ピアニスト、ツィマーマンのCDです

ピアニスト、クリスチャン・ツィマーマンのCDを中心にしています。
ツィマーマンの演奏はこりにこっていて、よくこんなにもこった演奏ができるもんだと感心してしまいます
アマゾンへのリンクも紹介しています。
By:こぶた

010586
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,548

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15 第1楽章:MAESTOSO
ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15 第2楽章:ADAGIO
ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15 第3楽章:RONDO:ALLEGRO NON TROPPO

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラトル(サイモン)
ブラームス

発売日:
2005/11/02

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
非常にクール
悪い演奏ではない。完璧といって良いと思う。録音も、確かにバーンスタイン、ウィーンフィルとの録音と比較すれば格段によい。ただし、何かが足りないような気がする。
評価: 4
ベートーヴェンのような若きブラームス
まずは理想的な組合せのブラームス第1コンチェルト。ピアノソロのツィマーマンの表現は誠に見事で、数あるディスクの中でもベストではないだろうか。
問題はオーケストラ演奏のほう。ピアノ付き交響曲とされるブラ1だけに、ピアノ以上に演奏が問われる。ベートーヴェンやハイドンなどでは思い切った解釈を見せるラトルだが、ブラームスではそうもいかないのか、あるいはそうしていないのか? このあたりがラトルをコスプレ指揮者と言わせる所以かも。とは言え、オーソドックス、かつ気迫にも欠けていない演奏ではあろう。
この曲の肝は第2楽章のアダージョではないだろうか。いまだ若きブラームスが、ロベルトとクララのシューマン夫妻との感情豊かな交際をしていた頃。躍動する覇気が素晴らしい。やがてロベルトが亡くなり、クララへの思慕を内向させるブラームスは、その覇気も失ってしまうだろう。
ツィマーマンのピアノには、アノニマスな音楽への献身が感じられるほどでこの上ない素晴らしさだ。やがてアダージョの旋律は木管に導かれ、オケによる感動的な高まりを見せる。この部分のブラームスは力強さとウェットな心情を見事に描くのだが、実はいい演奏が無いのである。ラトルのはまあ妥当ではあろうが、もっと強靭な表現を望みたい。朝比奈隆(ソロは伊藤惠)のライヴでの世界が激変するような高揚感が忘れらない。しかもその高揚感はどっしり地に足の着いた極大なスケールで奏されねばならないのだ。ルービンシュタイン&メータ盤は柔らか過ぎる。そういう解釈なのだろう。意外にもこの部分でまずまずと思われたのは、アバドだ(ソロはブレンデル)。どなたかいい演奏を教えてください。

評価: 3
一昔前の理想的 男性像
 確信に満ちたメロディー運び・的確なピアノ タッチ。録音の所為か 音がクリアーで無く、もや・カスミ掛った感じ。ティマーマン・ショパン「バラード」のクリアーな輝きを求めるなら お勧めでき無い。

 第一楽章:広大な草原に朝陽が昇り、大雨が降り、虹がかかり、湯気が立ち、その中で雄雄しく ライオンが 獲物を追い駆け、傷つきながらも充実し、
 やがて 広原は 暖色一色に 激しく染まり燃え、夕焼けに出合い 幕を閉じる。

 第2楽章:場所の変わって、朝靄(モヤ)のかかる湖畔にたたずみ、疲れた体を休ませるが、ラトルのリズム・テンポはバッチリだが、ティマーマンの示すリズム・テンポはカタク、ロマンティックさは体に染み込ま無い。コンピュータに新聞を朗読させたようなギコチナサを感じる。
 それは、湖畔から薄暗い 森の中へ 足を踏み入れ、恐怖・不安・苦痛・安堵・孤独・だるさetc……散り散りで 混乱した想念が 心の中に沸起る有様だ。
 やがて頑固な固い決意が生まれ、再度考え直しつつ、足は森の中を進んで行く。時々、薄暗い木々に目をやりながら、やがて 静かな気持ちへと変わって行く(ピッタリ合った装飾音が奏でられる)。

 第3楽章:力強い心で持って、第1〜2楽章のエッセンスを再展開する。色々なテーマを凝集するものだから、コロコロ目まぐるしく曲調は変化し、優しさ・雄大さ・荒々しさ・決意の固さ・頑固さ・融通の無さ・一人で責任を負う重さ・大黒柱・トリルで見せるわずかなロマンティシズム:夕焼けの海辺にオープンカーでやって来て 仰ぎ見ているようなロマンス。そして打って変わってダンスのような軽やかなメロディが入り、固さと一体になろうとする。
 まるで「一昔前の理想の男性像」だ。グイグイ(死後:おしとやかな)女性を引張って行く感じだ。
 カツァリスやファジル・サイのピアノ独奏で聞いてみたいし、柔らかい演奏が出来るピリスでも聞いてみたい。

兎に角 ティマーマンの「カタサ」を感じるCDだった。ブラームスの意図が「一昔前の理想の男性像」なら、☆5つです。男の子に聞かせて育てると、今時少ない:強く優しく芯の固い大人になるかも。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,890

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
バーンスタイン(レナード)
ベートーヴェン

発売日:
2005/11/02

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番嬰ヘ短調op1
ピアノ協奏曲第2番ハ短調op18

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ボストン交響楽団
小澤征爾
ラフマニノフ

発売日:
2005/11/02

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
冷たく美しいラフマニノフ
2番をリヒテルで聴き込んでいた私は、最初これを聴いたとき多少違和感を覚えました。あのねちっこく暗い雰囲気の曲だと思っていた曲がこれだけ音が硬く冷たく、繊細にひかれていたんです。これもラフマニノフの1つの解釈として聴いていくうちに好きになっていきました。ツィマーマンは素晴らしいピアニストだと思います。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11 第1楽章:ALLEGRO MAESTOSO
ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11 第2楽章:ROMANCELARGHETTO
ピアノ協奏曲第1番ホ短調 作品11 第3楽章:RONDOVIVACE
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 作品21 第1楽章:MAESTOSO
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 作品21 第2楽章:LARGHETTO
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 作品21 第3楽章:ALLEGRO VIVACE

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ポーランド祝祭管弦楽団
ショパン

発売日:
2005/11/02

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
納得の一枚
19世紀ショパンはコンサートの聴衆の前で、あるいは貴族の集まるサロンでこのような演奏をしたのではないかとイメージがふくらみました。ショパンの内向的で弱そうで繊細な女性的な面、詩情それと華麗でドラマチックな(男性的な)面を持つこれらの作品を余すところなく表現していると思ったからです。ピアノの音色も、自ら弾き振りしているオーケストラの楽器の音も細部まで美しく演奏されていて良かったです。
評価: 5
あの名演奏が
ショパンのピアノ協奏曲の決定的名盤がこの値段!
まだ聞いたことのない人は絶対に聞く価値有りの曲なので是非この機会に


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
2005/11/02
サン=サーンス:作品集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,500

曲目:
交響曲第3番ハ短調op78「オルガン付き」
ピアノ協奏曲第2番ト短調op22
交響詩「死の舞踏」op40
組曲「動物の謝肉祭」
ハバネラop83
序奏とロンド・カプリチオーソop28
歌劇「サムソンとデリラ」op47~バッカナール
歌劇「サムソンとデリラ」op47~あなたの声に心も開く
交響詩「オンファールの糸車」op31

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
リテーズ(ガストン)
シカゴ交響楽団
バレンボイム(ダニエル)
サン=サーンス
ロジェ(パスカル)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
デュトワ(シャルル)
パリ管弦楽団
アルゲリッチ(マルタ)

発売日:
2005/03/23

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
良質な選曲集
サン=サーンスの主要な名曲が、一流アーティスト達による演奏で聴くことが出来る選曲集です。

特に、この選集のメインだと思われる「動物の謝肉祭」が凄い。演奏者がアルゲリッチやクレーメルといったそうそうたる顔ぶれです。演奏もこの曲の魅力である「冗談ぽいところ」が非常に良く出ていて名演です。

それ以外の曲も良演ばかりなので買って損はないと思いますよ。値段も2枚組で1500円とかなり安いですし。

サン=サーンスの曲に興味がある方には特にオススメできます。

バルトーク:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第3番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,293

曲目:
ピアノ協奏曲第1番
ピアノ協奏曲第2番
ピアノ協奏曲第3番

演奏者・作曲者:
ブーレーズ(ピエール)
ツィマーマン(クリスティアン)
シカゴ交響楽団
バルトーク
アンスネス(レイフ・オヴェ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グリモー(エレーヌ)
ロンドン交響楽団

発売日:
2005/02/23

アマゾンでの評価平均値:
3.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
豪華ピアニストの競演
バルトークの残した3曲のピアノ協奏曲を、それぞれ現在最もベストと思われるピアニストで録音してしまった豪華盤です。デビュー時からDG専属のツィメルマンと、DGに移籍したばかりで売り出し中のグリモーはともかく、アンスネスはEMIのピアニストであり、わざわざこの企画のために引っ張り出してきたからには何かあると思わざるを得ません。そして、演奏内容はそれを裏付けるものになっています。
第1番はピアノを打楽器として使用した画期的な作品です。ツィメルマンは彼らしい精緻なピアニズムで弾いていますが、全体として抑え気味のトーンになっているため少々不満が残ります。第2番は爆発的なエネルギーを秘めた曲で、ここではアンスネスが従来の彼のイメージ−静謐でリリカル−を打ち破る情熱的な演奏をしています。このためにアンスネスを引っ張り出したのか、と納得するでしょう。第3番はバルトークがピアニストだった妻のために書いた作品で、そういった意味でも女性ピアニストが演奏する意義のある曲ですが、グリモーの演奏はいつもどおり硬質な音色が主体になっており、ともすれば剛直に思え少々違和感がありました。ただ、第2番からのシークエンスを考慮すると、このような演奏解釈は悪くありません。
それにしても、一番驚いたのはジャケット写真でしょう。これだけ豪華なピアニスト陣を擁しながら、ブーレーズのドアップだけ。おじいちゃんにはかないません。
評価: 3
好みの問題かもしれませんが。。
今回は私が一番好きな、協奏曲1番についてですが、
正直、ピアノが、物足りない感じでした。録音のせいなのかもしれませんが、ピアノが、かわいらしい感じがしました。
ポリーニのCDを聞いた人なら、ものたりなさを感じるかもしれません。
疾走感はよかったのですが。1番については(個人的な好みの問題かもしれませんが)期待通りとはいきませんでした。
けれど、2番はとてもよかったように思います。ただし、ペットが少し微妙な気がしたのですが。


amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

価格:
¥ 2,394

曲目:
われらの祖先が愛したもの
ストックブリッジのフーサトニック河
「水泳をする人々」より
思い出
アン・ストリート
平穏
1,2,3
わが母の教えたまいし歌
サーカス・バンド
おり
インディアン
病気の鷲のように
遠くの角笛の音
9月
ひとりごと
祖国よさらば
ソーロー
ピアノ・ソナタ第2番「マサチューセツ州コンコード1840~60年」

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
グラハム(スーザン)
エマール(ピエール=ロラン)
ツィマーマン(タベア)
パユ(エマニュエル)
アイヴズ

発売日:
2004/05/19
ラフマニノフ

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルミュージック

価格:
¥ 2,166

曲目:
ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調 作品1
ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ボストン交響楽団
小澤征爾
ラフマニノフ

発売日:
2004/01/21

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
まるでガラス細工のように精細だが、芯の強い演奏
自分はラフマニノフの自作自演の演奏で初めてこの演奏を知り、
アシュケナージ、リヒテルと聴いたが、このCDは他の演奏と
と違う特徴がある。
それはピアノという楽器をじっくりと聴かせる点にある。
他の演奏ももちろん聴かせるが、このCDのように
精細でじっくりとピアノの世界に引きずり込むような
演奏はなかった。
この精細さは下手に扱うと割れてしまうような感じ。
しかしその音には、ヒシヒシとこのピアニストの信念を
強く感じる。
技術的にも、第1番の出だしや第2番の出だし等、
凄く巧いし速かった。

孤高のピアノニストの演奏というはこういう演奏を
言うのだろう。
確かに、ラフマニノフというイメージからすると少し違うの
かもしれないが、ピアノという楽器の価値を感じる点において、
聴き逃せないCDだと思う。

オケはツィマーマンの意図を尊重し、サポート役に徹している。
競争という意味では物足りないかもしれないが、このCDの意図
としては完璧!
小澤征爾の演奏は、例えベートーヴェンでも、作品と少し違う表面的な
音楽効果を聴くことがあるためか、あまり高く評価しない向きもある。
ただこのCDでは作品の良さを引き出している。
例えば第2番第1楽章で、最初から7分経ったところで
盛り上がるシーンがある。
普通であれば、ピアノとオケ全体の音に集中しがちだが、
このCDではオケの音がより引き締まって聴こえるためか、
ティンパニの音にも注意が向いてしまった。
協奏曲というと、オケに関して本気?と思うものも少なくないが、
ここでの演奏は真剣そのものだし、聴き応え十分だと思う。
評価: 3
期待していたほどではない
ツィマーマンが稀代のピアニストであることは周知の事実であり、コンサートを聴きに行って、その凄さは肌で感じていた。

しかし、このラフマニノフはそのツィマーマンの演奏だけに期待していたが、それほどの出来ではないと思う。第1番は比較対象が少ないので良いとは思うが、第2番はロマンチックさが足りない。機械のような精密さが、曲に陶酔する隙を狭めてしまっているような気がする。
評価: 4
第3楽章が聴き物!
演奏者の顔ぶれもさることながら、第3楽章の演奏の妙技にはうならされた。同曲はどちらかといえば1・2楽章が好きなのだが、この演奏の第3楽章の持つ情念とメロディーを引き立たせるその鮮やかさは絶品!
3楽章を何度も聴き返しました。これほどの第3楽章を聴かせるのはワイルド盤以来の感動です!


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,620

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
バーンスタイン(レナード)
ベートーヴェン

発売日:
2003/10/22

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
4番はこの曲のベスト
5番も名演だが4番はこの曲のベスト。
やっかいなこの曲が、5番に勝るとも劣らない名曲であることを気づかせてくれる。
交響曲も含めたバーンスタインのベートーヴェンCDのベストといっても過言ではないと思う。
バーンスタインの音楽性は、他のどの指揮者よりも、ツィマーマンのピアノに合っている。
評価: 5
圧倒的な名演奏!!☆10個の価値あり!
ああ〜凄い演奏だ。感動した!世紀の名曲「皇帝」でこれほど音楽的・技術的に完成度の高い演奏は、今後現われないのではないか・・・とさえ思います。このCDでツィマーマンは、豊かなスケール感の中に瑞々しい感性を醸し出しながらも、芯のある凛とした引き締まった演奏を聴かせています。しかし、今までの大ピアニストや巨匠の演奏とは異なり、その演奏は細部まで徹底的に磨きぬかれた完璧なもので、一つの音の不揃いもない、精巧な工芸品的な完成度を持っています。今のツィマーマンは、全盛期のポリーニの完全無欠の演奏技術と、アシュケナージの類まれな抒情表現力(豊かなニュアンス)と、リヒテルの聴く人の魂を揺さぶり、強い説得力を持って迫ってくる圧倒的スケール感とを併せ持った、「現代最高のピアニスト」であることを、この演奏は証明していると思います。

ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,111

曲目:
ピアノ協奏曲~クリスティアン・ツィマーマンに捧ぐ
ヴァイオリンと管弦楽のためのパルティータ~アンネ=ゾフィー・ムターに捧ぐ
チェーン2(ヴァイオリンと管弦楽のための対話)~パウル・ザッハーに捧ぐ

演奏者・作曲者:
ルトスワフスキ(ヴィトルド)
ルトスワフスキ
BBC交響楽団
ツィマーマン(クリスティアン)
ムター(アンネ=ゾフィー)

発売日:
2003/07/30

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
一般的な現代音楽
先ずはピアノ協奏曲第4楽章
楽しい。躍動感あるダンスのようなリズム・スピード感。
管弦楽器とピアノが煽り合って、打楽器もややコミカルに効果的に挿入される。
ただ、終わり方が「えッ?」これで、終わり?、と思った。
が、こういうアッサリ終わることによって、より聴き易さを演出しているとも感じられた。

violin & オケ の為のパルティータ
成る程!。ゾフィー・ムターのviolin演奏の実に見事な事!。
澄んだ音色も、激しく急き立てる感じも、自在に演奏できている。
勿論、雑に成る事無く、安心して聴いていられるviolin演奏だった。
その点、ヘンリク・シェリングは私は嫌いだ。あの、棘棘した雑音が耳障りで嫌だ。

曲としては、非常に映像感の伴う、冒険できる映画のような曲だった。
背丈ほどある雑草の生茂る中を、ナタを片手に、どんどん突き進んで行く。
すると、神秘的な湖に出る。辺りは深い森で、
数多くの動植物が部外者である私に警戒したり、逃げたり、好奇心から近寄ったりしている。
そして、プレストウに入って、戦い始めるような
そんなimageを楽しむことが出来た。

まあ、一般的な現代音楽(サスペンス・ホラーなどの映画とかに使われそうな)だった。
それにしても ブラアン・ブロンバーグ「ベース・アクワーズ」(←これは星一つのみ!買わない方が良い)は下らなかった。

シューマン:ピアノ協奏曲

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,890

曲目:
ピアノ協奏曲イ短調op54●グリーグ:
ピアノ協奏曲イ短調op16 ※〈エンハンストCD〉

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン
グリーグ

発売日:
2002/09/25

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
若きツィマーマンの名演
若き天才ツィマーマンが巨匠カラヤンと組んで完成させた
協奏曲。当時ツィマーマンは野心溢れかえる人間であった。
というのは、カラヤンはこの曲を演奏するに当たって常套的で
あったがツィマーマンはそんなカラヤンに「このフレーズは気に入りません。もう一度やっていただけませんか??」といったそうだ!!
さすがのカラヤンも「わ、分かった。君がそこまで言うなら君が納得いくまでやろう」といわしめたほどである
ここで演奏を語ろう!!まずは技巧。この超がつくほどの難曲に
なんと軽やかに演奏することか!!まるで手妻(手品の古語)のようだ
私は、一分もしないうちに圧倒されてしまった
次に歌わせ方!この叙情的な曲に割りと冷静にあっさり取り組んでいる
しかしそこで即物的だと判断すべきではない!
ツィマーマンは強く香るのではない!ほのかに香るのだ!!!!
とにかく名演なので鑑賞用と保存用に2枚買うことをおすすめする!!
評価: 5
理想的なグリーク・シューマン
グリークのピアノ協奏曲は、言うまでもなく、シューマンのピアノ協奏曲もまた実に理想的な演奏です。ピアノを演奏するツィマーマンは、カラヤンの薫陶を受け、カラヤンの音楽の理想にどこまでもうまく合わせていながら、彼のピアノの叙情性を充分に生き生きと発揮しています。カラヤンの指揮は、グリークの叙情性を如何なく発揮し、歌わせるところでは充分に丁寧に表現し、第一楽章・第三楽章などでは、ドラマチックにオーケストラを導いています。シューマンでも、叙情性豊かにオーケストラを振りながら、劇的効果を重んじています。いずれにせよ、私が最も理想とするグリークであり、シューマンです。このアルバムは買って絶対に損をしない、後世にも語り継がれるような素晴らしい演奏であることを私は責任もって断言します。是非、お聞きください。
評価: 3
大きすぎるズボン
タイトルはカラヤンとの共演を表現したツィマーマン君の言葉です(有名ですね)。「数十年これら作品について演奏経験を積んでいるカラヤンとペーペーの私とのキャリアの差を痛感させられた」というのが彼の釈明だったが、ジュリーニとのショパン、バーンステインとのブラームス、ベートーヴェンの緊密で高度なテンションと比較すると、レパートリーに対するアプローチ方法の違いを痛感させられたというのが真意だろう。

ツィマーマンは細部にわたって徹底的に吟味し全体的構想を練り上げていくタイプ。カラヤンはスケールの大きな音響空間の中で演奏者を自己の世界に引き込んでいくタイプ。恐らく短時間でのビジネスライクな「打ち合わせ」程度で演奏させられる「対話不足」をピアニストは感じていたのでは?

その中でグリーグの方がカラヤン美学との適合性が高い。カラヤンもムターとかリパッティとかの見事な「止揚」を見せることもあるのだけどね。ジャケットは文句なく最高にかっこいいです(笑い)。

リスト:ピアノ協奏曲第1&2番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,701

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,550

曲目:
ピアノ協奏曲第1番変ホ長調S124
ピアノ協奏曲第2番イ長調S125
死の舞踏S126(「怒りの日」によるピアノと管弦楽のためのパラフレーズ) ※〈エンハンストCD〉

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
小澤征爾
ボストン交響楽団
リスト

発売日:
2002/09/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
豪勢な 会席料理を 堪能しよう
  多くの方がクラウディオ・アッバード & マルタ・アルゲリッチの 演奏を 高く評価しているが、 ただ、 ≪≪粗暴で 粗雑で 速いだけ≫≫ という 印象が 強い。 表現力も 乏しいし 味わいが無い。

  喩えて言うなれば、料亭の料理を 誰よりも早く 早食いを 行いましたよ。 ただし 見事な お皿や・風情・景色・庭園・盛付・味・薫りなどは しっかり 堪能しませんでした。 兎に角 がつがつ 食べました。 腹いっぱい食べました。 満足です。 ああ 御腹(おなか)を擦(さす)ってます。

  って 演奏だ。 だから 私は 評価していない。

が、この小澤征爾 & ティマーマン の 演奏の 何と 味わい深いかとか!
  ああ、豪勢な お皿・盛付・お料理・風情・景色・庭園・味・薫り・・・ああ、金閣寺・銀閣寺での お茶会の ようだわ。
  ああ、何て 幸せなんだろう 一口一口 じっくり 丁寧に味わい尽くし 締める所は締め、緩める所は緩め、まろやかにすべき所は まさに まろやかで、 これぞ リストの 真意を 味わう って ものだ!

  この 誠に 豪勢な 会席料理を 堪能せずして、 何の リストの 幸せか!
評価: 5
隠れた名曲ですから
リストのピアノ協奏曲第2番は,私が大学時代に一番好きだった協奏曲だ(今は,シューマンのほうが好きだが)。この曲は,ピアノ付の交響詩といった作りの曲であり,メロディも美しく,ロマンティックで,オーケストレーションも効果的なのに,世の中ではあまり人気が無いようだ。どうも日本では,リストというと「愛の夢」あたりの甘いイメージ,あるいは「超絶技巧練習曲」あたりのテクニック誇示のイメージ(それも,よく聞いたこともないのにそういう先入観が強い)で固まっているようで,「クラシック名盤300」とかいった本でもあっさり無視されていることが多い。人気がなくて売れないから,録音も多くない。でも,この曲は名曲なので,確かに設計が難しいところがある曲ではあるものの,この曲を録音しようという腕に覚えのあるピアニスト,指揮者ならば,ちゃんと録音すれば必ず良い録音になるはずだと思う。ツィマーマン氏は,若いころカラヤンと組んだシューマンでも好録音を残しているだけに,この1987年録音でも素晴らしい演奏をしている。小沢氏とのコンビネーションも良好。ラフマニノフなら買うがリストはちょっとね,と思った方はぜひ考え直してほしい。この曲を聴き逃すのは損だと思うので。
評価: 5
よいね
リストのピアノ協奏曲は勿論良かった。
死の舞踏なんかもよくぞ弾いてくれた。
これはなかなか気合いの入った演奏だった。

どれも従来の演奏家に負けていないと思う。

ラヴェル:ピアノ協奏曲

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,701

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,300

曲目:
ピアノ協奏曲ト長調
高雅にして感傷的なワルツ
左手のためのピアノ協奏曲ニ長調 ※〈エンハンストCD〉

演奏者・作曲者:
ブーレーズ(ピエール)
ツィマーマン(クリスティアン)
クリーヴランド管弦楽団
ラヴェル
ロンドン交響楽団

発売日:
2002/09/25

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
素晴らしい
スタンダードでオーソドックスな作品に対して常に高水準のパフォーマンスを見せてきたツィマーマンだが、このアルバムでは珍しく奇を衒ってラヴェル、またそのの中でも特段に前衛性の強い曲を扱い、しかも大成功を収めている。怒濤のようなフォルティッシモ中にも透徹された凛々しいリズム感を決して失わないブーレーズのタクトは正確無比、エモーショナルな表情を発揮する新境地ツィマーマンとのコンビは聴いていて爽快だ。特に「左手」に関しては叙情性だけに流されない極めて堅固な二人の解釈がそこにはあった。録音は素晴らしい。前の二曲がマソニック・オーディトリアムでの収録であり、独特の円形空間に放射される音の粒がキラキラと目に見えるようであり、咆哮するグランカッサの砲弾が空間へ瞬時に溶け込んで行く。
評価: 4
緊張感の高いラヴェル
ツィマーマンのピアノとブーレーズの指揮。
この二人の競演は、パーフェクトとしかいいようがありません。
ツィマーマンは非常に粒の揃ったピアノを見せるし、ブーレーズは
楽譜の隅々まで見逃さないような指揮を振るので、非常に明解で、
しかしながらやや人工的という印象も受けます。

ただ、パーフェクト=つまらない、という図式は

この場合当てはまりません。これだけ全てが明確に
演奏されても、まったく神経質な感じはしないので、
この辺は人の好みが別れるかもしれません。やはり
ピアニスト、指揮者ともに音楽性の点では抜き出ています。
評価: 5
いやあ似合ってる
サスガだね。
こんな繊細なピアニストがラベルに手を出さないわけぁないって。

そりゃあ素晴らしかった。
今まで聴いてきた中ではこの人が一番。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,835

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op21

演奏者・作曲者:
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ツィマーマン(クリスティアン)
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
ショパン

発売日:
2002/03/21

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ショパンのピアノ協奏曲の演奏の双璧
ツィマーマンによるショパンのピアノ協奏曲は、オーケストラを自ら結成した上に弾き振りをした新録音が有名だが、
この演奏は、そのだいぶ前にそれとは違うアプローチでこの曲の真髄に迫った快演といえる。
何よりもツィマーマンのピアノを聴くには、新録音以上にお勧めできる。
このCDでは、ツィマーマンのピアノが輝いている。
二つのアプローチで、このピアニストはこの曲の双璧を築いている。
評価: 4
風貌通りな演奏
まさに優男的演奏だった。
すこし女々しい演奏かもしれない。

演奏は完璧だ。ほわほわした感じの演奏だった。
ショパンもこんな感じで弾いたのだろうか
評価: 5
最も古典的で立派なショパン
「ショパンの管弦楽書法は単なる伴奏に過ぎず貧弱だ」というのが定説。確かに多くの演奏ではそう。ところがジュリーニの手にかかると俄然「立派で陰影が深く意味深い音楽」として鳴り出すからびっくり。これほど立派なショパンの協奏曲は聴いたことがない。若きツィマーマン(ジメルマン)のピアノも若き剣士の名刀のきらめきのようで立派にして輝かしい。二人の美学ががっちりと噛み合い素晴らしい成果を挙げている。「実はライブ録音なんです」と知らされた日には二度びっくり。「遊び、ゆとり、くつろぎ」よりも「厳しくも誠実な陰影溢れる本格的演奏」を求める向きには最高の演奏だ。

サン=サーンス:交響曲第3番 / 動物の謝肉祭 他

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,900

曲目:
交響曲第3番ハ短調op78「オルガン付き」
ピアノ協奏曲第2番ト短調op22
交響詩「死の舞踏」op40~アンリ・カザルスの詩による
組曲「動物の謝肉祭」~動物学的大幻想曲
ハバネラop83
序奏とロンド・カプリチオーソop28
歌劇「サムソンとデリラ」op47~バッカナール/「あなたの声に心も開く」
交響詩「オンファールの糸車」op31

演奏者・作曲者:
サン=サーンス
リテーズ(ガストン)
バレンボイム(ダニエル)
シカゴ交響楽団
ロジェ(パスカル)
デュトワ(シャルル)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
パリ管弦楽団
アルゲリッチ(マルタ)
フレイレ(ネルソン)

発売日:
2002/01/30

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
安いです!
この値段なのにとても盛り沢山で得した気分になります。聞いた事のある曲ばかりなので、あまりクラシックになじみが無い方でも楽しめると思います。

エヴァー! モーツァルト

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,901

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,480

曲目:
交響曲第25番~第1楽章
アイネ・クライネ・ナハトムジーク~第1楽章
ピアノ協奏曲第21番~第2楽章
ヴァイオリン・ソナタ ホ短調~第1楽章
ピアノ・ソナタ イ長調~第3楽章
ピアノ協奏曲第22番~第2楽章
歌劇「魔笛」序曲
歌劇「魔笛」~夜の女王のアリア
歌劇「魔笛」~愛の喜びは露と消え
交響曲第29番~第1楽章
アヴェ・ヴェルム・コルプス
ピアノ協奏曲第20番~第1楽章
弦楽四重奏曲「狩」~第1楽章
フルートとハープのための協奏曲~第2楽章
交響曲第38番「プラハ」~第1楽章
クラリネット協奏曲~第2楽章
歌劇「フィガロの結婚」序曲
歌劇「フィガロの結婚」~恋とはどんなものかしら
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲~第2楽章
交響曲第39番~第1楽章
ピアノ協奏曲第23番~第2楽章
交響曲第41番「ジュピター」~第1楽章
ピアノ協奏曲第27番~第1楽章
弦楽五重奏曲ト短調~第1楽章
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
交響曲第40番~第1楽章
「レクイエム」~ラクリモーサ

演奏者・作曲者:
テイト(ジェフリー)
マリナー(サー・ネヴィル)
ジンマン(デイヴィッド)
アカデミー室内管弦楽団
ツァハリス(クリスティアン)
バイエルン放送管弦楽団
ツィマーマン(クリスティアン)
ロンクィッヒ(アレクサンダー)
オムニバス(クラシック)
イギリス室内管弦楽団

発売日:
2001/02/21
エヴァー! ベートーヴェン

amazonへ行く


CD

発売:
東芝EMI

価格:
¥ 1,901

amazonでのユーズド価格:
¥ 800

曲目:
苦悩の階段を上り詰める迷える人々(「エグモント」序曲より)
英雄ナポレオンに対する尊敬と失望(交響曲第3番「英雄」~第1楽章より)
哀しみの葬送行進曲(交響曲第3番「英雄」~第2楽章より)
ロマンの香り漂うサロン音楽の傑作(ピアノ三重奏曲第7番「大公」~第1楽章より)
切なく,そして美しい天上のフレーズ(交響曲第7番~第2楽章より)
躍動とリズム(ピアノ協奏曲第4番~第1楽章より)
凛々しさと躍動感(交響曲第2番~第1楽章より)
麗しき救いのフレーズ(ヴァイオリン協奏曲~第2楽章より)
心の安らぎと満ち足りた幸福感(交響曲第8番~第1楽章より)
母の胸に抱かれ眠る安らぎと平安(チェロ・ソナタ第3番~第1楽章より)
かくも悲しき人生の苦悩(ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第2楽章より)
ベートーヴェンのユーモアと遊び心(交響曲第4番~第1楽章より)
人生は哲学する葦である(ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」~第1楽章より)
女性への愛情が紡ぎ出す優しさのタペストリー(エリーゼのために)
流れるようなメロディに託された平安の日々(弦楽四重奏曲第7番ヘ長調「ラズモフスキー第1番」~第1楽章より)
運命はこうして扉を叩く(交響曲第5番「運命」~第1楽章より)
窓辺を美しく照らす月の光と影(ピアノ・ソナタ第14番「月光」~第1楽章より)
皇帝の威厳(ピアノ協奏曲第5番「皇帝」~第1楽章より)
心から溢れる慈愛と気品(ヴァイオリンとオーケストラのための「ロマンス」ヘ長調より)
心寄せる人へのつきせぬ思い(弦楽四重奏曲第4番ハ短調~第1楽章より)
やさしさに包まれた軽やかなシンフォニー(交響曲第1番~第2楽章より)
人生の嵐とさざ波に立ち向かう(ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」~第3楽章より)
雪解け水の流れから聞こえる春の息吹と喜び(ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」~第1楽章より)
若きベートーヴェンの苦悩(ピアノ協奏曲第3番~第1楽章より)
田舎に着いた時の愉快な気分(交響曲第6番「田園」~第1楽章より)
牧歌。嵐のあとの喜びと感謝(交響曲第6番「田園」~第5楽章より)
心の鎖を解き放つ人生の決断(「コリオラン」序曲より)
人生の奥底に秘められた激情の慟哭(ピアノ・ソナタ第23番「熱情」~第1楽章より)
年末には欠かせない歓喜の歌(交響曲第9番「合唱」~第4楽章より)

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
テンシュテット(クラウス)
オイストラフ(ダヴィド)
クヌシェビツキー(スビアトスラス)
オボーリン(レフ)
フィラデルフィア管弦楽団
ムーティ(リッカルド)
ギレリス(エミール)

発売日:
2001/02/21

アマゾンでの評価平均値:
3.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 3
ベートーベン
『ever!』シリーズは手軽にクラシックを楽しめるCDとして重宝していますが、ベートーベンに絞っても聞き覚えのある曲が多いです。できれば、1曲目にもう少し馴染みのある曲があれば、とも思います。CDのために作られたと思われるタイトルは必要ない、とも感じられました。

バーンスタイン:不滅の伝説

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
歌劇「ピーター・グライムズ」op33~4つの海の間奏曲(ブリテン)
交響曲第7番イ長調op92(ベートーヴェン)
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」(ベートーヴェン)
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調op102(ブラームス)
アヴェ・ヴェルム・コルプスK618(モーツァルト)
エクスルターテ・イゥビラーテK165(モーツァルト)
大ミサ曲ハ短調K427(417a)(モーツァルト)
交響曲第5番嬰ハ短調(マーラー)
ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュウィン)
バレエ組曲「アパラチアの春」(コープランド)
交響曲第3番(ハリス)
弦楽のためのアダージョ(バーバー)
ピアノ協奏曲第17番ト長調K453(モーツァルト)

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ボストン交響楽団
ブリテン
ベートーヴェン

発売日:
2000/10/25
ヴェーベルン・コンプリート・エディション

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
管弦楽のためのパッサカリアop1
弦楽四重奏のための5つの楽章op5(弦楽合奏版)
大オーケストラのための6つの小品op6
「音楽の捧げもの」BWV1079~6声のリチェルカーレ(バッハ/ウェーベルン編)
6つのドイツ舞曲D820(シューベルト/ウェベルン編)
大オーケストラのための牧歌「夏風の中で」
オーケストラのための5つの小品
女声独唱とオーケストラのための3つの歌曲
交響曲op21
混声合唱とオーケストラのための「眼の光」op26
ソプラノ独唱,混声合唱とオーケストラのための第1カンタータop29
オーケストラのための変奏曲op30
ソプラノとバス独唱,混声合唱とオーケストラのための第2カンタータop31
ピアノ五重奏曲 遺作
軽やかな小舟にて逃れ出よop2
2つの歌曲op8
オーケストラのための5つの小品op10
4つのオーケストラ歌曲op13
6つの歌曲op14
5つの宗教曲op15
5つのカノンop16
3つの宗教的民謡op17
3つの歌曲op18
2つの歌曲op19
四重奏曲op22
協奏曲op24
3つの詩
8つの初期歌曲
3つの歌曲
5つの歌曲
5つの歌曲op3
5つの歌曲op4
4つの歌曲
4つの歌曲op12
3つの歌曲op23
3つの歌曲op25
弦楽のための緩徐楽章
弦楽四重奏のための5つの楽章op5
弦楽四重奏曲
弦楽四重奏のための6つのバガテルop9
弦楽四重奏のためのロンド
弦楽三重奏のための楽章(遺作)
弦楽四重奏のための3つの小品
弦楽三重奏曲op20
弦楽四重奏曲op28
チェロとピアノのための2つの小品
ピアノのための楽章
ピアノのためのソナタ楽章(ロンド)
ピアノとヴァイオリンのための4つの小品op7
ピアノとチェロのための3つの小さな作品op11
チェロ・ソナタ
子供のための小品
ピアノのための小品
ピアノのための変奏曲op27

演奏者・作曲者:
ブーレーズ(ピエール)
ヴェーベルン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
バッハ
シューベルト

発売日:
2000/03/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
ブーレーズ先生のヴェーべルンへの最大級のオマ−ジュ。
 ブーレーズ先生がヴェーベルンに深い愛情を若いころから注いでいらっしゃったことはよく知られています。まさにヴェーベルンに対する愛の結晶とでも言うべき全集です。

 この全集を耳にしたときの感動は言葉に言い尽くせないものがありました。特に交響曲の透明感や管弦楽のための6つの小品の細部にまで目の行き届いた演奏はヴェーベルンの理想とした響きではないでしょうか。二十世紀の遺産のひとつといっても過言ではないです。

ショパン/ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,753

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ポーランド祝祭管弦楽団
ショパン

発売日:
2000/01/13

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 2
とにかく遅い
とにかく、テンポが遅い。(そのために、CDが2枚組になっている)

ちょっと、考えすぎなのではなかろうか。これがツィマーマンの求めていたショパンピアノ協奏曲なのかもしれないが、普通に演奏してくれた方がいいと思うのは私だけだろうか?
評価: 1
はっきり言って
オケが邪魔、ウザい。
私にとってはショパンの音楽にオケは不要ということを再確認されられる演奏。
ただそれだけ。
ジュリーニとの旧盤のほうがまだ良い。
評価: 5
凄絶なオケ、美音のピアノ
冒頭の異様な唸りから他の録音を圧倒している。素人なのでショパンのオーケストレーションが拙いという一般的な見解はよくわからないが、この演奏を聴くとロマン派の一大ピアノ協奏曲を存分に味わった気がしてくる。オーケストラの熱気はライブ録音ということもあって緊迫感を伴い、テンポはこれでもかと流動して息をつく暇を与えない。ちょうどフルトヴェングラーのベートーヴェンを聴くような、一度聴くと夢中になり、鮮烈な余韻を残して呆然としてしまう圧倒的な迫真性がこの演奏にはある。ツィマーマンのピアノはオケに較べ大人しいが、磨きぬかれた美音を思う存分に発揮し、ピアノの詩人と言われた作曲者のロマン的香気に満ち溢れたメロディーを十二分に堪能させてくれる。この録音はこの曲の真価を気づかせるというより、もはや新しい価値を生み出した演奏の証言として貴重なものと言えるだろう。

ショパン:P協奏曲第1番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22
ワルツ第1番変ホ長調op18「華麗なる大円舞曲」

演奏者・作曲者:
コンドラシン(キリル)
ツィマーマン(クリスティアン)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショパン

発売日:
1999/11/01

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
1979年のライブ。
ショパンコンチェルトは、1979年のライブ。
奏者は1956年の生まれですから、まだ20代の前半の演奏。

とてもそうは思えないほどの落ち着いた表現に好感が持てます。
1975年にショパンコンクールに優勝して4年後の演奏ですから、
もうすっかり舞台なれした様子がうかがえます。

星5つあげたい素晴らしい演奏ですが、
私は、どうしてもブーニンの「衝撃のショパンコンクール(1985)」の演奏と比べてしまいます。
あの演奏と比べてしまうと、やや表現が一本調子に聴こえてしまうので、星4つ。

ブーニンはショパンコンクールでコンチェルト賞をとったけど、ツィマーマンはとっていない。
やはり、その差はこの演奏でも感じられます。
(ブーニンの方がミスは多いのですけれど・・・)
評価: 5
ライブの臨場感抜群!!感動の一枚!!!
 私は、ツィマーマンは史上最高のピアニストだと思っています!このCDでは、ツィマーマンの若さあふれるみずみずしい演奏を聴くことができます!必聴です!!
 まずはコンセルトヘボウとのコンチェルトですが・・・これはすごいです!!星5つです!ツィマーマンはこの曲を三度録音しています・・・一回目、二回目の録音はライブ録音ですが、この二回目の録音には拍手などが入っており、ライブならではの臨場感があふれています・・・そしてさらに!一回目のジュリーニとの演奏を聴き比べるとびっくり!もう、そっくりです!ツィマーマンはどんな状況でも崩れることのないピアニストだと言われていますが、それがこのCDを聴けばわかるでしょう!一回目の録音は雑音を処理してあり、よりきれいに録れています・・・あと、オーケストラが少し違っていて、それぞれいいところがあります・・・三回目のツィマーマンの弾き振りは独特かつ極上なので、全部聴きましょう!
 アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズもライブなのですが、こちらは録音が悪いです・・・そして、珍しくミスタッチをしています(ほんの少しですが)・・・ツィマーマンは今でこそ誰よりもうまいですが、当時は(18歳)そこまででもないようです(ピアノを弾く人ならわかると思いますが、この曲はあまりにも難しすぎます!)・・・しかし表現力は当時から驚異的で、僕は名盤と言われるルービンシュタインの演奏よりも好きです!星4つぐらいですね・・・
 華麗なる大円舞曲はスタジオ録音で、ツィマーマンの天国級に美しい音が堪能できます!最高です!文句なしで星5つです!!
 それにしても今は手に入れるのが困難です・・・見つけたら即買いましょう!

ショパン全集

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11
同第2番ヘ短調op21
「お手をどうぞ」の主題による変奏曲op2
ポーランド民謡の主題による幻想曲イ長調op13
演奏会用ロンド ヘ長調op14「クラコヴィアク」
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22
バラード第1番ト短調op23
同第2番ヘ長調op38
同第3番変イ長調op47
同第4番ヘ短調op52
幻想曲ヘ短調op49
3つの新しい練習曲
葬送行進曲ハ短調op72-2
3つのエコセーズop72-3
12の練習曲op10
同op25
舟歌ヘ長調op60
子守歌 変ニ長調op57
4つのマズルカop6
5つのマズルカop7
4つのマズルカop17
同op24
同op30
同op33
同op41
3つのマズルカop50
同op56
同op59
3つのマズルカop63
同op56
同op59
同op63
4つのマズルカop67(遺作)
同op68(遺作)
マズルカ イ短調(第42番)
同イ短調(第43番)
同変ロ長調(第52番)
同ト長調(第53番)
同変イ長調(第58番)
同ハ長調(第57番)
同変ロ長調(第56番)
同ニ長調(第54番)
3つの夜想曲集op9
3つの夜想曲集op15
2つの夜想曲集op27
2つの夜想曲集op32
2つの夜想曲集op37~夜想曲第11番ト短調op37-1
2つの夜想曲集op37~夜想曲第12番ト長調op37-2
2つの夜想曲集op48
2つの夜想曲集op55
2つの夜想曲集op62
夜想曲第19番ホ短調op72-1
夜想曲第20番嬰ハ短調
夜想曲第21番ハ短調
2つのポロネーズop26
同op40
ポロネーズ嬰へ短調op44
同変イ長調op44「英雄」
同変イ長調op61「幻想」
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22
3つのポロネーズop71
ポロネーズ変ロ短調「アデュー」(第15番)
同変ト長調(第16番)
同ト短調(第11番)
同変ロ長調(第12番)
同変イ長調(第13番)
同嬰ト短調(第14番)
2つのブーレ
ギャロップ・マルキ変イ長調
アルバムの一葉 ホ長調
カンタービレ変ロ長調
フーガ イ短調
ラルゴ変ホ長調
24の前奏曲集op28
前奏曲嬰ハ短調op45
前奏曲変イ長調(遺作)
即興曲第1番変イ長調op29
同第2番嬰ヘ長調op36
同第3番嬰ト長調op51
同第4番嬰ハ短調op56「幻想即興曲」
スケルツォ第1番ロ短調op20
同第2番変ロ短調op20
同第3番嬰ハ短調op39
同第4番ホ長調op54
ロンド ハ短調op1
同ヘ長調op5「マズルカ風」
序奏とロンド変ホ長調op16
ロンド ハ長調op73(2台のピアノのための)
ピアノ・ソナタ第1番ハ短調op4
同第2番変ロ短調op35
同第3番ロ短調op58
ドイツ民謡「スイスの少年」による変奏曲ホ長調 遺作
変奏曲イ長調「パガニーニの思い出」
華麗なる変奏曲変ロ長調op12(エロールの歌劇「リュドヴィク」のロンド主題による)
ムーアの民謡風な歌による変奏曲ニ長調(2台のピアノのための)
「ヘクサメロン」変奏曲ホ長調(ベッリーニの歌劇「清教徒」の行進曲による変奏曲)
演奏会用アレグロ イ長調op46
ボレロ ハ長調op19
タランテラ変イ長調op43
華麗なる大円舞曲変ホ長調op18(第1番)
3つのワルツop34
ワルツ変イ長調op42(第5番)
3つのワルツop64
2つのワルツop69(遺作)
3つのワルツop70(遺作)
ワルツ第14番ホ短調(遺作)
ワルツ第16番変イ長調(遺作)
ワルツ第15番ホ長調(遺作)
ワルツ第17番変ホ長調(遺作)
ワルツ第18番変ホ長調
ワルツ第19番イ短調
ピアノ三重奏曲ト短調op8
序奏と華麗なる大ポロネーズ ハ長調op3
マイアベーアの「悪魔のロベール」の主題による協奏的大二重奏曲ホ長調
チェロ・ソナタ ト短調op65
17のポーランド歌曲集op74
魔力
ドゥムカ

演奏者・作曲者:
コンドラシン(キリル)
ジュリーニ(カルロ・マリア)
インバル(エリアフ)
ツィマーマン(クリスティアン)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
アラウ(クラウディオ)
ハーグ市立管弦楽団
アスケナーゼ(ステファン)

発売日:
1999/10/14

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
微妙...
タイトル通リ、ショパンの全曲集。滅多に演奏されない曲が収録されておりマニア垂涎のCD集です。演奏家のレベルはグラモフォンだけあってかなり高いのですが、レビューにある通リ「この曲は別のピアニストが演奏しているのがいいなー」とか「これはもう持ってるよ!」ってことになりかねず評価は微妙です。私はショパンの全曲を手に入れたくて購入しましたが...ショパンの全曲を究めたくて、演奏家にこだわらなくて、でもある程度の水準の演奏で...という方にお勧めです。

20世紀の偉大なるピアニストたち〜クリスティアン・ツィマーマン

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
スケルツォ変ホ短調op4(ブラームス)
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調op83(同)
バラード第4番ヘ短調op52(ショパン)
幻想曲ヘ短調op49(同)
「詩的で宗教的な調べ」~第7曲「葬送曲」(リスト)
「死の舞踏」パラフレーズS126(同)
前奏曲集第1巻~1デルフィの舞姫たち(ドビュッシー)
同~5アナカプリの丘(同)
同~10沈める寺(同)
同~11パックの踊り(同)
同~12ミンストレル(同)
前奏曲集第2巻~9ピックウィック卿をたたえて(同)
同~12花火

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
小澤征爾
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ボストン交響楽団
ブラームス
ショパン
リスト

発売日:
1999/03/17
ラヴェル:ピアノ協奏曲

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲ト長調
高雅にして感傷的なワルツ(管弦楽版)
左手のためのピアノ協奏曲ニ長調

演奏者・作曲者:
ブーレーズ(ピエール)
ツィマーマン(クリスティアン)
クリーヴランド管弦楽団
ロンドン交響楽団
ラヴェル

発売日:
1998/10/14

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
フランス料理、ア・ラ・カルト
ブーレーズと言うとフランス音楽を中心に取り上げる指揮者として有名です。
「ピアノ協奏曲」を演奏するクリーヴランド・オケは音がまろやかなオケとして知られています。
また、ツィマーマンとブーレーズという組み合わせもフランス音楽と相性がピッタリであると言えるでしょう。

このCDはサッパリとしてて'凄み'という点においては少し欠けていますが、

ピアノの音色が引き立てられ、なかなかの出来栄えとなっています。
フランス料理で言うと前菜か食前酒のようなもの、とでも言いましょうか(笑)

ブラームス : ピアノ協奏曲 第2番変ロ長調作品83

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,620

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス

発売日:
1998/10/01

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
私の好きな部類のツィマーマンの演奏
ブラームスの2番といえば,バックハウスが不滅の名盤ですが,若きツィマーマンとバーンスタインもすごい。
交響曲的な要素をもったこの曲と,彼のしっかりしたテクニックで響かせている,美しい音とバックのバーンスタイン&ウィーンフィル。素晴らしいです。
私はピアノ音楽が大好きなのでツィマーマンももちろん良く聞きますが,好きなピアニストではありますが,彼の全部の演奏が大好きってわけでもないんです。

ツィマーマンの私的なベストはこの若きブラームス2番と,ラフマニノフの1番の方です。
どちらも輝く美音とそれほど癖のなさが堪能できます。
評価: 5
唖然
冒頭のホルンのあとに続くピアノの出だしから音の美しさにびっくりした。そしてそのあとも完璧な技巧と音の美しさで圧倒された。まずツィマーマンはまだ若かった頃の演奏だけどすでにピアニストとして完成しており、ショパコンで優勝したのも納得。一音一音が丁寧に美しく、芯があり、びっくりしない人はいないと思う。アシュケナージもいいけど全体に締まりがない。ツィマーマンはバックハウスに匹敵する。買って損なし!
評価: 5
完璧なピアノに脱帽。
この曲のピアノパートは非常に難しいことで有名です。ブラームス自身が鍵盤上で確認しないで作曲した箇所が多いと思われ、物理的に極めて演奏困難なフレーズが頻出します。これを適当にごまかして弾くピアニストが多かったのですが、ツィメルマンは微塵の難しさも感じさせず楽譜のとおりに完璧に弾いてしまいます。普通のピアニストでは音がばらけたり不揃いになるような箇所でも、きっちり打鍵してきます。美しい旋律に溢れた曲なので、完璧に弾ききることよりもピアノを歌わせることに主力を注ぐピアニストが多いのです。しかし、どうしても曖昧な印象になりますので、それを嫌ったのでしょう。
実際、ツィメルマンは交響的構築を重視したアプローチを取っており、積み重なった和音は強烈な勢いで叩き込んできます。その一方で、余計な響きを残さないように意識的に音を切る場面も多くしています。これにより、重厚な響きを出しつつも全体としては端正な雰囲気が維持され、節度を持ったロマンティシズムが表現されるのです。これはブラームスの演奏では重要なポイントです。まだ若かったツィメルマンがここまで突き詰めた演奏をしていることに対しては、脱帽するしかありません。


amazonへ行く


CD

発売:
ソニーミュージックエンタテインメント

価格:
¥ 2,394

曲目:
ヴァイオリン,ホルン,ピアノのためのトリオ
管楽五重奏のための10の小品
管楽五重奏のための6つのバガテル
無伴奏ヴィオラ・ソナタ

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
ガブリロフ(サシュコ)
エマール(ピエール=ローラン)
ノイネッカー(マリー・ルイーズ)
リゲティ
ロンドン・ウィンズ
ツィマーマン(タベア)

発売日:
1998/04/22
ドイツ・グラモフォン100年B

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
エミール・ベルリナーの声
トロイメライ(シューマン) 〈SP期 指揮者編1〉
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章(ベートーヴェン) アルトゥール・ニキシュ
交響曲第9番ニ短調op125「合唱」~第4楽章(ベートーヴェン) ブルーノ・ザイドラー・ヴィンクラー
「ジークフリートの牧歌」~後半(ワーグナー) レオ・ブレッヒ
交響曲第6番ロ短調op74「悲愴」~第3楽章(チャイコフスキー) ブルーノ・ワルター
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章(ベートーヴェン) ブルーノ・ザイドラー・ヴィンクラー
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章(ベートーヴェン) リヒャルト・シュトラウス
歌劇「魔笛」序曲(モーツァルト) リヒャルト・シュトラウス
バレエ組曲「火の鳥」から(ストラヴィンスキー) オスカー・フリート
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲(ワーグナー) ハンス・クナッパーツブッシュ
交響詩「モルダウ」(スメタナ) エーリヒ・クライバー
交響曲第7番ホ長調~第4楽章(ブルックナー) ヤッシャ・ホーレンスタイン
交響曲第2番ハ長調op61~第3楽章(シューマン) ハンス・プフィッツナー
交響曲第3番変ホ長調op55「英雄」~第1楽章(ベートーヴェン) ハンス・プフィッツナー
交響曲第2番ニ長調op73~第3楽章(ブラームス) マックス・フィードラー
「エグモント」op84~序曲(ベートーヴェン)ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調BWV1050~第1楽章(バッハ) アロイス・メリヒャル
交響曲第7番イ長調op92~第4楽章(ベートーヴェン)リヒャルト・シュトラウス
交響曲第91番変ホ長調Hob1-91~第4楽章(ハイドン) 近衛秀麿
交響詩「はげ山の一夜」(ムソルグスキー) 近衛秀麿
歌劇「魔笛」序曲(モーツァルト) ヘルベルト・フォン・カラヤン
交響曲第4番ホ短調op98~第4楽章(ブラームス) ヴィクトル・デ・サバータ
円舞曲「芸術家の生涯」op316(Jシュトラウス2世) ヘルベルト・フォン・カラヤン
日本建国2600年祝典曲op84(Rシュトラウス) リヒャルト・シュトラウス
交響曲第3番変ホ長調op55「英雄」~第4楽章(ベートーヴェン) カール・シューリヒト
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章(ベートーヴェン) パウル・ファン・ケンペン
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲(ワーグナー) リヒャルト・シュトラウス
ジークフリート牧歌(ワーグナー) オットー・クレンペラー
コレッリの主題による変奏曲(クライスラー) アドルフ・ブッシュ(vn)
ピアノ・ソナタ第11番イ長調K331~第3楽章(モーツァルト) オイゲン・ダルベルト(p)
スペイン狂詩曲(リスト) ヴァルター・レーベルク(p)
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11~第1楽章(ショパン) アレクサンダー・ブライロフスキー(p)
ヴァイオリン・ソナタ イ長調~第3楽章(フランク) 鈴木鎮一(vn)
弦楽四重奏曲第12番ヘ長調op96「アメリカ」~第1楽章(ドヴォルザーク) ボヘミアSQ
ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調op12-3~第3楽章(ベートーヴェン) フランツ・フォン・ヴェチェイ(vn)
ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調op47「クロイツェル」~第3楽章(ベートーヴェン) ゲオルク・クーレンカンプ(vn)
ツィゴイネルワイゼンop20(サラサーテ) ヴァーシャ・ブルジーホダ(vn)
ヴァイオリン・ソナタ イ長調op1-14~第1・2楽章(ヘンデル) カール・フレッシュ(vn)
ロッシーニの「モーゼ」の主題による変奏曲(パガニーニ) ヴァルター・バリリ(vn)
前奏曲第1番op28-1(ショパン) ラオール・コシャルスキ(p)
前奏曲第2番op28-2(ショパン) ラオール・コシャルスキ(p)
前奏曲第3番op28-3(ショパン) ラオール・コシャルスキ(p)
ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466~第3楽章(モーツァルト)ヴィルヘルム・ケンプ(p)
ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op26~第1楽章(ブルッフ) ハインツ・シュタンスケ(vn)
ヴァイオリン・ソナタ イ長調~第1楽章(フランク)リリア・ダルボーレ(vn)
くるみの木op25-3(シューマン) レオ・スレザーク(T)
アヴェ・マリアD839(シューベルト) ユリア・クルプ(A)
アイヒェンドルフ歌曲集~郷愁(ヴォルフ) ユリア・クルプ(A)
亡き子をしのぶ歌~いま太陽は明るく昇る(マーラー) ハインリヒ・レーケンバー(Br)
亡き子をしのぶ歌~おまえのお母さんが(マーラー) ハインリヒ・レーケンバー(Br)
ソルヴェイグの歌(グリーグ) エレナ・ベルガー(S)
モーツァルトの子守歌(フリース) エレナ・ベルガー(S)
ヴェーゼンドンクの5つの詩~夢(ワーグナー) ティアナ・レムニツ(S)
歌劇「魔笛」~愛の喜びは露と消え(モーツァルト) エリーザベト・シューマン(S)
アヴェ・マリア(シューベルト) ロゼッテ・アンダ(A)
ひそかな誘いop27-3(Rシュトラウス) ヨーゼフ・シュヴァルツ(Br)
レクイエム~入祭唱(モーツァルト) ブルーノ・キッテル(指揮)
さすらう若人の歌~君がとつぐ日(マーラー) ハインリヒ・シュルスヌス(Br)
さすらう若人の歌~露しげき朝の野べに(マーラー) ハインリヒ・シュルスヌス(Br)
さすらう若人の歌~灼熱せる短刀もて(マーラー) ハインリヒ・シュルスヌス(Br)
さすらう若人の歌~君が青きひとみ(マーラー) ハインリヒ・シュルスヌス(Br)
交響曲第5番ホ短調OP64~第1楽章冒頭より(チャイコフスキー) フェレンツ・フリッチャイ
交響曲第4番ニ短調OP120~第1楽章(シューマン)ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽~第1楽章(バルトーク) フェレンツ・フリッチャイ
組曲「展覧会の絵」~キエフの大門(ムソルグスキー) イーゴル・マルケヴィチ
交響曲「画家マティス」~聖アントニウスの試練(ヒンデミット) パウル・ヒンデミット
交響曲第5番ハ短調OP67「運命」~第4楽章(ベートーヴェン) カール・ベーム
交響曲第5番ホ短調OP64~第3楽章(チャイコフスキー) エフゲニ・ムラヴィンスキー
ワルツ「酒・女・歌」OP333(Jシュトラウス2世) フェルディナント・ライトナー
「カルミナ・ブラーナ」~おお,運命の女神よ~運の女神の痛手を(オルフ) オイゲン・ヨッフム
バレエ「三角帽子」~粉屋の踊り(ファリャ) フリッツ・レーマン
弦楽四重奏曲ヘ長調~第1楽章(ラヴェル) レーヴェングートSQ
弦楽四重奏曲第12番ハ短調D703「四重奏断章」(シューベルト) ケッケルトSQ
ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調K218~第3楽章(モーツァルト) ヴォルフガング・シュナイダーハン(vn)
ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K219「トルコ風」~第1楽章(モーツァルト) ヴォルフガング・シュナイダーハン(vn)
ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調op24「春」~第1楽章(ベートーヴェン) ヴォルフガング・シュナイダーハン(vn)
チェロ・ソナタ第1番ホ短調op38~第1楽章(ブラームス) ルートヴィヒ・ヘルシャー(vc)
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op77~第2楽章(ブラームス) ダヴィド・オイストラフ(vn)
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op35~第3楽章(チャイコフスキー) ダヴィド・オイストラフ(vn)
バラード第1番ト短調op23(ショパン) ユリアン・フォン・カーロイ
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調op73「皇帝」~第1楽章(ベートーヴェン) ヴィルヘルム・ケンプ
ピアノ協奏曲第19番ヘ長調K459~第1楽章(モーツァルト) クララ・ハスキル
ピアノ協奏曲イ短調op16~第3楽章(グリーグ) アドリアン・エッシュバッハー
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35~第1楽章(ショパン) ステファン・アスケナーゼ
ミクロコスモス第5巻~7曲(バルトーク) アンドール・フォルデス
ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ~第3楽章(ストラヴィンスキー) モニック・アース
トッカータ(ドビュッシー) モニック・アース
歌劇「エウゲニ・オネーギン」~レンスキーのアリア(チャイコフスキー) ヴァルター・ルートヴィヒ(T)
竪琴によせてD737(シューベルト) キム・ボルイ(Br)
トゥーレの王様D367(シューベルト) キム・ボルイ(Br)
すみれK476(モーツァルト) イルムガルト・ゼーフリート(S)
セレナーデop17-2(Rシュトラウス) イルムガルト・ゼーフリート(S)
春への憧れK596(モーツァルト) リタ・シュトライヒ(S)
歌劇「ボエーム」~私が街を歩けば(ムゼッタのワルツ)(プッチーニ) リタ・シュトライヒ(S)
歌劇「マノン」~さようなら,私たちの小さなテーブルよ(マスネ) マリア・シュターダー(S)
音楽に寄せてD547b(シューベルト) ヨーゼフ・グラインドル(Br)
歌曲集「冬の旅」~道しるべ(シューベルト) ヨーゼフ・グラインドル(Br)
すべての花がop96-3(ブラームス) ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
亡き友の酒杯に寄すop35-6(シューマン) ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
歌曲集「冬の旅」~おやすみ(シューベルト) ハンス・ホッター(Bs)
歌曲集「冬の旅」~菩提樹(シューベルト) ハンス・ホッター(Bs)
歌劇「後宮からの誘拐」~私には恋人がありました(モーツァルト) マリア・シュターダー(S)
歌劇「後宮からの誘拐」~何という喜びと楽しみが(モーツァルト) リタ・シュトライヒ(S)
歌劇「後宮からの誘拐」~おお愛よ,私はひたすらに(モーツァルト) エルンスト・ヘフリガー(T)
歌劇「後宮からの誘拐」~おお,わしは勝ちどきを挙げるのだ(モーツァルト) ヨーゼフ・グラインドル(Br)
歌劇「ローエングリン」~ひとり寂しく悲しみの日々を送り(ワーグナー) アンネリース・クッパー(S)
歌劇「ローエングリン」~遠い国に,あなたがたの近づき得ぬところに(ワーグナー) ローレンツ・フェーエンベルガー(T)
歌劇「ローエングリン」~婚礼の合唱(ワーグナー)
歌劇「フィデリオ」序曲op72b(ベートーヴェン) フェレンツ・フリッチャイ
交響詩「英雄の生涯」op40~英雄(Rシュトラウス) ヘルベルト・フォン・カラヤン
幻想交響曲op14~断頭台への行進(ベルリオーズ) イーゴリ・マルケヴィッチ
交響曲第41番ハ長調K551「ジュピター」~第1楽章(モーツァルト) フェレンツ・フリッチャイ
交響曲第5番ハ短調op67「運命」~第1楽章(ベートーヴェン) ヘルベルト・フォン・カラヤン
交響曲第40番ト短調K550~第1楽章(モーツァルト) カール・ベーム
歌劇「オベロン」序曲(ウェーバー) ラファエル・クーベリック
バレエ組曲「恋は魔術師」~火祭りの踊り(ファリャ) ロリン・マゼール
ピアノ協奏曲ト長調~第3楽章(ラヴェル) クラウディオ・アバド
モテット「アヴェ・マリア」(ブルックナー) オイゲン・ヨッフム
交響曲第8番ト長調op88~第4楽章(ドヴォルザーク) ラファエル・クーベリック
弦楽四重奏曲第4番~第3楽章(バルトーク) ハンガリーSQ
弦楽四重奏曲第17番変ロ長調K458~第1楽章(モーツァルト) アマデウスSQ
弦楽四重奏曲第77番ハ長調op76-3「皇帝」~第2楽章(ベートーヴェン) アマデウスSQ
弦楽四重奏曲第2番ニ長調~夜想曲(ボロディン) ドロルツSQ
トッカータop11(プロコフィエフ) マルタ・アルゲリッチ(p)
ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467~第2楽章(モーツァルト) ゲザ・アンダ(p)
2つの狂詩曲op79~第1曲ロ短調(ブラームス) ヴィルヘルム・ケンプ(p)
ロンド ハ長調(ベートーヴェン) ヴィルヘルム・ケンプ(p)
夜想曲第1番変ロ短調op9-1(ショパン) タマーシュ・ヴァーシャーリ(p)
ピアノ・ソナタ第8番イ短調K310~第1楽章(モーツァルト) クリストル・エッシェンバッハ(p)
チェロ・ソナタ第3番イ長調op69~第1楽章(ベートーヴェン) ピエール・フルニエ(vc)
ピアノ協奏曲第2番ハ短調op18~第3楽章(ラフマニノフ) スヴャトスラフ・リヒテル(p)
ヴァイオリン協奏曲ニ短調op47~第3楽章(シベリウス) クリスチャン・フェラス(vn)
ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第1番ニ長調D384~第1楽章(シューベルト) ヴォルフガング・シュナイダーハン(vn)
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004~シャコンヌ(バッハ) ヘンリック・シェリング(vn)
チェロ協奏曲ロ短調op104~第1楽章(ドヴォルザーク) ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(vc)
アランフェス協奏曲~第2楽章(ロドリーゴ) ナルシソ・イエペス(g)
円舞曲「春の声」(Jシュトラウス2世) リタ・シュトライヒ(S)
くるみの木op25-3(シューマン) リタ・シュトライヒ(S)
優しい愛(私はあなたを愛す)(ベートーヴェン) フリッツ・ヴンダーリヒ(T)
コンサート・アリア「大いなる魂と高貴な心!」(モーツァルト) グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)
歌劇「フィガロの結婚」~とうとうその時が来たわ~おいで,美しい喜びよ(モーツァルト) エディット・マティス(S)
オイゲン公op92(レーヴェ) ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
歌曲集「冬の旅」D911~春の夢(シューベルト) エルンスト・ヘフリガー(T)
歌劇「椿姫」~乾杯の歌(ヴェルディ) レナータ・スコット(S)
歌劇「トロヴァトーレ」~あまたのものは静まりかえり~あの人のほほえみ(ヴェルディ) エットーレ・バスティアニーニ(Br)
歌劇「魔笛」~復讐の心は地獄のように胸に燃え(モーツァルト) ロバータ・ビータース(S)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~お母さんもご存知のように(マスカーニ) フィオレンツァ・コッソット(Ms)
楽劇「ワルキューレ」~さらば,勇ある輝かしき子よ(ワーグナー) トーマス・スチュアート(Br)
交響曲第5番嬰ハ短調~第4楽章(マーラー) ラファエル・クーベリック
管弦楽のためのパッサカリアop1(ヴェーベルン) ヘルベルト・フォン・カラヤン
交響曲第3番ヘ長調op90~第3楽章(ブラームス) カール・ベーム
リュートのための古風な舞曲とアリア(レスピーギ) 小澤征爾
組曲「展覧会の絵」~キエフの大門(ムソルグスキー) カルロ・マリア・ジュリーニ
交響曲第7番イ長調op92~第4楽章(ベートーヴェン) カルロス・クライバー
交響組曲「キージェ中尉op90」~トロイカ(プロコフィエフ) クラウディオ・アバド
ダッタン人の踊り(ボロディン) ダニエル・バレンボイム
交響曲第6番ヘ長調op68「田園」~第1楽章(ベートーヴェン) レナード・バーンスタイン
弦楽四重奏曲ト短調op10~第1楽章(ドビュッシー) ラサールSQ
弦楽四重奏曲第44番変ロ長調op50-1 Hob3-44「プロシャ王」第1番~第1楽章(ハイドン) 東京SQ
弦楽四重奏曲第13番イ短調D804「ロザムンデ」~第2楽章(シューベルト) メロスSQ
ピアノ五重奏曲イ長調D667「ます」~第4楽章(シューベルト) アマデウスSQ
叙情小曲集~夜想曲op54-4(グリーグ) エミール・ギレリス(p)
スケルツォ第2番変ロ短調op31(ショパン) マルタ・アルゲリッチ(p)
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22(ショパン) マルタ・アルゲリッチ(p)
ポロネーズ第6番変イ長調op53「英雄」(ショパン) マウリツィオ・ポリーニ(p)
ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調op120-1~第3楽章(ブラームス) ピンカス・ズーカーマン(va)
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op77~第3楽章(ブラームス) ナタン・ミルシテイン(vn)
ヴァイオリン協奏曲第3番イ長調K216~第2楽章(モーツァルト) アンネ=ゾフィー・ムター(vn)
歌曲集「美しき水車小屋の娘」D795~さすらい(シューベルト) ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
4つの最後の歌~春(Rシュトラウス) グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)
春への憧れK596(モーツァルト) エディット・マティス(S)
亡き子をしのぶ歌~おまえのお母さんが(マーラー) クリスタ・ルートヴィヒ(A)
歌曲集「詩人の恋」op48~ラインの聖なる流れの(シューマン) ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
歌劇「セビリャの理髪師」~わたしは町の何でも屋(ロッシーニ) ヘルマン・プライ(Br)
喜歌劇「こうもり」~第1幕フィナーレ(Jシュトラウス2世) ルネ・コロ(T)
歌劇「マクベス」~踏みにじられた祖国よ(ヴェルディ) クラウディオ・アバド(指揮)
交響曲第6番ロ短調op74「悲愴」~第4楽章(チャイコフスキー) カルロ・マリア・ジュリーニ
交響曲第4番イ長調op90「イタリア」~第1楽章(メンデルスゾーン) ジュゼッペ・シノーポリ
交響曲第9番ニ短調op125「合唱」~第4楽章(ベートーヴェン) ヘルベルト・フォン・カラヤン
ミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」~トゥナイト(バーンスタイン) レナード・バーンスタイン
交響曲第29番イ長調K201~第1楽章(モーツァルト) ジェイムズ・レヴァイン
「ペール・ギュント」第1組曲~山の魔王の宮殿にて(グリーグ) ネーメ・ヤルヴィ
交響曲第4番イ長調~第4楽章(マーラー) レナード・バーンスタイン
交響曲第1番ニ長調「巨人」~第2楽章(マーラー) クラウディオ・アバド
歌劇「セビリャの理髪師」序曲(ロッシーニ) オフフェウスco
弦楽四重奏のためのロンド(ヴェーベルン) ラサールSQ
弦楽四重奏曲「糸杉」B152~君に対する私の愛情は(ドヴォルザーク) ハーゲンSQ
弦楽五重奏曲第4番ト短調K516~第2楽章(モーツァルト) メロスSQ
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op13「悲愴」~第1楽章(ベートーヴェン) エミール・ギレリス(p)
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op35~第1楽章(ショパン) イーヴォ・ポゴレリチ(p)
アラベスクop18(シューマン) マウリツィオ・ポリーニ(p)
子供の情景op15~トロイメライ(シューマン) マルタ・アルゲリッチ(p)
バラード第1番ト短調op23(ショパン) クリスティアン・ツィマーマン(p)
ピアノ・ソナタ第30番ホ長調op109~第1楽章(ベートーヴェン) ルドルフ・ゼルキン(p)
ヴァイオリン協奏曲ニ長調op35~第3楽章(チャイコフスキー) ギドン・クレーメル(vn)
ヴァイオリン協奏曲ホ短調~第3楽章(メンデルスゾーン) アンネ・ゾフィー・ムター(vn)
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007~プレリュード(バッハ) ミッシャ・マイスキー(vc)
ヴァイオリン・ソナタ イ長調~第1楽章(フランク) シュロモ・ミンツ(vn)
愛のまことop3-1(ブラームス) ジェシー・ノーマン(S)
帰郷op15-5(Rシュトラウス) ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
牧師の娘(レーヴェ) ブリギッテ・ファスベンダー(Ms)
楽劇「パルジファル」~清き人よ,清らかな水の祝福を受けよ!(聖金曜日の音楽)(ワーグナー) クルト・モル(Bs)
歌劇「トゥーランドット」~だれも寝てはならぬ(プッチーニ) プラシド・ドミンゴ(T)
歌劇「カルメン」~闘牛士の歌(ビゼー) ホセ・ファン・ダム(Br)
歌劇「ばらの騎士」~あなたはすばらしかった,とても(Rシュトラウス) アンナ・トモワ・シントウ(S)
歌劇「マノン・レスコー」~二重唱“おわかりになって?申し上げた通りでしょ”(プッチーニ) ミレッラ・フレーニ(S),プラシド・ドミンゴ(T)
「惑星」~木星(ホルスト) ジェイムズ・レヴァイン
交響詩「英雄の生涯」op40~英雄(Rシュトラウス) ジュゼッペ・シノーポリ
歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲(ワーグナー) クラウディオ・アバド
交響組曲「シェエラザード」~若い王子と王女(リムスキー=コルサコフ) チョン・ミュンフン
楽劇「サロメ」~サロメの踊り(Rシュトラウス) アンドレ・プレヴィン
ボレロ(ラヴェル) ピエール・ブーレーズ
祝典序曲op96(ショスタコーヴィチ)
狂詩曲「スペイン」(シャブリエ) ジョン・エリオット・ガーディナー
歌劇「心」~愛のメロディ(プフィツナー) クリスティアン・ティーレマン
弦楽四重奏曲第12番ヘ長調op96「アメリカ」~第1楽章(ドヴォルザーク) エマーソンSQ
ピアノ五重奏曲変ホ長調op44~第1楽章(シューマン) ハーゲンSQ
前奏曲第1巻~アナカプリの丘(ドビュッシー) クリスティアン・ツィマーマン(p)
ピアノ・ソナタ第1番(ベルク) マウリツィオ・ポリーニ(p)
鳥のカタログ第1巻~キバシガラス(メシアン) アナトール・ウゴルスキ(p)
ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op23~第1楽章(チャイコフスキー) マルタ・アルゲリッチ(p)
組曲「展覧会の絵」~キエフの大門(ムソルグスキー)イーヴォ・ポゴレリチ(p)
動物の謝肉祭~白鳥(サン=サーンス) ミッシャ・マイスキー(vc)
ロマンツェ(パガニーニ) ギル・シャハム(vn)
ツィゴイネルワイゼンop20(サラサーテ) アンネ=ゾフィー・ムター(vn)
タイスの暝想曲(マスネ) パトリック・ガロワ(fl)
ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調op47「クロイツェル」~第1楽章(ベートーヴェン) ギドン・クレーメル(vn)
旅の歌~放浪者(ヴォーン・ウィリアムズ) ブリン・ターフェル(Br)
夜の翼(ラングストレム) アンネ・ソフィー・フォン・オッター(Ms)
歌劇「タンホイザー」~入場行進曲“喜びてわれらは貴き殿堂に挨拶を送る”(ワーグナー) ジュゼッペ・シノーポリ(指揮)
歌劇「フィガロの結婚」~第2幕フィナーレ(モーツァルト) ジェイムズ・レヴァイン(指揮)
歌劇「オテロ」~泣きぬれて野の果てにただ一人(柳の歌)(ヴェルディ) チェリル・ステューダー(S)

演奏者・作曲者:
ニキシュ(アルトゥール)
グリューンフェルト(アルフレード)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
オムニバス(クラシック)
ベルリナー(エミール)
ベルリン国立歌劇場合唱団
ハンザ(エセル)
シュロサウアー(エレノア)
フィッシャー(アルベルト)
シューマン

発売日:
1997/12/17
シューマン:ピアノ協奏曲

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,800

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,400

曲目:
ピアノ協奏曲イ短調op54●グリーグ:
同イ短調op16

演奏者・作曲者:
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ツィマーマン(クリスティアン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン
グリーグ

発売日:
1997/09/05

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
抑制された鬱
同じイ短調の2作品、似ていると言えば似ているため、昔からよくカップリングされてきました。シューマンの方は、あのウルトラセブンの最終回の有名なシーン、ダンがアンヌに自分の正体を明かす場面で冒頭部分が使われていたと言った方が皆さんにはわかりやすいかもしれません。(使われたのはリパッティだそうです。白血病により33歳で早世してしまったルーマニア出身の大ピアニストです。)こういった例があるからではありませんが、どちらも推理・サスペンスものの“衝撃の告白”シーンに冒頭部分はよくあいます。

私はどちらの作品も好きですが、あえて言えば“よりシューマン”というところでしょうか。“悲”というより“鬱”な部分が表に出て爆発しかかって爆発しない、人間として深い負の感情?!??抑制しようとしている苦悩に惹かれてしまいます。実際この作品が完成する前年にうつ病が激しくなったらしいですが。

ベートーヴェン:P協奏曲4&5

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 1,000

曲目:
ピアノ協奏曲第4番ト長調op58
同第5番変ホ長調op73「皇帝」

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1997/09/05
ショパン:ピアノ協奏曲第1番

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op22
ワルツ第1番変ホ長調op18「華麗なる大円舞曲」

演奏者・作曲者:
コンドラシン(キリル)
ツィマーマン(クリスティアン)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショパン

発売日:
1997/02/05

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
アンダンテと5つの変奏曲K501(モーツァルト)
組曲第2番op17(2台のピアノのための)(ラフマニノフ)
2台のピアノとパーカッションのための協奏曲(バルトーク)
白と黒で(ドビュッシー)
パガニーニの主題による変奏曲(2台のピアノのための)(ルトスワフスキ)
2台のピアノとパーカッションのためのソナタ(バルトーク)
組曲「動物の謝肉祭」(サン=サーンス)
ラ・ヴァルス(2台のピアノ版)(ラヴェル)

演奏者・作曲者:
ジンマン(デイヴィッド)
アルゲリッチ(マルタ)
コワセビッチ(スティーブン)
フレイレ(ネルソン)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
パストヤンス(ヤン)
ラボフダス(ヤン)
モーツァルト
ラフマニノフ
バルトーク

発売日:
1996/11/25

amazonへ行く


CD

発売:
ワーナーミュージック・ジャパン

曲目:
白鳥(サン=サーンス)
ジムノペディ第3番(サティ/ドビュッシー)
前奏曲op23-4(ラフマニノフ)
オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)
ギター五重奏曲第1番~第2楽章(ボッケリーニ)
イタリアーナ(レスピーギ)
真夏の夜の夢~夜想曲(メンデルスゾーン)
オーボエ協奏曲~第2楽章(マルチェロ)
ピアノ五重奏曲「ます」~第4楽章(シューベルト)
アンダンテ(モーツァルト)
ピアノ・ソナタ第1番~第2楽章(シューマン)
交響曲第9番「新世界より」~第2楽章(ドヴォルザーク)
カノン(パッヘルベル)
夜想曲第20番(ショパン)
弦楽四重奏曲第1番~第2楽章(ブラームス)
G線上のアリア(バッハ)
メヌエット(ポッケリーニ)
ピアノ協奏曲第1番~第2楽章(ショパン)
二重奏曲第2番~第2楽章(モーツァルト)
春初めてのカッコウを聞いて(ディーリアス)
ピアノ協奏曲第2番~第2楽章(ショスタコーヴィチ)
交響曲第3番~第3楽章(ブラームス)
アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト)

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
ベキネル姉妹
サン=サーンス
ヤノフスキ(マルク)
モンテ・カルロ・フィルハーモニー管弦楽団
サティ
フォスター(ローレンス)
リンパニー(モーラ)
ラフマニノフ

発売日:
1996/11/10

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ・ソナタ ロ短調
灰色の雲

悲しみのゴンドラ2
葬送曲

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
リスト

発売日:
1996/04/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
夜...。この曲との出会いは夢のようでした。
1984年前後にロ短調ソナタ以外の曲目の演奏会を開いていて、それ以来'夜'にハマッています。
前半部の沈んだ重苦しい状態から、いきなりパァ〜ッと月の一光が射したそんなほっとする美しさ。
やがて星があなたに話かけてくるような後半部、こんないい曲がなんで無名なんだろう?と首を傾げたくなるくらいです。
運よくポーランドのスーパースター'ツィメルマン'がその良さを余すとこなく弾き上げています。
ロ短調ソナタ、葬送などもかなりの力演。人生の後半、次々と身内や知人に先立たれ、孤独な故宗教へと傾倒していったリスト。
彼の心中を伺えるお薦めの逸品です。


amazonへ行く


CD

発売:
コロムビアミュージックエンタテインメント

曲目:
そぞろ歩きop31-7(Rシュトラウス)
鎮められたあこがれop91-1(ブラームス)
聖なる子守歌op91-2(同)
もの蔭に夕闇がせまり(ブッシュ)
悲しみの喜び(同)
天の眼から(同)
4つの詩(レフラー)
彼女が近づく(ダルゴムイジュスキー)
孤独を通って(マルクス)
5つの古典頌歌(ロイター)
夕べの歌(グノー)

演奏者・作曲者:
白井光子
タベア・ツィマーマン
ハルトムート・ヘル
R.シュトラウス
ブラームス
ブッシュ
レフラー
ダルゴムイジュスキー
マルクス
ロイター

発売日:
1996/01/20
ブラームス : ピアノ協奏曲 第1番ニ短調

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 1,937

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ニ短調

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス

発売日:
1995/09/01

アマゾンでの評価平均値:
4.5

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
ピアノの音質は、確かに微妙
最近、ツィマーマンのピアノ、サイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルの録音が出て、そのライナーノートに興味深い記述がある。多少長いが引用する:

ウィーンでの録音条件は理想とはほど遠いものだった。「イタリアからピアノを運ぶつもりだったトラックが事故に巻き込まれたため、ピアノ協奏曲第1番を録音するために、私は自分が求めていた楽器を得ることができませんでした。結果的に私の目の前に置かれたピアノは、モーツァルトには適していたかもしれませんが、ブラームス向きではなかったのです」。その上、録音と同時にビデオ製作も行われたため、コンサートホール全体が音響効果に影響を与える材質でおおわれた。

確かに、「言われてみると」、全般的にピアノが鳴りが細く、特に高音側に違和感を感じた。また、ホールトーンがデッドになっている。そういった問題はラトルとの共演では排除されているが、言われなければ果たして気づいたかどうかというレベルと思う。

音楽としてはどうだろうか。ラトルとの共演は演奏は完璧で非常にクールな印象を受ける一方、このバーンスタインとの共演では、若さのようなものを感じ、また、どうもバーンスタインに弾かされているような印象を受けなくもない。

どちらか一方と言われれば、録音の良さとクールさで、ラトル盤が0.5票くらいの差で勝ちだと思う。
評価: 4
ピアノは完璧、オケがやや鈍いのが難点か。
バーンスタイン指揮のこの曲の録音としては、グレン・グールドとの共演盤が有名でした。そのときはグールドに根負けする形で非常にテンポの遅い演奏になったのですが、この録音はグールド盤以上に遅くなっているところが面白いです。しかしツィメルマンのピアノが非常に歯切れがよく、特にフレーズの終わりをすっきりと切って明快に弾いているので、テンポが遅くてもダラダラ間延びすることがありません。フィナーレなども決して速いテンポではないのですが、フレージングの工夫だけで前へ前へと出る力強さを感じさせています。これはさすがだと思います。
一方、オーケストラはウィーンフィルの悪いところが出てしまっているように思います。フレーズの入りが揃わなかったり(溜めすぎて遅れることが多い)、弦楽器のボウイング速度が遅くフレーズの終わりが不明瞭になるなど曖昧な箇所が多いです。また、常にもっさりとした重さ・鈍さが取り付いた雰囲気で、ナイフのような切れ味のピアノとは表現の方向性が異なっている点が惜しいと思いました。バーンスタインは独特の推進力を持った指揮者でしたが、さすがに老いを感じさせます。
評価: 5
若きツィマーマンのブラームスとの邂逅!
私とツィマーマンとの出会いは、1975年のショパン=コンクールだった。当時中学生で、ショパンに傾倒し始めた頃で、ポーランド国民の熱狂的支持を得てコンクールで優勝したツィマーマンとの出会いは、忘れることができない。

そんなツィマーマン贔屓のおかげで、ブラームスと出会うことができたのかもしれない。繊細華麗なショパンに対して重厚と言われるブラームスであるが、若き日のエネルギッシュな作風とツィマーマンの激しいまでに若々しい演奏が相俟って、聴く者の心を捉える。繰り返し聴き返している名盤である。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調

演奏者・作曲者:
バーンスタイン(レナード)
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス

発売日:
1994/03/25

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ五重奏曲ヘ短調●キャプレ:
エドガー・アラン・ポオの怪奇な短編小説●プーランク:
「気まぐれな婚約」より2つの歌
弦楽四重奏曲第1番●ストラヴィンスキー:
「兵士の物語」~タンゴ/ワルツ/ラグタイム
協奏曲ニ調●ショスタコーヴィチ:
フルート,クラリネットとピアノのための2つのワルツ
弦楽八重奏のための2つの作品

演奏者・作曲者:
ベニオン(クリスタ)
ハーゲン(ルーカス)
ツィマーマン(タベア)
ハーゲン(クレメンス)
ラビノビチ(アレキサンダー)
フィリップ(ダニエル)
シュニッツラー(ミハエル)
コーセ(ジェラール)
岩崎洸
オムニバス(クラシック)

発売日:
1993/08/25

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

amazonでのユーズド価格:
¥ 2,800

曲目:
ピアノ協奏曲イ短調op54●グリーグ:
同イ短調op16 ※〈ゴールドCD〉

演奏者・作曲者:
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ツィマーマン(クリスティアン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン
グリーグ

発売日:
1993/05/26

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,905

曲目:
ピアノ協奏曲第3番ハ短調op37
同第4番ト長調op58

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
バーンスタイン(レナード)

発売日:
1993/05/19

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op15
同第2番変ロ長調op19

演奏者・作曲者:
ツィマーマン(クリスティアン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン

発売日:
1993/05/19

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルミュージック

演奏者・作曲者:
クリスティアン・ツィマーマン
レナード・バーンスタイン
ウィーンpo
ベートーヴェン

発売日:
1993/05/19

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルミュージック

演奏者・作曲者:
クリスティアン・ツィマーマン
レナード・バーンスタイン
ウィーンpo
ベートーヴェン

発売日:
1992/11/26

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲“クリスティアン・ツィマーマンのための”
チェイン3
ノヴェレッテ

演奏者・作曲者:
ルトスワフスキ(ヴィトルド)
ツィマーマン(クリスティアン)
BBC交響楽団
ルトスワフスキ

発売日:
1992/05/25

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 2,548

曲目:
ピアノ協奏曲第1番変ホ長調
同第2番イ長調
死の舞踏

演奏者・作曲者:
小澤征爾
ツィマーマン(クリスティアン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
リスト

発売日:
1991/05/25

アマゾンでの評価平均値:
5.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 5
絶妙
オーケストラとピアノが絶妙に絡み合っていい。
ピアノが力強く非常に迫力がある。


amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 234,150

曲目:
合唱*交響曲第9番ニ短調
四季*合奏協奏曲集
美しく青きドナウ*ワルツ
皇帝円舞曲
アンネン・ポルカ
こうもり*喜歌劇
狩り*ポルカ
トリッチ・トラッチ・ポルカ
ウィーンの森の物語*ワルツ
天体の音楽*ワルツ
雷鳴と電光*ポルカ
常動曲
ラデツキー行進曲
交響曲第40番ト短調
ジュピター*交響曲第41番ハ長調
ボレロ
ダフニスとクロエ*バレエ音楽
海*交響詩
牧神の午後への前奏曲
運命*交響曲第5番ハ短調
交響曲第7番イ長調
新世界より*交響曲第9番ホ短調
未完成*交響曲第8番ロ短調
ピアノ協奏曲第4番ト長調
皇帝*ピアノ協奏曲第5番変ホ長調
交響曲第1番ハ短調
ハイドンの主題による変奏曲
惑星*組曲
交響曲第5番嬰ハ短調
悲愴*ピアノ・ソナタ第8番ハ短調
月光*ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調
熱情*ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調
アルルの女*組曲
アルルの女*組曲
カルメン*歌劇
アイネ・クライネ・ナハトムジーク*セレナード第13番ト長調
ポストホルン*セレナード第9番ニ長調
ペール・ギュント*組曲
ペール・ギュント*組曲
ホルベルク組曲
ピアノ協奏曲第1番変ロ短調
ピアノ協奏曲第2番ハ短調
白鳥の湖*バレエ組曲
くるみ割り人形*バレエ組曲
眠りの森の美女*バレエ組曲
交響曲第4番変ロ長調
交響曲第6番ヘ長調
バイオリン協奏曲ニ長調
バイオリン協奏曲ホ短調
幻想交響曲
フィンランディア*交響詩
トゥオネラの白鳥
悲しきワルツ
タピオラ*交響詩
展覧会の絵*組曲
ラ・バルス
弦楽とオルガンのためのアダージョ・ト短調
クリスマス*合奏協奏曲第8番ト短調
アラ・ルスティカ*協奏曲ト長調
アラ・ルスティカ*協奏曲ト長調
カノンとジーク・ニ長調
クリスマス*合奏協奏曲ハ長調
レクイエム・ニ短調
悲愴*交響曲第6番ロ短調
ロメオとジュリエット*幻想序曲
英雄*交響曲第3番変ホ長調
交響曲第8番ヘ長調
トッカータとフーガ・ニ短調
トッカータ、アダージョとフーガ・ハ長調
パッサカリアとフーガ・ハ短調
ドリア旋法*前奏曲とフーガ・ニ短調
トリオ・ソナタ第1番変ホ長調
目覚めよ!と物見らの声がわれらに呼ばわる*コラール / イエスよ、いまぞ汝御空より降り来たりて*コラール
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調
スケルツォ第2番変ロ短調
英雄*ポロネーズ第6番変イ長調
幻想*ポロネーズ第7番変イ長調
舟歌嬰ヘ長調
スケルツォ第3番嬰ハ短調
マズルカ第36番イ短調 / マズルカ第37番変イ長調 / マズルカ第38番嬰ヘ短調
アルハンブラの想い出
ソナタ・ホ短調
ブーレ・ホ短調
パッセメーツェとポワトゥーのブラソル
サラバンド・ホ短調
サルタレッロ
アルボラーダ
粉屋の踊り
2つのカタロニア民謡
舞曲第1番
プレリュード第1番ホ短調
くまんばち
パサピエ
アストゥリアス伝説
朱色の塔
入江のざわめき
スペイン舞曲第4番
ファンダンギーリョ
禁じられた遊び
野薔薇
至福
音楽に寄せて
魔王
夕映えの中で
シルビアに
セレナーデ
エレンの歌第3番
春の憧れ
別れ
アトラス
子守歌
ます
水車職人の花
ズライカ第1番
若い尼
死と乙女
糸を紡ぐグレートヒェン
春の想い
ミューズの子
交響曲第8番ト長調
モルダウ*交響詩
交響曲第2番ニ長調
ツァラトゥストラはかく語りき*交響詩
ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら*交響詩
ドン・ファン*交響詩
ピアノ協奏曲イ短調
ピアノ協奏曲イ短調
練習曲第1番ハ長調
練習曲第2番イ短調
別れの曲*練習曲第3番ホ長調
練習曲第4番嬰ハ短調
黒鍵*練習曲第5番変ト長調
練習曲第6番変ホ短調
練習曲第7番ハ長調
練習曲第8番ヘ長調
練習曲第9番ヘ短調
練習曲第10変イ長調
練習曲第11変ホ長調
革命*練習曲第12番ハ短調
牧童*練習曲第13番変イ長調
練習曲第14番ヘ短調
練習曲第15番ヘ長調
練習曲第16番イ短調
練習曲第17番ホ短調
練習曲第18番嬰ト短調
練習曲第19番嬰ハ短調
練習曲第20番変ニ長調
蝶々*練習曲第21番変ト短調
練習曲第22番ロ短調
木枯し*練習曲第23番イ短調
練習曲第24番ハ短調
管弦楽組曲第2番ロ短調
管弦楽組曲第3番ニ長調
オーボエ、バイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲ハ短調
水上の音楽*組曲
王宮の花火の音楽
火の鳥*バレエ組曲
春の祭典*バレエ組曲
ラプソディ・イン・ブルー
ウエスト・サイド・ストーリー
子供の情景
クライスレリアーナ
ピアノ協奏曲第1番ホ短調
ピアノ協奏曲第1番変ホ長調
ピアノ協奏曲第20番ニ短調
ピアノ協奏曲第21番ハ長調
クラリネット協奏曲イ長調
フルートとハープのための協奏曲ハ長調
魔弾の射手*歌劇
オベロン*歌劇
ウィリアム・テル*歌劇
セビリヤの理髪師*歌劇
どろぼうかささぎ*歌劇
軽騎兵*喜歌劇
詩人と農夫*喜歌劇
ハンガリー舞曲集
スラブ舞曲集
前奏曲*交響詩
ハンガリー狂詩曲第4番
アランフェス協奏曲
ある貴紳のための幻想曲
ピアノ・ソナタ第8番イ短調
ピアノ・ソナタ第10番ハ長調
幻想曲ハ短調
トルコ行進曲*ピアノ・ソナタ第11番イ長調
クラリネット五重奏曲イ長調
クラリネット五重奏曲ロ短調
ます*ピアノ五重奏曲イ長調
死と乙女*弦楽四重奏曲第14番ニ短調
冬の旅*歌曲集
驚愕*交響曲第94番ト長調
軍隊*交響曲第100番ト長調
時計*交響曲第101番ニ長調
交響曲第25番ト短調
交響曲第29番イ長調
パリ*交響曲第31番ニ長調
スコットランド*交響曲第3番イ短調
イタリア*交響曲第4番イ長調
春*交響曲第1番変ロ長調
交響曲第4番ニ短調
ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調
ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調
ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調
バイオリン協奏曲ニ長調
葬送行進曲*ピアノ・ソナタ第12番変イ長調
ピアノ・ソナタ第3番ロ短調
シェエラザード*交響組曲
ボカリーズ
巨人*交響曲第1番ニ長調
ハフナー*交響曲第35番ニ長調
リンツ*交響曲第36番ハ長調
バイオリン協奏曲ニ長調
ピアノ協奏曲第23番イ長調
ピアノ協奏曲第27番変ロ長調
版画
ベルガマスク組曲
子供の領分
亜麻色の髪の乙女
喜びの島
レントより遅く
交響曲第4番ホ短調
悲劇的序曲ニ短調
交響曲第5番ホ短調
1812年*大序曲
グレート*交響曲第9番ハ長調
魔笛*歌劇
後宮からの誘拐*歌劇
コシ・ファン・トゥッテ*歌劇
劇場支配人*歌劇
フィガロの結婚*歌劇
ドン・ジョバンニ*歌劇
エグモント序曲
コリオラン序曲
フィデリオ*歌劇
レオノーレ序曲第3番
ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調
ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調
ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調
軍隊*ポロネーズ第1番嬰ハ短調
ポロネーズ第2番変ホ短調
ポロネーズ第3番イ長調
ポロネーズ第4番ハ短調
ポロネーズ第5番嬰ハ短調
英雄*ポロネーズ第6番変イ長調
ポロネーズ第7番変イ長調
プラハ*交響曲第38番ニ長調
交響曲第39番変ホ長調
ニュルンベルクのマイスタージンガー*楽劇
ローエングリン*歌劇
ローエングリン*歌劇
さまよえるオランダ人*歌劇
トリスタンとイゾルデ*楽劇
タンホイザー*歌劇
パルジファル*舞台神聖祝典劇
椿姫*歌劇
カバレリア・ルスティカーナ*歌劇
修道女アンジェリカ*歌劇
道化師*組曲
ホバンシチナ*歌劇
マノン・レスコー*歌劇
ノートル・ダム*歌劇
タイス*歌劇
アドリアーナ・ルクブルール*歌劇
マドンナの宝石*歌劇
友人フリッツ*歌劇
ジョコンダ*歌劇
売られた花嫁*歌劇
ファウスト*歌劇
弦楽五重奏曲第3番ハ長調
弦楽五重奏曲第4番ト短調
ペレアスとメリザンド*劇音楽
夢のあとに
パバーヌ
エレジー
ドリー*組曲
トルコ風*バイオリン協奏曲第5番イ長調
協奏交響曲変ホ長調
チェロ協奏曲ロ短調
ロココの主題による変奏曲
狩*弦楽四重奏曲第17番変ロ長調
皇帝*弦楽四重奏曲第77番ハ長調
カルメン幻想曲
詩曲
ハバネラ
ツィガース
序奏とロンド・カプリチオーソ
音楽の捧げもの
フィガロの結婚*歌劇
セビリヤの理髪師*歌劇
カルメン*歌劇
カルメン*歌劇
トスカ*歌劇
セビリヤの理髪師*歌劇
愛の妙薬*歌劇
ドン・ジョバンニ*歌劇
魔笛*歌劇
椿姫*歌劇
リゴレット*歌劇
アイーダ*歌劇
フィガロの結婚*歌劇
ラ・ボエーム*歌劇
蝶々夫人*歌劇
ロマンティック*交響曲第4番変ホ長調
交響曲第4番ト長調
テンペスト*ピアノ・ソナタ第17番ニ短調
ワルトシュタイン*ピアノ・ソナタ第21番ハ長調
告別*ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調
前奏曲第1番ハ長調
前奏曲第2番イ短調
前奏曲第3番ト長調
前奏曲第4番ホ短調
前奏曲第5番ニ長調
前奏曲第6番ロ短調
前奏曲第7番イ長調
前奏曲第8番嬰ヘ短調
前奏曲第9番ホ長調
前奏曲第10番嬰ハ短調
前奏曲第11番ロ長調
前奏曲第12番嬰ト短調
前奏曲第13番嬰ヘ長調
前奏曲第14番変ホ短調
雨だれ*前奏曲第15番変ニ長調
前奏曲第16番変ロ短調
前奏曲第17番変イ長調
前奏曲第18番ヘ短調
前奏曲第19番変ホ長調
前奏曲第20番ハ短調
前奏曲第21番変ロ長調
前奏曲第22番ト短調
前奏曲第23番ヘ長調
前奏曲第24番ニ短調
交響曲第4番ヘ短調
イタリア奇想曲
海の嵐*フルート協奏曲第1番ヘ長調
カッコーとナイチンゲール*オルガン協奏曲ヘ長調
2つのバイオリンのための協奏曲ニ長調
ハープ協奏曲変ロ長調
バイオリン協奏曲第1番イ短調
大地の歌*交響曲
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
ラズモフスキー第3番*弦楽四重奏曲第9番ハ長調
ハープ*弦楽四重奏曲第10番変ホ長調
ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調
アンダンテ・ヘ長調
キラキラ星の主題による変奏曲
ピアノ・ソナタ第15番ハ長調
ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調
交響曲第7番ホ長調
フルート四重奏曲第1番ニ長調
フルート四重奏曲第2番ト長調
フルート四重奏曲第3番ハ長調
フルート四重奏曲第4番イ長調
オーボエ四重奏曲
弦楽セレナーデ・ハ長調
弦楽セレナーデ・ホ長調
「グリーンスリーブス」による幻想曲
道化役者
ジプシーの女
タンゴ
ベートーベンの主題によるロンディーノ
ウィーン奇想曲
ラルゲット
カプリース変ホ長調
愛の悲しみ
中国の太鼓
スラブ舞曲第2番ホ短調
レシタティーボとスケルツォ・カプリース
スペインのセレナーデ
スペイン舞曲
才たけた貴婦人
シンコペーション
愛の喜び
バイオリン・ソナタ第25番ト長調
バイオリン・ソナタ第28番ホ短調
バイオリン・ソナタ第32番ヘ長調
バイオリン・ソナタ第24番ハ長調
交響曲第5番ニ短調
レクイエム
亡き王女のためのパバーヌ
ホルン協奏曲第1番ニ長調
ホルン協奏曲第2番変ホ長調
ホルン協奏曲第3番変ホ長調
ホルン協奏曲第4番変ホ長調
マタイ受難曲
魔笛*歌劇
フィデリオ*歌劇
魔弾の射手*歌劇
魔弾の射手*歌劇
タンホイザー*歌劇
ナブッコ*歌劇
十字軍のロンバルディーア*歌劇
マクベス*歌劇
トロバトーレ*歌劇
アイーダ*歌劇
アイーダ*歌劇

演奏者・作曲者:
オムニバス(クラシック)
ウィーン楽友協会合唱団
ベリー(ジャネット)
バルツァ(アグネス)
ダム(ヨセ・ファン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン
フロシャウアー(ヘルムート)
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
イングリッシュ・コンサート

発売日:
1991/03/25

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

曲目:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調op11
同第2番ヘ短調op21

演奏者・作曲者:
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ツィマーマン(クリスティアン)
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
ショパン

発売日:
1990/08/25

amazonへ行く


CD

発売:
ユニバーサルクラシック

価格:
¥ 3,350

演奏者・作曲者:
ツィマーマン

発売日:
1985/07/01

アマゾンでの評価平均値:
4.0

アマゾンでのカスタマーレビューより:
評価: 4
深い演奏
ツィマーマンと言えばショパンというイメージが今まであったのですが、このCDはそんなイメージを覆す演奏でした。ブラームスの重厚な響き、哀愁が伝わってくる一枚です。