロヴィッツ編):
「カルメン」の主題による変奏曲●プロコフィエフ:
ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調op83「戦争ソナタ」~第3楽章●ラフマニノフ:
ユモレスク ト長調op10-5
舟歌ト短調op10-3●ドビュッシー:
「子供の領分」~人形へのセレナード●スーザ(ホロヴィッツ編):
星条旗よ永遠なれ
組曲「展覧会の絵」
水の辺で●チャイコフスキー:
ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op23
同●ベートーヴェン:
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第5番op53
前奏曲集
ピアノ・ソナタ第3番嬰ヘ短調op23
練習曲変ロ短調op8-11
同嬰ハ短調op42-5
同嬰ニ短調op8-12
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op36
楽興の時変ホ短調op16-2
前奏曲ト長調op32-5
VRのポルカ
ピアノ協奏曲第3番ニ短調op30
ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調op83「戦争ソナタ」●バーバー:
同op26●カバレフスキー:
同第3番op46●プロコフィエフ:
トッカータ ハ長調op11●フォーレ:
夜想曲第13番ロ短調op119●プーランク:
バラード第4番ヘ短調op52●リスト:
同第2番ロ短調●ショパン:
ワルツ変イ長調op69-1「告別」(遺作)●ラフマニノフ:
子供の情景~トロイメライ●メンデルスゾーン:
スケルツォ・カプリチオ~プレスト●リスト:
ラコッツィ行進曲(ホロヴィッツ編)
忘れられたワルツ第1番●ラフマニノフ:
前奏曲ト短調op23-5●スーザ(ホロヴィッツ編):
星条旗よ永遠なれ

演奏者・作曲者:
ホロヴィッツ(ウラディミール)
ホロヴィッツ(ウラジミール)
クレメンティ
ベートーヴェン

発売日:
1993/12/16

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ホロヴィッツ大全集
 私はホロヴィッツの名前が入っていればすぐにCDを買ってしまうほど、ホロヴィッツの演奏が好きだ。まず、この22枚からなる、ほぼホロヴィッツの演奏史を網羅できている大全集は、ずいぶん前に発売されたというのと、めずらしさで、まず店頭にはない。ずっとこの商品を探していたのだが、このアマゾンで見たのが最初で最後だ。値段の割に、いっぱい入っていて、どれもこれもが新しい発見で、おもしろい。ホロヴィッツの演奏は同じ曲でも、新たな発見をもたらしてくれて、そのたびに、ニヤっと思わず笑ってしまうような演奏なのだ。おそらくこの大全集はどのホロヴィッツのCDを買うよりも、お得でありながら、たくさんのおもしろさを体感できると思う。


amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調
ピアノ協奏曲第3番ハ短調

演奏者・作曲者:
スメターチェック(バーツラフ)
パネンカ(ヤン)
プラハ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/10/21
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 「皇帝」

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,421

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,260

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
アラウ(クラウディオ)
ドレスデン・シュターツカペレ
ベートーヴェン
デイヴィス(コリン)

発売日:
1993/10/16

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
悠然たる「皇帝」
 南米生まれでありながらドイツ・ピアニズムの正当な後継者として名を馳せたアラウが、晩年の1984年にドレスデン聖ルカ教会で録音したもの。オーケストラはドレスデン・シュターツカペレだが、ドイツらしい重厚かつ厳格な響きでアラウをサポートしている。
 ここに聞くアラウの演奏は、腕そのものはまったく衰えていないのだが、どちらかと言えば地味な音色を持っている。音も決して大きくはないので、ピアノが轟音を響かせているような「皇帝」をイメージしていると、ちょっと拍子抜けしてしまうような感じだ。
 だが、それによってピアノとオーケストラが上手くまとまっているし、落ち着きがあることで、全体的にほかの演奏とは違う風格が漂っている。第4番も骨格部分は同じなのだが、「皇帝」に比べるとオーケストラが少し薄くなる分、ピアノが目立って聞こえる。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,130

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,100

曲目:
ピアノ協奏曲第5番op73「皇帝」
同第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
クラウス(クレメンス)
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/10/01

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,200

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ベーム(カール)
ポリーニ(マウリチオ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/09/18

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,243

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
バックハウス(ウィルヘルム)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
イッセルシュテット(ハンス・シュミット)

発売日:
1993/09/01

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ストック(フレデリック)
シュナーベル(アルトゥール)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/07/21

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 783

曲目:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
メータ(ズービン)
アシュケナージ(ウラジミール)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/04/24

amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 5,505

amazonでのユーズド価格:
¥ 3,000

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第2番変ロ長調op19
同第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」
ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op31-3

演奏者・作曲者:
クリップス(ヨゼフ)
ルービンシュタイン(アルトゥール)
シンフォニー・オブ・ジ・ユアー
ベートーヴェン

発売日:
1992/12/16

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 6,682

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第4番ト長調op58
同第2番変ロ長調op19
同第3番ハ短調op37
同第5番ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
グールド(グレン)
コロンビア交響楽団
ベートーヴェン
ニューヨーク・フィルハーモニック
アメリカ(交)

発売日:
1992/10/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
新鮮でした。
 グールドの演奏は叙情に流れないところが好きです。乾いたタッチでありながら不思議な深みがある。エモーショナルな演奏家の演奏ばかりを聴いてきた私には耳から鱗でした。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
アラウ(クラウディオ)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1992/05/02
6大ピアノ協奏曲集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第2番ハ短調op18(ラフマノニフ)
同第1番変ロ短調op23(チャイコフスキー)
同第20番ニ短調K466(モーツァルト)
同第5番変ホ長調op73「皇帝」(ベートーヴェン)
同イ短調op54(シューマン)
同第2番ヘ短調op21(ショパン)

演奏者・作曲者:
アシュケナージ(ウラジミール)
コンドラシン(キリル)
マゼール(ロリン)
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
ロンドン交響楽団
フィルハーモニア管弦楽団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ
チャイコフスキー
モーツァルト

発売日:
1992/02/26

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
ウィーン交響楽団
ベートーヴェン

発売日:
1991/05/25

amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 6,682

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第2番変ロ長調op19
同第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ハイティンク(ベルナルト)
ペライア(マレイ)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1991/03/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
フレッシュでクリーミーな1980年代最高の全集
Perahia の誠実かつ自発性に富んだ音楽性と美しいタッチと音色には定評があります。
彼が指揮振りをしたモーツァルトのピアノ協奏曲全集も見事な演奏でしたが、ハイドン、モーツァルトの衣鉢を継ぎながら全人的開花を展開するベートーヴェンにおいても、元来の繊細さを失うことなく、瑞々しいフレッシュなベートーヴェン像を演出します。
彼のフレージングは全く自然であり、「ピアノを叩く「醜い音を立てる」というヴォキャブラリーと彼は無縁の境にあります。
最上のコンディションにあるPerahiaのベスト・パフォーマンスを見事に支えるのが、今や巨匠の境地にあるHaitink と名門 Concertgebouw の理想的なアンサンブル。實にクリーミーで「ベートーヴェン臭さ」のない生き生きとしたアンサンブルは驚くべきもの。ペライアとの息もぴったり。1980年代最高の全集と断言していいでしょう。

「ベートーヴェンにはもっと劇的で濃厚なヴィルトゥオージティ・ロマンが必要だ」という人にはPollini なり Ashkenazy なりを薦めておきましょう(バレンボイムの弾き振りもいいかな)。
「汗臭いベートーヴェン的響きとコクが苦手」という人々には、むしろこのフレッシュでクリーミーな Perahia が超お薦めです。




amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,518

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,980

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
中村紘子
ロンドン交響楽団
ベートーヴェン
スイトナー(オトマール)

発売日:
1990/11/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
さすが
「私のピアノは、
こんな高い場所にあって、
きれいな音を奏でるのよ〜」

と、言わんばかりの「皇帝」である。

そもそも「皇帝」は、
私から言わせていただければ、
下手に弾く皇帝を我慢で
聴いているのであれば、
近所の子供のブルクミュラーでも聴いて、
「上手ね〜」と褒めちぎって
休日を過ごすほうが
全然よいと思っている私…。

しかしさすが、
日本の中村(ちょっと表現変?)

無難どころか、

「あたしが昭和のピアニストof the ニッポン」

と、いわんばかりの演奏はさすが!

録音状態も良いし、
ピアノもマスタリングも
気を使っているのがありありわかる。

結構おすすめかも。


amazonへ行く


CD

発売:
BMG JAPAN

価格:
¥ 1,937

曲目:
ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op23●ベートーヴェン:
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
トスカニーニ(アルトゥーロ)
ライナー(フリッツ)
ホロヴィッツ(ウラジミール)
NBC交響楽団
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー
ベートーヴェン

発売日:
1990/07/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ホロヴィッツの、まさに才気溢れる名演
勝手ながら、ホロヴィッツとトスカニーニはあまり相性が良くないのでは、と思ってしまう部分があります。このアルバムのチャイコフスキーも同様です。しかし、ライナーと共演したベートーベンは、素晴らしい!の一言です。早く、強く、そして繊細。ホロヴィッツの芸術を心行くまで堪能できる1曲です。お勧め!
評価: 5
ホロヴィッツ若き日の輝き
ホロヴィッツの若さあふれる演奏である。チャイコフスキーはトスカニーニとの共演。最初の出だしはトスカニーニの振るオケから始まるが、いきなり大爆音を響かせ、全曲を巨匠トスカニーニがリードするかのように思えるが、ホロヴィッツが登場したとき、トスカニーニが非常に控えめに振っていたことに気がつく。若いホロヴィッツは、誰にも出せないような大爆音をいきなり響かせ、ハイテンションのまま第三楽章まで進んでいき、最終部のオクターヴの連続で聴衆の度肝を抜く。これほどまで凄まじく、そし速いオクターヴを私は今まで聴いたことが無い。と言っても、そこが特に素晴らしいというわけではなく、最初から最後まで圧倒されっぱなしで、聴衆には息つく暇も無い。第一楽章が終了しただけで拍手が起?!??るような演奏はこの演奏ぐらいのものである。

 「皇帝」はホロヴィッツ唯一のベートーヴェンの協奏曲録音で、コンサートでもそんなに演奏されることは無かった。しかし、これが非常に成功している。第二楽章が素晴らしく美しい。音色は申し分なく、ホロヴィッツとは思えないくらい温かみがある。ここでは、チャイコフスキーのように技巧の発露として演奏しているのではなく、情感に富んだ演奏である。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,544

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,500

曲目:
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

演奏者・作曲者:
グールド(グレン)
アメリカ交響楽団
ベートーヴェン
ストコフスキー(レオポルド)

発売日:
1989/07/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
エピソードに惑わされない、正当な評価を!
それほどテンポが遅いということは感じない。
凄く真っ当な演奏なのだが、ストコフスキーとのエピソードでキワモノ扱いされている名盤。
じっくりと腰を落ち着けた演奏のスケールをこそ聴いてほしい。
評価: 5
いい演奏です。ホント。
有名な話だが、グールドはこの録音に際し早いテンポと遅いテンポの演奏を両方用意していたそうだ。ストコフスキーに「どっちがいい?」と尋ねて、ストコフスキーが「じゃあ、遅いほう」と決めたらしい。

というわけで、テンポはたいそう遅い。実は私、「皇帝」を聴いたのはこの演奏が最初という変わり者なので最初は気付かなかったが、後に『普通の』演奏を聞いたときにはその速さに驚いたものだ。オーケストラの響きは少々荒っぽい。しかし、堂々としていてかなりベートーヴェンらしいベートーヴェンだと私は思う。『普通の』演奏をいくつか聴いた後でも、私のとってはこの録音がベストだ。
その昔、ストコフスキーやグールドを嫌っていた友人に演奏者を教えずにこの演奏を聴かせたところ「すごく立派!?!!?演奏だね。こういう演奏好きなんだよ」と言っていた。演奏者を教えたとたんに嫌いになったようだが…