渋い指揮者コンヴィチュニーのCDのページです

渋い指揮者コンヴィチュニーのCDを紹介しています。
コンヴィチュニーはワルターと同時期に聞き始めました。
ワルターのLPは高いけど、コンヴィチュー/ゲヴァントハウスは1970年頃、LP1枚900円でした。
おかげで、コンヴィチュニー/ライプチッヒゲヴァントハウス管の演奏で、生まれて初めてベートーヴェン交響曲を全曲聴くことができました
全曲のLPを買い集めるのも大変でしたが、1枚900円はありがたかったです。
演奏は、渋かったですねえ。そのぶん、飽きることなく、何度も聴きました。
今でも、CDを買い直して聴いています。シューマンなんか、いいですねえ!
アマゾンへのリンクも紹介しています。
By:こぶた

007047